最近どうですか?


「劇団福耳presents『第六回 赤坂炎上』」

__ 
今回は、東京の劇団ロロの脚本・演出をされている三浦さんにお話を伺います。どうぞ、宜しくお願い致します。
三浦 
宜しくお願い致します。
__ 
先日は、赤坂L@Nのイベント「劇団福耳presents『第六回 赤坂炎上』」でコントを拝見しました。非常に面白かったです。
三浦 
ありがとうございます。
__ 
従来の演劇にカテゴライズされにくいような作品だったように思います。今でも、人にどう説明すれば通じるのかちょっと分からなくて。何というか、これまで小劇場が生み出してきた様々な表現を把握した上で、その影響下にない表現を行っているというか。
三浦 
今の小劇場のお芝居からの影響はかなり受けていると思います。好きなんですよ。たとえばチェルフィッチュだったり五反田団だったり。快快(ファイファイ)っていう劇団があって・・・。
__ 
快快。よく伺います。確か、もともと小指値という・・・。
三浦 
そうです。改称して快快ですね。あのノリでお芝居をやっているという空気が凄く好きで。皆が集まって、こんな動き方面白そうだよね、じゃあやってみようか、という。その感覚、凄く共感が持てるんです。結構チェルフィッチュぽかったりとか、身体がダンサブルだったりするんですけど、それが意識的にされている感じがしないんです。
__ 
あ、ちょっと分かる気がします。
三浦 
ファンなんですけど、さて自分はどうしようかと考えながら作っています。大学に入ってから今の小劇場が好きになったんですけど、確かにそこが出発点ではあるのかな、と思います。
劇団ロロ
2009年結成。主宰・三浦直之氏。脚本・演出をつとめる三浦直之が第一回作品『家族のこと、その他のたくさんのこと』で王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」“史上初”の受賞を果たし、結成。物語への愛情と敬意を込めつつ、演劇で遊びまくる。(公式サイトより)
劇団福耳presents「第六回 赤坂炎上」
開催時期;2009年9月18日。会場:L@N AKASAKA。ライブ、インプロ、コント、演劇など、いわゆるショーケースとして楽しめるイベント。

タグ: カテゴライズされる俳優 オーガナイザーの企み


亀島君の新鮮な動きかた

__ 
今回の作品でもの凄く面白かったのは、恋人同士が久し振りに喫茶店に行くシーン。普通に椅子に座ればいいのに、男が振り向きざま飛びあがって抱きつく形でイスに腰掛けるという。ああ、これは絶対文章では伝わらないですけど、何か凄く新鮮なおふざけを見られたんですよ。
三浦 
彼はロロのメンバーで亀島君というんですが、彼の動きは本当に面白くて。その、イスにジャンプして座るというのも、細かいタイミングが凄く重要なので何回も練習しています。
__ 
あ、やっぱり適当にやっている訳じゃないんですね。洗練されていると感じたのはやっぱり、精度があったからだし。着実に練習しているなと感じました。あと、演劇の面倒な手続き逆手に取ったセリフも面白かったですね。場面転換を、後ろを振り向きざま「ハイ着いた!」だけで済ませたり。
三浦 
演劇特有の嘘みたいなのが凄い好きなんです。三角巾を額に付けて幽霊を表したり。旗揚げ公演の時に、雨男という設定のキャラクターに、ずっと横について如雨露で水を掛ける係を付けたり。ロロではいつも、演技にルールを付けているんですよ。この前で言うと何度も同じ動きをしたり、あえて変なポーズで止まったり。
__ 
そこが現代的な感覚に思えるんですよね。

タグ: ジャンプ!についてのイシュー 優しい嘘 おふざけ 反復の生むもの


照れて、おふざけ

__ 
あれだけフラットにおふざけをされると、凄くチャーミングに映ります。反面、ちょっと乾いた感覚もあって。
三浦 
多分、僕が照れるんですよね。いかにも演劇的に、そのまんまの表現をするのが恥ずかしくて、あえてふざけるんだと思います。だからか、そういう風に感じさせるのかもしれません。
__ 
おふざけと言えば印象的だったのが、別れを切り出された女の子が「別れたくない」って駄々を捏ねるシーンですね。「ここで駄々をこねてやる!」って宣言して、「買って買って~何で買ってくれないの~」って。まさに駄々を捏ねてるんですが、そのまんまのセリフを引っ張ってくるのが凄いなと。
三浦 
あれは僕も好きなんですよ。稽古場で、急に「ここは子供がおもちゃを買ってくれなくて駄々をこねる感じで」って。何の意味もないのにやりたくなっちゃって。ふざけて。
__ 
もしかしたら、直接的な別れる別れないの会話ばっかりやると照れくさい、からですか?
三浦 
それはちょっとあるかもしれません。

タグ: おふざけ


影響と先入観

__ 
三浦さんの演出が、そういうかたちに至った経緯は。
三浦 
先入観が無かったからだと思います。日大の演劇科に入るまでは、全然演劇に興味がなくて。出身も地方なので、小劇場に触れることもなくて。小説や映画ばっかりでした。もともとは小説を書くか映画を作りたかったんですよ。
__ 
なるほど。
三浦 
でも映画学科に入れなくて、代わりに演劇学科には受かったんです。だから小劇場演劇を見るようになって「あ、面白いじゃん」って。それから自分でも作るようになったんですね。
__ 
大学入学までは演劇を作るとは思わなかった。
三浦 
はい。小説や映画を作る事になっていたら、それまで自分が読んできた、見てきた経験や歴史があって、それに影響されていたと思うんですが、演劇はほとんど見た事がなくて。その分、遊べているんだと思います。

王子小劇場「筆に覚えあり」

__ 
今年の5月に旗揚げをされて、毎月1本上演されているとの事ですが。
三浦 
五月に、王子小劇場の「筆に覚えあり」という脚本コンクールに応募したんですよ。そこで選出されて、上演したのがロロの旗揚げ公演です。
__ 
それから毎月、凄いペースですね。
三浦 
でも、旗揚げ公演から「演出力が足りない」と言われていて。自分でも経験が足りないと思っているんです。ただただ場数を踏もうと思っているので。
__ 
場数を踏む。演出力を付けるためにですね。
三浦 
実は今書けている作品が、自分でもすごく良く出来ていると思っていまして。それをきちんと演出するために。
__ 
三浦さんが思われる、演出の力とは何でしょうか。
三浦 
テキストから離れる力ですね。そもそも、脚本と演出って、役割が全く違うじゃないですか。一人がその二つを兼ねているってあんまり健全じゃないんじゃないかと。テキストを再現する力というのももちろん重要なんですが、それにあまり面白さを感じないんです。テキストはテキスト、演出は演出で全く違う世界を表現出来ればいいなと思っているんです。ロロで書いているのは僕なんですけど、それでも絶対に捨ててやろうと格闘しています。

その恐ろしさ

__ 
そのためにふざけたりしていると。では今後、どのような事を試していきたいですか?
三浦 
動きのサンプリングですね。まだまだアイデアの段階ですが、繰り返すというのに興味があって。同じ会話を6回ぐらい繰り返したり。その恐ろしさというか。
__ 
暴力的ですね。
三浦 
演劇って、絶対に同じ事を繰り返せないじゃないですか。映画や音楽のようにはいかないし。だからどう、というのはまだ分からないんですけど。実は3、4カ月同じ芝居をやり続けるという企画を思いついていて。「再演!再演!再演!」という。同じテキストで、演出を変えて上演します。
__ 
面白そうですね! 頑張ってください。

タグ: 凶暴な役者 暴力


質問 浅川 千絵さんから 三浦 直之さんへ

Q & A
__ 
さて、前回インタビューさせて頂きました方から質問を頂いてきております。バナナ学園に出演されていた浅川千絵さんからですね。1.好きな作家さんと、その作品を教えて下さい。
三浦 
ホルヘ・ルイス・ボルヘスの「伝奇集」と、南米のマジックレアリスムの作家、レイナルドアレナスの「めくるめく世界」です。
__ 
2.テレビドラマの中で鳴ったインターホンに反応した事はありますか? 面白い質問ですね。
三浦 
無いです。あ、浅川さんとは知り合いというか、結構仲いいんですよ。
__ 
なるほど。3.最近あった面白い事を教えて下さい。
三浦 
友達が遊びに来たとき、面白いかなを思って全裸で待っていたんですね。で、思った通りウケて。ついでに全裸で見送りに出たら警察に連行されたことです。
__ 
あ、捕まったんですか。
三浦 
ほんとに、ものの十数メートルで。運の悪さというか。30分ぐらい、全裸状態で説教されました。
__ 
4.今後、こんなの書いてみたいというテーマはありますか?
三浦 
さっき出た「再演!再演!再演!」と、実は年末に年またぎで第二回本公演を予定しています。

質問 二階堂 瞳子さんから 三浦 直之さんへ

Q & A
__ 
さて、次は二階堂さんからですね。1.初めて人に殴られた瞬間はいつですか?
三浦 
中学の頃、頭のおかしい友達がいて。彼が体育館にみんなを集めて鬼ごっこをやろうと言うんですね。その内に、それじゃつまんないから鬼のタッチ=頭を掴むというルールになって。結局彼が鬼でもないのに全員の頭を殴って終わるという。彼は本当に頭がおかしかったです。
__ 
ありがとうございました。

「好き」ってすげえじゃん

__ 
さて、三浦さんは今後、どんな感じで攻めていかれますか。
三浦 
ロロはこれまで、ずっと「好き」というのをテーマにした作品を作ってきました。「好き」ってすげえじゃん、って全肯定して。もちろん、そのままやるのは照れるので、時々ふざけたり、最悪だけどさ、って言いながら。それでもひたすら、愚直に誠実に「好き」描いた作品を作りたいと思います。
__ 
なるほど。今回のコントもそうでしたね。
三浦 
年末の本公演は、この毎月やっている作品の集大成になればと思います。
__ 
なるほど。では、ロロの今後の方針としては。
三浦 
旗揚げしてから本当に恵まれているなと思っていまして。これからいかに売れていくかを考えていきたいですね。カンパニーの個性をいかに磨いて、芝居にアップロードしていくか。
__ 
ロロの個性を磨く。
三浦 
もっともっとふざけて行きたい、ふざけようと思ってふざけているのから離れるぐらい、無意識にふざけていられるくらいになりたいですね。

タグ: 人が人を好きになるってすげえじゃん 今後の攻め方


キャストパズル CAST CHAIN

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがあります。どうぞ。
三浦 
ありがとうございます。(開ける)これは・・・。
__ 
知恵の輪ですね。一番難しいものを選んできました。
三浦 
あー、・・・凄いな。どうやって・・・ええ? ありがとうございます。必ずや解いてみせます。

タグ: プレゼント(ゲーム系)


ルドルフ×このしたやみ企画 チェーホフ「熊」

__ 
今日は宜しくお願い致します。
山口 
宜しくお願いします。
__ 
山口さんは、最近はどんな感じでしょうか。
山口 
最近は、ルドルフ×このしたやみ企画のチェーホフ「熊」(※1・2・3)の準備中です。あと、実は大阪大学の大学院に演劇学の研究室に入ったんですよ。
__ 
あ、そうなんですか。
山口 
あまりにも、お芝居の事も知らんわと思ったんです。次にやるチェーホフも、シェイクスピアも、ブレヒトも。それでいいのかなと。
__ 
昼は学校行って、夜に稽古ですか。忙しいですね。
山口 
学校だからレポートもあるし発表もあって、それ自体が勉強になるからあれなんですけど。締切に追われる日々ですね。
劇団劇団飛び道具
京都を拠点に活動する劇団。
このしたやみ
2007年2月、京都府立文化芸術会館にて行われた、Kyoto演劇フェスティバルの実行委員企画として「傘をどうぞ」「ソウルの落日」の創作を演出 山口浩章、俳優 二口大学、広田ゆうみという座組で創作した事から発足した演劇ユニット(公式サイトより)。
ルドルフ
京都を拠点に演劇作品を創作する集団。
ルドルフ×このしたやみ企画 チェーホフ「熊」
アトリエ劇研提携公演・京都芸術センター制作支援事業。公演時期:2010年1月22~25日。会場:アトリエ劇研。

タグ: シェイクスピア 広田ゆうみさん


僕は寒いのが本当に嫌い

__ 
確かに、このしたやみさんのメンバーで初めて見たのは「熊」でしたね。非常に面白かったです。チェーホフ、どんな所が面白いのでしょうか?
山口 
一見悲劇みたいな感じがあるんですけど、そこはチェーホフ自身で言ってるように喜劇なんですよね。出来事自体は同じでも、ちょっと俯瞰して見ると喜劇になる。簡潔に人生を描くんですよね。それが滑稽で、面白いと思うんですよね、僕は。
__ 
簡潔に人生を描く?
山口 
一つのセリフにその人の人生が包まれてるんです。自分の人生を背負っちゃってるから、会話が成立してないんですよね。普通、こう言ったらこう返す・・・みたいなんじゃない。どんどん横道にそれたりする。ロシアのゴーゴリという作家の「鼻」という作品をリーディングでやった事があるんですけど、何か近いんですよね。同じロシアだからか。とても入りやすい気がするんですよ。単純に面白いし、落語みたいで。あと、僕は寒いのが本当に嫌いなんですよ。そこがロシアの人の性格と似てるのかもしれないですね。寒いとこうなるよねっていう。閉じこもってる事って悪いと思われがちですけど。
__ 
引きこもってナンボみたいな。
山口 
そうそう(笑う)。そういう視点があるように思います。

オペミスから始まった

__ 
今日はですね、山口さんがお芝居を始めたきっかけを伺いたいなと。
山口 
キッカケは、本当にダメなキッカケですよ。がっかりな。
__ 
それは是非聞きたいです。
山口 
高校の時、好きなクラスの女の子が演劇部にいたんですよ。お芝居の事全然分からないのに文化祭での上演とか見てたんですよ。その子の事しか興味ないのに。
__ 
あ、高校の頃は何もやってなかったんですね。
山口 
で、大学1年の春休みに、高校のOBの人が芝居をやると。照明オペがいないから手伝ってくれと言うんです。で、手伝いに行ったんですよ。
__ 
初めての芝居ですね。
山口 
一番最初のステージからオペミスなんですよ。
__ 
いきなりの。
山口 
誰もいない所にスポットライトが落ちて、別の場所で人が踊ってるんですよ、あっと思って消して。一番最初の、お芝居が始まる幕開けでオペミスしたんですよ(笑う)。
__ 
(笑う)
山口 
で、終わってからその子に「次は一緒の舞台に立てるといいよね」的な事を言われて、舞い上がって大学の劇団に入ったんです。でもまあ、今は感謝してます。今お芝居をしていなかったらという事を考えると、やっぱり出会えて良かったなと思います。

稽古場がないからって

__ 
今、お芝居を続けている理由とは。
山口 
何でしょうね。前は、お芝居を好きだから続けているという人をバカじゃないかと思ってたんですよ(笑う)。何も儲からないし。好きだからって。子供かと。今は、自分がそうなってるんですけど。
__ 
あはは。
山口 
前は色々考えていて、理由も沢山あったんですけどね。
__ 
どういう機会で考えが。
山口 
以前、これからの演劇の活動について考えるみたいなシンポジウムに出席した事があったんです。いま何が問題で、今後どう環境づくりをしていくか、というテーマを演劇の制作者や評論家の人が喋って、お客さんも参加するみたいな。そこである俳優さんが言ってたんですよ。その人本番明けでお酒も入ってたんでしょうね、(ちょっと舌足らずに)「ちょっとね、色々分からない。難しい事は分からないんですけど、やりたいからやってるんスよ。問題があったら、例えば稽古場が無ければ探すし、寒ければ毛布持ってくるし。それぐらいの事なんですよ」って。それ聞いてて、ホントそうだと思ったんですよ。僕の周りの稽古場や劇場が減ってる。けど、それで芝居を辞めようなんて思った事ないんですよ。
__ 
そうですね。
山口 
ないならないで見つけたり、外でやったりする。稽古場がないという理由で芝居辞めた奴なんて聞いた事ないですからね。辞める時なんて、他の事に興味が移ったりとかそういう事でしょう。
__ 
まあ、芝居をやろうと思ったらそこにたまたま無料で使える稽古場があったというだけの事ですからね。

タグ: もう、辞めたい 自分は何で演劇を


このしたやみ」について

__ 
山口さんは「このしたやみ」で演出をされておりますが、それはどのようなキッカケがあったのでしょうか。確か、劇団飛び道具でも演出を担当されていますよね。
山口 
劇団飛び道具には、決まった脚本・演出というのはいないんですよ。その時その時に自分たちで思う良いものを作ろうというコンセプトで始まったんです。で、4年くらい前からかな。演出を専門にしようと思って。でもそれは劇団飛び道具では出来ないかなと。メンバーのスタンスにバラつきがあったりして。もちろんそういう劇団があっていいと思うんですけど。そんな時に、文芸の企画で一人芝居を二本するというのがあったんです。
__ 
「傘をどうぞ」と「ソウルの落日」ですね。その時に二口さんと広田さんに。
山口 
二口さんとはその一年位前にトリコ・Aで共演して、広田さんとは劇研の「12」という企画で会いました。二人とももの凄い怖いイメージがあったんですよ。今でも怖いですけど(笑う)。でも、それぐらいがいいかなと。ストイックな、ここは専門的に演劇の演出が出来るなと。
__ 
緊張感がありそうですね。
山口 
演出が全然偉くないんですよ(笑う)。そもそも演出だけやるというのが間違いで、役割が違うだけで芝居を作るという仕事は同じなんです。二人とももの凄い厳しく言う人なので、もう戦いの場なんですよ。でも、そういうもんなんじゃないかと。お互いに影響しあえる三人なんですね。それが何か、いいなと。面倒くさい場所ですが。
__ 
結成からそろそろ、2年ですね。
山口 
少しづつ、演出という作業が分かってきたと思います。学生の頃は演出なんて、演技指導の比重が大きかったんですよね。でもそれを俳優に任せる事で集中出来る。
__ 
具体的には、どのような作業があるのでしょうか。流れというか。
山口 
まずこちらから注文、いやお願いするんですけど(笑う)、その人なりの何かが出てきて。当然、こちらのイメージと違うものが出てくるのでそれを擦り合わせる。その繰り返しですね。
__ 
スリリングですね。
山口 
もちろん一回で決まるわけではなく、他の様々な状況によって少しづつ変わって行きます。そういう繰り返しの中で、演劇って状況に応じて変わっていっても良いんだって分かりましたね。

質問 蟻蛸蛆さんから山口吉右衛門さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました、蟻蛸蛆さんから質問を頂いてきております。「一番最初の記憶はなんですか?」
山口 
歩行器で歩いていたらアパートの階段から落ちた事ですね。でも無傷でした。
__ 
痛そうですね。
山口 
しかもこれ、僕の事じゃないらしいんですよ。
__ 
えっ。
山口 
それと、真っ白い大きな犬に咬まれた記憶もあるんですが、それも僕じゃないらしいんです。母親にこういう事があったよねって聞くと「ない」って。確かに傷跡もないし。
__ 
他の誰かの記憶を持っている?
山口 
かも分からないですね。
__ 
演劇的ですね。

質問 イシゲタカヒサさんから山口吉右衛門さんへ

Q & A
__ 
さて、ずっと前にインタビューさせていただいたイシゲタカヒサさんからの質問を頂いてきております。「本番前に何か、している事はありますか?」
山口 
大体、イタズラとかしてますね。
__ 
どんなイタズラを。
山口 
人の小道具に落書きしたり。本番中に見たら驚くかなって。
__ 
最低じゃないですか(笑う)。
山口 
あと、出演者に対して「そうそう、あのシーンさ・・・」って言い掛けてやめるとか。
__ 
めっちゃ気になりますね。
山口 
それはよくしますね。手軽だし。
__ 
素晴らしい。

タグ: 本番前の過ごし方


居酒屋のような劇場で

__ 
今後、山口さんはどんな感じで攻めていかれますか?
山口 
カウンターだけしかない居酒屋のような状況でやってみたいなと思いますね。特定のお客さんに作品を手渡すみたいな。広い会場で全員に、というのではなく、この人とこの人とこの人・・・みたいに、自分たちで作ったものを手渡す、というのがいいなと。
__ 
それは面白そうですね。お客さんを選ぶ、という訳じゃなく、顔が見れる距離で大切に渡すみたいな。
山口 
例えば、アトリエ劇研が改装する前はトイレが一つだったので、俳優さんがトイレを使う時にお客さんから見られてたんですよ。スタッフさんも気を遣ってくれてたんですけど。
__ 
私も見た事があります。若干、気恥ずかしい気持ちがしましたね。
山口 
僕は、別に見せてもいいんじゃないかと。別に幻想を売る仕事でもないと思うので、何やったらこっちも始まる前にどんなお客さんが来てるのか見たいくらいで。だって、人と人が会ったら挨拶ぐらいするでしょうって。

タグ: 恥ずかしいコト 今後の攻め方


Topknotのハット

__ 
今日はですね。お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。
山口 
え、マジですか?
__ 
もちろんです。どうぞ。
山口 
えー。大丈夫ですか(開ける)。あ、帽子ですか。
__ 
あ、お似合いですね。ちょっとホコリがつきやすいものなので、お気を付けて。
山口 
ありがとうございます。これはキャラが変わりそうですね。

タグ: プレゼント(装飾系)