笑の万博

__ 
今日は、宜しくお願いします。
高杉 
宜しくお願いします。
__ 
最近はまだ暑いですが、残暑というやつですね。
高杉 
西部講堂は凄い暑さですよ。
__ 
笑の内閣の仕込みですね。楽しみです。高杉さんは、芝居とプロレスのどちらに出演されるのですか?
高杉 
両方ですね。最初はプロレスだけだったんですけど、いつの間にか芝居の方にもちょこっとだけ出ることになって。全然セリフ覚えてないですけど(笑う)。
__ 
頑張って下さい。
イッパイアンテナ
京都を中心に活動する劇団。シチュエーションコメディを得意とする。明るい作風だが、単純な笑いだけではない。
京都大学西部講堂
京都市左京区。京都大学の施設でありながら、演劇・ライブなど様々なイベントが開催される。

イッパイアンテナ

__ 
最近は、イッパイアンテナの公演が終わりましたね。
高杉 
はい。次の12月公演の稽古が10月後半からですので、それまで色々芝居とか映画を見ようと思っています。
__ 
今日は、イッパイアンテナの事についても沢山伺えればと思います。まず、高杉さんはどんな形で関わっておられるのでしょうか。
高杉 
旗揚げからの劇団員ですね。もともと、同志社小劇場が母体なんですよ。一つ下の後輩に大崎くんという人がいて、彼の脚本はその頃から面白くて良いなと思っていたんです。僕も役者を続けたいと思っていたので旗揚げしたんですけど。
__ 
ところで、「イッパイアンテナ」という名前ですが、いったいどんな経緯で。
高杉 
2日間くらいみんなで悩んでたんですよ。色んな候補が出まくって、その中の一つの案だったんです。メンバーの一人が、「イッパイアッテナ」という絵本のシリーズ名を「イッパイアンテナ」だと思い込んでいたというエピソードがあって。
__ 
良いですね、そういう決め方。さて、前回の「No Meet No Life」ですが、いつもああいったシチュエーションコメディを取り扱っているんですか?
高杉 
いつもという訳じゃないんですけど、主宰や僕やメンバーが笑いを好きで、結果コメディになるというのはあります。全部が全部シチュエーションコメディになるということはないですよ。12月はコントをやりますし、色んな事をやっていけたらいいなと思っています。その辺、「イッパイアンテナ」という。後付けですけど。
__ 
なるほど、運命的な伏線ですね。ところでそのコント公演、西山さんが出演されるという事で結構楽しみなんですけど。
高杉 
はい、出演されますね。演出によると結構体力を使う作品らしくて、今みんなで走ってます。

フェアトレード商品・ペンギンのぬいぐるみ

araki_present
__ 
今日は高杉さんにお話を伺えたお礼に、プレゼントを用意しました。
高杉 
ありがとうございます。
__ 
こちらです。
高杉 
凄いですね。開けてもいいですか。
__ 
はい。
高杉 
(開ける)あ、これすげーな・・・。あはは。
__ 
ペンギンのぬいぐるみです。
高杉 
かわいいな。大好きです、こういうの。
__ 
インテリアにどうぞ。
高杉 
ブックエンドになりそうですね。

好きにやらして擦り合わす

___ 
そもそも、ちっくさんはどのような経緯で今回の演出に就任されたのでしょうか。
ちっく 
今回の企画というのが、芝居だけではなく、バンドのライブやパントマイムショー、講演会など、様々なイベントを複合した規模の大きいもので、今まで作・演出をしていた高間さんがプロデューサーとして専念する事になったんです。そこで、作品についての責任は僕が負うという事になったんですよ。
___ 
笑の万博」ですからね。作品を任せられた時はどんなお気持ちでしたか。
ちっく 
今回、僕は内閣4回目なんですけど、これまで色々なポジションにいて、高間さんの演出と隔たりを感じていたんです。そこで、「俺がやる」と。
___ 
名乗りを上げた、という事ですね。
ちっく 
はい。元々役者をやりたくて演劇を始めたんですが、自分自身が演出に志向が向いているなと思えてきたのもあります。
___ 
今後、内閣ではどのような演出をしていきたいですか?
ちっく 
笑の内閣では、これまでプロレス芝居を3度も公演しているんですが、実はその時点でもう、芝居をやる劇団とは言えないような(笑う)。いわゆる、ショー・エンターテイメント集団として捉えてほしいと思っています。であれば、やっぱり分かりやすい演技・演出を心がけたいですね。何よりも、演出を含めた演者の考え方が理解しやすく、かつ楽しんで貰えるように作りたいと思います。
___ 
分かりやすくて、面白いと。
ちっく 
芸術性の高い作品ももちろん好きなんですけど、楽しんでもらいたいというのが第一ですね。
___ 
分かりやすい芝居というと、すぐに役者の個性を殺してしまいかねないキャラクター芝居を想像してしまいますが、役者に7割を任せて役者それぞれの演技を前面に出すという事であれば、それとはまた違った芝居が見れそうですね。
ちっく 
先ほども言いましたが、今回のような濃い面々と芝居を作るにあたって、好きにやらして擦り合わすという演出を取っています。
___ 
なるほど。エネルギッシュな現場感が表現出来そうですね。

タグ: 新しいエンターテイメント 自分は演出が向いているかも 単純に、楽しませたい


「レスラーなんだなあ」

___ 
今後、ちっくさんは演劇人としてどのように攻めていかれますか。
ちっく 
その前に、自分が演劇人かどうか分からなくなってきましたね。思考がプロレスラーになってきているところがあります。
___ 
あ、出演している内にプロレスが好きになったと。
ちっく 
というよりは、自分自身の事を「レスラーなんだなあ」と感じるようになりました。
___ 
なるほど。演出としては。
ちっく 
やっぱり、内閣独自の世界観が確固としてあると思うんですけど、演出家が変わった事でそれを大きく壊すのではなく、もっと引き出すようにしたいと考えています。
___ 
ご自身のやり方で、ですね。思うんですが、今回内閣は試されているような気がします。ゴヅラという、プロレスの無い芝居でかつ、3年前の作品という・・・。今の内閣のアイデンティティや、もちろん魅力をどれだけ示せるのかが課題でしょうか。
ちっく 
そういう意味では、凄いプレッシャーですね。何とかまとめきれれば上手くいくと思うんですけど。

タグ: 今後の攻め方


タイガー・ちっく・シン

___ 
さて、ちっくさんについて最も気になる事を伺いたいと思います。前回と前々回、ちっくさんのプロレスでの入場シーンが非常に印象的でした。タイガー・ちっく・シン役での入場シーンですね。客席のお客さんを数人殴りながら登場するという。あれはどういう。
ちっく 
あれは全部、仕込みですね。
___ 
ああ、仕込みだったんですか。
ちっく 
襲った人は全部知り合いで、「襲われてくれへんか」とお願いしています。サクラですね。あとはテンション次第で、知り合いを見たら殴ってましたけど。
___ 
なるほど。あれはショッキングでしたね。私の4つ隣の席の人がサーベルの柄で殴られて、段差から落ちてました。
ちっく 
元気過ぎた部分はありますね(笑う)。さすがに全然知らない人は殴れないですよ。
___ 
ありがとうございました。そういった演出も含め、演劇作品というよりは、ショーとして非常に面白い作品でした。特に第4次内閣は。
ちっく 
第4次は、本当にプロレスありきで作られたものでしたので。
___ 
ええ、そこから第7次でアトコン進出、次は何だと思ったら万博という複合イベント。一気に世界が広がった気がします。その辺の展開が非常に面白いというか、上手いですよね。

質問 荒木千恵さん から ちっくさん へ

Q & A
___ 
さて、前回インタビューさせて頂きました荒木千恵さんからちっくさんにご質問をいただいて来ております。1.「ちっくさんの本名はなんですか?」
ちっく 
島田武史です。
___ 
2.「何でちっくさんって言うんですか?」
ちっく 
以前、本名からタケって呼ばれていたのが竹林のちくりんになって、それから、ちっくになりました。
___ 
3.「共演のサンフレスコ中野君の印象を教えて下さい」。あ、同志社小劇場の後輩らしいです。
ちっく 
いい子ですよ。色んな意味で。とりあえず、あざとい演技をさせたら天下一品ですね。
___ 
ありがとうございました。

第8次笑の内閣 笑の万博

___ 
今日は、宜しくお願いします。
ちっく 
お願いします。
___ 
最近はいかがですか?
ちっく 
めちゃくちゃ忙しいですね。「朝まで生ゴヅラ」の方の総指揮もやっているので。
___ 
ご自身もプロレスには出演されるんですか?
ちっく 
はい。内閣で初めてプロレス芝居をやった時から出ています。実は、それまでプロレスはした事もなかったんですが、今ではもう、自分を「ああ、レスラーなんだなあ」と思う事もありますね。
___ 
なるほど。その辺のお話も伺えればと思います。
笑の内閣
2005年、元劇団紫高間響が代表をつとめるプロデュース団体として結成、後に劇団として旗揚げ。プロレスを演劇に組み込んだ作品を作り続ける。派手なプロレス演出の完成度は高く、しかも笑いを取るための努力を惜しまない。
第8次笑の内閣 笑の万博
公演時期:2008/9/20~22。会場:京都大学西部講堂。
朝まで生ゴヅラ
上の笑の万博にて上演。
三国志プロレス
上の笑の万博にて上演。

7割

___ 
今回、「朝まで生ゴヅラ」の演出を手掛けられるちっくさんですが、これまでお芝居で演出をされた事はあるのでしょうか?
ちっく 
僕がいた学生劇団で、1回ほどやった事があります。あとは、劇団酔眠薬での公演ですね。
___ 
今回で3回目ということですね。そこで伺いたいのですが、今回の演出での大方針はどのような。
ちっく 
まず、役者に押し付けるという事はしたくないですね。7割くらいは役者に任せて、残りは段取りや、外からしか見えないテンポについて言うくらいです。役者にとっては自由度が高いと思います。
___ 
では、「生ゴヅラ」の見どころは。
ちっく 
大分風刺の効いた作品になると思います。この作品の初演は、完全なフィクションとして作られたんですが、そのうちにどんどんダメ内閣が現実に出てきて、もうフィクションを越えてしまったんですね。今回は現実の内閣の姿を時事ネタとして扱って、とにかく笑えるように作ろうと思います。
___ 
風刺の効いたドタバタ政治もの、という事ですね。
ちっく 
今回のキャストについても、今まで怪演を見せてきたHIROFUMIが普通に見える濃い面々が揃っています。
___ 
えっ!
ちっく 
京都ロマンポップの向坂君とか、同じく浅田麻衣さんとか。特にあの2人は、ガチガチに演技を指示してやってもらうというのも出来るんですが、好きにやらしてすり合わせた方が面白いだろうと。
___ 
なるほど。期待しています。
京都ロマンポップ
2005年、当時立命館大学生であった向坂達矢(現・代表)、よりふじゆき(脚本家)を中心として旗揚げ。以後一年に2~3本のペースで公演。ポップな新劇というスタイルを取り、芸術的・哲学的テーマを基調とした演劇を製作する。

タグ: 政治とパーティー ガチガチな身体


ローヤルマムシゲン 50mL

___ 
今日はですね、ちっくさんにお話を伺えたお礼にプレゼントがあります。どうぞ。
ちっく 
おっ。ありがとうございます。開けていいですか?
___ 
はい。
ちっく 
(開ける)おお・・・。
___ 
ハードワークが続いているちっくさんに。それは結構、中身が濃いみたいなんで、最後の1本みたいな感じで。
ちっく 
そうですね。
___ 
1本千円です。あと、同封の金色の丸薬がありますが、それも一緒に飲むと効果が上がるそうですよ。
ちっく 
普段から栄養ドリンクには頼っているので。大事に使わせて頂きます。


質問 竹崎博人さん から 荒木千恵さん へ

Q & A
__ 
今日は、竹崎博人さんという、次々回以降にお話をさせて頂く予定の方からご質問を頂いてきております。
荒木 
竹崎さんというのは・・・?
__ 
芝居とかで映像を作成される方ですね。「休日の過ごし方を教えて下さい? 芝居関係以外で」
荒木 
最近はパンを焼いています。
__ 
パン! パンですか。へー。
荒木 
ちょっと趣味で。やってみると割と簡単ですよ。クッキングパパを参考に焼いています。
__ 
ああ、うえやまとちの。
荒木 
私びっくりするぐらいクッキングパパが好きなんです。90冊くらい持ってるんですけど、それを読んでは料理を作ったりしています。
__ 
最近作った中で、工夫して焼いたパンとかは。
荒木 
私はおせちを作る担当なんですけど、あまった栗きんとんを中にいれたきんとんパンを作りました。

タグ: クッキングの話題


出たいですー

__ 
荒木さんは役者として、稽古の時に何を意識して望みますか?
荒木 
大学の途中くらいまで、自分の演技についてめっちゃ考えるタイプだったんです。台本に「この人の流れはこうなってて」とか書いてやってたんだけど、「安心して見られるけど面白みがないね」って言われたんです。それからは出来るだけ何も考えずにしようと思って、めっちゃ適当にやるようになりました。
__ 
なるほど。
荒木 
それが、まだ上手くいってるかどうかは分かりませんけど。
__ 
適当にやるという事は、力を抜いて演技するという事なんでしょうか。
荒木 
うーん。何か、自分で自分の演技を決めてきて稽古場でやっても、他の人と合わせた時に応用が利かないというか。人の持ってきた演技と合わせていくと、自分で思ってなかったことが出来るんです。
__ 
相手との掛け合いを大事にすると。
荒木 
特にベトナムとかだと、みんな毎回全然違う事をするので、自分で考えてきても追いつかへんから・・・。凄い勉強になります。
__ 
今後、出てみたいお芝居とかはありますか?
荒木 
というよりは、今までご一緒した事のない人とやれたらいいなと思います。あ、hakoのお芝居に出たいです。
__ 
ご覧になった事がありますか。
荒木 
はい、一番最初の「ようかん」を観ました。
__ 
あ、あれは面白かったですね。
荒木 
それから何回か。ようかんすごい面白かったので私も出てみたいなあと。出たいですー。
劇団hako
2003年度ビギナーズユニットメンバーにて結成。肥田氏による、穏やかな世界観をふわりとした表現で描きだす。

タグ: いつか、こんな演技が出来たら 自分で考えてきたもの、の価値


サッ

__ 
今後、役者としてどんな感じで攻めていかれますか。
荒木 
ベトナムにせっかく入ったので、私も面白い事が出来るようになりたいです。堀江さんとか奇跡のように面白くて、私びっくりしてしまって。
__ 
荒木さんにとって、面白い事っていったいどういう事なんでしょうか。
荒木 
私は、MONOのお芝居とかが好きなんですよ。自然な感じで、その中にちょっと笑ってしまう会話や出来事があるみたいな。
__ 
ウィットですね。
荒木 
体を張って笑いを取りに行くというよりは、会話の面白さがサッと作れるようになりたいなと思います。体を張れと言われれば頑張りますが。
__ 
頑張って下さい。

タグ: 今後の攻め方


きちんと

__ 
お芝居を始められたキッカケを教えて頂きたいのですが。
荒木 
高校からやってました。
__ 
そこでも役者をされていたのでしょうか。
荒木 
はい、でもそこは規模が小さくて、大会とかも出た事はなく、ほそぼそとやってたんです。で、高校3年の時に推薦で大学が決まって、大学入試も無くなったし暇だったから、お芝居でも見ようとアートコンプレックス1928に行ったらお芝居のオーディションのチラシがあったんですよ。ゼロプロデュースという集団の「シンデレラストーリー」という。そこが同志社小劇場のOBの人らがたくさんいてはったので、入らないかという流れで同小に入りました。
__ 
なぜ芝居をしているのか、お聞きしたいのですが。
荒木 
なぜ芝居をしているのか・・・。他に特に趣味もないし、何やろう。私、普段声も凄く小さいし、喋るのも苦手なんです。でも、舞台稽古をきちんと積めば、本番で人前に出られるんです。それが楽しいと思ったんですね。

ベトナムからの笑い声

__ 
荒木さんは、確かベトナムからの笑い声に、前回の「レストラン・ザ・ペガサス」から新入団員として入られたんですよね。入団されたきっかけを教えて頂きたいのですが。
荒木 
ベトナムを初めて見たのが割と最近なんですけど、イサンでやっていた公演で。その中の1作品に、「ドーピング」というのがあったんです。その作品が、同じ台本を一切セリフを変えずに1度目は真面目に、2度目は笑えるようにやる、というものだったんですね。その1度目というのがみんなめっちゃ上手で。面白い上に普通に芝居をやっても上手というのに憧れたんです。
__ 
なるほど。
レストラン・ザ・ペガサス
公演時期:2008/8/15~17。会場:スペース・イサン。

豆企画「消失」

__ 
今日は宜しくお願いします。
荒木 
宜しくお願いします。
__ 
最近はいかがですか。
荒木 
最近は、9月頭の豆企画の「消失」の稽古です。延命聡子さん演出で。
__ 
進み具合としてはいかがでしょうか。
荒木 
私も含め、なかなか人が揃わなくて。
__ 
芝居全体、どんなノリなんですか?
荒木 
近未来的な、戦争をテーマにした感じのお話だと思います。
__ 
何か、出演にあたっての意気込みですとかを伺えれば。
荒木 
はい。今回の企画をされた鍵山さんは、立命の中高の先生をされているんですね。そこでの教え子さんを集めてのお芝居なんです。私、今まで自分が最年少ばっかりだったから、稽古場での年上の立ち場として頑張らないとな、と。稽古場での時間の使い方とか、そういう事でみんなが得るものがあればいいなと思っています。あと、延命さん演出に憧れていたので、何とか期待に応えられるように頑張りたいと思っています。
ベトナムからの笑い声
丸井重樹氏を代表とする劇団。手段としての笑いではなく、目的としての笑いを追及する。
豆企画「消失」
公演時期:2008/9/5~7。会場:西部講堂。

タグ: 鍵山千尋さん


一介の大学生が

__ 
私が初めて荒木さんを拝見したのは、壁ノ花団の2007年の「悪霊」というお芝居でした。あれはとても面白かったです。
荒木 
ありがとうございます。演出の水沼さんが、凄く楽しい方で・・・。
__ 
あれは一体、どういった経緯で出演が決まったのでしょうか。
荒木 
その公演の前に、前田司郎さんの尾形さんや垣脇さんも関わっていて、水沼さんに本番をみてもらえたのがきっかけですね。元々同志社小劇場でずっと役者をやっていたんですが、一介の大学生がそんな舞台に出させてもらう事ってあるんやと。
__ 
ご自身ではどんな作品でしたか。
荒木 
凄いメンバーだったじゃないですか。水沼さんが演出で、内田淳子さんとか金替さんとか。稽古場にいるだけで変な汗をかいてました。岡嶋さんが、「そんな緊張せんでもいいで」って声を掛けて下さったのが嬉しかったです。最終的にはみなさんと打ち解けて、良かったです。
__ 
そういえば、公演準備期間中の「悪霊日記」も面白かったです。
荒木 
皆さん面白かったですね。
__ 
懐かしいですね。
前田司郎氏
劇作家、演出家、俳優、小説家。五反田団主宰。
MONO
京都を拠点に活動する劇団。軽妙な会話劇から古典劇まで手掛ける。

minijupe ネックレス

araki_present
__ 
今日は荒木さんにお話を伺えたお礼に、プレゼントがあります。
荒木 
プレゼント。まあ。
__ 
どうぞ。
荒木 
なんとまあ。では失礼して。厳重な包みですね。(開ける)何ですかこれは。
__ 
ネックレスですね。
荒木 
凄いですね。買う時に恥ずかしくなかったですか? 凄いですね。こういうものを付ける習慣がないもので。付けて帰ります。ありがとうございます。嬉しいです。
__ 
今日はありがとうございました。


精華演劇祭Vol.9参加作品「キラー・ナンセンス

__ 
今日は、よろしくお願いします。
津野 
よろしくお願いします。
__ 
最近は、いかがでしょうか。
津野 
最近は仕事ばっかりです。
__ 
ちなみに、どのようなお仕事をされているのでしょう。
津野 
テレビのディレクターです。夏なので、特番がどうしても多くなりますね。ちょこちょこ柳川のミーティングもしながら。
__ 
激務ですね。
津野 
まあ、慣れました(笑う)。
__ 
柳川の直近の公演と言えば、精華演劇祭Vol.9参加作品「キラー・ナンセンス」でしたね。とても良かったです。
津野 
ああ、ありがとうございます。不安になりますね、あれだけお客さんが来ないと。
__ 
あ、そうだったんですか。少なくとも、私にはとても面白かったです。
津野 
ああ、ありがとうございます。
柳川
1998年、立命館大学の学生劇団を母体に結成。洗練されたシチュエーションコメディを目指すも、良くも悪くも洗練されず「なんだかよくわからない、面白いのかどうかすら、ちょっと判断しかねる笑い」を目指す、どちらかと言えば、ひとりでこっそり観に行きたい劇団。(公式サイトより)
精華演劇祭Vol.9参加作品「キラー・ナンセンス
公演時期:2008/3/15~16。会場:精華小劇場。

可能な限り寄り道

__ 
キラー・ナンセンス」は、ご自身ではどんな作品でしたか?
津野 
柳川を始めて10年になるんですけど、やっと「これが一番合うのかな」ということを見つけられたかなと思います。作っている時はいつも、それが面白いと思っているんですけど。
__ 
それはどのような事なのでしょうか。
津野 
やっぱり、演劇ってTVとは違うことをしないといけないじゃないですか。出来ないこと、してはいけないことをやるべきだと考えているんです。そういう面では、少なくとも京都・大阪を見まわした時にあまり似た道を目指している人はいないし、そんな状況の中では良く出来たなと思います。
__ 
ナンセンスでシュールな路線ですね。
津野 
ええ。言ってしまえば、簡単に笑わせようと思ったら簡単に笑わせられると思うんですけど、それじゃあ。
__ 
そうではなくって、希少価値のある笑いを目指すということですね。「キラー・ナンセンス」は、間違いなく不条理なお芝居でしたが。
津野 
どうなんですかね。どんなお芝居でした?
__ 
個人的な感想に過ぎないんですが、舞台で不条理な出来事が起こっていて、まずそれに対する説明はしないよ、という姿勢がとても明確だったと思ったんですよ。それを受け入れる瞬間がとても刺激的でした。
津野 
精華演劇祭のチラシの推薦文を、「ベトナムからの笑い声丸井さんに書いてもらったんですけど、すごく的を得たことを書いてもらって。「見る側は頭を出来る限り空っぽにして、かつ集中して見なければならない」。上手い事言うなあ、この人、と思いましたね。流石、その通りだと。
__ 
そういう事ですね。とても面白い体験でした。お茶の容器が変なぬいぐるみだったり、うんちが「お殿様」と呼ばれて、パンツの中から逃げ出したり。出来事自体がナンセンスで、もう観るしかないという状況でした。そこで是非伺いたいのですが、そういったアイデアは、一体どこから来るのでしょうか?
津野 
結構、書く時に後先を考えないんですよ。台本を書く時にも、スタートとゴールは決めるんですけど、僕は可能な限り寄り道をしたいんですね。上手い人は伏線を張って書くんでしょうけど。
__ 
寄り道とは。
津野 
書いている時に余計な事をいっぱい考えるんですよ。人間なんで。例えば「少年がお茶を持って入ってきた」というト書きを書いている時に、おふざけが過ぎてうっかり「お茶は白いもじゃもじゃだった」と書いてしまう時があるんです。それを消さないんですよ、面白いじゃないですか。じゃあ、それを受け入れてお話を続けたらどうなるか、と。どんどんどんどん僕が迷子になっていくんです。
丸井重樹氏を代表とする劇団。手段としての笑いではなく、目的としての笑いを追及する。