踏み入った表現、求められている音楽

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
岡田 
バンドマンとしては―Jamokashiはオリコンに入ったりするようなメジャーなバンドを目指している訳ではないので。かと言って、知る人ぞ知るバンドでもない、色んな人に影響を与えるようなバンドとしてやっていきたいです。僕が影響を受けた音楽のルーツを、誰かに知ってもらえるような。
__ 
なるほど。
岡田 
もちろんそれだけじゃなくて、劇伴音楽でも何でも、楽曲制作を中心にした仕事をどんどん引き受けられたらなと思います。金色の家屋公演2011「団欒シューハーリー」から劇団の音は僕が作っているのですが、悪い芝居の曲を聞いて、それで依頼が来たら嬉しいですね。今のところ、僕が全部作っているので。
__ 
そうなんですね。どのように作るのですか?
岡田 
台本をもらった最初から、頭の中で鳴ってますね。それをスタジオで実際に音にして作曲していくんですが、そこは一人だからこそやりやすいんです。
__ 
なるほど。
岡田 
実は前回の「駄々の塊です」の時も、全部一人で作っていたからこそ、本番に入ってからの調整もかなり自由に対応出来たんです。ほぼ毎日、音源をいじりまわしていました。だからもう、既存の曲を使えなくなってしまいましたね。
__ 
今回の『カナヅチ女、夜泳ぐ』も、音楽でクレジットされていますね。
岡田 
そうなんです。大事に思っているのは、さっきも言ったんですが、やっぱりお客さんを感動させたり、面白がらせる事なんですよね。もし僕らがまずそれをせずに、僕らのやりたい事だけをやっていたら、お客さんは置いてけぼりになってしまう。
__ 
置いてけぼり感。
岡田 
大きく言うと、全てはお客さんの為なんで。そこはわかっています。お客さんを掴まないオナニー演劇やオナニーライブは嫌いなんです。お客さんが求めているものを、そのタイミングで、僕らの感覚を信じたやり方で作り上げる事が僕らの仕事だと思うんです。話はそれますけど、こう見えて、J-POP大好きなんですよ(笑う)。踏み入った表現をしているけれど、求められている音楽も好きです。その辺りの感覚はずっと持ち続けていきたいですね。
__ 
なるほど。しかし、そうした感覚はどんどん更新されていきますね。
岡田 
そうですね。ずっと未来に、唯一無二の表現が生まれたらそれを大事にするとは思います。もちろん、お客さんも大切にします。後悔しないように。
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 表現=「自己満足、オナニー」? 今後の攻め方


レザーのブレスレット

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。
岡田 
ありがとうございます。いつもすごいなと思っていて。
__ 
いえいえ。どうぞ。
岡田 
(開ける)あ、四つ葉のクローバー・・・?
__ 
腕に付ける飾りですね。


自転車でどこまでも

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。望月さんは、最近はどんな感じなのでしょうか。
望月 
京都に来て、今日でちょうど一週間です。稽古もありつつ、楽しんでいます。共演者の方々も優しくしてくれるし。満喫しています。久しぶりの一人暮らしなんですよ。横浜では実家暮らしなので。
__ 
良かったですね。横浜と京都で、街の感じに違いはありますか?
望月 
あ、違いますね。時間がゆっくり流れている感じがします。そうだ、自転車が気持ちいいですね。横浜に住んでいると移動は全部電車なので、稽古場に行くのにも自転車で行けるのが新鮮です。漕ぎながら見る京都の光景がいいですよね。
__ 
自転車でどこでも行けますからね。
望月 
レンタサイクルも多いし。自転車が生活の中にあるのかな。近い距離で手が届くんですよね。今共演している人たちも、自転車で行ける範囲で仕事や生活しているみたいで。そういうの、あったかいと思います。
__ 
地点小林さんにインタビューさせて頂いた時に、京都での都市生活の最大のアドバンテージは終電がないという結論になりました。
望月 
いやそうなんですよね!私、お酒飲むの好きなんですけど、23時半にお店を出ないと横浜に帰れないんです。そうしなくても良いのが何とも良くて。酔っぱらってくると朝まで飲もうというテンションになる事もあるんですけど、1時ぐらいで帰りたくなると・・・。そんな時でも自転車でパッと帰れるのは最高ですよね。
ロロ
平均年齢23.5歳の、東京で活動するカンパニー。主宰・三浦直之が触れてきた演劇や小説、映画、アニメや漫画などへの純粋なリスペクトから創作欲求を生み出し、同時多発的に交錯する情報過多なストーリーを、さらに猥雑でハイスピードな演出で、まったく新しい爽やかな物語へと昇華させる作品が特徴的。(公式サイトより)
地点
多様なテクストを用いて、言葉や身体、物の質感、光・音などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を生み出すために活動している。劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルが独特。(公式サイトより)

タグ: 創造環境としての京都 単純に、楽しませたい


永野宗典不条理劇場「劇野郎が来る!」

__ 
さて、5月24日から永野宗典不条理劇場「劇野郎が来る!」ですね。
望月 
そうですね。京都、東京、福岡と。共演者の方々が良くして下さって、和気藹々と。楽しくやらせてもらっています。
__ 
楽しみなんですよ。
望月 
ぜひぜひ。女の子が私しかいなくて、良くしてもらっています。気兼ねせずしゃべれるような環境を作って貰って。頑張ります。
永野宗典不条理劇場「劇野郎が来る!」
公演時期:2012/5/24~27(京都)、2012/6/5~7(東京)、2012/6/15~17(福岡)。会場:元・立誠小学校(京都)、シアター711(東京)、福岡女学院大学 学生ホール(福岡)。

明るく生きる

__ 
望月さんが、今まで目標にしていた事って何かありますか?
望月 
明るく生きようと思っています。代わりに、大きい目標は無いかもしれなくて。周りの方に影響されつつ、気がついたらここにいるなって。もしかしたら、これから大きな目標を持つ事になるかもしれませんけど。
__ 
なるほど。
望月 
日大の演劇学科に入ったのも役者をやりたかったからじゃないし、ロロに入ったのもいつの間にかで、気がついたらロロが色んなところでやらせてもらえるようになって、私も色々呼ばれるようになって・・・。それはもちろん、制作やみんなのお陰ですけど。とは言っても、これをきちんとした職業にしないと、と思っています。具体的にこういう風に売れたいとか、ロロをこうしたいとかはまだ無いんですけど、もっとちゃんとしなきゃな、とは。
__ 
いや、明るく生きるというのは大切ですよね。
望月 
というか、あまり考え込まないようにして、力んでしまうと色々手に付かなくなるんですよ。考えるのは考えるんですけど、悩んでるばっかりで不満そうなの人にはなりたくないかな。
__ 
ああ、難しい人もいますね。
望月 
「俺考えてるし、お前等も考えろや」みたいな。考えながらも、へらへら笑ってるように見える人の方がいいのかなと。最近はそう思います。
__ 
身の回りのものを満たすぐらいの欲求で良しとする生き方もありますよね。清貧じゃないですけど程の良さというかね。
望月 
私のはそんなにキレイなものじゃないと思います(笑う)。意外とプライド高いんですよ。オーディションとか、ふるいに掛けられるような時に、負けず嫌いになるところがあって。ごめんなさい、何かこじらせちゃってる感じで。
__ 
こうなりたいという自分がある?
望月 
それを持つとがんじがらめになってしまうんですよね。なれたらいいなとは思いつつ、Aを目指していながらBになっても、まあいいかと。

タグ: 力んでいる


質問 宮下 絵馬さんから 望月 綾乃さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、悪い芝居の宮下さんから質問を頂いてきております。「思い入れのある劇場はありますか?」
望月 
ぱっと出てくるのは王子小劇場ですね。ロロが旗揚げからやってる劇場だし、支配人の玉山さんにすごくお世話になってるんですよ。
__ 
いいですよね、王子。
望月 
今年の8月、久しぶりにロロが公演に使わせてもらいます。私個人も、過去に王子小劇場に客演した事が多いんですよね。
__ 
あ、国分寺大人倶楽部とかね。
望月 
そうそう。王子の小屋の匂いを嗅ぐと、帰ってきた気分になります。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
王子小劇場
劇場。東京都北区王子。

タグ: 王子小劇場


どこかのビル前にて


純粋さについて

__ 
ロロの魅力を教えて下さい。
望月 
私が勝手に思っているのは、登場人物が奇妙な設定を背負っている事が多いんですよね。200年生きているおじいちゃんとか、恋すると光っちゃう女の子とか、体に棒が刺さっていて動けない人とか、生きていく上でなにか妙な設定を背負っている人が多いんですけど、それが直接その人のアイデンティティに関わってはいないというか。例えば人間の見た目(太っているとか顔が丸いとか)と並列にあるレベルで200歳とか光るとかがあるんです。その事ですごく思い悩む事もなく、超普通に生きているんですよね。それを亀島くんとかが演じるんですけど。
__ 
そうそう。200歳のおじいちゃんだからと言って、それっぽい、例えば威厳のあるような演技をする訳じゃないんですよね。
望月 
そういう感じの世界で、でもみんなと同じように恋愛には悩むんですよ。200歳のおじいちゃんだけど、亀島くんだしみたいな。
__ 
フラットに設定を乗り越えているというか・・・
望月 
あんまり考え込んでいないんじゃないかなと思います。
__ 
何で200歳の亀島さんがそこに居れるんだろう。
望月 
成就できない片思いの報われない思いを描くに出てきているのかな。三浦くんに聞かないとはっきりとは分からないですね(笑う)。棒が刺さっている人も、昔の心残りに封印されちゃっていて、解き放たれない事からそうなっているんですね。刺さっている事のリアリティとかは全く無くて。
__ 
つまり、ナンセンス描写を目指している訳では・・・
望月 
ないですね。三浦くんはそれを純粋にやれちゃうんですね。出来ないアイデアもたくさんありましたけど。そういうところがロロの魅力だと思います。

あのとき

__ 
望月さん、赤坂炎上に出演されてましたよね?
望月 
出てます!あの作品、一回しかやってなくて。見てる人珍しいですよ。
__ 
面白かったです。すぐロロが好きになりました。
望月 
あの作品、私も大好きで。あの時期、実はめちゃくちゃ尖ったことやってました。ラストで役者が全く動かないままポケットビスケッツが一曲まるまる掛かって終わったりとか。
__ 
途中まで舞台上に男女二人がポーズを決めて後ろ向いてたりね。望月さんは確か幽霊の女の子役。
望月 
幽霊役でしたね。ロロではいつも、引きの演技をするようなセカンドヒロインが多いんですけど。
__ 
あ、いつもそういう役割なんですね。
望月 
私は割と切なさ担当で、亀ちゃんはヘタレな少年役、板橋さんはハードボイルドな男役かな。最近は別の役割を与えてみてます。
劇団福耳presents「第六回 赤坂炎上」
開催時期;2009年9月18日。会場:L@N AKASAKA。ライブ、インプロ、コント、演劇など、いわゆるショーケースとして楽しめるイベント。

タグ: 尖った事をやりたい


歩く

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
望月 
あまり肩に力を入れず、ゆるっと行きたいです。でも、これで働いていかないといけないので、そのあたりの意識は常に持ちたいです。難しいなと、悩んでいますけど・・・
__ 
ええ。
望月 
でも、まあいいかなって。ゆるっとやれればいいのかなと。
__ 
周りに面白い人がいるというのは、楽しい生き方ですよね。
望月 
出会いの運だけはめっちゃあるんですよ。周りに凄く助けられているし、だからこんなにぼーっとしてられるのかも。

タグ: 今後の攻め方


フォードヘア化粧品 ハーブマジック グロスクリーム

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。
望月 
ありがとうございます。何か貰えると噂ですよね。
__ 
どうぞ。
望月 
(開ける)モイスチャークリーム・・・?いい匂い。柑橘系の。
__ 
髪に付けると、スタイリングが出来る上に髪質保護・修復も兼ねるものです。付けるトリートメントですね。
望月 
あ、いいにおい。私、京都にスタイリング剤とか持ってきて無かったので。使います。ありがとうございます。


悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』宣伝隊長として

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近は宮下さんはどんな感じでしょうか。
宮下 
悪い芝居vol.13「カナヅチ女、夜泳ぐ」の稽古中です。客演さんも集まってきて、本格始動ですね。
__ 
次回の「カナヅチ女、夜泳ぐ」。宣伝隊長としてはいかがでしょうか。
宮下 
よくご存じで。先日、公演に向けたUstream放送をしまして。その司会とか、させてもらっています。やっぱり入団して一年経つから、そういう事もしていくようになりましたね。
__ 
一年。ABC春の文化祭が悪い芝居初舞台なんですよね。
宮下 
そうなんですよ。緊張したんですけど、ウケてもらって。良かったです。僕は熊の着ぐるみが衣装だったんですけど、毎日直径60センチ程の大きい熊の頭部を黒いゴミ袋に入れて通ってました。不審者に見られていたと思います(笑う)。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。
ABC春の文化祭
2012年からABCホール開館4周年記念として始まった 関西で活躍する劇団・ダンサー・歌手・芸人・浪曲師などが集まって20分ずつ公演する企画イベント。

タグ: Ustreamの話題


胸に刺さるような感じ

__ 
宮下さんが悪い芝居に入ったのは。
宮下 
僕は現在大学生でして。元々、劇団ACTに入ってたんですよ。実は元々、お笑いが好きだったのでサークルも落語研究会とかにしようと思っていたんですが、サークル棟の部室にまでたどり着けず、演劇部に入っていました。そこでコントを作ったりしていたんですが、悪い芝居が2009年に上演した「最低の夢」を観たんですよ。それが、なんだか、面白い・つまらない以外の、一人で帰りたくなるような気持ちになったんですよね。
__ 
というと。
宮下 
胸に刺さるような感じがあって。この劇団で自分もやれればいいなと思ったんです。さらに悪い芝居劇団員の池川(インタビューURL貼付けていただいて)が大学の一つ上の先輩なんですけど、その繋がりで2010年上演の「キョム!」を見て。その稽古を見学させてもらい、年明けのメンバー募集に応募して 入団が決まりました。
劇団ACT
京都産業大学にある演劇部の通称。

タグ: 悪いけど、芝居させてください


自由の効かない感覚

__ 
さて、カナヅチ女のチラシですが。
宮下 
いろいろ興味を持って頂けるチラシにはなっていると思います。この宇宙服の女の子がカナヅチなのか、なぜ街の写真があるのか、とか。
__ 
このチラシの絵、どういうシチュエーションだと思われますか?
宮下 
この絵は悪い芝居の、演出助手やったりマンガ描いたりしてる進野さんが描いているんですが、僕は今回の製作段階を横で見ていたんです。上に上がって行っているのか、下に沈んでいるのか。どうご覧になりますか?
__ 
奥から手前に吸い込まれているんだと見えますね。彼女の顔に当たっている光源があるので。その光に吸い込まれているのかな。どちらにせよ、普通の重力のかかり方ではないですね。
宮下 
「無重力」というのが、今回の作品のキーワードで。稽古の最初のほうで言われていたんですよ。水の中で泳いでいる、自由の効かない感覚が、小劇場で感覚出来ないかなと。今、稽古で発掘しています。

身体に責任を持たせる

__ 
今回の公演、宮下さんはどんな感じなればいいと思われますか?
宮下 
去年入ったばっかりなんで言うのはアレかもしれないですが、悪い芝居にとってはかなり大事な公演だと思っています。山崎さんが書いた悪い芝居vol.12「駄々の塊です」が第56回岸田國士戯曲賞にノミネートされて。受賞は他の方に決まったのですが、最終選考後受賞出来ず第一作というタイミングの二都市公演なんですね。まあ、だからと言って、作品に入る力はこれまでと一緒で、これが悪い芝居だと言えるものを作りたいです。期待には応えるけれど予想は裏切りたい。
__ 
期待には応えるけれど予想は裏切る。
宮下 
もう、そこですよね。ありがたい事に、楽しみにしてくださる方もいらっしゃるので。そこをぐわーっと、一段とばしでやりたいですね。
__ 
先程大川原さんにインタビューして伺ったのですが、今回の稽古場、台本を最初からきっちりとやるという訳じゃないのですね。
宮下 
台本を形にして、役者と演出とで ぐわーっと一気に作り混んで作品にすることは出来るんです。でも、それがしたいのではないな、となって。文字を読み上げるのが演劇ではないので、身体のちょっとした動き一つにも意味を持たせる稽古をしてます。
__ 
なるほど。
宮下 
それでこそ、身体に責任を持たせる事が出来ると。それを3月頃からやっていました。地獄でしたけど・・・(笑う)最終的に形にはなると思います。
悪い芝居vol.12「駄々の塊です」
公演時期:2011/11/2~2011/11/9(京都)、2011/11/17~2011/11/21(東京)。会場:ART COMPLEX 1928(京都)、王子小劇場(東京)。

質問 大川原 瑞穂さんから 宮下 絵馬さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました大川原さんから質問です。「意識している演劇人はいますか?」
宮下 
あー、ちょっと待ってください・・・。月面クロワッサンの作道君かな。ぼくと同期なんですよ。仲良くしてるんですけど、同い年で作演で。そういうところでは意識はしています。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
宮下 
僕個人も客演という形でお仕事を頂いてきているんです。それも、悪い芝居に入っていなかったら巡り会えていない方とお芝居出来ているんですね。ありがたいですね。
__ 
なるほど。
宮下 
twitterで「悪い芝居の宮下を見かけた」って書かれるとヒヤッとするんですけどね。でも嬉しいです。いつもオーバーオールでいたほうがいいのかもな。
__ 
キャラ作りですね。
宮下 
京都関西の、太っている役者の代表を目指します。あとは、少し先の話かもしれませんが、自分で作る事も考えていきたいです。
__ 
あ、劇作をされるんですね。
宮下 
実は学生劇団ACTで、脚本・演出をやっていたんです。僕らの代のACTはコントが多かったですね。5分ぐらいのやつを15本くらい上演する芝居で、12本書きました。今も、悪い芝居のメンバー紹介で、作がクレジットされているので・・・。悪い芝居の看板で作るのはまだまだちょっと怖いですけど、いつか書けたらと思います。
__ 
楽しみにしています。

キワノフルーツ

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。どうぞ。
宮下 
ありがとうございます。(開ける)何ですか?これは・・・
__ 
南国産の、キワノフルーツです。切ると緑色のものが出てくるようです。
宮下 
これフルーツなんですね。楽しみです。
__ 
980円しました。
宮下 
(笑う)普通、そんな高い果物買わないですよね。

タグ: プレゼント(食品・飲料系)


初夏の寒い夜

大川原 
悪い芝居の大川原です。コーヒーを取りに行ってもらってるんですが、その間喋って良いと言われました。
大川原 
スタバが混んでます。外人さんが多い・・・あ、また来た。
大川原 
めちゃ混んでるわ。今日寒い。外もいいけど、今日めちゃ寒いしな。昼晴れてるからそれに合わせて薄着でいたら夜めっちゃ寒くなる。
大川原 
2分経った。
大川原 
3分なる。なった。未だこず。スタバおそるべし。あ、来はった。
___ 
失礼しました。
大川原 
あはは。ほとんどなにも言ってません。寒い寒い言ってました。
悪い芝居
2004年12月24日、旗揚げ。メンバー11名。京都を拠点に、東京・大阪と活動の幅を広げつつある若手劇団。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を、刺激的に勢いよく噴出し、それでいてポップに仕立て上げる中毒性の高い作品を発表している。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)

せっかく、劇団なんだから・・・関係性とお芝居作り

___ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近は大川原さんはどんな感じですか?
大川原 
ABC中之島演劇祭の石原正一ショーに出させてもらっていたんですが、それも終わって。今は前回公演の映像編集をしていました。それから、次回公演の稽古と。
___ 
映像編集出来るんですね!
大川原 
「キョム!」から私がやっているんですよ。教えてもらったり、自分で調べたりして。カナヅチ女の公演で売れるように準備中です。お楽しみに。
___ 
次回公演「カナヅチ女、夜泳ぐ」。稽古中ですよね。どんな感じでしょうか。
大川原 
ぼちぼち客演さんが揃い初めてきました。ワークショップ的なところから始めています。台本はまだ、あえて出してないという感じじゃないでしょうか。
___ 
なるほど。
大川原 
山崎が、「演劇って練習したら出来るんだよ」と。それよりも、チームワークや基礎的なところを重点的にやっています。チームワークが良いと思わせるような劇団はハズレなく面白いんですよね。新人の子もまだ一年なので、そのあたりで説得力を持たせていければなと。
___ 
劇団内のムードが良いというのは大切ですよね。心のやりとりを大切にしたり、そういう会話劇とかは特に。
大川原 
人との関係性を構築するという意味では、もしかしたら台本がない方がいいかもしれないですね。それがあった状態で台本が来たらいいんじゃないかなと思っているみたいです。何も関係性がないのに台本が来て、「このホンいいよね~」って言い合ってるんじゃなくて。せっかく、劇団なんだから。
悪い芝居vol.13『カナヅチ女、夜泳ぐ』
公演時期:2012/06/13~20(大阪)、2012/07/10~16(東京)。会場:in→dependent theatre 2nd(大阪)、王子小劇場(東京)。

タグ: 新人の不安 悪いけど、芝居させてください


危険でも、全力でぶつかって。無重力で飛び出す作品?

___ 
台本があったら演劇が出来るというのは、確かにそうですね。稽古すれば、下手でも上手でも、最後まで出来ると思う。
大川原 
俳優って、誰でも出来るっていいますからね。
___ 
そうですね。それでお客さんを満足させるものが出来るかというと別ですけどね。その次の段階を目指そうとしているのは素晴らしいなと思います。
大川原 
いえ、まだまだ難しいです・・・、でも、前回と同じものを作るよりは、新しいやり方を試すというのに今興味があって。危険かもしれないけど。危険でも、全力でぶつかっているのが悪い芝居のいいところだと思います。それがお芝居に乗ったらいいな。
___ 
今回は東京と大阪ですね。東京は、佐藤佐吉演劇祭に参加ですね。
大川原 
そうなんですよ。こちらでも聞くような、東京の劇団さんと一緒に並べて貰えるんです。光栄です。京都からは、悪い芝居とピンク地底人さんと。
___ 
そうですね。京都の攻め系劇団ですね。
大川原 
どうなるんだろうなと。物語はまだ決まってないんですけど(5/12時点)、役者が舞台を飛び出して、無重力で飛んでいけるような。
___ 
味わった事のない感覚になりそうですね。