劇団壱劇屋 第22回公演『Lumiere Dungeon』

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、安達さんはどんな感じでしょうか?
安達 
最近は割と好きな事をやっています。お正月も京都に遊びに行ったり。稽古は毎日あるんですけど。
__ 
今、壱劇屋は『Lumiere Dungeon』の稽古ですよね。何でも、ピンチだとか。
安達 
いつも通りピンチなんですけど、その中でもピンチレベルは割と高いですね。まあまあ間に合うよという時と、次にどんな作業があるか未知数という時などがあって、今回は割とヤバめ、そんなドキドキ感があります。
__ 
どの程度のやばさでしょうか。
安達 
たとえば、この袋の中には布地があるんですけど、これからこれで衣装を作らないといけないんですよね。何を作るのかが昨日決まったんですよ。まあ、でも大分楽になりましたけどね、劇団員増えたので。
__ 
なぜ壱劇屋が苦行のようなスタイルになっているのか。もしかしたら、台本の遅さが、表現を新鮮に保っているのかなと。
安達 
練習し過ぎて飽きるという事はありますね。例えば稽古が始まる前に台本があったとして、途中で飽きると。
__ 
なるほど。
安達 
パフォーマンスを作って仕上げて、揉むという時間はもうちょっとあってもいいかなとは思います。作ったら→よし行け、みたいな。でも、顔合わせの時点で全部あるというのはホンマに合わないと思います。
__ 
揉む時間。
安達 
6人の悩める観客の時も、大阪公演から京都公演の間まで2週間あったんで、精度の面ではかなり上がったんじゃないかなとは思いますね。今回の場合は劇場で稽古させてもらっている分いけそうですけど。私はネガティブなので、でも大丈夫なん?みたいなのは思いますけど。
壱劇屋
2005年、磯島高校の演劇部全国出場メンバーで結成。2008年より大阪と京都の狭間、枚方を拠点に本格的な活動を開始。主な稽古場は淀川河川敷公園で、気候や時間帯をとわず練習する。マイムパフォーマンスを芝居に混ぜ込み、個性的な役者陣による笑いを誘う演技にド派手な照明と大音量の音響と合わせ、独自のパフォーマンス型の演劇を行う。イベントではパントマイムやコントをしたり、FMラジオにてラジオドラマ番組を製作するなど、幅広く活動している。(公式サイトより)
劇団壱劇屋 第22回公演『Lumiere Dungeon』
公演時期:2014/1/22~24。会場:門真市民文化会館 ルミエールホール 大ホール。

タグ: 膨大な仕事量に押しつぶされそう 稽古期間が短いピンチ


質問 北尾 亘さんから 小沢 道成さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました方から質問を頂いてきております。東京の、Baobabというダンスユニットを主宰されている北尾亘さんからです。「ここ一年で一番恐怖を感じたのはどんな出来事ですか?」
小沢 
今年1月に僕が立ち上げたEPOCH MAN〈エポックマン〉という僕が作・演出をやる企画をやったのですが、初めてゼロの状態から演劇をつくったんです。企画を構想して、台本を書いて、劇場をとって、稽古場とって、スタッフさんも役者の方達も声をかけて、宣伝をして、演出をして、とにかく演劇の仕組みを知りたくて始めたのですが、主宰という立場なだけで、この公演を絶対に成功させなきゃいけないプレッシャーが半端なくて(笑)結局はひとりでは出来ないことが多くて、たくさんの仲間に助けてもらったりもしていたのですが、パソコンのデスクトップ画面にやることのファイルを次々に置いていたので、その膨大なファイルの量を見た時には、さすがに怖かったです(笑)。

タグ: 膨大な仕事量に押しつぶされそう


ロボット演劇版「銀河鉄道の夜」

__ 
ユーコさんがいま出演中の、ナレッジシアターのこけら落とし公演・ロボット演劇版「銀河鉄道の夜」、大変面白かったです。
山本 
ありがとうございます。どっちを見ました?
__ 
私はBチームを拝見しました。ご自身としては、どんな体験でしたか?
山本 
青年団としてはこれまで何度もロボット演劇はやってきていて。私はロボットに対しては偏見を持っていて、全く関わってこなかったんですよ。
__ 
ええ。
山本 
出演が人間だけの「銀河鉄道の夜」(青年団)には出演していたし、大阪で公演してみたかったので、参加させてもらいました。大変な事は沢山ありましたが、勉強になりましたね。
__ 
私が拝見した時はものすごくスムーズだったんですけど、芝居が止まる事もあるそうですね。
山本 
うん。止まる。もちろん、スタッフさん達がその度に同じ故障をしないように対策を重ねていくんですけど、にしても毎回、色んなところで止まる。それは建物の通信状態とか、お客さんの持ってるWi-fiとか、限定のしようがなくて。予想しようがないんですよ。さらに、ロボットが台詞を言うタイミングは全部決まっていて、つまりこちらの演技を待ってくれる訳じゃないです。そういう意味で、ロボットがこちらの動きを制限してくるんです。
__ 
全ての演技と台詞の出力が予めプログラミングされているのであれば、電波の干渉って受けないんじゃないかと思うんですが。
山本 
受けるんですよ。本当に。一時間のお芝居全てをプログラミングしちゃうと、かならずズレが出てくるので、いくつかのシーンのかたまりで分けてプログラミングしてあるんですけど、それでも。例えばロボビーがいるシーン、一連の台詞と動きはコンマ何秒までを稽古で決めて、役者はそれに合わせて演技を稽古して。そうやって決めた芝居を、本番に入ったらロボビーの方から崩してくる訳。
__ 
それはきついですね。
山本 
そうきついの。キツいと思ったらただのイヤな演劇になっちゃうから。何するか分からん役者が一人舞台上にいると思ってやると、逆に楽しい。「あ、そのセリフ言わへんのねじゃあうちらでフォローするわ」という判断が瞬間瞬間であって。
ナレッジシアター
大阪・梅田グランフロント大阪ビル内の劇場。
大阪大学ロボット演劇プロジェクトx吉本興業 世界初演!ロボット演劇版 銀河鉄道の夜
公演時期:2013/5/2~12。会場:ナレッジシアター。

タグ: 膨大な仕事量に押しつぶされそう 役者のその場の判断 ストップモーション 舞台転換が大変な舞台


時間と芸術

__ 
さて、前回公演の芸術創造館での「どれい狩り」さんとの合同公演で、上演時間が2時間以上でしたね。
伊藤 
はい。
__ 
前半、実は若干ついていけるか不安だったんですよ。前半は暗い照明の中で静かなシーン、後半はふざけたお祭り騒ぎが始まると。一瞬も飽きなかったんですが、これは初めての人にはどうなのかなっていう。
伊藤 
たとえば携帯でもYouTubeが見れる今の世の中で、もう最初の三分でいかに観客を掴むか、多くの人に再生させるか、という即時性の勝負が繰り広げられている訳じゃないですか。そういうものしか流行らないのはちょっと嫌なんですよね。
__ 
確かに、時間が短くてすぐ分かりやすいものが好まれる傾向が強いですね。
伊藤 
演劇は他のジャンルに比べて、観るのもやるのもやはり多少の忍耐がいるんですよ。1時間以上、ずっと観客に付き合ってもらわなければならないので。映画だって撮影と編集に膨大な時間が掛かるのに、チャプターで飛ばせますから。飛ばせないのが演劇の魅力でもあるんですけど、そういう所に無頓着では居られないなと思います。その辺りをちゃんと考えないと、2,010年代以降、演劇を見るお客さんが増えないんじゃないかなぁと思います。
__ 
まあ、映画と演劇では観客の数は全然違うでしょうね。
伊藤 
映画の興業で一つ凄いなと思うのは情報公開ですね。例えば配給会社が特設サイトを作って、映画の内容が大体分かっちゃう。演劇ってそういうのがほとんど出来ないでしょ。会場に行くまで内容がわからないってのは演劇の面白さかもしれないけど、大衆的に考えれば、やっぱりデメリットの方が多いなと思うんですよね。
__ 
そうですね。
伊藤 
例えばお芝居の冒頭を10分だけでも見られれば、興味を持って足を運んでくるお客さんも増えるんじゃないか。ちょっと情報開示をしてあげたらいいんじゃないかと。
__ 
France_panのトップページに、動画が載っている模様ですが。
伊藤 
あれ、練習風景なんですよ。
__ 
あ、そうなんですか! 何かかぶり物とかしてますけど、衣装なんですね、あれ。
France_pan×トイガーデン混同公演 どれい狩り
安陪公房の原作を舞台化。公演時期:2009年4月24日。会場:芸術創造館。
トイ・ガーデン
大阪の若手劇団。安武剛氏を中心として、エンゲキらしきものを表現することを目的に結成。

タグ: 膨大な仕事量に押しつぶされそう 映画の話題 「初めて芝居を見たお客さん」