長谷川 寧

脚本家。演出家。俳優

一つ前の記事
次の記事
同じ職種
よこえとも子(フリー・その他)
植田 順平(悪い芝居)
坂原 わかこ(フリー・その他)
長南 洸生(悪い芝居)
久保内 啓朗(劇団ZTON)
土田 英生(MONO)
糸井 幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
吉川 莉早(フリー・その他)
坂本 見花(浮遊許可証)
芝原 里佳(匿名劇壇)
根本 航佑(1)(ベビー・ピー)
宮下 絵馬(悪い芝居)
為房 大輔(劇団ZTON)
西村 直子(ヨーロッパ企画)
重実 紗果(花柄パンツ)
図書菅(劇団ZTON)
安田 一平(フリー・その他)
楳山 蓮(フリー・その他)
石畑 達哉(匿名劇壇)
樹木 花香(子供鉅人)
高橋 紘介(フリー・その他)
伊藤 拓(France_Pan)
片岡 百萬両(ミジンコターボ)
亀井 妙子(兵庫県立ピッコロ劇団)
澤村 喜一郎(ニットキャップシアター)
サリngROCK(突劇金魚)
杉本 奈月(N₂)
田中 浩之(Will Be SHOCK Entrance Gate)

エンロン 2

___ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。最近は長谷川さんはどんな感じでしょうか。
長谷川 
今参加しているエンロンという舞台の稽古やリハでいっぱいでした。GW中は冨士山アネットのツアーのリハで埋まっていたので、予定がごちゃごちゃしていましたね。
___ 
稽古続きだったんですね。
長谷川 
振付も出演もしていたので、ちょっと忙しかったです。
___ 
そのエンロン。先程拝見しましたが、非常に面白く拝見しました。エンターテイメント的な感じで経済をやるのかなと思っていたんですが、それだけじゃなくて、会社を大きくしようとズルした普通の人がどのようにして悪人扱いされていくのかという流れが興味深かったです。お金を巻き上げるつもりが、お金によってもてあそばれる感じがね。
長谷川 
台本が本当によく出来ていましたね。あれはほとんど実話なんですよ。実際にあった事件を当時二十代の女性作家が調査の末書きあげた作品。実話なんですけど、ウソみたいな話ですよね。当時の社会の、お金をめぐって起きた事件が現在でも起こっているしね。ムーヴメントシーンが多かったでしょう? 今回色々な流れが合って僕がやらせてもらえる事になって。
___ 
そうそう。見せ場がありましたね。
長谷川 
ライトセーバーとかね。演出家がストレートプレイを主にやっている人らしくて、シンプルになるように心がけていました。
1エンロン
公演時期:2012/4/13〜29(東京)、2012/5/12〜13(大阪)、2012/5/16(名古屋)。会場:天王州銀河劇場(東京)、イオン化粧品 シアターBRAVA!(大阪)、名鉄ホール(名古屋)。
2冨士山アネット
2003年活動開始。類稀な空間演出と創造的なヴィジュアル、身体性を強く意識したパフォーマンスにて創造的な空間を描き出す。近年は、戯曲から身体を立ち上げるといった、ダンス的演劇(テアタータンツ)という独自のジャンルから作品を制作。(公式サイトより)

冨士山アネット-テアタータンツ

___ 
長谷川さんが冨士山アネットでされているテアタータンツという技法。台本がある作品を、台詞を一切使用せずにあえて動きやダンスで表すんですよね。かといって無言劇でも無くパントマイムでもない。
長谷川 
ドイツに滞在していた時、古典の舞台を見たんですよ。大まかな流れがわかっていたら、言語が違おうと使われていなくても筋が分かったりするんですよね。意味が分からなくても面白い。人物同士の関係性が面白いんですよね。何故かというと、舞台に上がっている人間同士の関係性がきちんと作れているからなんです。それを見た時から、関係性を作る事が面白いなと思うんですね。
___ 
それを舞台上で表現するという事ですね。
長谷川 
例えば、付き合って数年のカップルが居て、そのカップルの関係がセリフで分かる時もあれば、ただの目線だけで分かったりもする。もしくは、片足を相手の足の間に入れたり。関係性で、立ち位置や姿勢が決まるのが面白いんですよ。そういう所に豊かさを感じる。
___ 
演劇とダンスの間にありながら、具体的に関係性を描き出していく表現。
長谷川 
実は最初は、ダンスをどうやって作っていくのか分からなかったんですね。演劇しかやっていなかったから、ダンスの設計図の引き方が分からなかった。なら、演劇の方法論を下敷きにした考え方が手がかりになるのかなと。それまでやってきた事を捨てる必要はないと思ったんです。

拡大解釈(1)

___ 
関係性を表すダンスについて。例えば片足を相手の足下に置くような姿勢。見ている人の想像力を一気に喚起するんですよね。そして反面、言葉がないのであれば誤読が生じやすいのではないかと思うのですが。
長谷川 
観客がふっと一瞬一瞬を切り取って、自分の想像力を頼りにシーンとして頭の中で作っていくのが面白いんじゃないかなと思うんです。読者が選択をしていくゲームブックのように。
___ 
なるほど。
長谷川 
この二人は良い関係じゃないのかな、みたいに、勝手に拡大解釈していく。そういうヒントや描写をちりばめていくんです。
___ 
つまり、注意深く見るとどんどん想像力がかき立てられるんですね。
長谷川 
そうですね。探りながら見て貰う面白さはあると思います。次回の「八」(エイト)は挟み舞台なので、距離が近いぶん、そういう体験が出来るんじゃないかな。
___ 
では、テアタータンツに出演される方に求める事はありますか?
長谷川 
それもやっぱり関係性ですね。俳優さんもダンサーさんの使うんですけど、それぞれの良さがあるんですよ。でも、意外にも俳優の生理というものがあって、「動くための理由」がなければ動きにくいみたいなんですね。確かに、そこをクリアにしていく事で作品の強度が上がるというのは確かにあるんですね。但し俳優でもダンサーでも理由がつかない面白さというのも存在するので、それだけやる訳にはいかないんですけど、積み重ねの作業は面白いです。

冨士山アネットpresents[八](エイト) JAPANTOUR2012 3

___ 
次回の[八](エイト)。心理療法師と作家の物語なんですね。
長谷川 
書けなくなった作家が心理療法師を訪れて、作家がだんだんと書けるようになっていく。その物語が、心理療法師の行動を先回りして書かれていく。患者にプライバシーを暴かれていき、自分と本の境目がなくなっていくという話です。これは元々10年前に書いた本なんですよ。その時は精神科医だったんですけど、今回は療法士で。療法士って処方を出来ないんですよ。つまり、ある種ではその存在は曖昧に映る事も有る。そのあたりのあやふやさが、今回は効果的になるのかなと。
___ 
そうしたモチーフに興味がある
長谷川 
僕の作っている作品と、夢というモチーフは凄く相性が良いんですね。夢も僕の作品も、言葉として出ないから脈絡がない事が平気で起こる。今回は東京・京都・福岡でワークショップと発表公演をしてきて、参加者の方に悪夢を聞いたりしています。
3冨士山アネットpresents[八](エイト) JAPANTOUR2012
公演時期:2012/6/1(福岡)、2012/7/14〜15(兵庫)。会場:イムズホール(福岡)、AI・HALL(兵庫)。

質問 蓮行さんから 長谷川 寧さんへ

Q & A
___ 
前回インタビューさせて頂いた、劇団衛星の蓮行さんから質問です。「劇団のプロ化について。東京から地方に移っている劇団がありますが、そうした方法についてはどのように思いますか?」
長谷川 
真面目に来ましたね。まず、何を持ってプロ化と言うべきかなんですよね。
___ 
長谷川さんが考えるプロ化とは?
長谷川 
もちろんそれは金銭的な事も関わってきますけど、意識なんじゃないかなと僕は思います。じゃあアマチュアって何だという話ではありますけど・・・。例えばワークショップに来てくれた方に「10年後、何をやっていますか?」と聞く事があって、それは色々な答えが返ってくるんですよ。売れていなくても演劇やダンスを続けますという人も、何歳までに芽が出なければ辞めますという人もいる。僕はどっちが良いとも悪いとも思わないんですが、そのどちらとも言えない人が危険なんじゃないかと思うんです。
___ 
というと。
長谷川 
自分のカンパニーの公演や、客演が続く人が、辞めるとも辞めないともせずにただ続けている状態。決断する時期を逸してしまうのが良くないんじゃないかなと。好きだから生活の傍ら続けます、か、やっていても然して結果を残せないから辞めよう、とか。東京にいようがどこにいようが、どちらかを割り切った意識を持っていたら、プロ化にこだわらなくてもいいんじゃないかなと思います。

粘土

___ 
長谷川さんは、いつ演劇をやっていこうと思われたのでしょうか。
長谷川 
大学に入った時、文化祭などの時期にしか公演しないサークルに入るのが違うと思っていて。それよりは、学外で作った自分のカンパニーでやっていきたいと思ったんですね。
___ 
なるほど。
長谷川 
すると、だんだんとメンバーが固定化していったんです。それ自体は今思えば悪い事じゃないんですけど、当時は限界を感じて、人の役割を固定しないユニットになりました。
___ 
学外に出たのは、独立したかったという事ですか?
長谷川 
いえ、そもそも演劇を演ること自体が最初から独立だと思うんです。専門的な演劇の教育を受けたという訳じゃないですしね。でも、自由に施設が使えたりとか、そういう環境にコンプレックスがあったんだと思う。
___ 
今の若手に一言頂けますか?
長谷川 
自分もまだまだ全然若手だと思っているので何も言えた事はないと思うのですが(笑う)好きなだけ、ガツガツしていればいいんじゃないかなと。僕にしたって、自分で何だか分からないまま演出も振り付けも出演もさせて貰っているので。でも、そういったものを志向しないとここまでは来れなかったんだと思います。
___ 
ええ。
長谷川 
やっぱり製作って楽しいんですね。ずっと粘土をこねているようで楽しいです。何か言える事としたら、「こねたら?」と。どうこねたらいいか分からないかもしれないけど、諦めずに作り続ける事だと思います。

拡大解釈(2)

___ 
長谷川さんは、お客さんをどこに連れて行きたいのですか?
長谷川 
一昨日、さいたまスーパーアリーナに、レディ・ガガのコンサートに行ったんですよ。
___ 
あっ。いいな。
長谷川 
や、たまにはそういうものも観てみるものだと思って。色々面白かったですよ。舞台には城が建ってました。途中ではI Love TOKYO!!って何度も叫んでて。埼玉なのに。バイクと一体化してステージを練り歩いたり、ピアノとバイクがドッキングした上に股がって弾き語りしたりして、途中で感極まって泣いたりしながら。揺るがないよね。
___ 
そうですね。
長谷川 
そこでも考えたのだけど、時間の感覚って常にあるんですよね。ダンスって、演劇より時間を歪ませる力を持ってるんじゃないかなと思うんです。時間を気にさせないというか。あの感覚が、良いなと思うんですよね。つまんない、つまるとかじゃなくて。その概念からもう少し解放したいなと思うんです。
___ 
ダンスだと、一瞬一瞬に見入るんですよね。物語が提供されていないからか。
長谷川 
その、時間が止まって見入る感覚。それを演劇に持ち込めないかなと思うんですよね。一時期、映画のSFXで時間をぐぅわ〜って遅くしたり、対象を中心に視点が円周にそって動いたりという技法が流行ったでしょう。そういうことが出来ないかなと。上手くいったら、一秒のシーンを30分ぶんの感覚に見せたり出来るんです。きっと。身体を使っている強みだろうなと思う。それを演劇のフォーマットに持ち込めるのが、僕らの武器だと思います。

可能性について

___ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
長谷川 
今年は国内ツアーのあとに韓国に行きます。共同製作で振付をしにいく予定で。それがメインかな。あと、東京で次回作の試演会をやれないかなと。来年京都にも何回か来る予定なので。
___ 
すばらしい。
長谷川 
今年の始めに冨士山アネット/Manos.(マノス)という演劇企画を立上げて、クロムモリブデンの板倉チヒロ君を主演に一人芝居を作ったんですよ。楽しかったです。現代でも古典でも、その戯曲を皮切りに解釈をどんどん加えていける。それも含めて、今後も演劇とダンスの差異は何処にあるのかという事を探りたいですね。
___ 
今後も、ご自身の手法にこだわらず、色々開拓していかれる感じなのでしょうか。
長谷川 
そもそも狭くて生き辛いジャンルなので、何か決まった物だけに固執していてもしょうがないんですね。かといって捨てる事もありません。捨てるという事は、可能性を狭める事でもあるから。

SFIDA HEAD SPA Handpro

___ 
今日はですね、お話を伺えたお礼に、プレゼントがございます。
長谷川 
いいんですか?ありがとうございます。
___ 
もちろんです。
長谷川 
(開ける)おお。ヘッドスパ。
___ 
疲れている男性には頭皮ケアが良いかと思いました。
長谷川 
いえいえそんな、ストレスなんて抱えたこともありませんので。

(インタビュー終了)