キッチン

__
どうぞ。
保田
(入る)うわーめっちゃいいにおいがするー。
__
あんま片付けてないんですけど・・・
柳川
(入る)すげっ・・・すげぇ。
保田
なんかスダレがひいてあるー。
__
あ、どうぞおかけになって下さいな。
柳川
わーい。
__
いやーもうね、準備に疲れて話す気力ないっすよ。あ、ちょっと待ってていただけますか?(皿を洗う)
柳川
なんか香辛料いっぱいあるな。
__
ええ、もう一メーカーに統一したいんですけどね。
柳川
あ、そういうのあるよな集め始めると。昔俺カラーインク統一してん。色々メーカーあって。
__
えっと・・・箸置き1つしか見つからないから保田さんだけで。
保田
あ、いいですよ別に。
__
あ、準備出来ましたんで、どうぞ。座って下さい。
柳川
じゃぁ、一番坐り心地よさそうなソファに。
__
どうぞ。
柳川
しかし・・・いい感じの部屋やね。
__
ありがとうございます。
柳川
ドアとか自分で塗ったん?
__
はい、まあ。
保田
すごーい。
__
あ、お酒とか、飲まれます?
柳川
あ、別にいいや。
保田
あ、わたしも・・・
__
じゃあ、僕もいいや。はー。じゃあ、いただきましょうか。
柳川
あ、いただきまーす。
保田
いただきまーす。
__
これ(エノキダケのペースト)は、あんまりおいしくないと思うんですけど。
柳川
そんなもんあんねや。
__
あ、カンパンにつけて食べて下さいな。
柳川
おお・・・(二人食べる)
__
ちょっとすっぱいかな?
柳川
いや、おいしいおいしい。
__
あ、よかった。
柳川
よー作れるな、感心するわ。
赤ドア
ドアを赤ペンキで塗ってた。今考えると理由が分からない。
エノキダケのペースト
エノキダケをミキサーにかけ、弱火でコンソメと火を通し、火を止めたらサワークリームと和える。エストラゴンで風味を付け、クラッカーなどに塗っていただく。

痴漢

保田
あー、お腹いっぱいやー。
__
お粗末様でした。お皿下げちゃいましょうか。
柳川
ごちそうさまでした。
保田
そうや、私昨日携帯変えたんですよー。
__
マジで?
保田
写メール出来るんですよ。
柳川
ああ、すごいっちゃすごいけど無駄な機能やなー
保田
(撮る。カシャッ)
柳川
あ、音が出るんねや。
__
あ、あれは痴漢対策なんですよ。
保田
え?
__
電車とか、満員の時って、携帯を持った手がスカートの下に入ってても気付かれないじゃないですか。そういう盗撮に悪用されないための機能なんですよ。
柳川
その音は絶対消せないの?
__
僕のは消せなかったですよ。
保田
へー。知らなかった。
__
ところで保田さんって、どうして星衛に入団したの?。
保田
えー、思い付きですよー?
__
マジかよ。
保田
ただ発声を習いたかったんですよ。
__
ああー。蓮行流ですね。柳川さんは高校演劇から始められたんですか?
柳川
いや、大学2年からやね。
__
あ、高校にはなかったんですか。劇部。
柳川
あったな。劇団なまず。
__
なまず!?
柳川
劇部が劇団なまずっていう、もうちょっと考えろよお前らよーネーミングよーみたいな名前やったな。
__
なまず入りてー。
保田
えー。
星衛
劇団衛星の2軍という位置づけの劇団。解散までに何度かの公演を行う。このインタビューの実施は解散公演の直前。
蓮行流
衛星代表・蓮行氏の開発した劇作術の総称。ここでは発声法を指す。低音での発話を旨とする。

随筆

__
もう時間もいい頃ですね。最後に。保田さんの新コーナー、どんな内容になるんでしょう?
保田
えー、随筆かなー。
__
おー。まあ今衛星個人コーナーの70パーセントくらいが随筆ですからねー。
保田
あー。
__
俺絶対随筆書けないなー。
保田
いや逆に私も対談なんて絶対無理やわー。


ロヲ=タァル=ヴォガ

__
毎回いうのもあれなんですけど、準備するのがたのしいですね。
奥田
こないだはごめんなさい。
__
いえいえべつに、そんな。
奥田
いいかんじになったね。キッチンの床。
__
八県伝のときの板をしいたんですよ。
奥田
ああ・・・・・・この上でくるくる廻ってたやんね。
__
そういえばそうでしたね。料理ですが、今日はちょっと・・・・・・量が多すぎるかもしんないんですけど。
奥田
おなか空いて・・・・・・あ!そうだ。これおみやげのメロンパン。
__
マジすか!
奥田
ティーンズの差入れをいっこパクってきただけなんですけど。
__
マジすか。やった。あっ・・・・・・お水とか、飲まれますかね(皿をならべていく)
奥田
あ、飲みます。あー今日忙しかった・・・。めっちゃ美味しそうふふふ・・・・・・
__
ああ・・・・・・そうなんですか(皿を出す)。
奥田
・・・・・・はい。あのー少しダメ出ししますけどいいですか?
__
ええっ!
奥田
皿の置き方が乱暴ですね。いや、ぼんっぼんって。いやわかんないけど。
__
すいません。
奥田
いやわかんないけど、おもてなしを目指してるならゆっくり置いた方がいいんじゃないかなあと。
__
すいません。
奥田
いやいやいや・・・・・・
__
いや、本当、すいません。
ロヲ=タァル=ヴォガ(劇団サイトへリンク)
劇団維新派に所属していた草壁カゲロヲ氏の旗揚げした劇団。2001年の吉田神社での公演にて、衛星メンバーの何人かが手伝った記憶がある。
床板の木材
前述のロヲ=タァル=ヴォガの神社での公演で使用された木材が衛星の公演に回り、それがインタビュアーの当時の部屋の床になった。今でもある。
奥田さんがくるくる廻っていた
廻ってた廻ってた。衛星の8月公演「狂騒里見八県伝」の話。奥田さんは八県士の一人の巫女役だった。
献立
メインがタマネギ煮込みの肉詰め、トマトと卵のスープ、サラダとかだった。
お皿の出し方がうるさい
あせっていたのか、皿をそっと出さなかった。さらに当時使っていたテーブルがガラス張りだったのもあり、度々顰蹙を買っていた。

タグ: クッキングの話題 おもてなしの精神 差し入れ


vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田

タイトル

__
で。タイトルがまだ決定してないんですよ。
奥田
ああ、対談の?
__
はい。てか、コーナー自体の名前が。で、お願いがあるんですけど、タイトルを決めてください。
奥田
えっタイトルすか? マジすか。
__
是非はい。なんかもー、考えつかなくて、この際もう。できれば是非。人に委ねたいっていうか。
奥田
あ・・・・・・わたしの中でいまはやってるのがあるんですけど、えと、「ピタゴラス イッチ」ってしってます?
__
ああ、♪ピタ?ゴラ?スイッチってアレですね?NHK教育の。
奥田
の中で、「いつもここから」って芸人がやってる「アルゴリズム体操」あれがすきなんですけど。
__
あ、はいしってます。
奥田
アレの中から取ったらどうかな。
__
ああ・・・・・・
奥田
甥っ子がいるんですけど、一歳半の。その子がすごいその体操が好きなんですよ。それやってる時がもうめっちゃかわいくて。
__
ああ、可愛いですねそれは。
奥田
・・・・・・「頭を下げれば大丈夫」っつうのはダメですかね?
__
え?
奥田
「アルゴリズム」の歌詞なんですけど。そこをその子がやるのがめっちゃかわいいんですよ。
__
はい。
奥田
いや、よく口ずさんで自転車に乗ってるんですけど・・・・・・色んな人がそうなったらいいんじゃないかなあって思って。「下げる」って言うのは謝るという意味も含めそうですけどね・・・・・・
__
ではそれで。いやピッタリですよ。なんか色んな人に頭を下げまくってるんで、丁度いいですね。
奥田
いやでも、名付け親になるのはうれしいですね。
__
ありがとうございます、ホント。
奥田
いつか高橋君が他のにしてたらああー私のこと忘れたんだなあーっておもうかもしれない。
__
いやいやいや。
名付け親
この時タイトルが決まる。

タグ: ハミング・鼻歌


vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田

絵本

__
今日は、来ていただいたお礼として、ささやかなプレゼントがあります。
奥田
まじすか!てか今日もっとおみやげもってくれば良かったな、ごめんね今度もってくるわ・・・・・・
__
いえいえ、とんでもないです。あ、あげるっ!
奥田
やった。なんだろう(開ける。絵本)。うわ。読めないけど。フランス語?内容分かるんですか?
__
いやわかんないですけど、絵をおっていくうちになんとなくってやつですかね。
奥田
ああー。私昔イタリア語の漫画買って訳そうと思ったことあるんですけど、文法がわかんなくて挫折したことがあるんですよ。
__
あ、・・・・・・訳してください。
奥田
はい、是非。うわかわいー。
__
でしょう?ページをめくっていくと、文章は全然わかんないけど、最後この死神が微笑むのがすごく意外っていうか。最初に、主人公の女の子の家を訪ねるときの不気味さと違って。なんか。
奥田
ありがとう。なんか。大変やんね、対談。
__
そうですかねー。
奥田
毎回プレゼントも選ばなきゃいけないですよね?
__
ああ、まあ・・・・・・

タグ: プレゼント(書籍系)


vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田

玄関先で

奥田
今日はありがとうございました。
__
とんでもないです。来て頂いて嬉しかったです。
奥田
ありがとうございましたー。
__
ありがとうございました。
奥田
お疲れ様でーす。



vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田

ティーンズステージ

__
子供達はどうですか。ティーンズステージ達は(奥田さんは今回のTSを手伝っている)。
奥田
おもしろいですよ。いい子達ばかりだし。あ、いい意味でいい子たちなんですよ。
__
なるほど。
奥田
恋の話ばっかりしてますよ。
__
そういう年頃なんですよ。
奥田
そういう年頃ですね。
__
俺も前までティーンズだったからなぁー。
奥田
うそぉ!今何歳?
__
21歳ですよ。
奥田
へー。若。
__
すごい楽しみですね。すごく。そういえば村上さん(村上彩夏さん、ふにゃ子。2001年度TS参加者)にはおどろかされたなぁー、去年は。
奥田
村上さんは、TS本番ずっと手伝ってくれてるよ。
__
そうなんですか?
奥田
受付。
__
おもしろかったなぁーあの人。去年。
奥田
この前SHOWDOWNでヒロインやってましたよ。可愛かった。
__
へー。すごい。俺去年は本番中ずっと笑ってましたもん。
ティーンズステージ
京都市東山青少年活動センターが十代の青少年向けに実施していた、演劇公演の発表を最終目標とする企画。劇団衛星代表の蓮行さんがこの2001年度の演出を受け持っていた。演目は別役実作「マッチ売りの少女たち」。

vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田

乳清

__
あ、どうぞ。
植村
あ、はい。
__
あ、お酒とか、飲まれませんか?
植村
あ、いやいいよ、早いとこ帰るんで。
__
うん、そうっすね、早いとこ、済ませましょうか。
植村
(少し笑う)
__
いや、でも今回ホント来て頂いてうれしいです。マジに。
植村
(少し笑う)
__
存亡の危機でしたから。
植村
うん、え?
__
僕の。
植村
コーナー?
__
あ、どうしよ。何か話さなきゃな・・・・・・
植村
(少し笑う)
__
あ、そうだ、スープでも出しましょうか。
植村
あ、いいよいいよ別に。
__
あ、・・・・・・植村さんて、対談したことあるんですか?失礼なんですけど。
植村
えーと、対談はないんかな。
__
あ、初めてなんですね、僕が。・・・・・・!いや、そんな、下心とかそんな事は全然ないんで、あの、気兼ねなく。
植村
(微笑む)
__
(深呼吸する)・・・・・・黒木さん遅いなあ。
植村
(笑う)
__
あ、ごはんよそ、あ、いや違う、いや、ちょっと待て、違う、ちょっと待て・・・・・・そうだ!お水、あー、のど、かわいてます・・・・・・?
植村
あ。
__
大丈夫・・・・・・
植村
うん。
__
そっか、あ、いや、でも・・・・・・(水を注ぐ)何があるか、分かりませんからね。一応。そうだ。乳清とか、飲まれます?
植村
え?
__
乳清っていって、なんか、ヨーグルトとかほっとくと透明な液出てくるじゃないですか。それなんですけど、あ、まずいなそんな事。でも俺、飲みます。好きなんで。・・・・・・すいません。
植村
あ、いえいえ。
__
どうしよう、ちょっと舞いあがっちゃって。なんか、心にもないこと喋っちゃって。・・・・・・あ、そのおひつ開けたら凄くびっくりしますよ。
植村
なんだろう。
__
えっこれはアレじゃないかみたいな。ま、ニセモノなんですけどね。
乳清
ヨーグルトを漉して作った飲み物。余った。
存亡の危機
企画して一月後、やる気がなくなっていた為。
スープ
トマトと卵の冷たいスープのつもりで作っていたが、この時あまり冷えていなかった。
録音
当時はカセットテープで録音していた。
狼狽
黒木さんが遅れてきたため、料理を出すタイミングが分からず、焦っている。
ニセモノ
代替キャビア。確かランプフィッシュの卵。ご飯の上に載せていたらその下が真っ青になっており、食欲が削がれた。

タグ: クッキングの話題


キャビア

__
あ、黒木さんだ。
黒木
すいません遅くなって・・・・・・あ、どこにすわったら・・・・・・
__
あ、そこに、どうぞ。
黒木
あ、高橋君の扇風機私のと一緒や!あ、違うわ。
植村
(笑う)
黒木
すいません、ごめんなさい。
__
あ、いえ、すぐ始めますから(出て行く)。
黒木
あ、すいません。(おひつを開ける)あ、キャビアや。
植村
・・・・・・。開けたらビックリしますよって。
黒木
はっしまった開けてしまった!見ました?
植村
見てない見てない。
__
(入って来る)あー、危なかったー。
黒木
どしたん?
__
いや、デザートがこぼれるところだったんですよ。
黒木
そうや、なんかお詫びにアイスかなんか買ってこよかなー思ったけど、多分絶対嫌がるかなーと思って。
__
いえいえ。そうだ!(おひつ開ける)ほらっびっくりしたでしょ!?
黒木
あ!ホンマやキャビアや!
__
ニセモンなんですけどね。200円で売ってたんで。
  
(二人笑う)
__
まあ毒は入ってないんで。
植村
(笑う)食べるもんやし・・・・・・
黒木
これ(スープ)はなんですか?
__
これはトマトと卵の、ちょっと、冷たくしたスープなんですけど・・・・・・
黒木
高橋君には、私と同じ欠点があるね。
__
なんでしょう。
黒木
料理を作っていくうちにコンセプトがわからなくなっていくっていう。
__
ああ・・・・・・
黒木
味としては、おいしいんだけど。
__
コップよりかは、やっぱお皿に盛ればよかったですよね。
黒木
また、私においしいの作ってください。
__
あ、はい。(時計を見る)あ、いや、まだか。
黒木
何?
__
いや、まだ早いというか、自分的にもうすこし遅い方が・・・・・・
黒木
なんなん?
__
ちょっと、あ、トイレっていうか(出て行く)
植村
この間にしゃべっとこう(少し笑う)
黒木
なんなんでしょうねいったい。多分絶対大した事じゃないんでしょうけど・・・・・・
植村
なんか凄いこと聞こうとしてたりとか。
黒木
悩み相談とか?
黒木さんのお気遣い
料理を用意していたため持ち込みを歓迎していないのでは、という気遣いをさせてしまった模様。
コンセプトがわからなくなっていく
当時は普通の料理を目指さずに、ひたすらオリジナルを追及していた。
タイミング
デザートの冷え具合のこと。

紅茶

__
・・・・・・えー、今日は、来てくださったお礼として、ささやかな贈り物があります。
植村
やったー。なんかしらんけどやったー。
黒木
わーい。
__
どうぞ。
黒木
(植村さんの)誕生日ってことですよね。あ、開けても・・・・・・
__
どうぞ。
黒木
えっ!?これ?紅茶?どういうこと?
__
それをポットの中に2,3個入れてお湯を注ぐと紅茶になるんですよ。
黒木
これは・・・・・・ナイスですよ高橋さん!
__
やったー。
黒木
ありがとう。
植村
ありがとう。
黒木
いーなーこれ。あたしも誰かに贈ろう。
ドロップティー
プレゼントはこの第一回から定着。