おかっぱ

__ 
今日は宜しくお願いします。髪型が物凄く決まってますね。
西村 
ああ、おかっぱが。好きなんですよ、まとまってる感が。
__ 
お似合いです。最近はいかがですか?
西村 
ヨーロッパ企画がやっぱり、中心の生活ですね。イベントとか出させてもらったりとか、ホームページで新しい企画がはじまったり。
noteヨーロッパ企画
98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内において上田、諏訪、永野によりユニット結成。00年、独立。「劇団」の枠にとらわれない活動方針で、京都を拠点に全国でフットワーク軽く活動中。(公式サイトより)

あんなに優しかったゴーレムnote

__ 
さて、こないだの「あんなに優しかったゴーレム」。地下に住む中学生役でしたが、純粋というか、素直な役でしたね。作品自体もとても面白かったです。私は最後列で拝見していたんですけど、もう少し前で見たかったですね。
西村 
また、見に来てください。東京公演もあるんで。
__ 
出来れば参ります。演じられて、ご自身ではいかがでしたか。
西村 
まあ、年齢的に中学生大丈夫なんかな?というのはありました。学生役を当てられる事はよくあるんですけど。まあ、やりやすさはありました。
__ 
西村さんの演技というのは、確かに凄くナチュラルで、見ていてほんとにほっとします。しかも衣装はセーラー服でしたね。お似合いでした。
西村 
ありがとうございます。あれは昔着ていたもので。
__ 
ああ、ある意味で私服だったんですね。稽古中、何か悩む事はありましたか?
西村 
稽古は大体エチュードから始まるんですけど、みんなやっぱり面白くて、それについていけてなかったというのがありますね。まだまだで。
noteあんなに優しかったゴーレム
やったね10周年ツアー。全国各地で公演。公演時期:2008/5/11~8/25。

オーディション

__ 
西村さんは、お芝居を始めたのはヨーロッパ企画からですよね?初舞台は確か、「インテル入ってない」でしたっけ。
西村 
インテルですね。発売はされてないんですけど、最近映像を見たんですけど面白かったです。
__ 
発売されたら拝見したいです。ところで、何故、ヨーロッパ企画に入ろうと思われたんでしょうか。
西村 
高校を卒業して、何をしようかと。それで何となく演劇でもやろうかと思ったんです。そういうのに興味があったのか覚えてないんですけど。それまでやっていたという訳でも、見ていた訳でもなく。さらにヨーロッパはテレビでしか見た事なかったんですけど、たまたまサイトを見たらオーディションをやっていて、その時既に締め切りを3日過ぎてたんですけど。
__ 
あ、過ぎていた。
西村 
メールで、過ぎてるけどお願いしますと言ったら、じゃあ来てください、と言って貰えて。
__ 
初めてのオーディションは緊張されましたか。
西村 
何か、上田さんと諏訪さんと永野さんが並んで座ってて、質問されるんですけど全然答えられなくて、うんとかはいとか、ごにょごにょ言っちゃって。で、持っていった作品を見てもらったら和んで貰えたという感じですね。あたしだけかな、そう思っているのは(ちょっと笑う)。
__ 
合格のお電話を貰った時はどんな感じでしたか。
西村 
おわぁっ、てなりました。楽しそうな人達でしたし、嬉しかったです。

クレイアニメ

__ 
クレイアニメを作られたのはいつからなのでしょうか?
西村 
高校生の時に選択科目で美術を選んだんですけど、その授業の卒業制作でクレイアニメを作ろうという事になって。
__ 
凄いですね。
西村 
その時に初めて作ったんです。それをヨーロッパのオーディションに持っていったんですね。
__ 
あ、さきほどオーディションで見せられた作品ってそういう。
西村 
オーディションの募集要綱は、自己PRの変わりに作品を一つ持っていく事が条件だったので。そしたらみんなクオリティの低さに爆笑して。それで合格したという。
__ 
初作品を持っていったんですか。それが今でも、続いているという。
西村 
まあ、ものづくりですね。チマチマとした。
__ 
特技ですね。今後、作品はどんな形で発表されますか?
西村 
今年のショートショートムービーフェスティバル予選会で、クレイアニメ、作れたらと思います。

質問 延命聡子さん から 西村直子さん へ

Q & A
__ 
ここで、西村さんにある方から質問を預かってきています。私の友人で、延命聡子さんという、俳優・演出をされている方です。彼女から。『今、お幾つですか?』と。
西村 
今は23歳です。
__ 
以上です。
西村 
エ? それだけ?
__ 
はい。

エンジェルポケット

__ 
次は西村さんのご趣味について伺えればと思います。
西村 
趣味はね、たくさんありますよ。雑貨を集めたりとか。結局、集めるのが好きなんですね。小学校くらいの頃からずっと集めているのは、コンパクトの中にちっちゃな家が収められているおもちゃで。エンジェルポケットっていう。30種類くらい発売されているんですけど。
__ 
なるほど。沢山種類があるんですね。
西村 
この世で一番かわいいおもちゃだと思いますね。元々外国の製品で、日本に輸入されてきたんですよ。今はもうオークションでしか売られていなくて、物によっては5千円くらいするんです。
__ 
プレミアが付くんですね。
西村 
あと、subikiawa食器店という京都の手作り市にオリジナルの作品を出されているコップ作家がいて、その方のファンですね。手作り市って、行かれた事ありますか?
__ 
はい、知恩寺で毎月出されているものに2回ほど。雑貨だけじゃなく、お菓子とか食品とか色々ありましたね。中でもコーヒーを出されている出店もあって、びっくりしました。
西村 
ヨーロッパのホームぺージでやっている手芸の企画で、一度出店させていただいたことがあって。
__ 
ちなみに、どのような企画なのでしょうか。
西村 
ハンドメイドで、事務所にあるいらないものを材料に何かをこしらえるみたいな。それをオークションに出すという。
__ 
なるほど。頑張って下さい。

タグ: 手作りのあたたかみ

ミニチュアのイスと灰皿(?)

nisimura_present
__ 
今後、どんな感じで。
西村 
ヨーロッパで頑張っていきたいですね。で、ヨーロッパの中でも例えば映像の編集はこの人が得意、とかあるんですけど、そういう突出したものを見つける事が出来ればと思います。
__ 
クレイアニメとかですかね。
西村 
そうですね。でもまだまだ自己流なので、ちゃんと勉強したいですね。
__ 
分かりました。今日は西村さんにお話を伺えたお礼に、プレゼントがあります。
西村 
わあ、ありがとうございます。嬉しい。
__ 
どうぞ。
西村 
何ですか?(開ける) 何だこれは。凄い、イスだ。ミニチュアの。ありがとうございます。クレイアニメに使えそうな。
__ 
もう一つ箱の中にあります。
西村 
あ、かわいい。
__ 
灰皿ですかね。昔観た映画のセットにそんなのがありまして。それのマネですね。

(インタビュー終了)