ポーチ

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持ってい参りました。
織田 
ありがとうございます。いま見ちゃって大丈夫ですか?
__ 
もちろんです。
織田 
(開ける)あ、ポーチですか? ちょうどこういうの欲しかったんですよ。うわあ。嬉しい。
__ 
ホントですか。

タグ: プレゼント(ポーチ系)


方向性について

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
山本 
お願いします!
__ 
いきなりですが、山本さんはどんなキッカケでイッパイアンテナに。
山本 
まず、就活をする前に将来の事を考えてみたんですよ。真剣に。僕は世界に対して完璧主義というか、物事を始める時にその前提があるべきだと考えてしまうんですね。だから、舞台に立つ事なんて全ての人が当然持っている目標だと思っていて。何の疑いもなく。
__ 
なるほど。
山本 
大学に入って、まずバンドを始めてみました。したら全然違うんですよ。純粋に音楽が上手くなりたい奴もいれば、目の前のお客さんを沸かせたい人もいる。ギターで派手なパフォーマンスをしたいのもいれば、舞台の内側だけで浸ってる奴もいる。本当に、色んな志向があるんですよ。
__ 
ああ、それは確かに・・・表現をアクティビティの一つとしてみた時に、志向の違いはあるかもしれませんね。
山本 
僕は誰かの曲をやる時は、いわゆるカバーしたいんです。が、まんまコピーしたいという奴がいるんです。僕は、元々の歌詞を変えずに新しい意味を付けるのが得意でやってたんですが、元のニュアンスそのままで唄う事が一番だという人がいる。
__ 
へえ。
山本 
MCも違うんです。盛り上げるのと、紹介だけの人と。最初は許せなかったですね。盛り上げようとしないとか、やる意味があるのかって。でも、その後合宿したり練習したりしていく内に、この人の最高潮はこれなんだなって思えるようになったんです。皆フロントマンになりたいわけじゃないんやなって。それは逃げや自信の無さじゃなくて。
__ 
今の山本さんは、彼のコピーについて認めている?
山本 
認めてますね。それが彼の目標ですから。堂々としているのを見ていると嬉しいです。おっさんになった時も、変わらないでいてくれるかなあって。
イッパイアンテナ
同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のOBを中心として、2007年11月に旗揚げされた演劇団体。主な演目はコメディとコント。劇場を気持ちよく走り抜けるライブ空間にすべく日夜活動している。(公式サイトより)

質問 渡辺 綾子さんから 山本 大樹さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました、同じくイッパイアンテナの渡辺さんから質問を頂いてきております。「役者じゃなかったら何していましたか?」
山本 
そうですねー。役者をしたいという気持ちが根本的過ぎて、逆に気付かなかったんですよ。色々考えて、消去法的にやっと役者に辿り着いたんですが、その前は先生になりたかったんです。
__ 
あ、そうなんですね。何だか似合うと思います。
山本 
ありがとうございます、で、教職課程を取ったんですよ。でも授業には全然行かなかったんです。最低ラインで合格すればいいと思っていたんですが、その前に何故先生になりたいのか考えないとあかんと。整理して考えてその答えが出なかったら辞めようと思って一日考えたんです。最終的な答えは青春ドラマでの先生になりたかったんだと自覚して。文化祭でも生徒の自主性に任せるんじゃなくて、これやろうぜ、って言っちゃうんだろうなって。だから、その道は辞めました。

タグ: もう、辞めたい


売り方を自分達で

山本 
で、まあ結局自分の事を知って、俺は役者になると言ってたらバイト先のつながりで肥後橋輝彦に会って。僕芝居やりたいんですけど、って言ったら盛り上がったんですよ。「THE掘削」に出演させてもらって、そこでクールキャッツさんと会って。
__ 
あ、共演されたんですね。
山本 
この人とやりたいなってなって、4月の公演の打ち上げにお邪魔させて頂いたんです、その日誕生日だったんですけど・・・
__ 
おおっ。
山本 
「俺、イッパイアンテナに就職します」って言ったんですよ。
__ 
何故、イッパイアンテナだったのでしょうか。
山本 
めっちゃ売れたいととりあえず思っていました。それには事務所に所属したりとかが普通だと思うんですが、売り方を自分達で決めていったほうが面白いんじゃないかって。
__ 
なるほど、そう考えるとすごく自由ですね。

壁の中に生きる人々

__ 
山本さんは、役職に美術デザインとありますが。
山本 
僕は最初、小道具だったんですよ。で小嶋が舞台セットで、その上に載っているものは何でも僕が選んで集めてきたものでした。動かへんもの全部。このカフェで言うと、テーブルからイスまで。さすがにそれは死ぬほど大変なので、動かへんもののデザインを決めるようになって。ここはこういうデザインで行きます、って。結構いいポジションなんですよ(笑う)。
__ 
あ、そうなんですね。
山本 
今はチラシのデザインや文章の作成を任せてもらってます。ガツガツやっています。
__ 
そうそう、イッパイアンテナの美術は凄く可愛いですよね。
山本 
そのセットに住んでいるのは小粋な奴という設定なんですよ。イッパイアンテナの作品はパネルが置いてある事が多いんです。箱庭じゃないですけど、ちょい小粋な世界が見えるようになっています。
__ 
そういえば、室内である事が多いですね。それは何故でしょうか。
山本 
お客さんが位置している4つ目の透明な壁から見たシーン、という考え方をしています。そして、その中で生きている人間はちょっと過剰でもいいと思うんです。見守っていてくれているお客さんには、やっぱり僕らが考える面白い人達を見てもらいたいと思うんですよ。だから、壁=誰か一人の視点として、世界の住人がプリッと生きていて欲しいですね。

タグ: 舞台美術


アンテナ式舞台セットの作り方・山本さん編

山本 
舞台のイメージを考える時、「バカも休み休みYear!」とかの酒瓶の並べ方やら、ファイルナビゲーターのマネージャー専用のゾーンとか、もう僕の中で勝手に決めちゃうんですよね。それをミーティングに掛けてみて、それが脚本に取り入れられたり、逆に稽古での役者の動き方に影響を与えて、面白いシーンになったりするんです。
__ 
連携があるんですね。
山本 
結局、モノを作る時にかしこまってないんですよね。決められたルールは一旦外して考えています。大きくてそれだけで見ていてキレイなセットも凄いし、作れたらいいですけど、普段の生活で僕らが部屋に作っていっているインテリアだってそういう成り立ちをしているんじゃないかなと。
__ 
閉じられた世界の中に、色んな文脈が渦巻いていたり整理されたりしているんですよね。そうして、ルールやイメージが具体的な形を持ち始めるというか。
山本 
稽古を重ねていくと、ある時、小道具と役者と脚本が一つになる瞬間があるんですよ。そういう時はよっしゃ、となりますね。全力で遊ぶ事に大して、めっちゃ集中力が高くなります。
__ 
イッパイアンテナの具象舞台は一見ごちゃごちゃしているのですが、どこかに一体感がありキャラクター性を感じます。それだけでも見応えがありますね。
イッパイアンテナ9th session「バカも休み休みYear!」
公演時期:2010/9/17~20。会場:アートコンプレックス1928。

信じあえる人々

山本 
何か、京都の人の話すテンポが好きなんですよね。
__ 
というのは。
山本 
原始的な言葉で話が出来ると思うんですよ。俺がこのコーヒーが美味しいと思ったら、「このコーヒー美味しいね」って伝えるだけで済むんですよね。大阪だと「で?」と聞き返される所が、京都にいると「そうだね」って返してくれつと思うんですよ。
__ 
ああ、はんなりしていますからね。
山本 
ネタを求められるような会話は、いつでも面白さを求められているようで、息苦しい気がしていて。間を怖がらないで、何かちゃんと話せるペースが好きなんです。面白い口触りの会話なんかより、ずっと情報の交換が出来るような気がするんすよ。コーヒーを愛している気持ちだって、そのまま表現出来るのが嬉しいんです。原始的な言葉を使えるから。
__ 
抽象的な、とは違いますね。
山本 
うーん、相手の人の気持ちに対して信じあえるんですよ、そういう事を考えている人とは。激しい言葉を使った時も、落ち着いて話が出来るんですよね。

コンパクト爪切

__ 
今日はお話を伺えたお礼にプレゼントがあります。
山本 
ホンマですか。ありがとうございます。そんなそんな。
__ 
つまらない物ですが。
山本 
おっ。ツメ切り。おおっ。マジすか。
__ 
マジです。
山本 
僕ね、爪を切らないんですよ。爪を指で千切るんですよ。それが何とか治りそう。

タグ: プレゼント(ツール系)


ルドルフのまっしろけでゴー

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
渡辺 
はい。どうぞ、よろしくお願いします。いつもありがとうございます。劇場でお見かけしますよね。
__ 
あ、そうですよね。渡辺さんに出くわした中で意外だったのは、「ルドルフのまっしろけでゴー」に出られていた時でした。あれは、どういうキッカケで出演が決まったんですか?
渡辺 
ルドルフの3人芝居の「授業」の公開稽古です。永野さんが東京で公演しているから、誰か演劇やっている人代役してみませんかって言われて。はい、って手を挙げたら・・・。
__ 
おお。
渡辺 
水沼さんが演出で、憧れだったんです。でも、緊張してあんまり何も出来なかったんで、あーって思ってたんですけど、その後ルドルフの代表の筒井さんからtwitterで「出てみませんか」って連絡を頂いて。twitterさまさまですね。
イッパイアンテナ
同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のOBを中心として、2007年11月に旗揚げされた演劇団体。主な演目はコメディとコント。劇場を気持ちよく走り抜けるライブ空間にすべく日夜活動している。(公式サイトより)
ルドルフのまっしろけでゴー
公演時期:2011/6/3~5。会場:アトリエ劇研。

タグ: 上の人らと仕事


筒井さんと渡辺さん

__ 
ルドルフ、大変面白かったです。参加していてどうでしたか。
渡辺 
実はイッパイアンテナの「ファイルナビゲーター」と稽古が被っていて、行ったり来たりしていたんですが、ルドルフの出演者の方々が受け入れて下さって、もちろん勉強になりました。いい経験になったと思います。
__ 
筒井さんは、渡辺さんのどこが気に入ったんでしょうね。
渡辺 
どこやろう? わからへん。でも、公開稽古の時の代役が良かったからって伺って。
__ 
いや、実は、ちょっと分かる気がします。私から見て、筒井さんは以前から若干ムカつく面白いものを尊ぶような感じがありました。
渡辺 
それは、私がムカつくという事ですか?
__ 
多分、こまっしゃくれた存在をより可愛いと思うんじゃないでしょうか。それは愛情の裏返しから来る表現、という面があるのかなと思います。
渡辺 
あー・・・。
__ 
・・・ちょっと思い切った事を言ってしまったでしょうか。
渡辺 
え、全然ですよ。そういう風に言ってもらえた方が嬉しいです。確かに、稽古が進むにつれてどんどんけなされるようになっていったような気がします。
イッパイアンテナ11th session「ファイルナビゲーター」
公演時期:2011/5/13~16。会場:ART COMPLEX 1928。

タグ: 愛情表現


質問 阿部 潤さんから 渡辺 綾子さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました阿部さんから質問です。「1.ラーメンズと共演出来たとしたら、何がしたいですか?」
渡辺 
阿部さん!?
__ 
えっ。
渡辺 
今阿部さん通りましたよ!
__ 
うそっ。
渡辺 
自転車で、スーッて(笑う)。
__ 
うわっ、撮れば良かった。奇跡ですね。
渡辺 
あ、私、ラーメンズが好きなんですよ。小林賢太郎さんがプロデュースしている演劇公演があるんですけど、そこに女優が一人二人出演する事があって。それで、夢の一つになっているんです。何がしたい、かあ・・・。あんまり考えた事が無かったなあ。
__ 
ありがとうございます。「2.渡辺さん自身の悪態で、好きなものはなんですか?」ちなみに阿部さんは、渡辺さんがメンチを切りながら舌打ちするのが好きだそうです。
渡辺 
ええっ。私そんな事してるかなあ。あ、そうだ。どこでもすぐ三角座りしちゃうんですよ。大学で授業受けてたりしても、すぐ足をイスの上に持ってくるので。それがやめられないクセかなあ。

男の子の世界

__ 
ラーメンズがお好きなんですね。
渡辺 
そうなんです。もう高校の頃からずっとファンで、DVDとか舞台とか、ほぼ全て観ていると思います。私は舞台とか作品に限らず、男の人達の間柄に憧れているんですよ。バンドにしたって、女性だけのバンドよりも男性のバンドの方が好きで・・・。
__ 
というと。
渡辺 
男性同士の、何か、お互いの領域を守りながら、でも会話していくという関係性に憧れるんですよね。全部じゃないと思いますけど、女性だと、ずかずか奥まで踏み込んでいって、興味が無くなったら終わりみたいなそういうのばっかで。
__ 
なるほど。
渡辺 
アンテナは男ばかりの脚本で、私は女だから女扱いされているんですけど、本当はそういう男の中で笑いあいたいという気持ちはあります。でも女だから、そういうのを生かした方がいいと言われているんですけどね。
__ 
間に入りたい?
渡辺 
同じように笑いあうけど、女である事を忘れないようにしたいです。女性という性別でしか出来ない良い部分があると思うんですが、そこを封印して、男と同じ事をして笑いを取りに行くというというのは違うなと。

タグ: 性別と演劇についてのイシュー


気持ちを動かせる役者に

__ 
今、渡辺さんがイッパイアンテナを続けている理由とは。
渡辺 
自分と劇団に満足していないからです。もっと面白くなれると思います。
__ 
今後どんな感じで攻めていかれますか?
渡辺 
共演者もお客さんもワクワクさせられるような、気持ちを動かせる役者になりたいですね。子供の頃からバレエをやっていて。先生からは、舞台に立つときは常にお客さんの為にやれと教えられてきたんです。今は演劇ですが、お客さんに見られている時にどういう風に見えているか、まずは身体がどういう風に見えているかを意識して、さらに共演者にもそれが伝わるような表現が出来る体を作りたいです。
__ 
次回公演の「討ち上げベイベー」。初の東京公演ですね。
渡辺 
はい。どういう反応なんだろうなあー。京都公演から1ヶ月以上空くので、色々整理して考えながらの稽古になると思ってます。その稽古は、すごく有意義なものになると思います。
イッパイアンテナ12th session「討ち上げベイベー」
公演時期:2011/11/24~27(京都)、2012/1/13~15(東京)。会場:ART COMPLEX 1928(京都)、王子小劇場(東京)。

タグ: バレエやってた 今後の攻め方 東京公演前夜 見られている事を意識する 自分は何で演劇を


指人形

__ 
今日はお話を伺えたお礼にプレゼントがございます。
渡辺 
ありがとうございます(開ける)。何これ。あーっ。かわいい。これ知ってますよ。
__ 
あ、有名なんですかね。
渡辺 
一つ一つ手作りなんですよね。
__ 
何か入れられる奴だと思います。
渡辺 
ポケットがあるんですね。何入れよう。アメちゃんとかかな。

タグ: 手作りのあたたかみ プレゼント(可愛らしい系)


ロックの魅力

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願い申し上げます。
阿部 
お願いします。僕、あまりこういう店来ないんですよ。飲み屋ばっかりで・・・。あ、さらさとかは好きなんですけど。
__ 
そういえば私、さらさ花遊小路に初めて行ったんですよ。
阿部 
あそこいい店ですよね。
__ 
あのお店で働いている女の子はなんであんなに可愛く思えるんですかね?どういう力が働いているんでしょうか。
阿部 
ロックじゃないですか?音楽関係の魅力とかがあると思います。
イッパイアンテナ
同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のOBを中心として、2007年11月に旗揚げされた演劇団体。主な演目はコメディとコント。劇場を気持ちよく走り抜けるライブ空間にすべく日夜活動している。(公式サイトより)

饒舌な落語

__ 
こないだの「All you need is らふ」では、銭湯で落語をされたそうですね。間にコントなども入り、好評だったそうで。何よりです。
阿部 
いえ、ありがとうございます。おかげ様で。
__ 
阿部さんは、落語は誰かに師事されているのですか?
阿部 
いえ、それは独学ですね。
__ 
あ、そうなんですね。落語って、普通に舞台に立っているのとどんな違いがありますか?
阿部 
そうですね、お客さんが目の前にいて、やっぱりやることは決まっているのは同じです。でも、落語は一つ一つの行動にお客さんがどういう反応をするかがリアルタイムで分かるんですよね。普通に舞台で会話劇をしているよりも、それはすごく分かるんです。
__ 
なるほど。
阿部 
だから、こちらもリアルタイムでお客さんの楽しみ方を作っていく必要があるんですよ。もちろん地の芸はあるんですけど、常に生で見せるものなんですよ。
__ 
脚本は決まっているけど、咄嗟に芸を出していく感覚ですか?
阿部 
出さざるを得なくなります。
__ 
では、落語でも静かな舞台というのは、お客さんと会話出来ていないと。
阿部 
そうですね。よく言われるように、ツカミが重要なんですよね。枕が滑ったら一人の世界になってしまうんですよ。
__ 
その、お客さんの楽しみ方を作っていくという言い方。以前ストリッパーの方にインタビューした時にも聞いた事があります。ステージの上手なベテランのお姐さんは、その場その場でお客さんの面白さを考えつく事が出来るって。
阿部 
ああ、やっぱり。芝居だと、どちらかというと役者はお客さんの顔を見ない、見れないですからね。落語はきっと、客席と会話するものなんじゃないかなと思うんです。
__ 
もしかしたら、客席と会話したいから生まれた形態なのかもしれませんね。当てずっぽうですが。今後、どんな落語の演目をやりたいですか?
阿部 
いま志ん朝さんの落語を聞いているんですが、「お色直し」という演目を覚えたいなあと。男女の話で、悲しくもあり、どうしようもないけど笑ってしまう。「井戸の茶碗」みたいなドタバタ人情もいいんですけどね。
__ 
あ、わらしべ長者的に交換しまくる話ですね。私もあれは好きです。
イッパイアンテナ夏企画「All you need is らふ」
公演時期:各作品2011/8/6~2011/9/12。会場:Factory Kyoto、元・立誠小学校、錦湯。

タグ: 落語 銭湯の話題


質問 村松 敬介さんから 阿部 潤さんへ

Q & A
__ 
さて、前回インタビューさせて頂きました村松さんから質問を頂いてきております。「部屋にビデオがたくさんありましたが、何本くらいあるんですか?」
阿部 
3000本くらいですかね。
__ 
そんなに! 何がそんなに。
阿部 
色々ですね。筆頭に司馬遼太郎の原作ドラマとか、映画とか、AVとか、もう色んなものが。この間ジャンルごとに整理はしたんですよ。
__ 
ええと、ビデオという事はVHSですか?
阿部 
そうですね。僕はあくまでVHSというものが好きで。
__ 
あの黒い風体が好きなんですか?
阿部 
うーん。子供時代の憧れが残っているのかも。
__ 
映像の記憶と、無骨な黒い媒体が結びついているから、かもしれませんね。「2.片付けは嫌いなんですか?」
阿部 
いや、ビデオの整理は最近したんですよ。当初は潔癖だったので、片付けは好きです。

心の中の黒い城

__ 
ビデオの山の上で住んでいるという事が、彼女が出来ない遠因かもしれませんね。
阿部 
一つの負い目かも、と自分で考えた事はあります。個人的にはそういう人間がいても面白いかなとは思いますけどねー。いつか何とかしたいですけど。
__ 
私もエロ本の中で暮らした事があるので、その、趣味の何かを集める気持ちはとても分かります。コミックショックで毎週エロマンガや写真集を買ったり。
阿部 
何で、集めたがるんでしょうね。VHSや、エロ本みたいなものを。
__ 
うーん。私の場合は多分、前へ進む事に恐れを抱いていて、城を作ってしまいたかったからかもしれない。そこに入ればどこへも出ないで済むし、出れない言い訳にもなる。
阿部 
なるほど。

世に出る曲を作りたいです

__ 
阿部さんは、どういうところからお芝居を始められたのでしょうか。
阿部 
大学3年の時に休学したんですよ。モラトリアム期間のつもりだったんですが、何をしたらいいのか分からなくて。ある晩、玉置宏さんのラジオを聴いていたら、三遊亭金馬さんの落語「居酒屋」を聞いて。こういう世界もあるんだと。
__ 
その時に、表現の世界に興味が出た?
阿部 
いえ、そういう想像はしなかったです。そこから1年休学して、次にイッセー尾形さんの舞台をTVで見たんですよ。すごく面白いなと思って、そこからです。
__ 
なるほど。
阿部 
劇団に入るか、どうしようか。色々な方に相談してみたんですよ。ヨーロッパ企画の永野さんには、「京都でやる価値は、文化の力が昔から根強いから十分にある」と言ってもらえて。ああ、じゃあやってみようかと。そこで決めたんですよね。
__ 
では今後、どんな感じで攻めていかれますか?
阿部 
舞台の上で、自分という存在が自分のままでいられるようであればいいなと思っています。役になりきるという事ではなくて、そのままで。そういう人種に憧れていますね。
__ 
なるほど。
阿部 
音楽に関しては、僕はバンドでギターをやっているんですが、世に出るものを作りたいですね。
__ 
あ、そうそう。バンドをやっておられるんですよね。
阿部 
はい。昨日もライブだったんですよ。
__ 
なるほど。どういう曲を作られるのでしょうか。
阿部 
癒し系か、めちゃくちゃ暗い曲か。どっちかですね。暗い人間なので(笑う)。

タグ: 落語 今後の攻め方


ECO KAIRO

__ 
今日はお話を伺えたお礼にプレゼントがございます。どうぞ。
阿部 
ありがとうございます。(開ける)これは・・・?
__ 
カイロですね。その中に入っている金属のボタンを押すと、発熱します。
阿部 
おおー。良い使い方をします。路上ライブをすることもあるのでピッタリです。ありがとうございました。

タグ: プレゼント(衣服・布小物系) プレゼント(ツール系)