__ 
今日は宜しくお願いします。最近はいかがですか。
宮部 
最近は、何かね。・・・何が?
__ 
日常的な事など、何でも結構です。
宮部 
色々あるよ。例えば、猫かな。やっぱりいい病院を探そうと。
__ 
飼っていらっしゃる猫の調子が悪いと。
宮部 
はい。

「ノーバディー」

__ 
宮部さんがお芝居を始められたのは、どのようなキッカケで。
宮部 
小っちゃい頃に児童劇団に入って、大学卒業間近に将来を気にして、でもお芝居をしようと思って。その頃からまた始めた。
__ 
児童劇団ですか。なるほど。最近出演されたのは、肥田さんの改造企画noteでしたね。
宮部 
ははは。ありがとうございます。面白かった? 本当に。
__ 
ええ。
C  
大学を卒業した時に芝居に興味を持ったのは何故か。
宮部 
え? 興味はずっとあったんだよ。やりたいなあって。一つの仕事を決めるんだったらそれにしようと思って。だから中学高校はやってなかった。
C  
何を見たの?
宮部 
ええと。・・・何かさ。皆が思うお芝居のイメージがあるでしょ。大きな声を出して、発声練習をしてっていう。
__ 
固定観念ですね。
宮部 
そういうのじゃないお芝居ってやってないのかなあと思って、大学の頃に青年団を見たの。ああこういうのもあるんだって思って、オーディションを受けたんだけど落ちて。3回落ちた。
__ 
なるほど。その後、前田司郎さんnoteのお芝居に出演されておりますね。
宮部 
「ノーバディー」から。
__ 
前田司郎さんの何が面白かったのでしょうか。
宮部 
面白くね?
__ 
ええ、とても面白いと思います。例えば、どのような点がとかありますか?
宮部 
何かさ、力みのない芝居って言われてるでしょ。だからかな。
Cマークについて
C・・・オブザーバーの発言です
note肥田さんの改造企画
欄干スタイルプロデュース公演。劇団hakoの劇作家・演出家の肥田知浩さんの脚本「犬の眼、石の耳」を3団体が演出し上演。会場:アトリエ劇研。公演時期:2008年4月18~20日。
note前田司郎
劇作家、演出家、俳優、小説家。五反田団主宰。

タグ: 力んでいる

考えてない

__ 
最近、芝居について何か考えている事はありますか。
宮部 
いっぱい考えてるよ、芝居以外でも。
__ 
なるほど。
宮部 
人って結構考えているもんなんだよ。特に観劇した後だといっぱい考える。人に喋る。
C  
最近見た芝居で何か考えた事はある?
宮部 
「柳川」note面白かったねえ。
__ 
ああ、精華演劇祭での。
宮部 
柳川の、あの危なっかしい感じがすごく好き。
__ 
なるほど。ところで宮部さんって、どんな事を考えて芝居をやっているんでしょうか。
宮部 
考えてないかな。そこはあまり考えてないのもしれない。
C  
役作りとかはしないんですか?
宮部 
しない。
__ 
素晴らしい。
宮部 
本番中は何考えてるかな。
C  
俺は形の事しか考えてないけどね。
宮部 
あ、私も形の事しか考えてないかも。
__ 
次にこのセリフをどんな感じで言うか、とかですかね。
宮部 
そうそう。
note柳川
1998年、立命館大学の学生劇団を母体に結成。洗練されたシチュエーションコメディを目指すも、良くも悪くも洗練されず「なんだかよくわからない、面白いのかどうかすら、ちょっと判断しかねる笑い」を目指す、どちらかと言えば、ひとりでこっそり観に行きたい劇団。(公式サイトより)

オバマの次

__ 
宮部さんは、今後どんな感じで攻めていかれますか?そういうのがあれば。
宮部 
お芝居でさ、食っていきたいよねー。
__ 
それは中々難しいですけどね。
宮部 
別に舞台だけにこだわってないんだけどね。色々なところに出たい。芝居出来る環境を増やしたい。
__ 
なるほど。
宮部 
あと、世界征服。
__ 
その際には、是非お願いします。
宮部 
そうだね。オバマの次くらいには最低いくよ。
__ 
どんな感じで行いますか。
宮部 
え?みんなと友達になるの。
__ 
なるほど。

タグ: 今後の攻め方

ないよ

__ 
今後、やりたい芝居とかありますか。
宮部 
ないよ。
__ 
では、どんなお芝居が好きですか?
宮部 
五反田団好きだよ。
__ 
力の入ってない感じの。
宮部 
も好きだし、何なんだろう。
C  
オシャレじゃない方がいい。
宮部 
うん。こだわりとオシャレは違うでしょう。何の話だっけ。
__ 
今後の・・・。
宮部 
何でもやりたい。あ、でもキレのいい芝居とかやりたいな。
__ 
キレのいい芝居。
宮部 
何かね、恥ずかしくて出来ない芝居がしたい。恥ずかしいと笑っちゃうからね。
__ 
というのは。
宮部 
昔、ある芝居に出た事があって。その時にそういうというか、安っぽいクサい芝居を振られたんだけど出来ないって言ったのね。
__ 
笑ってしまったと。
宮部 
うん。でも、それから何年か経って、色々成長したと思う。あと、関西の小劇場にどんな人がいるか分かった。
__ 
なるほど。
宮部 
その上で、クサい芝居を、信頼出来る人とやりたい。あ、やっと言えた。

タグ: 恥ずかしいコト

グラス型カチューシャ

miyabe_present

__ 
今日はですね、宮部さんにお話を伺えたお礼にプレゼントがあります。
宮部 
こんな事して大丈夫?
C  
まあ、節約すればね。
__ 
どうぞ。
宮部 
これ何?
__ 
カチューシャですね。
宮部 
あ、いいな。これ甥っ子の前でやろう。

(インタビュー終了)