平嶋 恵璃香

女優

公演情報
ブルーエゴナク「AGAIN/やりなおし」

作・演出 穴迫信一 出演:
高山実花(モンブラン部) 高野桂子 田島宏人(演劇ユニットそめごころ) 脇内圭介(飛ぶ劇場) 平嶋恵璃香(ブルーエゴナク) 穴迫信一(ブルーエゴナク)
会場:アトリエ劇研
日程:
2015年
12月25日(金) 19:00
12月26日(土) 15:00 / 19:00
12月27日(日) 11:00 / 15:00
チケット:
一般 2,500円
U-23 2,000円
(当日500円増し)
高校生以下 当前一律 1,000円

一つ前の記事
次の記事
同じカンパニー
穴迫 信一(ブルーエゴナク)
同じ職種
鈴木 ちひろ(フリー・その他)
西岡 未央(新国立劇場 演劇研修所)
中西 柚貴(悪い芝居)
髙橋 幸子(劇団青年座)
岡田 あがさ(フリー・その他)
延命 聡子(中野劇団)
夢子オンデマンド(がっかりアバター)
山口 茜(トリコ・A)
cossi(chikin)
是常 祐美(シバイシマイ)
岡部 尚子(空晴)
川面 千晶(ハイバイ)
ヰトウホノカ(ドキドキぼーいず)
兵頭 祐香(RICOMOTION)
東 千紗都(匿名劇壇)
トミー(chikin)
畑中 華香(悪い芝居)
ピンク地底人2号(ピンク地底人)
億 さん・米田 さん(子供鉅人)
西分 綾香(壱劇屋)
西村 朋恵(こまち日和)
高橋 志保(フリー・その他)
渡辺 ひろこ(劇団飛び道具)
四方 香菜(フリー・その他)
清水 智子(フリー・その他)
真野 絵里(中野劇団)
竜崎 だいち(ミジンコターボ)
片桐 慎和子(フリー・その他)
市川 愛里(世amI)

ブルーエゴナク「AGAIN/やりなおし」 2

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします!最近、平嶋さんはどんな感じでしょう。どんな事でもどうぞ。
平嶋 
よろしくお願いします!今は、すごく忙しいです。私は今年の2月にブルーエゴナクに入団したのですが、いままでフリーだったので劇団の作業をしなくてよかったのですが(というとなんだか言い方が悪いですが・・・)、俳優をしながらいろんな作業をこなすのにそもそも慣れてなくて、しかもブルーエゴナクって1年中ずーっと演劇やってるんですよ。だからもう大変で。最近はそれにもちょっと慣れてきました。
__ 
お忙しいんですね!何よりです。ちなみに、稽古はすでに始まっている感じでしょうか?
平嶋 
稽古はまだ始まっていません。昨日から三日間、主宰の穴迫が北九州モノレールの中で公演をしていて、劇団員もそれを手伝っています。なので再来週から稽古がはじまる予定です。
1ブルーエゴナク
2012年、福岡県北九州市にて旗揚げ。2013年1月に団体名から「劇団」を取り、現在の名称になる。同年5月、第五回公演「サヴァリーナトロメイド」では九州の二県三都市を巡る初めてのツアー公演を行い450人を動員した。2014年、第8回福岡演劇フェスティバルの公募枠作品として、「交互に光る動物」を西鉄ホールで発表。その後、枝光本町商店街アイアンシアターにて公演。2014年8月 初の関東圏での公演を開催日常と事件の狭間でただひたすらに生きることを諦めない作風が特徴。(公式サイトより)
2ブルーエゴナク「AGAIN/やりなおし」
毎日会える人に毎日は会えない
こっから行って
あそこに帰る
毎日辿る すると定まる
定まらないことばかりを辿る
辿る前に まずその道に立つ
また同じ景色の中で待つ
誰かがくるまで何かをし
数えるまでもないやりなおし
again

会場:アトリエ劇研
日程:
2015年
12月25日(金) 19:00
12月26日(土) 15:00 / 19:00
12月27日(日) 11:00 / 15:00
チケット:
一般 2,500円
U-23 2,000円
(当日500円増し)
高校生以下 当前一律 1,000円 作・演出 穴迫信一 出演:
高山実花(モンブラン部) 高野桂子 田島宏人(演劇ユニットそめごころ) 脇内圭介(飛ぶ劇場) 平嶋恵璃香(ブルーエゴナク) 穴迫信一(ブルーエゴナク)

「やりなおし演劇」って?

__ 
早速ですが、「AGAIN」について伺っていければと存じます。まず、チラシのインパクトが凄いですね。このチラシの女性が平嶋さんなんでしたっけ?
平嶋 
ありがとうございます!そうです、その金髪の人が私です。
__ 
素晴らしい。初めてチラシを見た時、思わず手にとってしまいました。
平嶋 
チラシはかなり悩みながら作ったのでそう言っていただけると嬉しいです!
__ 
さて、キャッチコピーに「やりなおし演劇」とありますが、どんな作品なのでしょうか。
平嶋 
作品については私はまだ詳しいことはわかりません。ただタイトルにあるように、なにかをやりなおす、それによってなにが見えてくるのか・・・そう言った演出手法を用いた作品になるのではないか、と思います。
__ 
なるほど。ちなみに平嶋さんは、人生をやり直すとしたらいつからが良いと思いますか?
・必ず、どこかからやり直さないといけない前提でお答えください。 ・記憶や思考力はそのままです。 ・オプションとして、何か一つの持ち物をもっていけます。 ちなみに私は中学からやり直す、必勝パターンがあります。
平嶋 
えーーっ!(笑う)私は、高校3年生の部活引退後からやり直したいですね。進路をきちんと決めなおしたいです。放送・演劇部だったんですけど部活動はそのときがベストだと思うのでやり直したくはないです。ただ進路をどうにかしたい!私四年制大学に進学したんですがその大学が合わなくて結局通信制の大学に編入したんですよ、だからもったいなかったなーっとずっと思っていて、もう一度やり直せるならそこからがいいです。
__ 
なるほど。何か持ち物を持っていくとしたら?私の場合は10年程度の競馬の記録メモ。
平嶋 
競馬のメモいいですね!バックトゥーザフューチャーみたい。私がもっていくなら、うーん、手帳かな・・・手帳にいろいろ書いているので、劇団のことや読んだ演劇の本のこと、見に行った公演のこと、・・・そこにこっそりLoto6とかの番号控えとこうかな(笑)

人間の気持ち悪さをやらせたらピカイチ

__ 
平嶋さんが演劇をはじめた経緯を教えていただけますでしょうか。
平嶋 
はい。演劇をはじめたきっかけは、高校の部活動からです。先輩たちが楽しそうに演劇をしているのを見て入部しました。それと私すごいあがり症だったのでそれも治したくて。人前でしゃべったりするタイプじゃなかったので、高校デビューという感じです。
__ 
ブルーエゴナクに入団したキッカケも伺えればと思います。
平嶋 
ブルーエゴナクには、フリーのときになんどか客演として呼んで頂いていて。そのときはどこかに所属する気は全く無かったんですが、去年の暮れごろからこのまま演劇を続けるのならどこか劇団に一度入った方がいいのではないか、という気持ちが自分のなかで生まれて。じゃあどこに入る? となったときに、やっぱり年に1回くらいで活動しているところじゃ物足りなくて、北九州で一番ガツガツしていて、かつ北九州以外のツアーも考えている劇団・・・となるともうブルーエゴナク一択しか無かったんです。もちろん作品も好きだし、参加してみて一緒に今後を作っていきたいと思ったことが大きいです。
__ 
ありがとうございます。では、ブルーエゴナクの魅力を教えていただけますでしょうか。最初に出会った時、何が面白いと思われましたか?
平嶋 
初めて見たのが2013年1月の第四回公演「悪者とオプマジカリアルテクノ」という作品だったんですが5~15分くらいの作品を3時間やるっていう公演で、狭いライブハウスにぎゅうぎゅうになってそれを見たんですが、もう怖い!なにこの劇団!?っていう印象でした。3時間も演劇見たのはそのとき初めてだったし、俳優さんもいままでみた地元の演劇の人たちとなんだか違う、しかもそのショートショートがわけわかんないのばっかなんですけど全部面白いんです、可愛いけど棘がある。そのあと6月に「サヴァリーナトロメイド」という作品(こっちは群像劇でした)を見たんですけど、気持ち悪い!人間の気持ち悪さをやらせたらピカイチじゃないだろうかとおもいました。本当なんだこれは!?っていう新感覚で、新しいを作り出そう、自分たちの面白いを追求しようとしている人たちを見た、といいう感じでした。
__ 
今は?
平嶋 
今はこれに加えて、笑いとせつなさを兼ね備えている作風だとおもいます。エゴナクのお芝居ってあんまりイメージがないって言われるんですが、基本的に上演中笑いが絶えません。ギャグコメディではないですが、真剣にふざけてるんですね、だからお客さんが噴き出しちゃう、そこが楽しいです。今年の6月に「POP!!!!」という作品を上演したのですが、それはもう90分間真顏でふざけ通した作品で、最後まで笑いが絶えなかったのですが、でてきたお客さんからの感想は「せつない」でした。そうそう、これがエゴナクてっ思いました。このギャップが魅力だとおもいます。
__ 
おお!それはいいですね。いつか見れるのが楽しみです!
平嶋 
ぜひ!

「ひとよ」と「わが星」

__ 
またちょっと、別の質問をさせて頂ければと思います。芝居を始めた頃にご覧になった、衝撃を受けた作品を教えて下さい。映画でもなんでも結構です。
平嶋 
衝撃を受けた作品は、KAKUTAの「ひとよ」ですね。ものすごく面白かったんです・・・はじめて演劇の同じ作品を2回みました。あんなに登場人物、人間というものが愛しくなるような作品にはじめて出会いました。同時期にままごとの「わが星」の再演をみて、なんだこれはー!ってなりました、歌っておどって、ずっと音楽がかかってる。ドラマとポストドラマ、どっちもおもしろい。演劇ってなんでもあると、衝撃をうけました。高校生のときはあんまりお金がないのでそんなに観劇できなかったのですが、大学生になってその二つをみてからはいっきに観劇数か増えました。今は北九州高校生割りが多くて、北九州芸術劇場なんか小劇場1000円、中劇場大ホールのお芝居1500円でみれるんです。そういう意味でも高校生に戻りたいかも。わが星はやっぱり好きです、再々演も東京にみに行きました。また同じ時期に「ひとよ」も再演していてのでハシゴで。
__ 
そうなんですね。「わが星」はいいですよね。

北九州で一番クセになる

__ 
ブルーエゴナクではどんな演技が出来るようになりたいですか?
平嶋 
ブルーエゴナクでは思い切りのよい演技ができるようになりたいです。本当にいろんな役を固定せずにいただけるので毎回物怖じせずチャレンジしていくことが課題です。
__ 
ありがとうございます。とても楽しみにしています!では、ブルーエゴナクをご覧になったお客さん、どう思ってもらいたい等はありますか?
平嶋 
そうですね・・・京都にははじめて本公演としていくのでやっぱり「北九州になんかいるぞ!?」ってはなってほしい。北九州で一番クセになる劇団を自負しているんですが、それを京都にひろめたい。クセになって北九州にみにきちゃうくらい。
__ 
クセになる劇団。いいですよね。北九州にまでいければなと思っています。

聖夜をお楽しみに!

__ 
さて、そろそろお開きにしたいと思うのですが、何か言い忘れた事などはございますか?
平嶋 
言い忘れたこと・・・京都の皆様!クリスマスは空けといてください!!!笑
__ 
承知しました!今回はありがとうございました。
(インタビュー終了)