がっかりアバター「あくまのとなり。」 2

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。最近、乾さんはどんな感じでしょうか。
乾  
最近は稽古しかしてないです。
__ 
これですね。がっかりアバター「あくまのとなり。」どんな作品になるでしょうか。
乾  
がっかりアバターは今まで下ネタ下ネタ言われてて、結構過激な事をやってたんですけど。演出の付け方とか稽古の雰囲気がガラっと変わっています。本当に全然違います。これが本当に主宰のやりたい事だったのかなと。違う面が見えますね。
__ 
とても楽しみです。
1がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)
2がっかりアバター「あくまのとなり。」
公演時期:2014/5/15~19。会場:シアトリカル應典院。

タグ: 乾寿々香

50m走のような年末

__ 
さて、まずは前回公演「おしゃれな炎上」。すさまじく面白かったです。乾さんは毎日性的な虐待を受ける弟役でしたね。快楽を追求した末に目玉だけになってしまい、姉に食べられるという。
乾  
ありがとうございます。あの公演の直前、寺本奈央さんの「動-shin-」に出させてもらって、その関係で稽古期間が1ヶ月無かったんです。凄く苦しかったです。終わった今でも、客観的に見れないぐらい。
__ 
「動-shin」 3。出演されてましたね。見たかったです。
乾  
最初にお話を頂いた時、「私で良いんですか?」って言ってしまったぐらい自信がなくて。でも皆さんに良くしてもらって、ずっと謝ってました。
3演劇プロデュース 動-shin「約束~キミノアカシ~」
公演時期:2013/12/6~8。会場:芸術創造館。

タグ: 稽古期間が短いピンチ

谷底転落疾走?

__ 
がっかりアバター次回公演「あくまのとなり。」今回は下ネタ無しという事で、それはハンデなのかアドバンテージなのか。いかがでしょうか。
乾  
ハンデはあるんじゃないんですかね、下ネタという事で知ってもらっているところがあると思うので。下ネタを楽しみに来て下さる方がどう思うのか。
__ 
そうですね。
乾  
でも、作品の雰囲気はこれまでと大分違うと思います。前回までは、完成形を予想して「こうかな?」って寄せていく作り方をしていたんです。今回はまっさらなところからどこまで上げていけるか、という作り方をしていて。私も含めて、稽古場では完成形が見えてないんですよ。それが凄く新鮮です。
__ 
勢いがあるから大丈夫だと思いますけどね。
乾  
主宰は、心配してないって言ってました(笑う)。終わりが見えない事すらも楽しんでいる感じなのかも。全員で委ねている感じです。役者陣の不安はありますけどね。
__ 
なるほど。
乾  
脚本が今までにない種類の面白さで。なんせ面白いんです。(それは毎回ですけど)。出来上がるのがすごいたのしみです。
__ 
見たことのない感じが、がっかりアバターにはあるんですよね。なんかこう、演劇って余白があったらそれはすぐ飽きに繋がるんじゃないかなと思ってて。それは色が付いている部分の情報を読みとるのに集中するからその反動がある、とか、単純に素舞台を見ていると息が詰まってしまうからなのかもしれませんけど。その倦怠感がほとんど無いんですよがっかりアバターって。知らないやり方で演劇を作っているような、そんな印象はありますね。今後、どんな感じの集団になっていくんだろう?
乾  
そうですね、でも、基本的にはアンディさんの事が好きで付いてきているので。そこは変わらないんじゃないかと思います。

タグ: 私の劇団について

今度は下ネタじゃ済まされない

__ 
チラシに書かれているあらすじからは、抑圧に苦しんでいる人間のお話なのかなと。乾さんはどんな役柄なんですか?
乾  
そうですね、どこまで言っていいか分からないんですけど。現実と非現実が描かれるんですね。非現実に逃避する人の逃げ先、逃避させる側です。たのしい感じ。
__ 
楽しい乾さん。見たいですね。意気込みを教えて下さい。
乾  
坂本さんはおもしろいぞ!っていうのを、出来るだけそのまま伝えられればと思います。純粋に、知って欲しいと思っています。
__ 
これの次が、超オゲレツ芝居だったらみんなどう思うのかな。
乾  
どうでしょうね、でもきっとオゲレツな芝居をやりたいっていう訳ではなくて。奥にある様々なものが渦巻いている中で、下ネタっていう表現が一番分かりやすい形で現れているだけなんじゃないかと思います。
__ 
おお。下ネタはただの添え物だと。お好み焼きでいうソースくらいのものだと。
乾  
カツオブシぐらいかもしれません。
__ 
マジすか。
乾  
それを彩るのがたまたま下ネタって、坂本さんも言ってたんですけど。今回は坂本さんの頭の中をちょっと至近距離で見れる感じかもしれないです。
__ 
なるほど。我々は下ネタに引き寄せられていたに過ぎないと。ですが確かに、アンディさんの事は作品から伝わって来ていましたよ。「俺ライドオン天使」からは終末観、「おしゃれな炎上」からは肉体と魂の関係。私にとって、がっかりアバターの下ネタはある種の切実さの表象なんです。
乾  
やっぱり、取っかかりになりやすいらしいですね。・・・違うかな合ってるかな(笑う)。

タグ: 炎上、がっかりアバター 下ネタを考える

いていいんかな

__ 
演劇を始めた経緯を教えてください。
乾  
私の入っていた小学校では、六年生になると卒業公演をするんですよ。ライオンキングをする事になって、私は子供心に悪役をやりたいと思っていまして。ずっと。オーディションで、スカーという役をさせてもらいました。
__ 
いかがでしたか。
乾  
終わった後、あまり遊んだ事のない子や親御さんから、「良かったよ」と言ってもらえて。それで調子に乗って、演劇を始めました。必要とされているのが嬉しいのかもしれません。
__ 
必要とされたい?
乾  
役があると、「いていいんだ」って自然に思うんです。稽古場なんて、それだけで楽しいですね。本番が終わった後に、お客さんから声掛けてもらったりするとすごく嬉しい。
__ 
最近、私は闇金ウシジマくんが好きで。そこに出てくる登場人物の半数以上が、「誰かに必要とされたい」って思ってるんですよ。依存を止められない癖に、寂しい自分は客観視して、批評までしてしまう。
乾  
だから人気があるんでしょうね。必要とされたいってきっとみんなあると思うんです。稽古場というか劇団って、いる事を許されている気がするので。でも「いていいんかな」って思っちゃうんですけど。
__ 
私の中では、がっかりアバターにおける乾さんの存在はもう必要不可欠ですけどね。
乾  
えーっ。いつ捨てられるかと思ってますよ。
__ 
いやいや。少年役がはまりまくる感じ、がっかりアバター独自のかぼそい変態性に最高にハマっていると思いますよ。
乾  
劇団とか、入るつもりは無かったんですよ。それまでにもお芝居に出させてもらった事はあるんですけど、がっかりアバターは稽古も含めてあまりにも楽しくて。これ、もう出られないのが、めっちゃ嫌だと思って。「入っていいですか」と言って入れてもらいました。
__ 
がっかりアバターに出会った経緯は?
乾  
中学3年の時に、文化祭で坂本さんの舞台を見たんですよ。この人は凄いと純粋に思って。今でも雲の上の存在なんですよ。衝撃を受けて同じ学校に入ったんです。
__ 
なるほど。
乾  
その時にやってたのが、舞台の上に男の子が寝かされて「死体や」って言って。アンディさんが体育館用の掃除機でその男の子の乳首を延々と吸うっていう。学校の文化祭なので、当然父兄が来て見ていて。もの凄い空気でした。
__ 
どのくらいの作品でしたか?
乾  
覚えていませんがもの凄く長い時間だった気がします。緊張感がありました。アンディさん、輝いてました。衝撃でしたね。

タグ: 文化祭前夜 その人に出会ってしまった 衝撃を受けた作品 調子のってた ポジショニング不安 ライオンの話題

(ずっとこんな楽しい事をやっていけたら・・・いいな)

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
乾  
何でしょうね。作品の魅力をきちんと伝えられるようになりたいです。その上で、お芝居が楽しいという思いをずっと持てていたらいいなあ。だんだん、段取りになっていくというのを聞くんです。それはすごく悲しいなぁと思って。ずっと好きでありたい。甘いかなあ。
__ 
確か、がっかりアバターってバンドもやってると聞いたんですけど。
乾  
音楽はやってないです(笑う)でも、坂本さんが「がっかりアバターはロックバンドです」って言ってはりました。だから劇団って付いてないんですって。
__ 
いや、そうあるべきです。でも、もちろん難しい事です。「勢い」って、実はある種の犠牲の上に成り立つんじゃないか。例えば絵画もロックバンドも、人生の選択肢を捨てた力がそのまま勢いになる場合もある。もちろん、犠牲と勢いのバランスを取るやり方も存在するんですけどね。
乾  
厳しいですね。
__ 
捧げる奴にしかロックの女神は微笑まない。賭けられる内に賭けるべきだし、そういう人を応援したいです。
乾  
本当に、ずっとこれをやっていけたら最高なんですけどね(笑う)。

タグ: ちゃんと楽しませる いつか、こんな演技が出来たら ロックな生き方

質問 大石 達起さんから 乾 寿々香さんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた、IN SITUの大石さんから質問です。「どんな本を読まれますか?」
乾  
絵本が好きです。最近、「おくりものはナンニモナイ」という作品が大好きで衝動買いしてしまいました。猫と犬が出てくるんですけど、あの子の事が好きだから贈り物を買いに行こう、でもあの子の家には何でも揃ってる、って。
__ 
ありますよね。
乾  
でっかい箱を用意して持っていくんです。はいプレゼント、ってパカッと開けたら何も入っていない。何にもないじゃんって言われて、「そう。贈り物はなんにもなあい」って。二人でいる時間が一番大切な贈り物なんです、と。最後に星空が広がって。言葉で言っちゃうと薄くなる気がするけど・・・

11年後の乾さん(31)へ。見てる?↓この記事、思い出した?こんな事言ってたんだよ11年前の乾さん。若い・・・というか、思い出してくれてありがとうね。11年、意外と短かったでしょ。さて、「頭を下げれば大丈夫」はもうしばらく続きます。いま演劇続けてたらでいいから、今度インタビューさせて下さい!

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
乾  
坂本さんに付いていければと思います。必要とされる限り頑張っていきたい。奢る事なく。
__ 
なるほど。
乾  
劇団員のみんなが本当に面白いんで。負けたくないという感じじゃなくて、もの凄い可能性を持ってるから。
__ 
アバターズがね。
乾  
その中に自分がいるのがおこがましいんですけど頑張ります。最近、20歳になってしまって。恐ろしくて。10年後の乾とか全然想像出来ない。ハタチになんて、ならないと思ってました。なるんや、とビックリしてます。
__ 
私個人は、年を食っても変わらない気がしますけどね。しかし、31歳になった時の衝撃は凄かったです。
乾  
あ、その1年が大きいんですね。
__ 
今から11年後、私の言葉の意味が分かってもらえると思います。
乾  
年取るのなんて怖くないって言えるぐらい頑張ります。

タグ: 俳優同士の闘争心 X年後のあなた

HIRAMEKI.の革ブレスレット

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。どうぞ。
乾  
ありがとうございます。開けてもいいですか?(開ける)あ、可愛い!自分で作ったりするんですよ、ブレスレット。付けます。色がすごいいいですよね。
__ 
良かったです。
乾  
あと、いつもプレゼントしてはるなあと思って。あの、私も持ってきました。
__ 
おお。
乾  
コアラのマーチ、食べて下さい。
__ 
ありがとうございます。もちろん食べます。

タグ: プレゼント(装飾系) プレゼント(リング・ネックレス・ブレスレット系)

(インタビュー終了)