こんな面白さもある、そんな面白さもある

__ 
これまで数多くの舞台に立っているユーコさんですが、これを機に変わったと実感した作品はありますか?
山本 
東京に行く前なんですけど、石原正一ショーですね。
__ 
なるほど。ドカコと野球狂の詩子。
山本 
演出方法というよりも、共演した兄さん姉さんの楽しそうっぷり。それまで私は頭でしか演劇をやってなかったから。武士道でやってたから。そういう価値観だけじゃない、まず自分が楽しくないとお客さんも楽しくないやん、みたいな事を、言われるのではなく実際に目にしてん。凄く考え方が変わったんです。少なくとも心持ちは変わって。で、東京に行ってからはコントやっててん。
__ 
コント。
山本 
「ラ・サプリメント・ビバ」という。言うたらお笑いの人やねんけど。その人がお芝居よりのコントをやりたいという出演者募集のチラシを見て、同時にリリパット・アーミーの舞台にも出演が決まったから、両方同じ時期にやって、その後に平田オリザ・松田正隆の「天の煙」にも出て。違う種類の作品にどんどん出会えて、こんな面白さもある、そんな面白さもある、って。
石原正一
演劇人。石原正一ショー主宰。1989年、演劇活動開始。1995年、"石原正一ショー"旗揚げ。脚本演出を担当、漫画を基にサブカル風ドタバタ演劇を呈示。関西演劇界の年末恒例行事として尽力する。自称”80年代小劇場演劇の継承者”。外部出演も多数。肉声肉体を酷使し漫画の世界を自身で表現する"漫画朗読"の元祖。"振付"もできるし、”イシハラバヤシ”で歌も唄う。(公式BLOG『石原正一ショールーム』より)

タグ: 石原正一ショー その人に出会ってしまった 退団したら・・・ 分かりやすい面白さと芸術的な面白さの中間 垣根の無い世界へ 平田オリザ


地続きになりたい

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになったらいいとおもいますか?
山本 
市原悦子さん。
__ 
おおっ。
山本 
正確に言うと、映画「青春の殺人者」で水谷豊の母親役をやった市原悦子さん。が、父親を殺した息子を庇おうとしたり、一転して殺そうとしたり。その時の、気が触れたんじゃないか、この人演技しているけどちょっと違ったら完全にキマっちゃうな、みたいな。日常とお芝居が地続きになっているような。
__ 
地続き・・・。
山本 
今怒ってますよみたいな演技ではもちろんなくて、見てる側が「あ、あっち側なのね」と思うようなお芝居でもなくて。普通の日常と繋ぎ目がないようにしたい。
__ 
分かったような気がします。変身済みのキャラクターがいて演技をキメているんじゃなくて、同じ肉体を持つ人間をリアルに見てとれて、彼の芯の向こう側に何かがガーって広がってる感じ。
山本 
うん。市原悦子さん、ある舞台でどんどん狂っていくシーンがあって、その稽古から本番までずっと見ていた人に聞いたんだけどね。毎回、本番中に「あ、今日こそは完全に狂ってもうた」って思っちゃったんだって。
__ 
それは凄い。
山本 
初めて見るお客さんはともかく、毎日見ている人でもそう思うって、凄いなと。いつか、端っこからでもいいから拝見したいです。

タグ: 目を引く役者とは 出来ない!難しい!演技 いつか、こんな演技が出来たら 事件性のある俳優 地続き 印象に残るシーンを作りたい


質問 古藤 望さんから 山本 裕子さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた古藤望さんから質問です。「オシャレのコツを教えて下さい」。
山本 
服を選んでいる時に、「わ、これや」と思うかどうかちゃうかな。

タグ: オシャレをしよう


質問 清水 智子さんから 山本 裕子さんへ

__ 
清水智子さんからも質問を頂いてきております。「サンタクロースがもしいるとしたら何が欲しいですか?」
山本 
あ、清水さん。うーん、大きい仕事かな。製作期間が2年とかあるような。
__ 
2年間!
山本 
その間、ずっとそれだけじゃないけど。その間、ずっと一つの事を考えるって凄くね?もちろん今そんなお金かかる企画やるの難しいから、サンタクロースにしか無理じゃなくね?

あはは、そーなの

__ 
今後、出てみたい劇団や作品は?
山本 
真面目に言うと、松田正隆さんの作品。あと、石原正一ショー。もう一回、バスタオルを巻かせてほしい。そして、ラックシステムにいつか出させて欲しいです。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
山本 
そうですね・・・。もっと露出しようとしています。TV・映画・CFと、どんどん入れていきます。
__ 
頑張って下さい。成功を祈っています。
山本 
あざーす。
__ 
私はその、ユーコさんが東京に行ってから活躍している事を6年くらい知らなくて。
山本 
生きてました。
__ 
ピタットハウスのCMかな。TVで見てビックリしましたよ。
山本 
あはは、そーなの。
__ 
これからも活躍してくれるととても嬉しいです。

タグ: 今後の攻め方


雨の日に

__ 
本当に久しぶりですね、ユーコさん。最近、ユーコさんはどんな感じでしょうか。
山本 
なんすかね。年開けてから、舞台の稽古と本番が続いて。結婚したんですけど、そっちの家に帰れてないですね。
__ 
連絡はしてるんですか?
山本 
してるけど、ねー。そんなに別に話す訳でもないし、オットは農業やってるんですけど、それを手伝ってもないし、嫁としての焦りがありますね。ぐらいですかね。
__ 
重たい話題ですね。
山本 
そーなの。今日気圧が低いから、まあ体調悪いんですわ。
__ 
インタビューする日としては最悪のコンディションなんですね。せっかくの、メルセデスベンツスペシャルカフェなのに。
山本 
『ベンツ』ですからね。でもいっぱい人入ってくるね。みんな車買わんでしょ。
__ 
少なくとも我々は買う気では来てないですからね・・・。
青年団
青年団は平田オリザを中心に1982年に結成された劇団です。私たちは、平田オリザが提唱した「現代口語演劇理論」を通じて、新しい演劇様式を追求してきました。このまったく新しい演劇様式は、90年代以降のわが国の演劇シーンに少なからぬ影響をあたえ、演劇界以外からも強い関心を集めてきました。(以下略、公式サイトより)

タグ: 結婚したら・・・


KAVCプロデュース 木皿泉×末満健一「君ほほえめば」

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。
清水 
よろしくお願いします~。
__ 
お久しぶりです。本当に。先日のKAVCプロデュース、木皿泉×末満健一「君ほほえめば」に出演されていましたね。大変面白かったです。
清水 
ありがとうございます。
__ 
いかがでしたか。
清水 
私は木皿さんの作品が大好きで、「すいか」ファンとしてはもう、とても光栄だったんです。ちょっとお話は違うんですが、3人の女友達が一緒に暮らし始めるという話で。オーディションに受かった日から、恥ずかしい話、毎日泣いてて。
__ 
えっ。
清水 
舞台のブランクもあったし、舞台が好きなだけでやっていいのかなと。責任感と嬉しさで葛藤の日々でした。
__ 
清水さんのブログに、最後の一週間でまとまっていった、という実感があったそうですね。
清水 
途中、キャストの変更があったりして。私自身もそれまで不安が残っていたんです。でも最後の一週間、みんなとお互いの考えている事を正直に打ち明けたりしたら、やっとほぐれてきて、自分が立つ舞台の姿が見えてきたんです。最後でもっていけた感じでした。
KAVCプロデュース 木皿泉×末満健一「君ほほえめば」
公演時期:2013/3/14~18。会場:神戸アートビレッジセンター。

タグ: 俳優のブランク オーディション 恥ずかしいコト 舞台にいる瞬間 一段落ついた


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

FMシアター「呼吸する家」

__ 
清水さんは、最近はいかがでしょうか。
清水 
君ほほえめばのあと、「この木皿さんとのつながりが夢に終わらないといいなあー」って思ってたんですが、先日、6月のラジオドラマに出して下さる事になったんです。6月末に放送です。
__ 
そうなんですね!聞けるかな。
清水 
NHK-FMで、50分の作品らしいんですけど。6月29日に放送です。キャストは温水洋一さん、白石加代子さん、ケーシー高峰さん、と私です。
__ 
それは多分、土曜日の22時から放送される「FMシアター」ですね。
清水 
おお~詳しい。それが私の今の生きがいです。
__ 
その他、演劇とは関係ない方面では。
清水 
姉の結婚が決まって、東京に引っ越しまして。それに伴い、色んなものが送られてきたりしました。テレビとか、ローテーブルとか服とか。
__ 
一種、羨ましい話ですね。
清水 
私も上京するので、買わなくてラッキーです。
FMシアター「呼吸する家」
放送時期:2013年6月29日 22時~22時50分。放送局:NHK-FM放送。

タグ: 引っ越し ラジオドラマ 温水洋一


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

しなやかで強い、竹のような・・・

__ 
清水さんはヨガのインストラクターをやってるんですよね。私も最近、ヨガが気になっていて。実は「寝ながらヨガ」というスマホのアプリで軽いヨガを受けて寝てるんですよ。言葉の表現のチョイスや指示のコンテキストとかが、もしかしたら大事なのかな、と思うのですがいかがでしょうか?
清水 
私もインストラクターになるまではヨガを学んでいたんですが、レッスンを受けるのとやるのとは違うんですよね。教え始めてから考えが深まっていきました。年配の方にも教えているんですが、体が硬かったりする方をいかにほぐしてあげられるか。言葉も声のトーンも選ぶんですが、私は元々声が高くないので、そこが緊張を和らげるのにいいのかなと。
__ 
へえー。
清水 
年配の方だと、何ヶ月か経ったら、体が柔らかくなっていくのが目に見えるんですよ。背中が丸まってた方が、ましになったなとか、身長が伸びたよというおばちゃんもいたり。
__ 
日常での身体の使い方を良くしてくれる。そんな効果もあるんですね!面白いですね。
清水 
その人の体に、その人の性格が出て面白いんですよ。生真面目な方の身体ほど硬かったり、考え方が柔軟な人は柔らかい。心と体って繋がっているなあと、身を持って感じますね。演劇をやっていても同じように思う事もあって、勉強になります。
__ 
人の顔に性格が出るのと同じ事ですよね。適当な生き方をしている人は、要所要所以外は緩めるからリラックスした体勢で生きている。緊張に置かれた生活をしている人は、ガチガチになりがち?
清水 
そうですね。ヨガはポーズやストレッチだけではなく、筋肉を鍛える事もするんですよ。
__ 
へー!
清水 
しなやかで強い、竹のような身体を作るのが私個人の目指す所です。コアな筋肉を鍛えて、柔らかくかつ土台のしっかりした肉体を作っていきたいですね。

タグ: ガチガチな身体 ヨガの話題 マイペースの価値


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

質問 古藤 望さんから 清水 智子さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、古藤望さんから質問を頂いてきております。「響きの好きな英単語を教えて下さい」。
清水 
英単語かー。あるとは思うんですけど・・・日本語でもいいのかなあ。
__ 
いいと思います。
清水 
「いぬ」が好きです。「い」と「ぬ」で犬を表現するんやなと。可愛くないですか?
__ 
あ、分かります分かります。実体である犬を表すのに「いぬ」という言葉を使うという、その理不尽さの面白さですね。分かります。
清水 
うん。あはは。
__ 
しかも、「いぬ」という言葉が持つ印象に可愛らしさと蔑みが同居していて。
清水 
そういうのがたまらなく好きで、ずっと考えているんですよね。「君ほほえめば」の時も、末満さん演じる引きこもりのケンを犬と呼ぶセリフがあったんです。何回かは心を込めて言ってました。
__ 
ネーミング、大切ですよね。私の中では「しみずともこ」は透明感があって、何か色々教えてくれそうな、賢そうな印象です。
清水 
ホントですか。へー。
__ 
まあそのままですけど、でも、「とも」がフレンドリーですよね。
清水 
大丈夫ですか、似あってますか。
__ 
はい。
清水 
あ、英単語。「ONE」が好きです。音と意味が愛しいです。

タグ: 言葉そのものを手がかりに ひきこもり 言葉以前のものを手がかりに 色んな秘訣集


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

本当に楽しそうに

__ 
清水さんがお芝居を始めたのはどういう経緯があるのでしょうか。
清水 
元々中学からダンスをやっていて、ダンサーになりたかったんです。ヨーロッパ企画で芝居をしながらディズニーランドのオーディションを受けていて、でもその内にお芝居が楽しくなってきて。いつの間にかダンスは仕事から趣味になっていきました。
__ 
そうなんですね!ダンサーだったとは知らなかったです。
清水 
よく言われるんですよ、踊れそうには見えないって(笑う)。でも何度か、お仕事で踊った事はあるんですよ。
__ 
いま芝居を続けているのには、どのような理由があるか説明出来ますか?
清水 
うーん、なんやろう。傲慢かもしれないですけど、これまで生きてきて、自分が、他人とかなり違う感じ方を持っているんじゃないかなと。
__ 
そうでしょうね。
清水 
恥ずかしいですけどそういうのがあって。それが誰かの楽しみになったらいいなと思うんですよね。私、ままごとの端田新菜さんが大好きで、この人に出会えて本当に嬉しい、と面識ないのに片思いしてます。あの人は本当に楽しそうにやっていて、見ている人が幸せになるんですよ。私も、誰かにとってのそういう存在になれたらなと思います。
__ 
「いぬ」の事とか、ですね。私は多分、その一人です。
清水 
ありがとうございます。
ヨーロッパ企画
98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内において上田、諏訪、永野によりユニット結成。00年、独立。「劇団」の枠にとらわれない活動方針で、京都を拠点に全国でフットワーク軽く活動中。(公式サイトより)

タグ: 見ている人が幸せになる その人に出会ってしまった


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

プリズム

清水 
演じている人って、凄いなと思うんですよ。初めてまともに見た芝居が、MONOの「燕のいる駅」なんです。それまでもドラマとか映画で演技というものを見ているはずなのに、そのとき舞台上にいたみなさんを観ながら、生身の人間が演じるってこうなることなんだ・・・と、初めて目の当たりにした気がしました。
__ 
目の前で行われている演技が新鮮だと思える。役者の仕事の一つの到達点かもしれないですね。
清水 
衝撃的でした。
__ 
清水さんは、いつかどんな演技がしたいと思いますか?
清水 
そうですね。演技って凄いという気持ちとは裏腹に、自分からそんなにかけ離れた事は出来ないと思っていて。「君ほほえめば」の時もそうでした。自分から派生した演技しか出来ないと思うんですよ。
__ 
ええ。
清水 
私は自分の範囲内で、自分の感じ方を深めて、表現出来たらいいなと思うんです。
MONO
京都を拠点に活動する劇団。

タグ: いつか、こんな演技が出来たら MONO


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

真心を込めて

__ 
清水さんは、今後どんな感じで攻めていかれますか?
清水 
難しいですねー。今回の「君ほほえめば」もラジオドラマもそうなんですが、自分にとって大切な仕事に度々出会えていければいいなと。一回一回、丁寧にこなしたいです。
__ 
なるほど。
清水 
真心を込めて、大切にやったら繋がっていくと信じています。
__ 
東京で何が見つかったらいいですか?
清水 
一人暮らしをする中で、自分と向き合う時間が増えるんですよね。それが楽しみですね。

タグ: ラジオドラマ 今後の攻め方


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

ホリデーアパートメントののれん

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。つまらないものですが、どうぞ。
清水 
わあー、凄い。開けさせていただいてよろしいでしょうか?
__ 
どうぞ。
清水 
あ、かわいい。
__ 
それはですね、のれんなんです。
清水 
選んで下さったんですか。
__ 
東京で一人暮らしをされると知って。使って頂けたら嬉しいです。

タグ: プレゼント(インテリア系)


vol.298 清水 智子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
清水

まだ涼しい春

__ 
最近はどんな感じでしょうか。
古藤 
今はまだ稽古が始まってないんですけど、次は夕暮れ社弱男ユニットの公演に出させてもらう事になりまして。久しぶりの弱男なんで、ホームに戻ってきたみたいな気がして、楽しみです。
夕暮れ社弱男ユニット
2005年結成。当初はライブハウス、砂浜など劇場外での活動を主としていたが、2008年より活動の場を劇場へと移す。従来の客席・舞台という構造の認識を、骨太な戯曲により再構築することを試みている。過去には、客席を破壊/再生した「現代アングラー」(2008年/次代を担う新進舞台芸術アーティスト発掘事業「CONNECT vol.2」優秀賞受賞)や、劇場の真ん中に客席を設置し、その周りをグルグルまわりながら物語を紡ぐ「教育」(2010年/大阪市立芸術創造館セレクション選出)などがある。(公式サイトより)

タグ: ホーム/アウェイ


イエティ「さらばゴールドマウンテン」

__ 
古藤さんの最近の出演作、努力クラブとイエティと壁ノ花団と衛星と、どれも拝見しています。
古藤 
ほんまにありがとうございます。
__ 
最近の中で特に印象深かったのは。
古藤 
去年から本格的に演劇に入って、毎回違う方達とやらせてもらっていまして。毎回その、違うんですよ。これが良かったなというよりは、毎回違う事をやっている感じですね。
__ 
毎回全然違う。
古藤 
その中でも今年の頭に出させてもらったイエティと努力クラブは僕の中では特別に印象が強いです。変な意味じゃなくて、真逆だったんですよ。現場とか、経験が。イエティは先輩ばっかりで僕が一番下、努力クラブは僕が上の年代だったり。まあ、努力クラブもキャリアとかは皆さんが先輩だったんですけどね。
__ 
なるほど。
古藤 
イエティでは先輩に必死に食いついて、努力クラブでは今まで出来なかった事とかを出来るようにして。でも、どちらもまだまだ出来る事はあって、反省も残っています。
__ 
というと。
古藤 
台本を頂いてから本番までに、やっぱり段階があるんだと思うんですよ。イエティの方でそれを再認識しました。セリフを覚える段階、噛まずに言える段階、セリフが染みこんでくる段階と、その段階のスピードが早かったりして。もちろんそれは誰でもバラバラなんですけど。でもイエティでは、ある時ギューンと、周りがさらに上の段階に成った時があったんです。
__ 
へえ!
古藤 
僕がいなかった稽古があったのかなと思うぐらい。実は最初の方でエチュードをしていて、いい意味で抜けた雰囲気でやっていて、割とこういう感じで進んでいくのかと思っていたら、稽古期間の最後の方で急に物凄く伸びたというか。どういう思考でやってはるのかなと。
__ 
そのイエティの作品「さらばゴールドマウンテン」では最後の方にドタバタがありましたね。それが凄く面白かったんですけど、そこを舞台上で生でやる事に照準を合わせて稽古を進めていった、という感じなのかもしれませんね。
古藤 
狙いに合わせて、それまでのシーンのディテールとか、態勢を稽古で色々決めていった、のかも。
__ 
何より、彼らの役者としての、その「ギラギラしている」という言葉を使っていいのか分からないですけど、そういう熱い部分が伝わってくるようですね。
古藤 
弱男の村上さんと舞台が終わった後に話させてもらって。世界観を崩さない為に、ウソになってしまうようなコミカルすぎる演技じゃあ、なかった、ってなって。僕は最初、コントに近い作品だと思って稽古に臨んでいったんですが、舞台を作り込んだり戯曲を読み込んでいったりする内に、あの世界観に入れていった感じでした。その感覚を汲んでもらったんですね。嬉しかったです。「~~風のコントじゃなくて、ちゃんと演じている役の人物を考え、その上での感情を込めた演技をしたいよね」と、競演させていただいた土佐さんには言われました。同じ事かもしれません。それは僕の課題なのかもしれないですね。次の努力クラブに、その意識で行けました。
__ 
努力クラブ必見コント集ですね。
古藤 
まずは、居場所を見つけるところからでした(笑う)とけ込めばいいのか、ケレン味をもっと出せばいいのか探りながらですね。あんだけのメンバーなので。楽しみながら迷ってました。
イエティ
大歳倫弘氏作・演出のヨーロッパ企画のプロデュース公演。
イエティ「さらばゴールドマウンテン」
公演時期:2013/2/14~18(京都)、2013/2/22~25(東京)、2013/3/1~3(大阪)。会場:元・立誠小学校 音楽室(京都)、駅前劇場(東京)、インディペンデントシアター2nd(大阪)。
努力クラブ
元劇団紫の合田団地と元劇団西一風の佐々木峻一を中心に結成。上の人たちに加えて、斉藤千尋という女の人が制作担当として加入したので、今現在、構成メンバーは3人。今後、増えていったり減っていったりするかどうかはわからない。未来のことは全くわからない。未来のことをわかったようなふりするのは格好悪いとも思うしつまらないとも思う。だから、僕らは未来のことをわかったようなふりをするのはしない。できるだけしない。できるだけしないように努力している。未来のことをわかったふりをしている人がいたら、「それは格好悪いしつまらないことなのですよ」と言ってあげるように努力している。(公式サイトより)
壁ノ花団
MONO所属俳優、水沼健氏が作・演出を務める劇団。独特な手法を用いて豊穣なユーモアの世界を紡ぎだす。
劇団衛星
京都の劇団。代表・演出は蓮行氏。既存のホールのみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等「劇場ではない場所」で公演を数多く実施している。

タグ: 俳優のブレイクスルー はじまりのエチュード 迷っています MONO 今年のわたし 反省Lv.1 ギラギラした俳優 世界観の作り込み 作家の手つき


2年半

__ 
演劇を始めた経緯を教えてください。
古藤 
大学の時にお笑いサークルをやってまして。舞台に立つのは凄く楽しかったんですけど、卒業後は就職しました。
__ 
なるほど。
古藤 
しばらくして、当時のお笑いの先輩が、働いている時に声を掛けてくれて。僕も仕事をしながらぼんやりと気になっていたんですよ、またお笑いやりたいな、って。2年半ぐらいで京都に戻りました。その先輩は「ヨーロッパ企画の暗い旅」のディレクターをやっていて、弱男の公演の出演者募集の事を知って。それを受けたのが最初です。
__ 
会社を辞める時に不安はありましたか。
古藤 
いやめちゃめちゃありましたよ(笑う)でも割と、周囲の心配以上には不安はありませんでした。ずっとやりたい事だったし、やっと出来る、という感慨がありました。吹っ切れたんですね。

タグ: 入団の経緯 新人の不安


どうしたらああいう事が出来るんだろう

__ 
演劇を始めた頃の衝撃作を教えてください。
古藤 
めちゃめちゃ最近なんですけど、KUNIOの「椅子 FINAL」ですね。僕は本当にお笑いしか見た事がなくて、演劇を見始めたのはつい最近なんですけど、「椅子」はちょっと凄かったです。
__ 
私も見ました。面白かったですね。
古藤 
冒頭で古典劇のストレートプレイがあって、「こういう感じなのか」と思ってたんです。でもしばらくしたら杉原さんが舞台に出てきてモニタが付いて、観客も登場人物になっちゃったりして。舞台セットがどんどん変化していくのにも驚いたし、凄いなと。これなら、普段劇場に来ない人でも、観た後に「面白かった」って言えるんじゃないかなって。不条理劇の名作なのに、エンターテイメント性がめちゃあって、結構衝撃を受けました。今までは台本の構成とか、ギャグとか、役者の個性やキャラや演技とか、つまりソフトに目が行きがちだったんですけど、こういうやり方のエンターテイメントがあるんだって。
__ 
目から鱗だったんですね。
古藤 
あ、何やってもいいんだ、って。度肝を抜かれました。最近、その事ばかり考えています。どうしたらああいう事が出来るんだろう。きっと、客層の照準を絞ってるかもしれない。m-floのライブみたいだったんですよ、クラブの要素が入っているような気がしましたね。
KUNIO
杉原邦生が既存の戯曲を中心に様々な演劇作品を演出する場として、2004年に立ち上げる。俳優・スタッフ共に固定メンバーを持たない、プロデュース公演形式のスタイルで活動する。最近では、杉原が2年間務めた“こまばアゴラ劇場”のサミットディレクターの集大成として、初めて既存戯曲を使用せず構成から杉原自身が手がけた、KUNIO07『文化祭』や、上演時間が約8時間半にも及ぶ大作『エンジェルス・イン・アメリカ』を一部、二部を通して上演するなど、その演出力により戯曲はもちろん、劇場空間自体に新しい風を吹き込むことで、作品を生み出している。(公式サイトより)
KUNIO08『椅子』ファイナル
公演時期:2013/3/28~31。会場:京都芸術劇場 studio21。

タグ: 衝撃を受けた作品 新しいエンターテイメント 会場を使いこなす


質問 森 孝之さんから 古藤 望さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた、劇団ZTONの森孝之さんから質問です。ドンピシャの質問ですね。「憧れの芸人さんはいますか?」
古藤 
一ファンとして好きなのが「かもめんたる」ですね。お芝居チックで、コントなんですけどボケツッコミだけのじゃないんですよ。話が進むにつれ、普通の人だと思われた人の素性がだんだんと明らかになって、最後には気持ち悪いんですよ。お話も面白いし。観てほしいです。

タグ: 分かりやすい面白さと芸術的な面白さの中間 私の好きなあの劇団


「司会者」

__ 
いつか、どんな演技がしたいですか?
古藤 
漠然となんですが、いつか「司会者」になりたいです。
__ 
おお。
古藤 
表向きはボケたりしていて、でもまとめる時はまとめる。その境目が限りなく近いひとですね。見た目と雰囲気がボケなのに、ツッコミも行えて、その境界が曖昧というか。さっきはボケてたのに、今もうマジメに進んでいるみたいな。それが演劇で出来るとしたら、そうなりたいですね。
__ 
ちょっと分かるかもしれません。「不思議な存在感」という奴?次に何をするか分からないけれども、それが気になるぐらい注目を集める、飄々とした人物。
古藤 
「どっちにもつける」というのがキーワードかもしれません。丸山交通公園くんが正論を言う時が近いかもしれません。僕は彼ほど、雰囲気だけで面白い訳じゃないのでそれが弱点だと思ってるんですけど。
__ 
いえいえ。
古藤 
だから逆に、両方行けるし、真ん中のおいしい所をとれるかもしれない。テクニック的に難しいとは思うんですけど、そこが自在に操れたらいいなと。
__ 
丸山交通公園の面白さはどこにあるんでしょうね。人柄の良さと、それとは全く関係ない凶暴性の同居かもしれません。
古藤 
そうですね、普段から雰囲気がにじみ出てるんですよ。この人、普段からこんなやばいのか、ってお客さん思ってるかもしれない。

タグ: 演技の型の重要性 凶暴な役者 いつか、こんな演技が出来たら いつか、どんな演劇を作りたい?