陽光PROJECT「陽光」(公式BLOG)

タグ: 餅は何個?

美しいと思う基準

__ 
森さんは、どんなキッカケでお芝居を始められたんでしょうか?
森  
大学一回生の時ですね。何かをしたいという衝動にかられていたんですけど、何を始めていいか分からなかったんですよ。そんな時期に、ベトナムからの笑い声noteの人たちと知りあったのが最初です。
__ 
C.T.Tから。
森  
初めて小劇場を見たのは、トリコ・Aの作品でした。それまで演劇ってガラスの仮面みたいな、発声練習やら大きな身振りやら、そういうダサいものだと思い込んでいたのにすごく魅了されて。それを見ていなかったら演劇を始めていなかったろうなと思います。山口さんの言っている事や、美しいと思う基準に共感したんですね。初舞台もトリコ・Aの作品「木辻嘘801」です。
noteベトナムからの笑い声
丸井重樹氏を代表とする劇団。手段としての笑いではなく、目的としての笑いを追及する。
note丸井重樹氏
京都を拠点に活動する演劇制作者。
noteC.T.T
C.T.T.とはContemporary Theater Trainingの略で「現代演劇の訓練」を意味する。1995年に京都のアトリエ劇研で発足し、70回以上の上演会を行う。現状、3カ月毎の上演会を予定。(公式サイトより)
noteトリコ・A
山口茜氏を脚本・演出として作品を上演する団体。
note飛び道具
京都を拠点に活動する劇団。毎公演ごとに演出家が異なる。安定した作品群を多数発表する。

100本の名作

__ 
森さんが今お芝居を続けているのは、どうしてでしょうか?
森  
それ、いま私ももう一度考え直そうと思っているんですよ。始めた頃は切実な思いがあったんですが、大学を卒業してからは大人になったというか・・・。じゃあ何を頼りに作品と向きあうか。揺れている状態なんですね。ひとつひとつ作品と向き合うのは大変で、いつもいっぱいになってしまうんです。
__ 
芝居を始めた頃の切実さとは。
森  
誰かと衝撃を与え合う事で、深く関わり合いたいんですね。初めてトリコ・Aの作品を見たときに、自分が今まで誰にも言わなかった衝動が舞台に表現されていたんです。気持ちがものすごく揺らされて。自分が救われたという気持ちもあって。それから、自分が見たいものを作る気持ちでやっていたんです。
__ 
心が揺らされるものを作る。
森  
でもそれは、何も知らないのに言ってるだけかも知れないんです。芸術は全然勉強していなくて、未だに蜷川作品とかも見てないんです。今年、自分に「100本、映画と演劇の名作を見る」という目標を立てました。そういう風にでもしないと、自分で分からなくなってきちゃうから。
__ 
勉強しないと、自分が作りたいものの姿が見えなくなる。
森  
前は、自分は技術がないと言われていたので、それに食いつく勢いでやってたんですよ。でも段々出来るようになってくると、何に対して食いついていいのか分からなくって。そうしているうちに、自分が見たい作品が分からなくなって。
__ 
では、自分が見たいものを見つけるのが今年の目標なんですね。
森  
感性を磨くという作業が、ちょっと気恥ずかしかったんですよ。格好つけてる感じがして。でもたとえば、照明家さんが自分の機材を手入れするように、自分のセンスとかそういうものを洗練するのは当然じゃないかと。
__ 
きっと楽しい事だと思います。傑作に出会えるといいですね。
森  
はい。ストイックにやるより、楽しんでやろうと思います。

タグ: 自分は何で演劇を

下鴨車窓「人魚」

__ 
この間の下鴨車窓note、大変面白かったです。森さんとしては、どんな作品でしたか?
森  
すごく勉強になった作品でした。共演したかった方々と一緒にやれたので。
__ 
森さんは人魚を捕らえた漁師の娘を演じてましたね。出てくるなり食卓に運んで来たスープを・・・。
森  
汚く飲む(笑う)。あれは、人魚という怪物に対する人間を善人には見せたくないという演出だったんです。食い散らかすようにしてました。
__ 
全体、おとぎ話みたいな設定にも関わらず全員が自分の論理に従って動いてましたね。
森  
どういうところが面白かったですか?
__ 
見ごたえがあったのは、やっぱりストーリーです。捉えられた人魚が、自分の歌声では魅了する事の出来ない漁師をいかに誑かすか。そういう駆け引きも良かったし、獣と人間の通じ合わなさが他者とのコミュニケーションがいかに難しいかということに繋がっていたり。あと、突飛な演出もありましたね。特に説明なく天井から落ちてくる予言詩の書かれた板が入っている袋。アクセントとして効いていました。
森  
最初は無かったんですけど、田辺さんがいきなり「上から袋が落ちてくる」と言い出して。ああ、そういう村なんだと。落ちてくるもんなんだと(笑う)。
__ 
そこで説明もなくそうしちゃうというのが、何か凄く素敵でした。
note下鴨車窓
京都の劇団。アトリエ劇研プロデューサー、田辺剛氏が演出・脚本を務める。
note「人魚」
公演時期:2009年12月9~14日。会場:アトリエ劇研。

タグ: 汚す

森さんには泣いて欲しい

__ 
今まで出演されて来た中で、ご自身の転換点となる作品は。
森  
それはやっぱり、飯田茂美さんnoteの作品ですね。彼の作品に出た事で、役柄というものが180度変わったんですよ。
__ 
そんなことがあるんですか。
森  
彼の演出した舞台で、私一人で10分間泣きながら自分のことを語るというパフォーマンスをさせてもらったんです。それが本当に苦しくって。稽古場を飛び出すくらい。飯田さんって、良くも悪くも出させる人なんですよね。出演が決まった時に「芝居しないでほしい。森さんには泣いて欲しい」って。
__ 
なるほど。
森  
それまで明るい役ばっかりだったんですが、実は暗い役もやってみたかったんでしょうね。そういう陰の部分に光を当てて下さったんです。私それまで号泣なんてしたことなかったのに、それが凄く良かったって仰って下さる人もいて。それ以降、陰な役が来るようになりました。
__ 
ご自身の、演技に対するイメージも変わった。
森  
「演技しないで欲しい」という言葉を受けて、やっぱり演技した方がいいと思ったり、演技をしない体の魅力に気づいたり。勉強になりましたね。
note飯田茂美さん
1998年より、マルチ・アーティストとして世界各地で活躍。ポエトリー・アクション、収穫祭プロジェクト、現代美術の分野での活動、先進的な舞台人たちとの共同作業など、既成の枠にとらわれることなく多方面に拡張(公式サイトより)

タグ: めっちゃ泣いた・号泣した

でも今は、演劇が好きです

__ 
今後、森さんはどんな感じで攻めていかれますか?
森  
2009年は色々とお話を頂いてバタバタとしていた年でした。今年は自分がどうしたいのかを考えて前に進む年にしたいですね。色々、有り難いお話もあるので。
__ 
なるほど。
森  
昔はそれほど、演劇をやりたいという欲求はなかったんです。自分が次のステップに行くのに演劇をやるしかなくって。だから、芝居が好きという人が羨ましかったんですよ。でも今は、演劇が好きです。

タグ: 今後の攻め方

質問 山口 吉右衛門さんから森衣里 さんへ

Q & A
__ 
さて、本日は前回インタビューさせて頂きました山口吉右衛門さんからご質問を頂いてきております。お答えになりたくない質問は無理せずとも結構です。1.若さの秘訣を教えて下さい。
森  
(笑う)忘れる事ですかね。
__ 
2.腹黒さを隠すコツを教えて下さい。
森  
そんなん分からへん(笑う)。・・・私は腹黒いのが表に出てるので、分かりません。
__ 
3.今夢中な事はなんですか?
森  
写真を撮る事。面白いものや光景をよく撮っています。
__ 
4.結婚についてどう思いますか?
森  
したいですね。

タグ: 結婚について 色んな秘訣集 若さの価値

Agronaturaのハンドクリーム

__ 
さて、今日はお話を伺えたお礼にプレゼントがございます。どうぞ。
森  
えー。ありがとうございます。何だろう。開けても宜しいですか?
__ 
どうぞ。
森  
これは・・・ハンドクリームですね。私、欲しかったんですよ。
__ 
あ、良かった。
森  
すごいかわいい。女の子が喜びそうなキーワードが沢山書いてありますね。ミツロウとかシアバターとか。女の子は、こういう自然由来の原材料表に弱いというのが私の定説で。

タグ: プレゼント(化粧品系)

(インタビュー終了)