出会いに行く

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
長南 
うーん、攻めるっていう表現にヒットするかどうか分からないですけど。僕は結構オーディションとかが苦手なんですけど、いっぱい色んな人と知り合って、その人をより知って、自分の事を知ってもらう機会を増やせたらと思っています。売り込むという事じゃなくて、単純に人生で人と知り合うのは楽しいじゃないですか。演劇って自分の人生も投影されるから、自分の人生を豊かにしていけたらな、と思っています。

キウイのバッジ

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。
長南 
ああ、ありがとうございます。
__ 
どうぞ。
長南 
可愛い糸・・・凝った包装ですよね。キレイに破りたいなあ。(開ける)可愛い!
__ 
幻の鳥、キウイですね。
長南 
可愛い。何かに付けられるかな。
__ 
男性が付けていて可愛くなり過ぎないものを選んだつもりです。
長南 
嬉しいです。僕もう、可愛いものとか全然付けるんで。

悪い芝居vol.16『スーパーふぃクション』進野大輔の稽古場潜入漫画

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、進野さんはどんな感じでしょうか。
進野 
よろしくお願いします。最近は事務所で漫画を描いています。いまはまだネーム段階なんでお見せ出来るものはないんですけど・・・
__ 
私は進野さんの稽古場レポート漫画、好きですよ。他の作品もぜひ読みたいです。
進野 
ありがとうございます。
__ 
漫画家にインタビューするのはさすがにこれが初めてですね。
進野 
画家の方はいらっしゃいますよね。でも僕、自分を漫画家と名乗って良いのかどうか。場違いじゃないですかね?
__ 
そんなことはないですよ。あのレポート漫画は素晴らしい。色々な稽古場BLOGはありますが、あれは別格。一つのコンテンツとして価値を持っていると思います。売れるレベルだと思っています。なぜなら進野さんの描く似顔絵は愛に溢れている。愛があるから、人の顔のデフォルメをここまで思い切って出来るんじゃないかなあと。それも、表舞台ではない、稽古場での顔。
進野 
やっぱり公演を見に来てもらいたいという気持ちがあって・・・なんだろうな、これを読んだ人が、知らない出演者の人となりやキャラクターを好きになってくれれば嬉しいです。ゴシップとかネタバレとかじゃなくて。今後、また描けたらなと思っています。次の「メロメロたち」で。
__ 
ものすごく楽しみです。
悪い芝居
2004年12月24日、路上パフォーマンスで旗揚げ。京都を拠点にしながら、東京・大阪などでも活動する劇団。メンバーは12名。ぼんやりとした鬱憤から始まる発想を刺激的に勢いよく噴出し、劇世界と現実世界の距離を自在に操作する作風が特徴。「現在でしか、自分たちでしか、この場所でしか表現できないこと」を芯にすえ、中毒性の高い作品を発表し続けている。2009年より、パワープッシュカンパニーとして京都の劇場ARTCOMPLEX1928から2011年まで3年間の支援を受ける。そのパワープッシュカンパニーとしての最初の作品「嘘ツキ、号泣」が第17回OMS戯曲賞佳作を受賞。各メンバーの外部活動や、2011年は、劇団事務所である築80年の京町屋で1ヶ月半26ステージの家屋公演「団欒シューハーリー」を敢行するなど、劇場以外でのパフォーマンスも精力的に行っている。誤解されやすい団体名の由来は、『悪いけど、芝居させてください。の略』と、とても謙遜している。(公式サイトより)
悪い芝居vol.16『スーパーふぃクション』
公演時期:2014/9/11~16(東京公演)、2014/10/21~26(東京公演)。会場:HEP HALL(東京公演)、赤坂 RED THEATER(東京公演)。
悪い芝居vol.16『スーパーふぃクション』進野大輔の稽古場潜入漫画
悪い芝居メンバーの進野大輔が『スーパーふぃクション』稽古場を勝手に漫画化!(サイトより)

デフォルメに必要なもの

__ 
改めて稽古場レポート漫画を見ていて思うんですが、そうそう、この畑中さんがまず似てるんですよね。
進野 
ちょっと練習して、こんな感じかなと思って描いたら案外似てきましたね。
__ 
本当にですね、凄いと思う。山崎さんも似てる。そうそう、我々が理想としている山埼さんではないけれども。このニヤーっと笑った顔。
進野 
この顔は「ひどいなあ」と言われました。そうですね、身内的な愛というか悪意というか。ギッシー(北岸)も、別にそこまで黒くはないけど真っ黒くしたり。
__ 
そして、Sun!!さん。
進野 
客演さんは難しいですね。会ってからそんなに時間が無いので、どこまで特徴を捉えられるか。
__ 
大塚さんと、田中良子さんも似ていますね。デフォルメされながら。
進野 
顔立ちの整っている人ほど難しいですね。一個特徴を持っていたら、そこをデフォルメすると似てくるんですよね。中西柚貴もちょっと下ぶくれにしたり。
__ 
この、山崎さんの丸っこい目の時とか、信じられないぐらい本人を想起させてくれる。
進野 
たまにこういうギョロッとした目をするんですけど、目力ですよね。女の子は可愛く特徴を捉えて。
__ 
この田中良子さんが可愛いんですよね。
進野 
原画、見ますか?
__ 
えっ、いいんですか。

インクが重い

__ 
これが生原稿ですか!こんなの描かれたら、役者は嬉しくてしょうがないと思いますよ。
進野 
ありがとうございます。
__ 
漫画の生原稿自体、見るのは初めてです。貴重な体験です。へえ、ベタの部分って、実際の原稿だとこんな迫力あるんですねー。描き込みも凄い。飲み会のコマとか、料理なんて、具材一つ一つまで分かるレベルで細かく描くなんて。こんな力作、一つのプロモーションとしてめちゃくちゃ価値が高いと思いますよ。公演会場とかに飾ったらガチの人だかりが出来る。そして、もちろんプロモーションとしても大きい価値がありますよね。今の時代、スマートフォンと漫画は相性がいいからなおさらですよ。
進野 
やってて楽しかったです。
__ 
これ、手で触ってていいんですか。
進野 
全然大丈夫です。
__ 
これは価値がある。
進野 
以前劇団のイベントでオークション的なことやったんですけどそれに出そうかと思っていました。
__ 
6000円くらい行きますよ。
進野 
あはは。

その場にいると和む人

__ 
進野さんは悪い芝居の何なのか今ひとつ掴めないですよね。
進野 
何で残ってるか分からないですからね。漫画描きたいんならやめればいいのに劇団にいる。もちろん何もしてない訳じゃなくて、美術を手伝ったりだとか、小道具作ったり稽古場を取ったりとかは僕がやってるんですけど。
__ 
裏方ではあるんですね。
進野 
というか、演出助手というか・・・山崎さん曰く友達。
__ 
「友達」。
進野 
最初は劇団員だったんですけどね。役者だったし。
__ 
友達か・・・。その、進野さんのポジションにいる人は好きですよ。
進野 
稽古場とかも、「来る?」みたいな。もちろんチラシのクレジットにも載っているし仕事はちゃんとやるんですけど、本番は転換要員として、裏に付いてます。
__ 
サッカーで言うリベロ、みたいな?そもそもこの事務所の主だし、劇団猫のしゃもりとも仲良いしね。遊撃隊として扱うとパフォーマンスを発揮するタイプなのかもしれませんね。
進野 
だから、共演者の方と仲良くなれるのかもしれませんね。気を使わなくてもいい人、みたいな。
__ 
好かれるスタッフ、というポジションはいいですね。
進野 
山崎さんは、「僕がいると和む」と言ってくれるんですけど、それはどういう意味なのかなあ、と。いてもいなくても成立はするんだけど、おってくれた方が助かる、みたいな感じだったらいいなと思うんですけどね。
__ 
和ませる、に関しては高度なスキルなんで、一人でもそういう人がいたら全く違うと思いますよ。だってその人にしか出来ないんですよ。
進野 
稽古場ってね、張り詰めた雰囲気になりがちだから。稽古場のしゃもりかな。
__ 
稽古場の猫。
進野 
適当に言いましたけど。
__ 
観客席にはそこは伝わらないんだけど、稽古場を保つために重要だと思います。緊張で張り詰めた稽古場の劇団は、長く続かないでしょう。

悪い芝居vol.18「メロメロたち」

__ 
次回公演「メロメロたち」。どんな作品になりそうでしょうか。動かないロードムービーだそうですが。
進野 
実は僕らも、まだ詳しくはまだ分かってない状態なので、ゆっくりと待ってもらったらと思います。NMB48の石塚朱莉さんも出演するんです。どんな公演になるのか僕らも楽しみで。全然違うところから客演さんが来ているんですよ、D-BOYSの大久保祥太郎さん、ワンダフルボーイズのギタリスト、アツムさんも。今度ビジュアル撮影があるんですけど、その時に色々分かるかなと思います。
__ 
ありがとうございます。さて、ロードムービーというと、どんなお話かな。旅行記とはちょっと違いますよね。
進野 
調べたら、旅の行く先々での出会いを描く、みたいなジャンルだそうですね。
__ 
そこで出会う人たち、か。ちなみに進野さんは、ロードムービー的な体験をした事はありますか?
進野 
大学生の頃に群馬県に行きました。
__ 
おお。
進野 
その頃は台本を書いてたんですよ。ある事故を題材にした脚本を書くために、その現場にまで一人で行ったんです。誰も降りないようなバス停に止まって、運転手さんに心配されながら、雪の中民宿を目指して歩いてました。熊が出てもおかしくないような場所で。
__ 
自殺じゃないですか。
進野 
その事故の慰霊碑が近くにあるんで。民宿の人たちはみんな親切にしてくれました。雪がすごくて一人で見に行けない現場の近くまで車で送って下さったりして。旅先で出会った人達のあったかさを感じました。それが僕のロードムービーです。
__ 
グラフィティですね。私の考える寂しさとは無縁で。
悪い芝居vol.18「メロメロたち」
【作・演出】山崎彬
【音楽】岡田太郎

【出演】
植田順平 渡邊りょう 中西柚貴 呉城久美
北岸淳生 畑中華香 長南洸生 岡田太郎
山崎彬
(以上、悪い芝居)

石塚朱莉(NMB48)
大久保祥太郎(D-BOYS)
アツム(ワンダフルボーイズ)

【会場・日程】
●大阪公演
HEP HALL
2016年7月15日(金)~20日(水)
15日(金) 19:00
16日(土) 13:00/18:00
17日(日) 13:00/18:00
18日(月・祝) 13:00
19日(火) 14:00/19:00
20日(水) 14:00

●東京公演
赤坂RED/THEATER
2016年7月26日(火)~31日(日)
26日(火) 19:00
27日(水) 19:00
28日(木) 14:00/19:00
29日(金) 19:00
30日(土) 13:00/18:00
31日(日) 13:00

【チケット】
2016年4月23日、チケット先行発売開始!

●前売
一般 3900円
U25 2900円
高校生以下 2000円

当日券 各500円増

●悪友割(3人以上1組割引)
一般 3500円/人
U25 2500円/人
高校生以下 1000円/人

漫画を描く

進野 
「メロメロたち」の稽古場漫画を描きたいです。それと、漫画賞を獲ろうと思います。昔はこんな、目標を口に出して言うのは恥ずかしいと思ってたんですけど。
__ 
目標を言うだけならタダですからね。
進野 
ええ。
__ 
漫画を描くなんて、誰にでも出来る事じゃないですからね。技術と情熱を感じるし、なんだろう、進野さんはこの絵を描く事が許されている人なんだと思う。Sun!!さんの顔をこんな風に描けるのは進野さんだけだと思うんです。いや、もう、似顔絵的にデフォルメされていながらちょうど良く可愛く描けていて、でも進野さんが見たその人の人となりを感じるんですよ。
進野 
その人に似ないと、と思って描いたわけで。そうですね。僕が描いたらこうなりました、という個性は大事にしています。僕なりに、愛を持って描いたつもりでした。描くのに愛は必要だと思ってます。
__ 
本当に、そうですよね。
進野 
前回は舞台美術と、小道具を作っていたので出来なかったんです。結構忙しくてレポート漫画は描けなかったんですよね。

質問 司辻 有香さんから 進野 大輔さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、司辻さんから質問を頂いてきております。「自己紹介をしてください」。
進野 
どうも進野大輔です。悪い芝居という劇団に所属しています。ゆくゆくは、自分の漫画を描いていきたいと思っています。でも劇団員です。猫が好きです。あんまり思いつかなかった・・・こんなんでいいんですか?

愛嬌、どこからきたか

__ 
進野さんが面白いと思う漫画のポイントは?
進野 
やっぱり、漫画を読む理由って、そのキャラクターにどれだけ魅力を感じる事が出来るかだと思っていて。魅力あるキャラクターを描ければ一番いいと思うんですけど・・・
__ 
デフォルメをして、それでも一つの像としてまとめあげる事。例えばワンピースだと、どのキャラクターにも愛嬌がある。でも、愛嬌ってなんでしょうね。
進野 
その人の積み重ねみたいな部分はあるんちゃいます?やってきた事とか、全部。その積み重ねのどこかに、許される部分があったとして、そこが愛嬌なのかもしれない。
__ 
演劇人には全員愛嬌がある。誰も守ってくれない、お金のないこの業界で続けているんだから、それはやっぱり、愛嬌が宿ると思う。

もっと早く・・・

__ 
悪い芝居の中で、何を作りたいですか?
進野 
一つは、みんなで上に行くために努力をする事。それはまずやっていかないといけないなと思っています。その為には僕自身も、劇団に影響を与えられるようになりたい。漫画を描いて、それで観に来るお客さんが出てきたら。そういう風に力を付けられれば、劇団の恩返しになると思っています。漫画家ってポジションの劇団員が一人おるって、面白いと思うんですよ。大人計画ってそういう傾向があると思うんですけど、それぞれがそれぞれの何かを持っていたら、と思います。僕だったら、それは漫画。
__ 
素晴らしい。ていうかそれはもうそうなっていると思いますけどね。こんな稽古場漫画とか描かれたら、それはもう、座組はテンション上がると思いますよ。だって、これに掛けられ時間を想像するだけで元気になる。
進野 
一枚仕上げるのに何時間掛かっとんねん、という時もありましたからね。描き上げる時はバーっと出来るんですけど。次は、もう少し時間を掛けずに上げられるようにする、とか。
__ 
ああ・・・。
進野 
やっぱりNowなものをお届けしたいと思いますから、例えば4コマにするとか、描き込みの量を減らすとか。この時はどこまでやっていいのか分からなくて、気が済むまで描き込んでました。そもそも細かく描き込むのが好きだし。
__ 
飲み会の料理の皿まで描き込んでるからね。でも、この努力の量を私は愛しています。
進野 
美術科のある高校だったから、それが役に立っていると思います。楽しかったらいいかなあと思って。
__ 
私が言える事じゃないですけど、この手間が、質量ともに伝わってくる稽古場レポートなんて、唯一無二だと思います。これだけで、観に来る動機になってしまうと思うんですよ。

橋渡しになるかなあ

__ 
お客さんに何を期待しますか?
進野 
観に来てもらって、良かったよと思ってもらいたいです。周りにも言ってもらったら、それでお客さん増えてもっと大きな劇場で見れますよ、と。応援してもらえたらなと思います。
__ 
良いお客さんに出会えるといいですね。縁があっての事ですから。音楽劇という事なら、例えば最後に盛り上がって終わるとしたら、そこで意識が混ざり合うみたいな事が自然に起こる訳ですからね。最高に盛り上がった回は、特に。
進野 
僕は常に舞台の裏にいるので、お客さんの顔を見た事はないんです。どんな顔で見ているのか、分からなくて。お客さんとのつながりはあんまり無いから・・・
__ 
稽古場レポート漫画で充分橋渡しをしていると思いますよ。
進野 
そうだと嬉しいです。そこから繋げられたらいいなあと思っています。
__ 
この生原稿自体に力があるから、それを展示したら観に行く理由が出来てしまうと思うんですよ。漫画って、最初の1ページが上手く出来ていたらそれ以降読むじゃないですか。
進野 
ありがとうございます。もちろん、気軽に読んでもらいたいです。普通の漫画みたいに自由に割ると硬いかな、と思って、単純な6コマ割にしました。雑誌の広告にあるような漫画みたいに気軽に読んでもらいですね。
__ 
気軽に、ですね。
進野 
毎回やっぱり、ネームを作ってOKを取ってから描き上げるので。僕だけのものじゃないから、どうしてもそこは。客演の方もいますし、
__ 
ああ、そうですよね!特に今回は。
進野 
でも、その分多くの人の目に触れられると思うんです。頑張ります。

外の世界へ

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
進野 
僕自身の漫画を確立して描けるようになるのが大事やなと思っています。こういう絵が好きなんです。自分が何を描きたいのか、というのが段々分かってきて。いま、同じ漫画のネームを3回ぐらい描き直していて。
__ 
それはどんな漫画?
進野 
どストレートな作品にしようと思っていて。自分の為ではなく、誰かのために頑張れる人。人が変わる瞬間、やっぱり目の色が変わるんですよ。心臓の鼓動が聞こえるというか、そんな成長の瞬間。それを描きたいと思います。出来れば早く描き上げたいです。

llenoの無地のノート

__ 
今日はお話が伺えたお礼にプレゼントを持ってまいりました。
進野 
ありがとうございます。見ていいですか。
__ 
もちろんです。
進野 
(開ける)あ、ノート。僕、無地のノート大好きなんです。罫線のあるノートよりも、無地のものばっかり買っています。表紙がこんなに綺麗だと、使うのに躊躇しますね。
__ 
ガンガン使って下さい。
進野 
ありがとうございます。

明かりと私

__ 
はじめまして。今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近、渡辺さんはどんな感じでしょうか。
渡辺 
よろしくお願いします。最近は、色んな現場で照明の活動をするようになりました。最近経験した公演だと、阪大の人たちと「列島カメレオン」という劇団で、そこで照明チーフをさせて頂きました。
__ 
プランを立てるところから担当されたんですか?
渡辺 
はい、プランとオペを担当しました。話に溶け込むような照明を作ろうと思っていました。
__ 
つまり、自然な地明かり?
渡辺 
そうですね、出来るだけ変化が大きくないように。
__ 
照明で楽しい事は。
渡辺 
全部の行程が好きです。考えるのも、操作も、見るのも。仕込みもバラシも好きです。
__ 
どんなところが好きなんですか?
渡辺 
舞台上での光を担うこと。時間軸を操れるのが魅力的なところだと思っています。朝や夜の時間帯や、シーンのつながりも示す事が出来るんですよね。
__ 
ありがとうございます。ちなみに、いつ頃から面白いと思われるようになったんでしょうか。
渡辺 
照明を始めて1年経っていないんですが、アトリエ劇研のスタッフワークショップで照明講師の方に教えて頂いて作った照明が私の原点なんです。その時に一番、照明の楽しさに気付きました。それから、今は劇団三毛猫座さんで照明を作っています。
劇団三毛猫座「傘下のひとりごと」
公演時期:2016/3/26~27。会場:スペースイサン。

vol.462 渡辺 佳奈

フリー・その他。

2016/春
この人のインタビューページへ
渡辺

じんわりと

__ 
オペをしている時には、何を思いますか。
渡辺 
一番最初にオペをしたのが、辻企画の「燃え盛る火の車の女」でした。パフォーマーさんのげいまきまきさんと息を合わせた光を念頭に置いてオペをしていました。じんわりと変化していく事に気を付けていて。客席からはほとんど分からないように、ゆっくりと動かして。そういうオペをしている内に、ゆっくり変化するような照明プランを作りたいと思いました。
辻企画公演『燃え盛る火の車の女』
公演時期:2015年6月27日(土)~28日(日)。会場:アトリエ劇研。

vol.462 渡辺 佳奈

フリー・その他。

2016/春
この人のインタビューページへ
渡辺

描くなら・・・

__ 
京都で演劇を作る事に、どんな思いがありますか?
渡辺 
私の場合は作品というより明かりから演劇に入ってきたので。でも、京都にいるとしっくり来るというか、落ち着くんですよね。制作環境も京都だし。これからも京都で活動していきたいです。京都で絵を描いていると、ここが私の成長してきた場だなあ、って実感があるんです。
__ 
あ、絵の勉強をされているんですね。
渡辺 
大学では日本画を専攻しています。小さい時からずっと絵を描いていて、小学校の頃から美大で絵を学ぶ事は決めていました。中高は油絵を描いていたので、大学では新しい分野の絵に挑戦したいなと思いまして。
__ 
なるほど。最近の作品はいかがですか。
渡辺 
毎年2月に大学の制作展がありまして。京都市美術館で全学年の生徒が集大成の作品を飾るんです。その時に展示をしたのが一番最近です。こういうものを描いておりました。
__ 
あ、綺麗。一つ一つ丁寧で、細かいですね。

vol.462 渡辺 佳奈

フリー・その他。

2016/春
この人のインタビューページへ
渡辺

質問 南風盛 もえさんから 渡辺 佳奈さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました、南風盛もえさんから質問です。「嫌いだなあと思う人の前で、どんな顔をすれば良いでしょうか。」
渡辺 
うーん・・・私だったら、そうですね、顔には出さないですね。出さないように努めています。
__ 
つまり、出ているんですね。
渡辺 
あは、私、分かりやすく顔に出てしまうから。良く言われます。

vol.462 渡辺 佳奈

フリー・その他。

2016/春
この人のインタビューページへ
渡辺

色色の明かり

__ 
何か、悩み事はありますか?
渡辺 
やっぱり今後、照明を続けられるかどうかという心配はあります。ほかの、演劇を続けている方と同じように。
__ 
どうにかして続けていきたいですよね。難しいですよね。
渡辺 
やるしかないという感じですけれども。
__ 
どんな風に続けていきたいですか?
渡辺 
私の場合はジャンルにとらわれず、演劇だったりダンスだったりパフォーマンスだったりでやっているので、今後も出来るだけ、多分野の照明が手掛けられるようになりたいです。
__ 
色々な経験を通して、たとえば誰も見た事のないような明かりが作れるようになるといいですね。
渡辺 
はい、これからも明かりをつくっていきたいです。多くの作品に触れて、経験を積み重ねていくうちに、自分の明かりになっていくと思うんですよね。
__ 
どういう作品を見ればいいんだろう。例えば手塚治虫は「一流のものだけを見なさい」とか言ってますよね。
渡辺 
そうですね、でも私は、一流の照明以外でも、学んだり吸収出来るものがあると思います。

vol.462 渡辺 佳奈

フリー・その他。

2016/春
この人のインタビューページへ
渡辺

栗納豆

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。
渡辺 
え、プレゼント?え、プレゼント。貰っていいんですか。
__ 
もちろんです。どうぞ。
渡辺 
栗納豆。京都のものなんですか。ありがとうございます。やった。頂きます。

vol.462 渡辺 佳奈

フリー・その他。

2016/春
この人のインタビューページへ
渡辺