カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」 2

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、東さんはどんな感じでしょうか。
東  
よろしくお願いします。最近は稽古とバイトだけです。
__ 
そう、カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」の稽古ですよね。どんな感じですか?
東  
実は私、稽古に参加するのが少し遅くて。最近まで映画の収録に参加していたんですよ。ああこうなってるんやと。楽しかったです。私だけ新鮮な気分でした。
__ 
今回はがっかりアバター 3との合同公演ですね。
東  
私、がっかりアバターさんを見たのがこの間のLINX'Sが初めてだったので。向こうがどんな短編を持ってくるのか楽しみです。
__ 
勢いのある若手、匿名劇壇が発明したフラッシュフィクションという形式の公演を、あべのハルカスの新しいスペースで上演するという事で、なんだか記念碑的な作品になりそうな気がします。
東  
意気込み・・・ウチは客演さんを呼んだ事はあまりないんですが、他の劇団と組むのもなおさら初めてなんです。実は昨日、がっかりアバターの方が稽古場に来て下さったんですよ。やっぱり、向こうのいい所を吸収して帰りたいなと思います。匿名も吉本さんが入って初めてのフラッシュフィクションなので、役者の意外な面を見たりとかの面白みもあると思うんです。
__ 
役者の新しい一面が見れる、そんな作品になりそうですね。とても楽しみです。
1匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
2カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
3がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

タグ: 色んなものを吸収 映画の話題 「フラッシュフィクション」 最近どう? 意外にも・・・

フラッシュフィクション=数十秒の超短編作品ほか小作品を連続上映する形式

__ 
フラッシュフィクション。作品数が非常に多いという事で、何か見る時のコツとかがあるんでしょうか。
東  
私たちも初めてやった時に戸惑いながらやってたんですけど、切り替えの連続なんですよ。場転が始まったら終わりで、作品同士の繋がりは無くて。だから、深読みせずに楽しんで欲しいです。
__ 
なるほど。この役はさっきの作品のあの人だな、という事はないんですね。
東  
そうですね。これはもしや・・・とか思うとちょっと引っかかって、いま見ている話が終わってしまってもったいないと思うので。
__ 
今回のフラッシュフィクション、役者としてのテーマを教えて下さい。
東  
全部違う作品なので、演じ分けが出来るようにしたいです。自分もリセットして次の作品に立てるように。
__ 
どんどん切り替えたいと。
東  
はい。

タグ: 「フラッシュフィクション」 単純に、楽しませたい

質問 吉本 藍子さんから 東 千紗都さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました吉本さんから質問を頂いてきております。「役を演じる上で、役との距離感についてどう考えていますか?」
東  
うーん。役だったらこう考える、というのと、自分だったらこう考える、みたいなのは半々ですね。自分の場合は。
__ 
役の気持ちを想像する。
東  
完全に自分に憑依させると、結局それは私なので・・・半々ですね。

タグ: 役をつかむ

近畿大学から始まる

__ 
東さんが演劇を始めた経緯を教えて下さい。
東  
後期で近畿大学に受かって、そこからです。元々舞台に立つのが好きだったんですが、演劇がやりたいと思っていたわけじゃないんです。親がとりあえず4年制大学は出ておけと。その上で、自分のやりたい事は何だろうと悩んでました。進路を決める時期に近畿大学を知って、そこに。高校がジャズダンス部だったので、その流れで舞台専攻、というのはあったと思います。
__ 
近畿大学にはどんな思い出がありますか。
東  
もう4年間ずっと芝居してました。1年2年と授業公演がずっと、匿名劇壇に入ってからは授業公演と匿名劇壇と。
__ 
なるほど。そこで、福谷さんと出会った。
東  
1回生の時に、初めて福谷・松原・芝原と芝居をやったんです。その時から面白い人だなと思ってました。元々友達ではあったんですね。実は、匿名劇壇の前身となる劇団が結成されて公演したんですけど、私はそれは呼ばれてなくって。面白かったんですけど悔しかったです。でも私は呼ばれてないしなと。同期の友達の、最初の匿名劇壇メンバー。
__ 
それは悔しいな。
東  
でも自分から声も掛けられへんくて。悔しかったですね。その次の企画で声を掛けてもらえたんですけど。
__ 
それから、卒業後も匿名劇壇が続いているという事ですね。

タグ: 匿名劇壇のおこり

スランプを乗り越えて

__ 
LINX'S 4での匿名劇壇の作品「ハイパーフィクション」面白かったです。
東  
ありがとうございます。
__ 
メタフィクションの短編という事で、劇団員達の関係性がこじれまくるという内容と構成が表裏一体に絡んでいて。前回本公演の「匿名劇壇第五回本公演「二時間に及ぶ交渉の末」5もとても良かったです。犯人役と、退団を引き止められる劇団の女優役。東さんとしてはどんな作品でしたでしょうか?
東  
実はスランプでしたね。立てこもり犯人の役がうまく掴めなくて、何かキャラを付けようとしてもそれは無くなって。面白みが無くて苦労してたんです。公演は楽しかったんですけど。
__ 
私は充分面白かったです。面白みが無い?そうかなあ。今話してて思ったんですが、東さんのキャラが濃い事に気づきましたけどね。
東  
え、どういう事ですか。
__ 
うーん、どういえばデリカシー的に問題ないのか。
東  
いえいいですよ、思ったままを言ってもらえたら。
__ 
茶髪であり目が大きく輪郭線が個性的な感じがあって、一瞬見ただけで覚えるような感じはしますね。
東  
目が大きいのはメイクだと思いますけど、頑張ります。
4LINX'S PRIME
公演時期:2014/9/27~30。会場:TORII HALL。
5匿名劇壇第五回本公演「二時間に及ぶ交渉の末」
公演時期:2014/5/29~6/2。会場:シアトリカル應典院。

タグ: 必殺メイク術

ダンスと私

__ 
東さんはダンスもしてはるんですよね。どんなジャンルが得意なんですか?
東  
高校の部活がジャズダンス部で、そこからです。この間もゲキバカで踊らせてもらったり。ダンス自体は、中学の体育祭で創作ダンスがありました。それが楽しくて、高校から続けています。
__ 
今は義務教育でダンスの授業があるらしいですね。
東  
私それ羨ましくて。小学校の頃からダンスが身近にあっていいなー。
__ 
ああ、恥ずかしがる人もいるかもしれませんけどね。
東  
恥ずかしいかなあ。でも、練習しないのに人前で踊るのは恥ずかしいと思います。
__ 
私、舞台に立っていた時にダンスしてたんですけどそれは気味悪がられましたね。
東  
ウチの福谷も踊ると気持ち悪いんですよ。
__ 
ああ!「二時間に及ぶ交渉の末」でHIPHOP踊ってましたね。あれは確かに気持ち悪かったですね。
東  
本人に言わせたらあれはワザと気持ち悪いようにしていると言うと思います。
__ 
今後も踊っていきたいですか?
東  
そうですね。機会があれば。
__ 
匿名劇壇の作品、踊ったり出来るんですかね。
東  
いや、旗揚げの時私と松原で、イメージシーンみたいなのがあって後ろで踊ってました。うーん、でもそれっきりですね。福谷が振り付け出来ないし、現代演劇だと、急に踊りだすのは書けないから・・・。

タグ: 恥ずかしいコト

切れない力

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか。
東  
細かいところまでしっかり演じられるようになりたいです。目線一つ、動作一つでも、見てる時は見てるんだなあと思った事があったんです。「2時間に及ぶ交渉の末」の時、見せたいつもりでもなかったのに心情的にやった演技があって、多分最前列のお客さんが気付いてtwitterに書かれたんです。それが面白いと書いて下さって、深いところまでこだわった演技が出来るようにになりたいです。
__ 
それはどんな演技だったんでしょうか。
東  
杉原演じる劇団の代表に、劇団員の女優を演じる私が告白するというシーンでした。付き合うのかどうするのか、という返事を待っている間、ずっと自分の手を握っていたんです。
__ 
ええ。
東  
その時にツメをずっと手に食い込ませて、そうしないとホンマにワーっとなりそうだったので、感情的に。それが、手を離した時の爪の跡が印象的だと書いて下さったんです。
__ 
へー!凄い。ちょっと怖いぐらい凄い。
東  
逆に、そんな細かいところまで見てくださっているんだから気をつけないといけないし、お客さんがいまどこを見ているか、というのにも神経を配らないといけないんだなと。
__ 
ああ、お客さんの視線を想像する事。
東  
大学の時にも、例えばセリフが終わったら自分が喋り終わったら気を抜いてしまう人とか、客席に背中を向けている時は顔が素に戻ってたりとか、そんな人もいて。後ろを向いてても感情が切れていない、気持ちが続いている、私はそういう役者になるべきなんじゃないかと思っています。
__ 
いつ頃からそういう事に気を付ける用になったんですか?
東  
ずっとですね。周りに「お前ってそういう事あるよな」と言われて。でも、客席に振り返ったら役柄の感情が戻っている、そんな人こそが役者なのかもしれないです。昔、何で読んだか忘れましたけど、ある歌舞伎役者の凄い人はお客さんを泣かせる演技をやってて、でも舞台で背を向けたら同じ板の上に立っている役者に「やったったで」みたいに舌を出す人もいれば、TVドラマで役に入り込みすぎて、「こんなセリフ言えません」って言う人もいる。どっちも凄い役者だと思うんですよ。私は舌を出せないので、入り込む方かなと思います。
__ 
市原悦子さんは主演ドラマで、撮り方にももの凄くこだわって、監督と打ち合わせをしながら撮影するらしいですね。少なくとも、演技者って、演技を作った上に、それに確信を持って決めるのが仕事なんだよなあと思うんですよ。細かいところまで決めるというのは、そこまで確信を持てている証拠だと思うんですよ。それが役者としての責任なんでしょうね。

タグ: いつか、こんな演技が出来たら 舞台にいる瞬間 見られている事を意識する

来年からの・・・

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
東  
来年の予定が何も決まってないので、とにかく埋めていきたいです。何も無いのが不安なので。出れるのであれば出たいです。オフは・・・一週間くらいあればいいかな。年上の劇団さんともやってみたいです。

タグ: 上の人らと仕事 今後の攻め方

ポシェットと大きなボタンの髪ゴム

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持ってまいりました。
東  
ありがとうございます。(開ける)あ、めっちゃかわいい。
__ 
使って頂ければ幸いです。

タグ: プレゼント(衣服・布小物系) プレゼント(リング・ネックレス・ブレスレット系) プレゼント(ポーチ系)

(インタビュー終了)