牡丹灯篭

村上
めちゃいい匂いがするー。あと3分ですよ。
__
あ、あと5分・・・・・・
村上
ハイ、全然いいですよ。
__
ごめんなさい。デザートを出す予定だったんですけどね、ごめんなさい、無理だ。
村上
いや、いいですよ。あの、1部屋しか使ってないんですか?
__
いや、物置と、寝室と、あといまパソコン部屋を作ろうとしてるんですけどね。そういえばワンルームって、どんな風なんですかね。
村上
ずっとそこだけで生活ですよね。
__
狭くないのかな。
村上
あー。
__
なんか、広いとこに慣れてるから、ワンルームに住んでる人の飢えが分からないんですよ。スペースへの。スペースといえば、牡丹灯篭まであと1週間ですよね。
村上
もう仕込みしてるんですよねー。何仕込んでるんだろう。
電視游戲科学舘 第7回公演 『牡丹灯篭』
公演時期:2003年4月18~5月6日。会場:アートコンプレックス1928。ロングラン公演。

vol.12 村上 彩夏

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
村上

ガツガツ

村上
いただきまーす。
__
あ、どうぞ。
村上
んー。おいしい。
__
よかった。
村上
おいしいです。
__
よかった。
村上
おいしいー。(笑う)これ、得意なんですか?
__
1回作ったことがある。でもこの味付けは初めてですけどね。
村上
いつも料理はどんな感じなんですか?
__
いや、いつもは簡単なやつですよ、スパゲティとか。安く、材料とかは余り物で。
村上
あー。食材って高いですもんね。でもなんか、お店開けそうですね。
__
いやー、働けるかなあと自分では思うんですけどね。いやわかんないですけどね。そんな上手じゃないから。
村上
じゃあ、ちょっと人呼んで食べてもらったりとか。
__
そんな感じですね。お店で出る料理とまではちょっと。でもまあ今回は女子高生ですからね。量は抑えられるし、材料の質を上げていく方向で。
村上
量・・・・・・わたしね、ガツガツ食べるんですよ。体重も1年で4キロも太っちゃって。
__
成長期ですよ。そうだ、ウチにも女子高生が入団したんですよ。劇団衛星。

vol.12 村上 彩夏

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
村上

テキスタイルデザイン

__
ええ、きょうは史上もっとも盛り上がった対談だったということで。
村上
ごめんなさい。
__
健闘を称えます。
村上
えー!いいんですか?食べてただけなのに。
__
はい(渡す)。
村上
え?ベスナ?っていうお店なんですか?
__
あの、立命の近くにできた雑貨屋なんですけどね、僕の誕生日にオープンしたんですよ。
村上
!かわいー!こんなんめっちゃ好きです。やったー。使います。
__
是非。
村上
この模様大好きなんですよ。テキスタイルデザインっていうか。
__
テキスタイルですね。
村上
いいんですか、こんな対談で。
__
ええ。

プレゼント
Vesna!で購入したランチョンシートだった記憶がある。

vol.12 村上 彩夏

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
村上

ミュージカル研究会

__
ミュージカル研究会へ、ようこそいらっしゃいました。
駒田
おお、研究しようぜ。
__
研究しましょう。
駒田
バラしちまおうぜ。
__
はい。・・・・・・今日借りてきたビデオはですね、「アニー」代表的なミュージカル作品ですね。アニーのホームページすらあるくらいですから。
駒田
ああ。
__
では、初めましょうか。
駒田
うい。
__
(ビデオを再生する)
駒田
・・・・・・吹き替えやん。
__
えっ?
駒田
吹き替えやんな。
__
うわっ!大失敗!
駒田
(笑う)ええんちゃう、どっちでも。
__
ミュージカルビデオの吹き替えとは・・・・・・
駒田
別物やな。
ミュージカル研究会
この頃、劇団衛星がアルカイックホール・オクトオリジナルミュージカルの製作をしており、インタビュアーも参加していたため発足。会員一人。

明日があるさ

駒田
あ、この曲聞いた事ある?明日があるさってやつ。
__
えっ?ああ・・・・・・
駒田
和田アキ子?が歌ってるの。
__
ああ。
駒田
いつになく饒舌やろ?
__
あ、そうですね。
駒田
録音してると思って色々喋ることにしたんねん。
__
ありがとうございます。
駒田
ははは。
__
今日はですね、チゲ鍋です。(茶碗を出す)失礼します。
駒田
ありがとうございます。
__
卵を入れようと思います。
駒田
おお、おいしそうや。
__
暖まっていってください。
駒田
はい。
__
えー。ここでミュージカル研究の途中結果を発表するとですね、まず受難型といいまして、生まれの貧乏だった女主人が拾われて試練を受けつつもリッチになっていくという。
駒田
はいはい。
__
この「アニー」もそうですが、やはり「マイ・フェア・レディ」が会の中では人気が高いですね。ヘップバーンは凄いですよ。一番人気ですね。
駒田
そうなんや。
駒田
ヘップバーンあいつ歌うの?ていうかどんなん?
__
いや、すごく面白い歌い方ですよ。唱法が、じゃなくて、こう、歌ってるビハブっていうか、あれ自体が面白いんですよ。
駒田
へえ。いただきまーす。(食べる)うん。おいしい。
__
ありがとうございます。
駒田
いやでもねー。食って大事やね。
__
ええ。
ミュージカル研究
他に野望型、ロードムービー型などがあることを発見。

明日があるさ

__
子供を躍らせてますね。
駒田
さっきの話だけど、ミュージカルってやっぱり何パターンかに分類されちゃうんやなあ。
__
そうですね。
駒田
それについて考えてたんだけど、ミュージカルって芝居と歌とダンスのジャンルミックスみたいな感じやん。
__
そうですね。
駒田
そうなると、形式が自由になる代わりに内容が不自由になるんではないかと。
__
ふうん。
駒田
なんでかっていうと、普通に芝居をしていていきなり歌やらダンスに移った場合になんでお前いきなりそうなんねんていうギャップを埋めるために必然性がないとあかんわけやん。ストーリーやらシチュエーションやら、そこに必然性を押し込んでいく、それが積もり積もって、内容が偏ってくると。
__
なるほど。それは研究会が始まって以来問題とされていたテーマなんですよ。
駒田
そうなんや。
__
解決するには、解決しなくてもいいという態度を取ればいい、つまりミュージカルはミュージカルとして。
駒田
ああ、サブジャンルとしてね。
__
はい。
駒田
ミュージカルって、最初にストリートプレイがあって、その上で誰かがセリフだけじゃつまらんし、踊ったり歌ったりした方がええのんて、あとからくっつけたんかな?
__
えっ・・・・・・調べてきます。すいません。研究会のクセに。
駒田
いやいや、でも意外に何かの宗教儀式から来てるんかな。
__
ああ・・・・・・。
問題
コーラスラインのような、地味なミュージカルが存在すると知るまでは派手にならざるを得ないと考えていた。

タグ: 不自由さ


質問コーナー

駒田
あーおいしかったー。
__
良かったです。
駒田
・・・・・・なんか、さっき自転車で質問コーナーがあるって言ってなかった?
__
あ、そうだ。今日はですね、駒田さんに11の質問があります。答えられる範囲でお願いします。
駒田
はい。
__
最近、――――――?
駒田
あー、ちょっと・・・・・・ごめんなさい。


__
次です。最近お勧めのCDは?
駒田
ちょっとマニアックなんですけど、「ナンバー・ガール」ってバンドの解散ライブのCDかな。
__
一番好きな衛星の同性は?
駒田
ああ、まあ・・・・・・奈木野かな。
__
ああー。
駒田
彼のどこが魅力かというと、すごく潔いじゃないですか。エロネタにしても言って絶対ウケるようなネタではなくて、そういった計算ナシに自分の趣味嗜好を言ってるところに潔さを感じる。ウケも取れんし、モテもしないし、もう何の特にもならないのに。それがすごい男らしいなー、と。彼の気遣いなりエロ自虐ネタとかもさ、何かこう、その場の人間関係を調節するためなんだろうけど、それは自分の居場所を確保するだけでそれ以上の得はないのに。健気だと。
__
ああ、同感です。・・・・・・次の質問。明日何をしますか?
駒田
ええと、まあ、起きて、尼崎に練習に行きます。
Q.6
お勧めのお店を教えて下さい。
Q.7
チャックさんの事をどう思いますか?
Q.8
エロいですか?
Q.9
嫌いなタイプの女の子は?
Q.10
どんな大人になりたいですか?
Q.12
ファックさんの事をどう思いますか?
A.6
あんま店とか凝らんからなぁ・・・・・・
A.7
何を考えてるか一番わからんなぁ。何て言ったらいいか。
A.8
あー、どうやろなぁ。エロ。・・・・・・。
A.9
男性に対する被害者意識が強い人とか、身の周りにはいないけど。あと、やたら人の個人的なトコにまでずかずか入り込んで、あれこれ口出ししてきたりする人とか、嫌いっていうより、苦手かな。
A.10
そうやなぁ。まぁ自分の性格を棚に上げて言うと、暗い大人って始末が負えないじゃないですか。のんきな大人ってのが昔からテーマですね。
A.11
ファックか。
NG質問
駒田さんとしてはNGの質問だった。
奈木野氏
当時劇団衛星団員。
チャック・O・ディーン氏
当時劇団衛星団員。衛星で最も頼りになる男。(個人的印象)

天国

駒田
大金持ちが贅沢三昧するミュージカルとか観てみたいなぁ。
__
観たいですねそれ!インド映画にありそうですねぇ。
駒田
ありそうやなぁ。ひたすら酒池肉林の日々が繰り返されるという。
__
恋とか絡んでなくても?
駒田
いや、絡んでても絡んでなくても。
__
ないほうがいいですねきっと。でもそれって、すごくロックな作品ですよね。
駒田
なんかこう、罪人の処刑を眺めながら食事して楽しんでる主人公のミュージカル。
__
おもしろいですね(笑う)。それで彼に対する天罰は最後まで一切起こらずに最後まで。天罰どころか、いわゆる喜怒哀楽の怒、哀のイベントも同様、ない。
駒田
そうそう、全然起こらない。
__
絶対面白いですね。普通の人の日常を淡々と描くものではないために、悲しさもない。安易なテーマが出て来ない。ただ、金持ちの日々。
駒田
キツいといえばキツいな。
__
彼の下で働く召使い達は全員、何の疑いもなく働き、幸せを感じてるんですよ。荘園、領地の人々もみんな。
駒田
ああ?、そやなぁ。
__
黒人のメイドと恋をする。
駒田
いや、貧乏の世界と金持ちの世界が出会うと孤児モノになるからなぁ。
__
金持ちの世界の描写だけで2時間。とにかく金をつぎこんで。ワインとかもう湯水のように。
駒田
なんか、何もかもありすぎて何もないみたいな。
__
最初から最後まで一切が幸せで、お抱えのコック、メイド、執事、教師、全員主人を尊敬して仕えてて、肉親も全て食卓につけるぐらい円満で夫婦は愛し合っている。経営する工場やプランテーションで働くひと、誰もかも幸せなんですね。2時間。観てみてぇ。

使えないプレゼント

__
今日は実は駒田さんにプレゼントがあるんですけど……大失敗したなぁ(渡す)。
駒田
(袋から取りだす)ははは。これ使えないね。


タグ: プレゼント(大失敗系)


コーラスライン

__
ミュージカル研究会にようこそ。
窪木
ミュージカル研究会?
__
3月にミュージカルをやる予定でして、本番に向けて積極的に生活をミュージカライズしていこうという。
窪木
ほう。
__
今日のビデオは「コーラスライン」です。ご覧になったことは?
窪木
いや、ないですね。「雨に唄えば」ぐらいですね。
__
(皿を出す)あ、どうぞ。
窪木
あ、ありがとうございます。オフィス・ラブの方はどうですか?
__
あ、少しずつ進んでいる感じですね。
窪木
ああ・・・・・・そうですか(食べる)
__
(食べる)ああ、やっぱり駄目だ、自信がない。
窪木
そう?おいしいよ。
__
あ、ありがとうございます。
窪木
料理が出来るっていいなー。生活が潤うよね。
__
いや、毎日してる訳ではないですよ。
窪木
しかしひたすら踊ってるね。これ。これだけ人数がいればなあ・・・・・・
__
クローン人間が作れればいけますね。
窪木
それはどうなんだろう(少し笑う)
__
この前ある打ち上げで、三十年後の電游はどうなってるんだろう、みたいな話をしていてですね。
窪木
三十年後!?
__
装置が派手という言葉ではもう追いきれないほどになっていて、十分に一回放電するんですよ。
窪木
放電システムが必要だね。
__
科学技術が異常に発達していて、大道具もホログラムで投影出来ちゃうという。ホール入りの期間が3日程度ですむんですよ。
窪木
おおー。すごいですね。
__
ダンサーも、クローン技術で複製して。窪木さんを四十人。
窪木
気持ち悪いなあ。
__
みんな動きが合ってるんですよ。
窪木
練習期間中は一人で踊ってるんだな。
__
そうでしょうね。
ミュージカル研究会
この頃、劇団衛星がアルカイックホール・オクトオリジナルミュージカルの製作をしており、インタビュアーも参加していたため発足。会員一人。
人数
電視游戲科学舘の公演は演出・装置の規模上、相当数の人員を必要とする。インタビュアーは何度か手伝いに行ったが、常に相当の人数がホールにいた。
それでも人が足りない。

タグ: 自信がない


vol.10 窪木 亨

電視遊戯科学舘。

2006年以前
この人のインタビューページへ
窪木

牡丹灯篭

__
・・・・・・
窪木
・・・・・・黙ってしまうねえ。
__
そうですね。うーん。最近どうですか?
窪木
あ、最近は四月公演の練習をしています。
__
あ、どういった稽古を。
窪木
台本の方向性を決めたりとか・・・・・・あ、先日初顔合わせしまして。
__
あ、世界一団の赤星さんもでるんですよね。
窪木
はい、初めてお会いしました。今回はですね、モノクロームサーカスさんというんですが、初めてプロのダンサーさんをお招きするんですよ。もう適当に振付けしてられないな、という。さてどうしようかな、というところです。
__
ああ・・・・・・僕はそのですね、電游の雪だるま式に話が大きくなっていくところが好きなんですよ。
窪木
ああ。
__
参加してて。もう、懐かしいですよね「天つ」。
窪木
2年前か。障子の開け閉めしてたやんね。
__
はい。そうだ、つぎの「牡丹灯籠」のお勧めポイントを教えてください。
窪木
そうね、プロのダンサーさんはもちろんですが、うーん、舞台上の仕掛けも今回あっと驚くようになってますよ。
__
楽しみです。
窪木
新素材にもいくつか手を出しますしね。あと今回、会話劇色が強いですね。ほめられつつもちょっとどないやねんといわれ続けてきた所を強化して。
__
四月かー。一ヶ月間ですよね。
窪木
本当はゴールデンウィーク前には終わる予定だったんですけど。アトコンのプロデューサーさんに、GWに京都に来ている観光客の方に観に来てもらおう、そしてアトコンの名を全国に広めようじゃないか、と言って下さって。
__
おおー。
窪木
で。公演期間の初めの三日間は入場料を20%くらいオープニングセールのように割り引くんですよ。
__
京都のお客さんを意識していますね。
窪木
がんばってちょっと最初の方に来てもらって、ロングラン中には噂にのぼるように。
電視游戲科学舘 第7回公演 『牡丹灯篭』
公演時期:2003年4月18~5月6日。会場:アートコンプレックス1928。ロングラン公演。
雪だるま式に
何度か電游に関わった経験から受けた印象。装置を始め、音響や照明の大がかりな仕掛けが関係者に明かされるごとに公演が楽しみになる。
電視游戲科学舘 第5回公演 『天つ狐乱れにぞ』
公演時期:2001年4月。会場:京都大学西部講堂

タグ: 天才スタッフのひらめき


vol.10 窪木 亨

電視遊戯科学舘。

2006年以前
この人のインタビューページへ
窪木

アートコンプレックス1928

窪木
アトコンの二階のレストランが無くなりました。
__
マジですか!?
窪木
今日仕込み手伝いに行ったらなくなってたよー。何も言わず。
__
あっさりしてますねー。
窪木
前は店員さんとかとすれ違う時に「ご迷惑お掛けします」とか言ったりパンとか料理の横をパネル持って上がったり、仕込みの休憩中に昼ご飯食べに行ったりしてたのに。
__
じゃあ、もう結婚式がうるさいのを我慢しなくていいんですね。
窪木
水漏れも気にしなくて良くなったんだけど、残念だね。
__
次は何が出来るんですかね。ホールとか?
窪木
一階と二階でお芝居やってますよ、みたいな。

タグ: アートコンプレックス1928


vol.10 窪木 亨

電視遊戯科学舘。

2006年以前
この人のインタビューページへ
窪木

HAND CLEANER

__
今日は、来て下さったお礼として、窪木さんにプレゼントがあります。
窪木
おお。
__
(渡す)これはなんなんですかね?
窪木
え?それはプレゼントの内容が分からないということですか?
__
はい。「HAND CLEANER」って書いてあるんですけどね。
窪木
え。(開ける)え?
__
「食卓小物」として売られてたんですけどね。この銀色のフォルムには何の意味があるんでしょうね。
窪木
姿形はいい感じなんだけど何に使ったら分かんないっていうのはなんだかなぁ。
HAND CLEANER
しばらく後、手指のにおいを取る道具だという事が分かった。手に取り、せっけんのようにして水を流すと調理時についたにおいを取ることが出来る。知らないでプレゼントをしていたとは今では考えられない行動。


vol.10 窪木 亨

電視遊戯科学舘。

2006年以前
この人のインタビューページへ
窪木

キムチ鍋

__
ようこそ、ミュージカル研究会へ。
岡嶋
ああ、今日はありがとうございます。
__
今日はですね、キムチ鍋なんですが、あの唐辛子って大丈夫でした?
岡嶋
あ、むしろ大好きです。
__
あ、よかった。
岡嶋
(笑う)あ、対談っていつもこんな感じなん?
__
はい。
岡嶋
誰の回が正直よかったですか?
__
誰の?
岡嶋
僕は読むほうとしては吉田スタジオさんの回が一番面白かったですね。
__
あっ、ありがとうございます。僕は植村さんとの時が一番面白かったですね。もう気まずくてきまずくて。
岡嶋
ふふふふ。え、でも、高橋君は植村さんの事好きなんでしょ?
__
はい、好きですね。いや、恋愛としてとかそういう意味じゃないです。
岡嶋
何歳年上?
__
9歳年上ですね。
岡嶋
9。
__
あ、いや数え年ですから。
岡嶋
見えないね全然。
__
若く見える人多いですよね。
キムチ鍋
豚肉、春菊、大根、マロニー、ごま豆腐。
ミュージカル研究会
この頃、劇団衛星がアルカイックホール・オクトオリジナルミュージカルの製作をしており、インタビュアーも参加していたため発足。会員一人。

vol.9 岡嶋 秀昭

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
岡嶋

マンネリング

岡嶋
いや僕はね、このコーナーをどう持っていこうかみたいな話をしたいなと。
__
ああ、後々ですか?
岡嶋
いや、もうやっぱりマンネリ化してきたらあかんなと。
__
なるほど。いや、ゲストの方のバリエーションで変化をつけていきたいなと思っているんですけどね。例えば、よくいく店の店長とか店員とか学校の友人とか。
岡嶋
はは。
__
ナンパしてきたひととか。
岡嶋
ナンパ。それはあたらしいよ。
__
街頭インタビューみたいなかんじで。
岡嶋
いや、でも怖がられるやろなぁ。ドッキリとかしたらどうかな?
__
ドッキリ!ああ、それは!新しいですねかなり。初恋の人とか探して用意したり。
岡嶋
(笑う)出来るかそんなもん!例えば高橋君がトイレに行って帰って来たらむちゃくちゃ変な格好してたりとか。ダウンタウンがやってたねんけど。
__
確かにマンネリ化してるし、ある程度ギミックが必要かなー。
岡嶋
対談、なぁ。いったい雑誌とかに載っている対談ってどんなんやろなあ。

タグ: サプライズ・ドッキリ


vol.9 岡嶋 秀昭

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
岡嶋

良識を麻痺

岡嶋
最近はね、凄いらしいよ整形が。流石に周りにはおらへんけど、テレビのお仕事でメイクさんと話したりすると、『私の周りにはいっぱいいる』て。ホンマに散髪にいくみたいなかんじで行っちゃうって。もうそろそろ周りにもでてくるんっちゃうかと。
__
ああ・・・・・・
岡嶋
どうですか?よく意見が真っ二つに分かれるよね。
__
整形と万引き・・・・・・
岡嶋
整形と万引き?
__
あ、いや、どっちもある程度良識を麻痺させなければ行えないという点では共通してるんじゃないかと。良い悪いは置いといて、出来なければ本人だけ苦しい、みたいな。いや、僕個人としてはちょっと受け止める覚悟は無く、しり込みすると思うんですが、堂々としてる人は逆に尊敬するかもしれない。
岡嶋
今のは良かったね(笑う)。
__
これはアップします(笑う)。
整形と万引き
趣旨のよく分からない発言をしている。目の前の料理の減っていくペースとテープレコーダーの残量に集中していたのか。

vol.9 岡嶋 秀昭

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
岡嶋

もう2003年

__
考えてみればもう2003年ですからねー。
岡嶋
うん。
__
あれですね、2003年はまだ僕らの感覚についてきませんね。2002ならまだ行けるとおもってたんですけどね。
岡嶋
あー、わかるわかる。
__
1999でそろそろ世紀末と世紀という概念の実在性を感じ、2000で割りきれないふわふわした21世紀感に惑わされて。
岡嶋
分かる分かる。
__
2001でなんか、かっこよさというかまだ制御出来ているみたいな感があって、2002になったらそろそろやばいかなと思い、もう3なんて訳分かんないじゃないですか。
岡嶋
分かるわ。

vol.9 岡嶋 秀昭

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
岡嶋

ライターケース

__
今日は来て下さったお礼として、プレゼントがあります。
岡嶋
うっそー!(笑う)まじで?いやなんか変な気持ちやで男からプレゼント貰うって。
__
そうですか。
岡嶋
(開ける)(ライターケース)うわなにこれ。
__
詰め替えが出来るんですよ。
岡嶋
おお。すごい。いやー。まさかこんなんもらえるとは。
__
今日はありがとうございました。
岡嶋
みんな喜んで帰るんちゃう?
__
僕もうれしいですね。
ライターケース
新風館のGEORGE'Sで購入。

vol.9 岡嶋 秀昭

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
岡嶋

領域

__
こんな高い値段を設定しているのは、きっと相当味に自信があるんでしょうね・・・
吉田
そうね。
__
あ、もうお決まりですか?
吉田
うん。
__
最近、どうですか?
吉田
うーん。どう。なんか漠然としてるよね。
__
すいません、いや、なんとなく。
吉田
なんとなく。体の調子が悪いかなあ。
__
体・・・寒いですからね。
吉田
いや、ちょっと過労気味だったからね。
__
お忙しいですか。
吉田
いや、忙しいような、忙しくないような。
__
そうですか。
吉田
中途半端に時間が空いていて、リズムが崩れるような・・・ずっと忙しい方が楽だよね。
__
分かりました。今日はですね。色んな人に吉田スタジオさんへの質問を貰ってきたんですよ。聞いてみてもいいですか?
吉田
うん、どうぞ。
__
吉田スタジオさんの名前の由来ってなんですか? 特に「スタジオ」が気になるんですが。
吉田
うん、なんかこういう仕事をはじめるにあたってね、やっぱなんか名前つけなければならないっていうのがあって。色々考えたんだけど、どれもぱっとしなくて。まぁ、付けるのに困って付けた名前だね。
__
でもインパクトありますよね。次です。これ、一番聞きにくい質問なんですが、えー、その、スーツを常着してらっしゃるのは、なんででしょう。
吉田
うん、それはよく聞かれる。
__
いや、答えたくないんでしたら・・・
吉田
いや、何と答えていいのかわかんないんでね。だからその、よっぽどの場を除いて場所に服装を合わせるのは必要ないと思ってるんで。
__
いや、男らしい考えで。尊敬し直しました。もうこの際だから色々お聞きします。好きな食べ物は何ですか?
吉田
(殺し笑い)魚全般かな。自分で釣っておろして食べる。
__
ああー。嫌いな食べ物は?
吉田
あんまりないんじゃないかなぁ?。
__
中学の時の修学旅行はどこでしたか?
吉田
九州だった。
__
高校の時は?
吉田
高校も九州だった。
__
九州好きになりましたか。
吉田
いや、あんまり。
__
好きな教科は?
吉田
数学、理科系。現代文も好きだったなぁ。
__
どんな音楽をお聴きになりますか?
吉田
テクノかな。アンビエント系の・・・
__
分かりました。最近ぬいぐるみ製作はどうですか?
吉田
注文いっぱい溜まってて。ほぼ毎日作ってる。
__
なるほど。いまはどんなのを制作されてるんですか?
吉田
今は剥製、とまでは行かないけど、写真を元にした、まあリアルな。
__
人形を始められたキッカケっていうのはなんだったんですか?
吉田
うん、あのー、よくおぼえていない。
__
よく覚えてないんですか。
吉田
昔、NHKでたまたまジュゴンの特集やってて。可愛いなーとおもってぬいぐるみをつくったのが最初。なんでぬいぐるみなのかはわかんない。
__
造形への衝動がアレしたんですね。
高い
このインタビューを実施した店の価格設定が高く、ちょっとびっくりした。ポットサービスで1000円以上。その分、ものすごくおいしい。
スーツ
仕込みでもバラシでもスーツで仕事されていた。
ぬいぐるみ製作
吉田スタジオさんは舞台製作・監督の他にぬいぐるみ製作を行っている。NHK教育の講座番組に出演した事がある。

タグ: 名称の由来


vol.8 吉田 スタジオ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
吉田

引き出し

吉田
趣味にしても(自分の引きだしが)膨大にあるから、今日の話も通してばらつきがあるというか。
__
ええ。
吉田
そうだね、何かひとつ極めようとおもっても、多分あんまり大した事は出来ないんじゃないかな。何か見本があって、それを目指してみたところで所詮その途中にまでしか行けない訳であって。逆にぼくは、人と違う事を意識してしているんじゃなくって色んな事を結構やってるから。その結果なんだと思う。
__
なるほど。一つ何かを行おうとする時、全く別の分野から領域を越えて影響してくるんですね。
吉田
うん。また、一つの領域を極めたところで、それ以上のものは出てこない。
__
自分の敷居を低くしておくことで、なにかにつけて多様性のある対応、反応が出来るようになる、ということですね。
吉田
意識してるんじゃなくて、性格的にそうなるんだよね。僕は。



vol.8 吉田 スタジオ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
吉田