佐々木 誠

俳優

一つ前の記事
次の記事
同じカンパニー
ニシノトシヒロ(匿名劇壇)
福谷 圭祐(匿名劇壇)
芝原 里佳(匿名劇壇)
石畑 達哉(匿名劇壇)
松原 由希子(匿名劇壇)
杉原 公輔(匿名劇壇)
東 千紗都(匿名劇壇)
吉本 藍子(匿名劇壇)
福谷 圭祐(匿名劇壇)
同じ職種
芦谷 康介(サファリ・P)
西山 真来(フリー・その他)
まつなが(東洋企画)
長沼 久美子(フリー・その他)
村上 誠基(フリー・その他)
大石 英史(フリー・その他)
土肥 嬌也(劇団ZTON)
楳山 蓮(フリー・その他)
黒川 猛(THE GO AND MO's)
古藤 望(マゴノテ)
丸山交通公園(月面クロワッサン)
安田 一平(フリー・その他)
宮下 絵馬(悪い芝居)
黒木 陽子(劇団衛星)
穐月 萌(フリー・その他)
広田 ゆうみ(小さなもうひとつの場所)
ちっく(笑の内閣)
蜜 比呂人(DIAMOND MANGO)
合田 団地(努力クラブ)
村上 彩夏(フリー・その他)
松田 卓三(尼崎ロマンポルノ)
向井 咲絵(夕暮社弱男ユニット)
桐山 泰典(中野劇団)
蔵本 真見(突劇金魚)
森谷Aと田中沙穂(劇団衛星)
三条 上ル(中野劇団)
古野 陽大(フリー・その他)
菅 一馬(フリー・その他)

カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」 2

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、佐々木さんはどんな感じでしょうか。
佐々 
最近はずっと京都にドキドキぼーいずの稽古、そして本番に行っていました。ほぼずっと京都に行ってましたね。バイト後に京都で稽古して。その繰り返しをしていました。公演後にすぐ、カストリ社の稽古に行っています。
__ 
素晴らしい。
佐々 
いや、芝居の予定が途切れないのはありがたいです。
__ 
たまには休んでほしいですね。
佐々 
いや、本当に休みはちょっとで大丈夫です(笑う)休みの日とかでも何して良いか分からないんですよね・・・時間があるならあるで映画みたり本読んだりしているんですけど、何か、知らないところで楽しい事が起こっているかと思うと。何か予定を入れずにはいられないですね。寝るのもあんまり好きじゃないし。3時間ぐらいでも大丈夫です。
1匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
2カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7〜9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。
3がっかりアバター
結成2011年6月。主催の何とも言えない初期衝動からほぼ冗談のように結束。2011年6月vol.1『岡本太郎によろしく』2012年11月vol.2『啓蒙の果て、船降りる』(ウイングカップ2012受賞)2013年6月vol.3『俺ライドオン天使』(公式サイトより)

「愛さないでくれよ」

__ 
ドキドキぼーいずの話からさせて頂ければと思います。まず、あの役はご自身ではいかがでしたか。まあ複雑な役柄だったとは思いますけど。
佐々 
僕は楽しかったです。これは本間広大とも言ってたんですけど、「ハムレットみたいなもの」の主人公が普通で、周りが変なんですよね。ただハムレットは外界からのストレスに敏感なだけで、だから一番普通な奴が一番おかしくなってしまった。なので僕は、自分は何も作っていかないように気を付けていました。舞台に上がるまでのあらすじで語られる関係性と「どう思っているか」だけを持っていくんです、するとホントに、全員がムカつく事してくるんですよ。そのムカつきを体で発散したんです。内に籠もらせないで。気持ちをすぐ体に出すなんて、普段やらないじゃないですか。貧乏ゆすりぐらいしか。
__ 
匿名劇壇だと、まあ確かに佐々木さんは止まってる事が多かった気がする。
佐々 
でも、すぐ動くのが求められてたんです。出来てるかは分からないですけど。僕的には楽しい、悲劇だから楽しいというのはおかしいかもしれないですけど。
__ 
いや評判でしたよ。私個人としては、普通の青年が日常に戻ろうとして、自棄になるというよりは壊れてしまった感じ。叔父さんが実母と結婚したり、かつての親友が、あえて昔と変わらない調子で声を掛けてきたり、しかもそれが母親の差し金とかだったり。
佐々 
そういうの、ちょっと嫌ですよね。合わせられるんですけどね。
__ 
何か、「愛さないでくれよ」とかいう気持ち。そっとしておいて欲しいというか。
佐々 
向こうの裏が見えてしまう感じ。まあ逆ギレなんですけどね。
4ドキドキぼーいず
2013年、代表である本間広大の学生卒業を機に再旗揚げ。京都を拠点に活動する若手演劇チーム。虚構性の強い演劇を目指し、『リアル過ぎる嘘っぱち』の創作に挑んでいる。生み出されていく衝撃を、時に優しく、時に激しく、作品として観客に提示することで、人間の本質を描き出す。いつまでも青臭い、カワイイ奴らでいたい。(公式サイトより)
5ドキドキぼーいずの大進撃#04『ハムレットみたいなもの』
公演時期:2014/10/3〜6。会場:元・立誠小学校 音楽室。

拳が震えている

__ 
『ハムレットみたいなもの』、どのシーンが印象的でしたか。
佐々 
勝二さんとのシーンですね。勝二さん演じる友人のお父さんと、酔っぱらっている僕のシーンがあったんですが、個人的に凄く印象的なシーンでした。僕はリアクションこそが演劇だとちょっと思っている事があって。リアクションが成立していないと、たとえどんだけ喋っても相手が無反応だと演劇にならない。もちろんそれが全てではないですけど、リアクションを大事にしてこのシーンはやろうと思っていました。
__ 
あのシーンか。緊張感が凄かったですよね。
佐々 
相手の台詞に対してリアクションしていくから、毎回芝居がちょっとずつ違うんですよね。
__ 
リアクションというのは、相手の言葉を聞いて感情的に反応する。という範囲?
佐々 
それ以前に、「立って聞く」というのがまず出来ていないといけないなと思っています。地に足が着いていて、相手が言ってきた事が嫌だったらこちらの声のトーンやスピードが変わったり。勝二さんが一回、リアクションで僕の事をマジで殴ろうとして手が震えた事があったんですけど、その時僕は内心嬉しくて泣きそうでした。
__ 
素晴らしい。
佐々 
あの瞬間は今でも忘れられないです。あの時はお互い死ぬほどムカつきながらやってたんですけど。あの感じが、芝居で殺しあいしてる感じで。めっちゃ楽しかったです。
__ 
あれは後半の、とても緊張感のあるシーンでしたね。彼は普通の人間で、しかし敏感だったからさらに傷ついていて。悲惨でしたね。
佐々 
ちゃんと全員死にましたしね。

いくつもの明滅する光景

__ 
カストリ社第三号解散公演「花田〜」ですね。とても楽しみにしております。がっかりアバターとの共作ですね。どんな公演になると思いますか。
佐々 
まだがっかりの方の作品を見ていないんですが、僕らはぼくの作り方をしているし、がっかりはがっかりの作り方をすると思います。演出家同士の水面下の戦いが行われているんじゃないかと思います。
__ 
足を引っ張り合わないで戦争してほしいですね。意気込みを教えて下さい。
佐々 
僕、がっかりアバター乾さんの芝居が好きなんですよ。福谷に言って、共演するシーンをもらいました。あと、着替えを頑張りたいです。着替えがとにかく大変で、靴も髪型も変えるんです。
__ 
うわ。大変ですね。転換とか早着替えも見所の一つですね。
佐々 
面白いと思います。裏で役者がどんな苦労をしているのかが、今回は見えてしまう形なので。一度、同じフラッシュフィクションの公演の本番で衣裳を間違えた事があって。コンビニの店長がバイトを怒るコントで、服を着替える段取りを忘れてぼーっとしてたら、福谷がすごい目で見てきて。まあ、出トチりですね。店長の役なのにだっさいヨレヨレのTシャツをインして着てました。お互いの顔が見れませんでしたね。あの時は本当に申し訳なかったです。ああいう時は逆に落ち着くんですね。芝居は普通にやりましたけど、もうああいう事はしないようにしたいですね。
__ 
フラッシュフィクションの楽しみ方を教えてください。
佐々 
誰かが言ってるかもしれないですけど、4コマ漫画のような楽しみ方をしてほしいですね。ちょっとクスっとしてしまうようなあるあるネタとか、「何や今のは」みたいに反応に困るネタもあって、でも引きずらないように見て欲しいです。今、目の前で起こっている事が全てなので。
__ 
東さんが「前後の繋がりはないので、切り替えて見ていて欲しい」と仰ってましたね。
佐々 
そうですね。全然、続いているものじゃなくて、連続で上演しているだけなんですよ。役者も切り替えていきます。

あいつにだったら

__ 
匿名劇壇を立ち上げた時の事を教えて下さい。
佐々 
元々学内公演があって、福谷、松原、芝原と僕、それにもう一人がいたんですけど、それが最初でした。僕は第三候補ぐらいの役者だったんですけど、まあ第一弾の公演をやって。まあそれが良かったんですよね。次の公演までは、授業公演もしてたんですけど、正直、こんな芝居をするために大学に入ったんじゃないんだけどなあと思ってたんです。
__ 
なるほど。
佐々 
福谷と話したんです。僕は脚本とか演出は出来ないし、でも役者は頑張って出来るようになるから、お前が作演してほしい、劇団をやろう、と。まず二人になって、じゃあ誰に声を掛けようかと。まずは芝原と松原、それから今はもういない一人がすぐ決まって。あとダンスが踊れて可愛いヤツがいいと福谷が言って。一番最初に名前が出たのが東です。東を誘って旗揚げですね。
__ 
素晴らしい。
佐々 
もう、大学の授業でやっている公演がちょっと面白くなくて、じゃあ自分達で面白い事はしようと。でもやっぱり、福谷がいたからですね。福谷にだったらバカになって付いていけると思ったんですよ。今でもそう思っています。演出で何言っているか分からない時もあったんですけど、それに従ったら上手い事行くんですよね。
__ 
要するに福谷さんの事がみんな好きだという事ですね。
佐々 
そうだと思います。もうここまで来ると、好きというレベルじゃないかもしれないです。仲良しでもないし・・・いや、仲は良いのかな。

下剋上

佐々 
でも、役者同士でも戦っていたいですね。今回のフラッシュフィクションでも、男役者間で役は取り合おうと話し合いまして。下剋上だと。「自分の方が上手く出来る」と思ったら、福谷に言って、見せて。そういう姿勢は俳優として劇団として当たり前の姿勢なのかなと思っています。
__ 
そうですね。
佐々 
今はいい感じにバラけました。ウチの男はもう、ハングリー精神の塊です。
__ 
スター集団ですね、匿名劇壇。本当に応援しています。
佐々 
ありがとうございます。続いている限り頑張ります。

質問 松原 由希子さんから 佐々木 誠さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました松原さんから、質問を頂いてきております。「尊敬している俳優はいますか?」
佐々 
うーん。これはミーハー的なのも含んでますけど、レオナルド・ディカプリオです。最初はカッコ良いなと思ってたんですけど、今は面白くなってるじゃないですか。二枚目やのに二枚目じゃないのが凄く好きです。
__ 
格好良すぎて面白いになってる。
佐々 
カッコイイうえに、面白い。

自分、ギリ、暗い客席を前にして

__ 
佐々木さんが考える、魅力的な俳優って、つまり面白カッコいいという事?
佐々 
何て言ったらいいんだろうなあ。自分を管理している事でしょうか。
__ 
というと?
佐々 
緊張という事じゃなくて、自分の体を完全にコントロールしていたら、その内自分の周りもコントロール出来るんじゃないかと思っています。自己管理出来ている人、ですね。所作とかも、ナリじゃなくて自分で考えてやっている。福谷が良く言ってるんですが、瞬きがコントロール出来る、汗を調節出来る。自分をちゃんと、管理出来ているかどうか。
__ 
なるほど。
佐々 
美空ひばりも歌っている時、演出に従って自分を管理しているんですよきっと。大竹しのぶも、「泣いて欲しい」と指定された時に「右からですか?左からですか?」という質問が出たって伝説がある。そこまで自分を管理出来たらそれは凄い役者だろうと思うんです。管理出来ていたら、演出に従って自由に色々試せるんですよね。真っ白で立っている訳じゃなくて。
__ 
久々にそういう、禁欲的な考えをする役者に出会いました。
佐々 
感情だけで動く演技ってあんまり好きじゃなくて。熱くなっている演技の最中にも冷静でいたいんですよ。芝居中に何やっていたのか分からん、というのが怖いです。「ハムレットのようなもの」の時はまさにそうだったんですよね。所作一つ一つには拘っていたんですけど、感情を出すという事は大事にしていたので。自分が制御しきれるかギリのところを攻めていて。それはすごくいい経験だったんですけどね。
__ 
それは凄いせめぎあいですね。
佐々 
僕は動きを管理しようとしていたんですが、本間広大は良しとしてくれなくて。だらしない体であってほしい、役者としてちゃんと立たれたら嫌だ、佐々木誠として立って欲しいと言われたんです。
__ 
それは難しいなあ。
佐々 
セリフを喋りながらも頭で考えている別の事を想像させてほしい、みたいなスッゲー高度な事を言われて。それに挑戦した芝居になったと思います。出来てたかどうかは分かりませんけど。

やりやすいばっかりでやっていても成長はないのかも

__ 
本番が上手くいく稽古の秘訣を教えて下さい。例えば、今回で言うと?
佐々 
一回一回の稽古を流してやるんじゃなくて、ちゃんと集中すること。自分をちゃんと管理していたら、自分のところの稽古でも失敗しないんです。出ハケとかの段取りも同じで、それがしっかり出来ないという事は演出された事が出来ていないという事。毎回きっちり再現していたら、本番で変な事故は起こらないと思います。
__ 
なるほど。では、段取りと演技プランが衝突する場合もあるかと思うのですが、匿名劇壇ではどうしていますか?
佐々 
そういう場合は福谷が必ず気付いてくれます。僕らはその心配をする必要がなくて、僕ら役者は僕ら全員で作り上げる演技プランに従って磨けばいいんだと思う。修正はウチの演出がやってくれるんです。少なくとも匿名劇壇はそうですね。あまり、ウチでやっていてやりにくいなと思った事はないですね。まあ、やりにくいぐらいの状態が一番いいのかもしれませんね。やりやすいばっかりでやっていても成長はないのかも。しんどい身体、僕は好きなので。
__ 
素晴らしい。でも、一度決まった段取りを崩してでも魅力的な演技プランが見つかった場合は?
佐々 
僕はすぐに言いますね。代表に。「こういうのが自分にはあるんだけど、見て」と。ウチの劇団員は結構、全員言うんじゃないかな。それでダメだったらダメだし。どこに客演させてもらってもすぐ言いますね。

目論見

__ 
いつか、こんな演技が出来るようになりたいというのはありますか。
佐々 
2時間まったく動かない演技がしてみたいですね。逆に。こういう役がやりたいとかは実はあまりなくて、例えば人形のように、自分の身体を制御するだけの2時間。出来るようになったら凄いなと思いますね。今のままじゃ出来ないと思うんですが。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか。
佐々 
バイト辞めたいです。演劇一本にしたいです。でも一過性の売れてる売れてないじゃなくて、とにかくお芝居を頑張って・・・何にせよ、たくさん吸収したいです。

フィリップ・K・ディック「宇宙の眼」

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持ってまいりました。
佐々 
ありがとうございます。何だろう。開けていいですか。
__ 
どうぞ。大したものではないですが。
佐々 
(開ける)初めて見た。何ですか。
__ 
それはですね、SFミステリの傑作だそうです。海外SF小説の大家が若い頃の一番筆が乗っている頃に書いた傑作ですね。
佐々 
えー、僕ミステリが凄く好きなんです。コナン・ドイルとかアガサ・クリスティーとか全巻持ってるんですよ。めっちゃ嬉しいです。
__ 
良かった。笑える作品だそうですよ。

(インタビュー終了)