ミュージカル研究会note

__
ミュージカル研究会へ、ようこそいらっしゃいました。
駒田
おお、研究しようぜ。
__
研究しましょう。
駒田
バラしちまおうぜ。
__
はい。・・・・・・今日借りてきたビデオはですね、「アニー」代表的なミュージカル作品ですね。アニーのホームページすらあるくらいですから。
駒田
ああ。
__
では、初めましょうか。
駒田
うい。
__
(ビデオを再生する)
駒田
・・・・・・吹き替えやん。
__
えっ?
駒田
吹き替えやんな。
__
うわっ!大失敗!
駒田
(笑う)ええんちゃう、どっちでも。
__
ミュージカルビデオの吹き替えとは・・・・・・
駒田
別物やな。
noteミュージカル研究会
この頃、劇団衛星がアルカイックホール・オクトオリジナルミュージカルの製作をしており、インタビュアーも参加していたため発足。会員一人。

明日があるさ

駒田
あ、この曲聞いた事ある?明日があるさってやつ。
__
えっ?ああ・・・・・・
駒田
和田アキ子?が歌ってるの。
__
ああ。
駒田
いつになく饒舌やろ?
__
あ、そうですね。
駒田
録音してると思って色々喋ることにしたんねん。
__
ありがとうございます。
駒田
ははは。
__
今日はですね、チゲ鍋です。(茶碗を出す)失礼します。
駒田
ありがとうございます。
__
卵を入れようと思います。
駒田
おお、おいしそうや。
__
暖まっていってください。
駒田
はい。
__
えー。ここでミュージカル研究の途中結果を発表するとですね、まず受難型といいまして、生まれの貧乏だった女主人が拾われて試練を受けつつもリッチになっていくという。note
駒田
はいはい。
__
この「アニー」もそうですが、やはり「マイ・フェア・レディ」が会の中では人気が高いですね。ヘップバーンは凄いですよ。一番人気ですね。
駒田
そうなんや。
駒田
ヘップバーンあいつ歌うの?ていうかどんなん?
__
いや、すごく面白い歌い方ですよ。唱法が、じゃなくて、こう、歌ってるビハブっていうか、あれ自体が面白いんですよ。
駒田
へえ。いただきまーす。(食べる)うん。おいしい。
__
ありがとうございます。
駒田
いやでもねー。食って大事やね。
__
ええ。
noteミュージカル研究
他に野望型、ロードムービー型などがあることを発見。

明日があるさ

__
子供を躍らせてますね。
駒田
さっきの話だけど、ミュージカルってやっぱり何パターンかに分類されちゃうんやなあ。
__
そうですね。
駒田
それについて考えてたんだけど、ミュージカルって芝居と歌とダンスのジャンルミックスみたいな感じやん。
__
そうですね。
駒田
そうなると、形式が自由になる代わりに内容が不自由になるんではないかと。
__
ふうん。
駒田
なんでかっていうと、普通に芝居をしていていきなり歌やらダンスに移った場合になんでお前いきなりそうなんねんていうギャップを埋めるために必然性がないとあかんわけやん。ストーリーやらシチュエーションやら、そこに必然性を押し込んでいく、それが積もり積もって、内容が偏ってくると。
__
なるほど。それは研究会が始まって以来問題とされていたテーマなんですよ。note
駒田
そうなんや。
__
解決するには、解決しなくてもいいという態度を取ればいい、つまりミュージカルはミュージカルとして。
駒田
ああ、サブジャンルとしてね。
__
はい。
駒田
ミュージカルって、最初にストリートプレイがあって、その上で誰かがセリフだけじゃつまらんし、踊ったり歌ったりした方がええのんて、あとからくっつけたんかな?
__
えっ・・・・・・調べてきます。すいません。研究会のクセに。
駒田
いやいや、でも意外に何かの宗教儀式から来てるんかな。
__
ああ・・・・・・。
note問題
コーラスラインのような、地味なミュージカルが存在すると知るまでは派手にならざるを得ないと考えていた。

タグ: 不自由さ

質問コーナー

駒田
あーおいしかったー。
__
良かったです。
駒田
・・・・・・なんか、さっき自転車で質問コーナーがあるって言ってなかった?
__
あ、そうだ。今日はですね、駒田さんに11の質問があります。答えられる範囲でお願いします。
駒田
はい。
__
最近、――――――?note
駒田
あー、ちょっと・・・・・・ごめんなさい。


__
次です。最近お勧めのCDは?
駒田
ちょっとマニアックなんですけど、「ナンバー・ガール」ってバンドの解散ライブのCDかな。
__
一番好きな衛星の同性は?
駒田
ああ、まあ・・・・・・奈木野かな。note
__
ああー。
駒田
彼のどこが魅力かというと、すごく潔いじゃないですか。エロネタにしても言って絶対ウケるようなネタではなくて、そういった計算ナシに自分の趣味嗜好を言ってるところに潔さを感じる。ウケも取れんし、モテもしないし、もう何の特にもならないのに。それがすごい男らしいなー、と。彼の気遣いなりエロ自虐ネタとかもさ、何かこう、その場の人間関係を調節するためなんだろうけど、それは自分の居場所を確保するだけでそれ以上の得はないのに。健気だと。
__
ああ、同感です。・・・・・・次の質問。明日何をしますか?
駒田
ええと、まあ、起きて、尼崎に練習に行きます。
Q.6
お勧めのお店を教えて下さい。
Q.7
チャックさんの事をどう思いますか?note
Q.8
エロいですか?
Q.9
嫌いなタイプの女の子は?
Q.10
どんな大人になりたいですか?
Q.12
ファックさんの事をどう思いますか?
A.6
あんま店とか凝らんからなぁ・・・・・・
A.7
何を考えてるか一番わからんなぁ。何て言ったらいいか。
A.8
あー、どうやろなぁ。エロ。・・・・・・。
A.9
男性に対する被害者意識が強い人とか、身の周りにはいないけど。あと、やたら人の個人的なトコにまでずかずか入り込んで、あれこれ口出ししてきたりする人とか、嫌いっていうより、苦手かな。
A.10
そうやなぁ。まぁ自分の性格を棚に上げて言うと、暗い大人って始末が負えないじゃないですか。のんきな大人ってのが昔からテーマですね。
A.11
ファックか。
noteNG質問
駒田さんとしてはNGの質問だった。
note奈木野氏
当時劇団衛星団員。
noteチャック・O・ディーン氏
当時劇団衛星団員。衛星で最も頼りになる男。(個人的印象)

天国

駒田
大金持ちが贅沢三昧するミュージカルとか観てみたいなぁ。
__
観たいですねそれ!インド映画にありそうですねぇ。
駒田
ありそうやなぁ。ひたすら酒池肉林の日々が繰り返されるという。
__
恋とか絡んでなくても?
駒田
いや、絡んでても絡んでなくても。
__
ないほうがいいですねきっと。でもそれって、すごくロックな作品ですよね。
駒田
なんかこう、罪人の処刑を眺めながら食事して楽しんでる主人公のミュージカル。
__
おもしろいですね(笑う)。それで彼に対する天罰は最後まで一切起こらずに最後まで。天罰どころか、いわゆる喜怒哀楽の怒、哀のイベントも同様、ない。
駒田
そうそう、全然起こらない。
__
絶対面白いですね。普通の人の日常を淡々と描くものではないために、悲しさもない。安易なテーマが出て来ない。ただ、金持ちの日々。
駒田
キツいといえばキツいな。
__
彼の下で働く召使い達は全員、何の疑いもなく働き、幸せを感じてるんですよ。荘園、領地の人々もみんな。
駒田
ああ?、そやなぁ。
__
黒人のメイドと恋をする。
駒田
いや、貧乏の世界と金持ちの世界が出会うと孤児モノになるからなぁ。
__
金持ちの世界の描写だけで2時間。とにかく金をつぎこんで。ワインとかもう湯水のように。
駒田
なんか、何もかもありすぎて何もないみたいな。
__
最初から最後まで一切が幸せで、お抱えのコック、メイド、執事、教師、全員主人を尊敬して仕えてて、肉親も全て食卓につけるぐらい円満で夫婦は愛し合っている。経営する工場やプランテーションで働くひと、誰もかも幸せなんですね。2時間。観てみてぇ。

使えないプレゼント

__
今日は実は駒田さんにプレゼントがあるんですけど……大失敗したなぁ(渡す)。
駒田
(袋から取りだす)ははは。これ使えないね。


タグ: プレゼント(大失敗系)

(インタビュー終了)