残された時間はあとわずか

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。山本さんは最近、どんな感じでしょうか。
山本 
そうですね。今本番を控えているんですけど、怪我してしまって。ヘルニアを煩ってしまって。やばいですね。
__ 
お大事に。次回公演は『Lumiere Dungeon』ですね。本番は3日後。稽古的には、どんな影響がありますか。
山本 
やっぱり、動きのあるパフォーマンスがあるので、なかなかそこに入れなくて。動きたいなあと思って。悔しいですね。
__ 
あと3日ありますので、その間に完治するといいですね。これまでの山本さんのピンチの内、そのヘルニアはどのくらいのレベルですか?
山本 
一番のピンチですね。今後の活動を考えざるをえないぐらい。結構、きつめのヘルニアなのかもしれなくて、手術するとなると、これからどれぐらい出来るのかなと。治ればいいんですけど。自分が思ってたんとは違う事になってきてるなと。
__ 
山本さんなら乗り越えられると思いますと。
山本 
乗り越えられると思いますけど、今はちょっと弱ってるのかな。
__ 
なるほど・・・傷ついた翼を・・・
山本 
だから、健康が恋しくなりますね。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)
劇団壱劇屋 第22回公演『Lumiere Dungeon』
公演時期:2014/1/22~24。会場:門真市民文化会館 ルミエールホール 大ホール。

タグ: 壱劇屋の無謀さについて とんでもない失敗をしてしまった


長い付き合いになるんです

__ 
山本さんがお芝居を始めたのは、どんな経緯が。
山本 
高校演劇から、ですね。中学生まで人前に出るのが苦手だったんですが、そういう自分を変えようと演劇部に入りました。そこで演劇楽しいなと今に至る訳です。
__ 
なるほど。
山本 
高校時代に大熊さんと竹村さんに出会いまして、一緒に舞台に立たせてもらって。その後も一緒に作品作りをしています。
__ 
山本さんにとって、壱劇屋は正直、どんな集団なのでしょうか。
山本 
高校時代からつきあいが長いんですよね。僕も劇団員なんですけど、先輩後輩という関係性は強いですね。仲が良くて、感覚が合うというのは長所だと思います。芝居の感想とかも、結構合うんですよ。

タグ: ヘラヘラ笑う俳優 その人に出会ってしまった 関係性が作品に結実する


嬉しい

__ 
壱劇屋に参加していて、一番良かった事はなんですか?
山本 
お客さんが増えた事ですね。段々と認知度が上がっていくのは嬉しいです。最初は50人ぐらいの動員で、その頃に比べたら400人ぐらいのお客さんに見に来てもらえて。
__ 
私は完全にノーマークだったんですよ。そういう時期の作品を見てみたかったですね。
山本 
今は、昔と大分違う作品をやってるんですけどね。3年ぐらい前から、大体今のテイストになりつつあります。
__ 
私は回想電車999から見始めたんですけど、その後にタケミツナリタを見たんですよ。全く違うテイストの作品なのでびっくりしていました。
山本 
今回は殺陣をしたいとなったらタケミツナリタみたいな作品を作って、休憩してコントしたいとなったら偽フェスティバルをして。次も、大熊さんが何に興味を持つかによると思います。出演している僕も楽しみですね。
__ 
ついていけないぐらいの振りきり方をしてほしいですね。
劇団壱劇屋 第17回公演『回想電車999』
公演時期:2012/8/7~8。会場:シアトリカル應典院 。
劇団壱劇屋第19回公演「突撃!八百八町!!~人斬りピエロ軍団vsタケミツナリタ~」
公演時期:2013/2/23~24。会場:中津芸術文化村ピエロハーバー。

タグ: 殺陣の話題


壱劇屋の集団力

__ 
山本さんが思う、壱劇屋の作品でもっとも自分が輝いた瞬間はありますか。
山本 
正直、僕自身でそういう感覚になる事はないですね。劇団でやっている公演なので、全員でやったシーンが上手くお客さんに伝わって、それで評価されたらとても嬉しいです。
__ 
なるほど。
山本 
僕自身は、壱劇屋の一部なので。壱劇屋って、特定の一人を目立たせる構造の作品はあまりやらないんですよね。
__ 
これは自分を変えた、最大の経験は何ですか?
山本 
大熊さんがパントマイムを始めた頃くらいに、僕も真似をしたり、教室に行って習った事ですね。今壱劇屋で使っているのもそこで学んだ事が多いです。
__ 
例えば。
山本 
例えばこういう、壁のマイムをするとき、見えない壁に自分の目線を合わせるんですよね。
__ 
おお、見えますね。こんな近い距離でも分かるんだ。
山本 
目線は結構重要ですね。
__ 
人の認識を騙す技術だから、やっぱりそういうのは使うんですね。さて、役者としては、どんな演技が出来るようになりたいんですか?
山本 
月並みですが、人に感情を共感してもらえるような演技がしたいですね。

タグ: パントマイムの話題


質問 小刀 里那さんから 山本 貴大さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせていただきました、小刀さんから質問を頂いてきております。「山本さんが真剣になるのはどんな時ですか?」小刀さんは、山本さんに真剣味を感じた事はあまり無いようですね。
山本 
いやあ、表面上柔らかく見えていても中身は堅く、みたいなのを心がけているんですけどなかなか伝わらないですね。結構真剣になる事もあるんですけど。
__ 
小刀さんには、少なくとも伝わってないと。
山本 
ヘラヘラしちゃうんですね。あまり、緊張しているようには見えないらしいです。

タグ: ヘラヘラ笑う俳優


まずは怪我を治す!

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか。
山本 
まずはこの怪我を治して、そこで考えます。そうでないと、壱劇屋でパフォーマンスは出来ないので。
__ 
そうですね。
山本 
今後の、壱劇屋の進退に影響するかもしれないので。僕だけの問題じゃないですね。
__ 
山本さんがいなくなったら・・・どうだろう。個人的には、山本さんはムードメイカーではないかと思うので。そのまま頑張ってほしいです。
山本 
ありがとうございます。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 今後の攻め方


自転車のライト

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。
山本 
ありがとうございます。
__ 
どうぞ。
山本 
(開ける)あはは。
__ 
自転車のライトですね。
山本 
あはは。僕自転車持ってないですよ。
__ 
申し訳ありません。
山本 
手とかに付けときます。

タグ: プレゼント(大失敗系)


劇団壱劇屋 第22回公演『Lumiere Dungeon』

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。小刀さんは最近、どんな感じでしょうか。
小刀 
最近は稽古の日々ですね。この間、人生で初めてインフルエンザに掛かったんです。あんなに悪化するとは思ってなかったです。
__ 
大変でしたね。今は回復して、『Lumiere Dungeon』の稽古中ですよね。
小刀 
そうですね。13時から稽古です。ホールが使えるのは22時までなので。
__ 
その後公園稽古?
小刀 
劇団員のみで。客演さんは帰っていただいて。
__ 
今日、全てが決まったらいいですね。小刀さんは、今回、ダンジョンに迷い込んでしまう姉妹という事で。あのヤッケが似合いますよね。脱出出来るんでしょうか。
小刀 
うーん、言えませんけどでもハッピーエンドにはなるんじゃないかと思います。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)
劇団壱劇屋 第22回公演『Lumiere Dungeon』
公演時期:2014/1/22~24。会場:門真市民文化会館 ルミエールホール 大ホール。

タグ: ハッピーエンドについての考え方


私と壱劇屋

__ 
小刀さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
小刀 
結構昔からアニメが好きで、当時、アニメの声優になりたかったんですよ。でも、高校演劇に入ってからは演劇の方がおもしろいなとなって。壱劇屋の事は先輩に教えてもらって、ずっと見てました。そこからですね。
__ 
いつぐらいから見てるのでしょうか。
小刀 
何回公演か分からないんですけど、「マリオネット・クインテット」という作品から見てますね。
__ 
私の知らない壱劇屋の歴史ですね。
小刀 
もう6年ぐらい前ですね。
__ 
壱劇屋に参加したのは。
小刀 
「BlackSpace」からです。出演者募集のチラシを見て応募して、それから「BlckSpace」の再演と、「6人の悩める観客」に客演で出てました。高校卒業して、壱劇屋が好きな劇団なので、入りたいなあと思っていたんです。

タグ: 声優になりたかった


質問 安達 綾子さんから 小刀 里那さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂いた安達さんから質問を頂いてきております。「何か言いたい事はないのか」。安達さんいわく、小刀さんはあまり何も言わずに稽古に参加していると。何か言いたい事があるなら、文句でもいいから言ってみてもいいんじゃないか、と。
小刀 
文句はそんなに無いですね。その人はそういう意見を持っているんだと受け入れてしまうタイプなので。どちらかというと、自分は自分で人は人、という考え方を取るので。それに、経験もあまり豊富ではないので・・・
__ 
今は吸収している段階だと。
小刀 
意見できるような知識もないしなあ、で終わってしまっているのかな。もっと経験を積んだら。

タグ: 色んなものを吸収 新人の不安


ずっと残ってる、私の中に

__ 
私が小刀さんを初めて見たのは「タケミツナリタ」でしたね。あの幽霊役はとても面白かったです。
小刀 
ありがとうございます。でもわたし、普段から幽霊っぽいと言われてしまうので。大熊先輩から。あまり存在感がないというか。だから、作らずにナチュラルにやってましたね。
__ 
小刀さんが、舞台で好きな瞬間はどんな時ですか?
小刀 
舞台に立っているだけで好きなんですよね。さまよっているだけでも。もちろん、パフォーマンスが上手に出来た時はとても嬉しいです。
__ 
なるほど、それは嬉しいですよね。これまでの壱劇屋で、最も自分が輝いたのは。
小刀 
SquareAreaで、走馬燈のように舞台が回る演出の時ですね。お客さんが泣いている音が聞こえたり。あの時は多分、輝いていたと思います。
__ 
壱劇屋は工夫が多いですよね。
小刀 
うちは段取りが多いんですよ。舞台上でも裏でもバタバタしてます。ダメ出しも、演技よりパフォーマンスに関する事の方が多いので。一度、出とちって小道具を出し忘れた事があって、マイムで何とかしてもらった事もあります。
__ 
大変ですね。1年ゆっくりと時間を掛けて一つの作品に集中してみたらどうですか?
小刀 
それはやってみたいですね。
__ 
でも、途中で飽きそう?
小刀 
飽きますね、きっと。
劇団壱劇屋第19回公演「突撃!八百八町!!~人斬りピエロ軍団vsタケミツナリタ~」
公演時期:2013/2/23~24。会場:中津芸術文化村ピエロハーバー。

タグ: 泣く観客 壱劇屋の無謀さについて 工夫する俳優


印象に残れますか

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
小刀 
その役という基盤があるんですけど、ちゃんと自分があるという。その役にもちゃんとなりきってますし、自分もそこにあるというような。自分の色で自分の役が出来たらいいなと。
__ 
それはもう出来ているんじゃないでしょうか。
小刀 
それはよく言われます。一度見たら忘れられないって。

タグ: 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ いつか、こんな演技が出来たら


完全なる把握

小刀 
高校演劇をやっていたとき、一度、作演出と主役をやった事があるんですよ。その時舞台全体をちゃんと見れたんです。ようやく。優れた役者って、そういう事が出来る人を指すんだろうなと思いますね。
__ 
舞台全体を見回す。
小刀 
それが、こんなに大変なんや、と。
__ 
ちなみに、どんな作品だったんですか?
小刀 
高校演劇らしい、学生の青春話みたいなやつでしたね。
__ 
なるほど。小刀さんが演劇を始めた頃に見た衝撃作を教えてください。
小刀 
ピースピットの「闇の猫」を見た時ですね。初めての演劇だったんです。時間の長さにまず驚いたんですけど、その舞台にないものを人で表現するのが迫力でしたね。風が吹いているのを旗を振る事で表現したり。
__ 
人力ですものね。
小刀 
あ、こんなの見たことない、って。
__ 
こうして口に出すと陳腐な事をやっていると思われるかもしれないですけど、いざそれを、全てが揃っている舞台上でやると。
小刀 
そうなんです。

タグ: 舞台全体を見渡せる感覚 ピースピット


これからやりたい事たくさん

__ 
今後、壱劇屋をやっていく上での意気込みを教えてください。
小刀 
私、壱劇屋の中で一番スキルが低いと思うんですよ。どうにかしてスキルを身につけて、壱劇屋の支えになれればと思います。
__ 
それはきっと、訓練次第で如何ようにも。
小刀 
はい。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
小刀 
色々やってみたい事があって、でも時間とお金がないので、色々整理を付けてやっていきたいと思います。演劇WSとかもそうですけど、それ以外だったら外国語とか学びたいですね。バイト先に韓国の子が来て仲良くなったので、韓国語を学んで、向こうに行ってみたいですね。

タグ: どんな手段でもいいから続ける 多方向に興味あり いつか一緒に 今後の攻め方


シガレットチョコレート4つと、レモンキャンディー、紅茶、ポップコーン(袋)

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。どうぞ。
小刀 
ありがとうございます。(開ける)これは。
__ 
シガレットチョコレート4つと、レモンキャンディー、紅茶、ポップコーンです。
小刀 
ありがとうございます!頂きます。

タグ: プレゼント(食品・飲料系) プレゼント(壱劇屋・LumiereDangeon)


1122席じゃないと出来ない感じのパフォーマンス

__ 
次回公演「LumiereDangeon」。どんな作品になりますでしょうか。
安達 
始めて演劇を見る人には、これが小劇場の普通だと思われてしまうのはちょっとどうかと。
__ 
大分変わった作品なのかな。今も、アイデアを詰め込もうとしているらしいですね。
安達 
1122席じゃないと出来ない感じのパフォーマンスと演出を詰め込もうとしていますね。もっと余裕とお金があったら、もっと盛り込めるんですけどね。
__ 
楽しみです。

タグ: 会場を使いこなす


わたしと壱劇屋

__ 
安達さんは、どんな経緯で壱劇屋に入ったんでしょうか。
安達 
竹村と大熊とは違う高校なんですけど、高校演劇部時代から友達なんです。私はずっと、彼らのいたその磯島高校に入りたかったんですけど何かかんやあって入れなくって。高校二年の時に一人で乗り込んだんですよ。そこから仲良くなって。卒業後の壱劇屋が旗揚げされて、その二回目の公演に客演として出て。そこからずっと一緒にやってます。入ったらええやんとなって、入団しました。
__ 
安達さんにとって、壱劇屋はどんな存在ですか?
安達 
壱劇屋以外で演劇をやるつもりはない、そんな存在ですね。7年前に短大卒業してからずっと壱劇屋です。

タグ: 入団の経緯


本当に追い詰められた時

__ 
安達さんが、舞台で好きな瞬間はどんな時ですか?
安達 
自分目立ってるなと思った時ですね。普段は大人しい自分なので。
__ 
これまでで一番、自分が輝いた瞬間はいつですか?
安達 
ピースピットのHYTに出させていただいた時ですね。いい役をもらいまして。
__ 
なるほど。
安達 
大変でしたけどね。壱劇屋の第9回公演の時、私が主役だったんですけどずっとテンパってて。しかも会計・制作・衣装もやってて。
__ 
きついですね。
安達 
飽和した!みたいな。でも、もっと上手くやれたなと思いますけど。
__ 
今まで犯した最大の失敗を教えてください。
安達 
さっき言った第9回公演で、覚えきれない量の長台詞が本番の2日前に来た事ですね。それ以外にもチケット作ったりしなくちゃいけなかったのに。覚えたんですけど、案の定詰まって。パンッと飛んだんですよ。目の前のぶんちゃん(西分さん)が、安達さん台詞飛んだんやわって気づいたらしくて。その時間が永遠に感じましたね。真っ白になるって、これの事なんやと。
__ 
それは観客も気づいていますでしょうね。
安達 
あのときはちょっと程度が強かったですね。その映像はどこかにあるんですけど、それは絶対に流さんどってと言ってます。

タグ: 頭が真っ白になる ピースピット


質問 河西 沙織さんから 安達 綾子さんへ

Q & A
__ 
先ほどインタビューさせていただいた河西さんから質問を頂いてきております。「演劇やってなかったら何をしていたと思いますか?」
安達 
普通にOLやってたのかな。服飾系の仕事をしてたかもしれない。私、縫い物が好きで。短大も被服系だったんですよ。おばあちゃんになったら裁縫教室をしたいという夢があります。今も好きですね。衣装作ってます。

かのうさんに近づきたい

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
安達 
かのうとおっさんの、嘉納さんのツッコミが凄いなと。あの、毒を吐いているのに何の嫌みもない、でも毒はあるみたいな。私、舞台ではあまりはしゃがない方で、いやはしゃぎたい時はあるんですけど、あの居方は凄いなと。嘉納さんじゃないと出ないニュアンスがあって、何でそんな風に言えるんだろうと思いますね。

タグ: いつか、こんな演技が出来たら 「かのうとおっさん」という特異点