辛い

首藤
あ、僕、高橋君の家で録るもんだと思ってました。
__
あ、前はそうしてたんですけど。わざわざ来て頂くのもアレかなと思いまして。
首藤
(メニューを見て)何か食べましょうか。
__
ここ、結構辛いですよ・・・。そろそろ、初めていければと。
首藤
はい。
__
よろしくお願いします。
首藤
ああ、宜しくお願いします。(ビールが来る)・・・「チャウンビール」。
__
どうですか。日本のビールと比べて。
首藤
あんまりクセがない。(ラベルを読む)何か、国際コンテストで金賞を受賞してるらしい。
__
マジすか。
首藤
「さっぱりとした口当たりに加えて飲めば広がる贅沢なコクと香りが贅沢なビールです」。
__
ちょっといいですか。
首藤
どうぞどうぞ。
__
頂きます。あ、おいしい。
首藤
ねえ。
__
なかなか。
首藤
・・・何を話していいやら。
__
いや、適当に。
高橋君
インタビュアーの苗字。
結構辛い
ベトナム料理店だった。

vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤

出会い

首藤
初めて高橋くんと会った時が、マカロニマーチの時かな。高橋シェフのマカロニレシピていう企画があって。
__
ありましたね。そんな料理うまくないのに。何やったんだっけ?
首藤
エビとかのパスタ?だっけ。スープとも言えない、魚介類の煮込みみたいな。
__
アレかあ。
首藤
僕、全く食べれなかったんだけど。
__
ああ・・・
首藤
甲殻類がダメなもんで。注いでもらったんだけど返しちゃって。
__
そうでしたか。
首藤
(食べる)ちょっと辛いですね。
__
ジワジワと来る辛さですね。
ベビー・ピー#3 マカロニマーチ
公演時期:2004年7月4~7日。会場:京大西部講堂

vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤

感動

__
一番感動を受けた舞台とかありますか。
首藤
あれかな。劇団☆新感線の「レッツゴー!忍法帳」。三年前かな。それは、うん、ずっと最後まで笑って見てて。
__
へえ。
首藤
何かもう、あの初めてみた阿部サダヲさんとか古田新太さんとか見て。あ、これ凄いなと思って。
__
はいはいはい。
首藤
二時間ぐらいあったんだけどずっと笑って見てて。一人で梅田から帰って。あ、やっぱ違うなって思って。
__
なるほど。僕はあんまりそういうの見てないなあ。ファミリー向けのものなら見たことありますが。今思い返してもあの価値が分からなくて。ちょっとうらやましいです。
劇団☆新感線 レッツゴー!忍法帳
公演時期:2004年1月22~2月22日。会場:サンシャイン劇場。

vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤

流れ

首藤
あと、去年の夏にヨーロッパ企画の本番中に、劇団健康さんの公演を見に行って。
__
ええ。
首藤
それもやっぱね。・・・。
__
刺激的ではなかった、とか?
首藤
刺激的・・・。いや、ずっと笑ってみてたんだけど。ああいう人たちの芝居は見てて単純に凄いなって思ったし、ああいう芝居はいつぐらいから出来るようになるんだろうと。
__
それは円熟してるってこと? 落ち着いているとか。
首藤
いや、流れは一緒だと思うんだけど。そういう人らって元々持ってるのもあると思うけど。劇場が大きくなるにつれて、何かこう変わるのか。
__
うん。
首藤
まあね、ナイロン100℃とかにしても最初は小さい所から大きくなっていったわけだし。単純にこういう芝居がしたいなっていうのもあるし。
ヨーロッパ企画
京都の劇団。現代的なセンスの会話劇を得意とするようでいてノリはアバウト。しかし見ごたえのある作品性。
ヨーロッパ企画第13回公演 サマータイムマシンブルース2005
公演時期:2005年7月。

vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤

ブロードウェイ

__
我々これからどうなっていくんですかね。人気も実力もある人も出てきてるけど。いや食っていけるかどうかはまあいいとして。果たしてこれからどこに向かっていってるのかを知りたい。ぶっちゃけ経済的なことはどうでも良くて。せっかく人気も実力もあるひとが出てきてるんで、こういう状況がもっと長く続けばいいと思うんですけど。あんまり、分かんないから。
首藤
んー。
__
もっとみんな芝居やればいいのにとか思いますよね。
首藤
・・・デンユウ
__
はい。
首藤
小原さんとか国本さんが京都をブロードウェイ化する計画を立てている話をしてて。
__
ええ。
首藤
京都の町がブロードウェイみたいになれば、というプロジェクトだったらしいんですが。劇場が町に何個もあって、あそこはロングランやってて、今日はここが芝居やってて。
__
うん。
首藤
街の演劇環境がそういうふうになったら多分僕らはもうちょっと自由に色々やれるんじゃないかと。僕は卒論で、芸術的分野における経済的側面ていうタイトルで、要は芝居で僕らは飯を食えるのかと、というのを書いたことがあって。
__
ええ。
首藤
その時に京都三条御幸町ブロードウェイ化計画を調べていて。
__
そんなのがあるんだ。
首藤
外国に比べて、日本は、芝居をやってる人が続けれる環境が中々出来てないから。それは承知でやってるんだけど。これから増えていくかと言ったら、まあ平行というか減っていくかもしれない。少子化だし。
__
ええ。
首藤
僕らが、その、出来ない事を上手いこと、お金が回ってくれたら・・・。まあでも、京都でやってる人らはやってるしね。
__
うん。・・・単純に、学生劇団がキーなんじゃないかと思うけど。
首藤
うん。
__
単純に、交流を持ったほうが良いと思いますね。今の学生劇団の人は上の世代の劇団はあまり知らないらしいから。僕らについてもそれは同じかもしれませんけど、寂しくなった気がします。
首藤
昔に比べて付き合いは減ったかもね。例えば、僕のいたACTが無くなりそうなんですよ。
__
ああ。
首藤
今劇団員一人だけで。でその子も引退で。今ACTを残す会を行っています。
__
うーん。
デンユウ
京都の劇団、電視游戲科学舘の略。大がかりな舞台装置、凝った音響・照明、しかし行き過ぎない美意識のもとに作られたエンターテイメント演劇を得意とする。
電視游戲科学舘 惑星組曲
電視游戲科学舘の3回目のロングラン公演。公演時期:2004年4月29日~5月22日。会場:アートコンプレックス1928
小原さん
アートコンプレックスグループ統括プロデューサー。
国本さん
電視游戲科学舘代表、国本浩康氏。

タグ: 卒論についての話題


vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤

今後

__
今後、こうなっていきたいとか。
首藤
今後ですか。とりあえずベビーピーに。
__
頑張って下さい。去年の「茶色い絵本」は面白かったなあ。
首藤
そうですね。ああいうコントとかいいですね。単純ですからね。
__
あと、今日は来てくださった御礼として、プレゼントがあります。(渡す)
首藤
あ、それはありがとうございます。
__
どうぞ。
首藤
開けてもいいですか。
__
どうぞどうぞ。
首藤
(開ける)あ、お皿だ。
__
ええ。かなり迷って。
首藤
へえ~。あ、ちょっとプラスチック系ですね。
__
ええ。
首藤
ありがとうございます。
__
はい。
首藤
誕生日とかでもないのに。
__
喜んで頂いたようで良かったです。
首藤
今ホント、お皿とか無かったんですよ。割れてて。
__
普段使いにして頂ければ。


ベビーピー
根本コースケ氏などによる演劇ユニット。ナンセンスコメディ、熱いジョジョ劇、お祭り芝居など、想像力を強く掻き立てられる作品群。
ベビーピーのコント 「茶色い絵本」
会場:ブンピカ。

vol.22 首藤 慎二

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
首藤

堅い話

__
今日はちょっと、堅い話を出来たらなと思いまして。
延命
おおお。
__
何か頼みましょうか。
延命
・・・ここはオススメカフェの一つですか?
__
あ、コーヒーがおいしいですよ。それとも何か食べますか?
延命
あ、食べてもいいんですか?
__
ええ。・・・やたら高いんですよ。
延命
あ、じゃあ私もコーヒーだけで。
__
最近どうですか。
延命
最近・・・風邪が長引くようになりました。
__
ああそうなんだ。体力が。
延命
年が・・・。今日は何を着ようか迷いました。
__
ああ、何かロックな感じですね。・・・。黙っちゃいますね。
延命
ああー。ホント最近、言葉が出なくなっちゃって。
__
人と話してないと・・・。少・F・年はどうですか。どんな話なのかなと。
延命
千葉麗子という人の、親子三世代の話なんですけど。
__
ええ。え、本人?
延命
本人ではなくて、架空の。
__
少年の芝居ってどんなのだっけ?
延命
どんな感じなんですかね。よく古川日出男っていう小説家の作品に似てるらしいです。何か、宇宙船が宇宙の凄い遠くまで行ってたり、携帯のメールが世界中で繋がってたりする時代の話みたいで。
__
今回は延命さんは何役なんでしょう。
延命
本編とは全然関係ない役なんですけど。まだ最後までいってないから分かんないんですけど。
__
無関係性ですね。少・F・年ってそういうの好きそうですよね。
延命
毎回関係ない人出てますね。
少・F・年
延命さんと松本健吾(少年A)氏を中心とした演劇サークル。

キッカケ

__
延命さんて、何から芝居始めたのかなと。
延命
(少し笑う)始めたのは、学芸会が楽しかったから。あんまりちゃんとした動機がないんですよ。
__
ふーん。
延命
高橋さんは何で?
__
あっとね。高校の頃、・・・ちょっとなんだろうな。高校の演劇部に入ったのは通りすがりで。それから立命の月光斜に入ったんだけどあまり水が合わなくて。で、衛星に誘われて入ったんですけどね。
延命
月光斜だったんですか。
__
で、京都のフリンジっていうか小劇場が面白くて。でまあ、京都のフリンジ全体が盛り上がればいいなと思って、こんなことしてますね。
延命
へえー。
__
でも色々難しいですけどね。今日のフリンジ自体、今はあんまり盛り上がってないじゃないですか。
延命
(笑う)
__
4年後にまた盛り上がると思うんですけどね。
延命
ほう。
__
そのためにやってますね。これ。
延命
4年後っていうのは。
__
新しい人が出てくるということです。
延命
あ、今全然いないという・・・?
__
いや、そういうわけではなく、例えば司辻さんとかベビーピーとか色々面白いひとはいるし。だから保ち続けるとは思うけど。わっと来るのは4年後かなと。
延命
じゃあ、今お勤めしながらそういう。
__
ええ。いや大阪にいるんで大阪の小劇場を沢山見ると思いますけど。そんなところかな。
延命
目的がちゃんとしてるんですね。
__
いやいや。そんなことありませんて。
ベビー・ピー
根本コースケ氏などによる演劇ユニット。ナンセンスコメディ、熱いジョジョ劇、お祭り芝居など、想像力を強く掻き立てられる作品群。

タグ: 学芸会


転機

__
これ、役者の人に聞こうと思ってるんですけど。自分の芝居を大きく変えた転機とかありますかね?
延命
「ベトナムからの笑い声」っていう公演ですね。その時丁度、就職しようか、フリーターしながら芝居続けようか悩んでる頃だったんだけど。その時ベトナムをはじめて見て。社会人劇団でこんなに面白いんだったら、就職してもいいんじゃないかって思って。
__
はい。
延命
だから、あれを見てなかったら今芝居をしてない、かも。
ベトナムからの笑い声
丸井重樹氏を代表とする劇団。手段としての笑いではなく、目的としての笑いを追及する。
ハヤシスタイル
ベトナムからの笑い声「ハヤシスタイル」公演時期:2002年2月16~17日。会場:芸術創造館

落研

__
あそうだ、落研入ってたんですよね。
延命
はい。ケッペキに入る前に。健康測定の前の日に引っ越してきて。その日に勧誘されて。
__
じゃあ今、演目とか出来るのって・・。
延命
はい、三つ四つ。
__
凄い。
延命
職場でやらされることもあって。うちの職場は文化祭があるんですよ。絵とか写真の展示と、ステージ発表と。
__
へえー。どんな演目がやれるんですか。
延命
「鶴」と、「堀の内」と、「反対車」と、あー、多分思い出したらあと一本出来ます。
__
ちょっと想像できないですね。凄いな。
延命
四年間やってたおかげで、セリフを喋るとき江戸っ子みたいになっちゃうんですよ。
劇団ケッペキ
京都大学演劇部。

首藤氏からの質問

__
ここでですね。首藤君からの質問を預かってまいりました。
延命
首藤くんから?何て?

首藤
ええと・・去年のサマーモザイクの時にあんまり会話とか出来なかったんですけど。ぶっちゃけ僕の事どう思ってんのかと。被害妄想かもしれないけど、僕のことあんまりすきじゃないんじゃないかと。その辺をまあ、もし、あるんなら一言二言いただければと思います。

__
はい。
延命
いや。ホントに私初めてお会いする人とちゃんとお話できないんで。
__
ああー。
延命
案外、打ち上げとかでは話したと思うんですけど。
__
ちょっとなんか、堅い印象があったかも。
延命
いや、私は首藤さん大好きなんですけど。首藤さん的には私のことあんまり好きじゃないんだろうなと。話かけていいんだろうかと思ってました。
__
なるほど。
延命
お互い不幸な誤解が。
__
ええ。
延命
気配りされる方なので。私に向けられている笑顔は気配りなんだろうなと。機会があれば今度お話したいですね。
__
ええ・・・。サマーモザイクか、僕が見た回はお客のノリが悪かったなあ。
延命
ああー・・・。アンケートで見ると、楽日に近づくに連れて評価が高くなっていったんですけどね。私は裏で着替えしてたんで、何が起こっているのか、ちょっとわからなかったですけどね。
__
でも、かなり気合の入った芝居でしたよね。
サマーモザイク
ベビー・ピー「サマーモザイク」 公演時期:2005年 7月 8日~12日。会場:京都大学西部講堂。

社会人


__
では、本題に入りたいと思います。
延命
ええ。
__
現在、17時に仕事が終わってそれから芝居の稽古に行く、という生活をされているわけですが。
延命
ええ。
__
今後もそんな感じで続けて行きたいですか?
延命
続けて行きたい・・・と思ってるんですが。(職場に)入ってみてから知ったんですが。ホントに午前2時とかまで残業している部署もあって。
__
市役所ですよね?延命さんは残業って週に一度ぐらいでしたっけ?
延命
今は無いですね。夏場は忙しいのでちょっと出てくるんですが。
__
なるほど・・。ベトナムみたいになっていきたいですか。
延命
そうですね・・・。もうね、この先どうしようってのは常に、悩みどころでもありますね。
__
僕としては、仕事しながら芝居を続けるってのは凄いと思うんですが。体力とかの問題がありますしね。
延命
ベトナムは、劇団だからあそこまで持ってるところもありますからね。

フリーター

__
何か、京都の演劇シーンについて思うところあれば一言。
延命
ああー・・・。色々思ってた気がするんですけど。
__
ああ。
延命
あのこれ、ちょっと今思いついたことなんですけど。私の実家は金沢で、京都よりずっと田舎で、フリーターとかがあまりいないので小劇場とかがあまりなくて。社会人劇団はあるんですけど。
__
ええ。
延命
京都はフリーターが中心の劇団が多くて、でもやっぱりそれで生活していこうと思ったら作家にでもならないと。演劇人口は私の地元よりも全然多いんですけど、何かもっと・・・。
__
普通にね。
延命
普通に続けていける環境があればいいなと。就職するからやめるってので、すごく勿体無い人が多くて。どうしたらいいのかなと。あ、でも、ケッペキの後輩に対しては、私が続けていれば、ああいけるんじゃんみたいな。
__
延命さんが手本を示すと。そういう事ですね。
延命
高橋さん的にはどうなればいいと思いますか?
__
いやー、三年ぐらいはこんな状態が続くと思うんですけど。でもいつか、あれって思うときが来ると思いますね。でも、どうなのかな。不安ですね。


どん亀

__
今日は宜しくお願いします。
紙本
高橋君いつ引越し?
__
ああ、もう再来週に。
紙本
寂しくなるね。
__
そう。
紙本
え、休みはあるの?
__
うん、週休二日制。
紙本
そっかそっか。
__
どん亀お疲れ様です。
紙本
あ、ありがとうございます。
__
アンケートでバシバシ、可愛いとか書かれてそうな。
紙本
いやそんなことなかったよ。
__
あそう?何か、すごく目立ってたような。お疲れ様でした。
紙本
ああ、ありがとうございます。・・・セリフで、ごまさんがただ趣味で言わせたいだけのセリフがあって。それは気付いた?
__
気付かなかった。何?
紙本
センパイ、勃起収まりました?とか、必要の無いセリフ。
__
ひどいな。
紙本
ひどかった。まあでも、面白かった。
__
うん。いやあ、見てて元気の出る芝居だった。どん亀は。なんか、苦労とかはどうでした?ゲネが毎日あったと聞いてたけど。
紙本
初日迎えたら次の日千秋楽とか、場当たり終わったら千秋楽とか。
__
公演生活とかは。
紙本
家帰ってきたら一時ぐらいで、ごちゃごちゃしてたら3時ぐらい、朝家を出るのが八時とか。ギリギリでした。
__
今はその忙しさから離れつつある。
紙本
いや、やっぱり忙しいね。制作仕事が。
__
多忙な日々を。
紙本
多忙ですよーもう。でもやっぱ、ちゃんと生きなあかんと思う。自分で時間を規制しなきゃあかんと思う。勤めてるわけやしさ。それがしんどい。
__
なるほどね。俺も大変になるなー。
どん亀
ニットキャップシアター 精華演劇祭 vol.3 参加作品「どん亀演劇祭V3」。紙本さんは客演で参加。
どん亀シリーズとはニットキャップシアターのコメディシリーズ。不幸の申し子どん亀の不器用な生き方は観客に共感を与え、笑いと涙を同時に誘う。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい アンケートについての話題


蜆ルリイロ


__
最近見た、面白い芝居とかあった?
紙本
いやー。実はそれが反省点で。全然行ってない。うーん、見てないなあ・・・。
__
そうか。
紙本
でも高橋君、結構見てるよね?
__
うん、蜆ルリイロ見た。
紙本
どうやった?
__
めっちゃ面白かった。
紙本
そうなんや!
__
でも、最後なんか、いい感じになっていくような路線がなあ・・・。最後に。
紙本
話見た感、みたいな。何か、どうでもいい感じで終わるんでもいいと思うけどなあ。どんな話なん?
__
重田さんが頑張ってて、ぼろっちい小屋を沢山舞台に作って、そこの住民の生活を明らかにしていくみたいな。
紙本
ふーん。
__
良かったね。凄く良かった。
紙本
ウケも良かった?
__
良かったよ。
紙本
行きたかったんけどなー。大阪公演もかぶってて。ヨーロッパ全然見れてない。
蜆ルリイロ
京都大学舞台芸術学科2006年度卒業公演。ダンス作品。
ヨーロッパ企画「Windows5000」
公演時期:2006年3月2~6日。会場:アートコンプレックス1928
重田さん
水波さんの苗字。

ナンセンス


__
衛星をはじめ、みんなナンセンスをやってて、で途中から真面目になってさ。次にナンセンスをやるのはいつかなと。
紙本
メンバーが変わって、色々そういうのはなくなってしまったよね。
__
Candleとか見たいなあ。
紙本
面白かったらしいね。
__
で、思ってるんだけど。大体4年後くらいにまたブームが来ると思うんだよね。ナンセンスの。
紙本
いやー・・・。でもやりたいことって難しいからな・・・。私はやっぱりナンセンス好きやな。意味のなさ・意味のわからなさが面白い。
__
うん。
紙本
ごまさんとかの面白さとかも。なんやろうな、あの面白さは。自虐がうまいねん。不幸で人を笑わせる。
__
不幸。
紙本
不幸をかわいそうに表現するのではなく、悲しくさせる事で人を面白くさせる。
__
どん亀とかね。
紙本
もうなんなんコイツみたいな。家に帰ってきたら中学生がセックスしてるとか。めっちゃ面白い。(笑う)
__
うん。いい仕事してたよみんな。森上くんとかさ。
紙本
でかいしな。
__
あの人面白いよね。
紙本
貪欲やねん。
__
意味分からなかった。右の果実が優しさで~とか。
紙本
あれ歌いだしたの森上くんやねん。
衛星のナンセンス
2000年前後の劇団衛星の作品群は過激な内容の作品が多く、さらに笑いがかなり重要な要素としてあった。ナンセンスという言葉で括ってしまうのはどうかと思うが、下品であった事は確かであり、貴重。
Candle
公演時期:1999年2月18日~21日。会場:アトリエ劇研
ごまさん
ニットキャップシアター代表、ごまのはえ。
どん亀
前出のどん亀シリーズでの、主人公どん亀の悲しい有様はほとんどありえないようなシチュエーションの中でさらに引き立つ。
森上くん
紙本さんと同じく、どん亀演劇祭に参加。

ナンセンス


__
紙本さんはこれからどんな感じで。
紙本
テレビにいっぱい出るひとみたいになりたい。というのはな、もうちょっと見る価値のある人にならなあかんと思う。舞台踏んで経験するのもいいけど、人に見てもらうための小技とか研究しないとあかんなあと。あと制作ももう少しがんばりたい。
__
うん。
紙本
悩んでんねん。
__
そうか・・・。僕としては、京都の小劇場が今は盛り上がってるんで、それが長引けばいいなと。その手伝いが出来ればいいと思ってます。
紙本
そうやね。
__
もうね、ブームがくるくると言われてて、来てるんですけどね。
紙本
何か、勢いが下がってない?私が劇団とか見出した時と比べて。
__
ああー。伝説的な公演が沢山あったからね。その頃とは比べてということ?
紙本
若手がいないと思うねん。昔、今30歳になってる人らが盛り上げてたんと比べて、あんまり元気ないやん。
__
いや、ブームが落ち着いてきたら、また野望を持つ人が盛り上げてくれるとおもうんだけどなあ。それが楽しみなんだけど。
紙本
そやねえ。
__
大丈夫だと思うんだけどなあ。
紙本
・・・あとね。バンドやるねん。発表会の日も決まってるし。発表会っていうとアレだけど。七月に。
__
ああ、あれやるんだね。
紙本
バンド物語という芝居と共に。衛星メンバーで。
バンド物語
後に、「バンドやりたいぜ!」という公演になった。

タグ: 伝説的な公演


アドシバ

__
岡嶋さんって、何でやめちゃったんだろう?
紙本
岡嶋さんは・・・岡嶋さんじゃないからわからんけど。まあ十年もやってるからなあ・・・。
__
ああ、そうか。
紙本
他のことがやりたくなったりしたんちゃう?
__
うーん。岡嶋さんのアドシバに見に行ったんだけど。あの人の起こす笑いというのは凄くて。普通の芝居の笑いってフェイドで入っていくじゃないですか。最初は小さく何人かが笑い出して。で、理解の速度が遅い人がついていくっていう。あの人の笑いは分かりやすいし、最初にドッっと入っていく。それがやっぱ、存在感あったなあ。
紙本
小松さんのアドシバ、見た?
__
いや。
紙本
まず客の入りがハンパじゃなかったらしいよ。
__
へえ~。
紙本
あと何か、東京のイベントで、アドリブ芝居のコンテストとかで優勝したらしい。そういうひとらもいるしさ。もっと上を目指さなあかんと。生瀬勝久とか。
__
うん?
紙本
私一回、シアタードラマシティで生瀬勝久の芝居みてん。なんかな、恐ろしいぐらい面白かった。なんでこんな面白いのこの人!みたいな。
__
そう。
紙本
ええ!?みたいな。面白すぎて。笑えなかった。
__
神々しかった?
紙本
うん、凄いなあと。
__
俺テレビでしか見たことなかったからね。
紙本
ホントにがんばらなー。
__
沢山の人が芝居やってるじゃないですか。誠実にやってる人もいるし。そういう人が普通に認められればいいですよね。奥田さんとか今、すごく認められているじゃないですか。
紙本
うんうん。
__
そういう蓄積とか、普通に認められればいいなと思うなあ。
小松さん
小松利昌さん。劇団衛星「大陪審」に客演。
奥田さん
奥田ワレタさん。衛星を退団し、クロムモリブデンに入団。

ジャニーズ

__
ぶっちゃけさ、フリンジはもう認められてるとは思うんですよ。それで生きてる人はいるし、お客さんもいるし。油断かもしれないし、僕なんかが言うのもアレだけど。自然に芝居をしたいと思ってやっている人が生きていける所にはなりつつあると思う。どう?
紙本
今の成立はあんま良くないと思うねん。やっぱり。
__
良くない。
紙本
いや、百人に一人くらいしかやれてないやん。趣味に支えられている世界やからさ。もっとなんか、勝負に出ないと。
__
うん。
紙本
芸能界なんて才能のある人の固まりやねんもん。それに耐えれる人、才能のある人とか、可愛い人とかが、何とかもう必死で付いていく。うちらみたいな人間が入ってもすぐ潰れていくと思う。根性足りないし、感覚ゆるいし。
__
うーん。
紙本
でな、ジャニーズの出てる公演とかもな。台本渡されて、一日目の顔合わせの時に全部覚えて行っているらしで。
__
さすがやね。
紙本
それぐらいの競争率やねん。うちらみたいのは、多分、できへんと思うねん。フリンジの業界っていうのは趣味やねん。お金払って芝居して。趣味の世界やねん。
__
まだね。認められるような世界ではないか。
紙本
ぬるいもん。やっぱり。
__
イギリスでは何か、そういうのは成立してるってよく聞くけど。本当なんかな。
紙本
どうやろな。まあ、でも、やっぱり演技を教えるとかなんかな。でも皆、役者業でやってると思うで。バイトじゃなく。
__
いや、でもさ、日本はサブカルチャーが相当流行ってるじゃないですか。それこそ江戸時代から。権力が握る文化なんかじゃなくて、大衆があくまで文化を主導してるというか。
紙本
うん。
__
まあ、フリンジもそういう風になっていけばと思うんだけどなあ。
紙本
そやな。

文椿ビルヂング phookaで購入したマグカップとピンバッチ

__
今日はありがとうございました。プレゼントがあります。
紙本
わーい。なんだろう。開けていいですか?
__
どうぞ。
紙本
うわかわいっ(カップとピンバッチ)。
__
文椿ビルヂングの雑貨屋さんです。
紙本
あ、あそこの狭い?ありがとう。
__
良かったです。
紙本
まずサイズがいい。女の子サイズやね。