経験と総括・1

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、山野さんはどんな感じでしょうか。
山野 
最近はありがたい事にとても充実しております。去年は実は色々しんどくて・・・。ご存じかもしれませんが努力クラブも辞めて・・・。余談なんですが僕四柱推命とかタロットカードとか占いが好きなんですけど専門の方に聞いた話だと大殺界の1番しんどい時だったそうで(苦笑)。もう演劇をやめようとまで思ってたんですけど。
__ 
ええ。
山野 
でも努力クラブを辞めてから自分はやはり演劇を求めているんだと。演劇が大好きだと気づいて。
__ 
あごうさんのWS公演に参加されてますね。その影響があったりしますか?
山野 
ありますね。大きいです。芝居を全く0の状態から、しかも全く初めて会った人達と造るということは難しいことなんですよね。付き合いも短いし、まだお互いのことがよくわかっていない状態から造っていかなくてはならないわけですから・・・。しかしそこがWS公演の難しいところでもあり、同時に醍醐味でもあると思っているんです。今は楽しいですよ。
__ 
なるほど。
山野 
そういう訳で立ち直れたんですが、やっぱり大きかったのはTHE ROB CARLTONの「シガールーム」に出演した事ですね。すごく良い経験でした。まず、脚本がとても難しかったんです。全然上手くできなかったんです。
__ 
残念ながら見逃してしまったんですけど、相当面白かったそうですね。どんなお話だったんですか?
山野 
19世紀初頭の大富豪達の話です。大富豪達がシガールームで葉巻とブランデーを楽しんでいるうちにドタバタ騒ぎになるという(笑)人生初めての外国人役で、シガールームで優雅なひとときを過ごすというシチュエーションも初めてで。大富豪の流麗な動きなんて映画で観たことがあるくらいで実際に芝居でやった事もなかったので(苦笑)あんな緊張した舞台は初めてでした。それで周りの皆さんにすごく迷惑を掛けてしまったんです。でも、THE ROB CARLTONのみなさんがとても気を使って良くしてくださって。嬉しかったですね。「こんな大舞台を経験させてもらった自分はなんて幸運なんだ」と。
__ 
ご自身では、「シガールーム」はどんな体験だったと総括していますか?
山野 
「自分は一人で生きているんじゃないんだ。」と思い知らされましたね。色んな人のお世話になって色んな人に優しくしてもらって・・・すごく嬉しかったし、人生観が変わったような気さえしています。
努力クラブ
2011年3月に佛教大学劇団紫で団長をしていた合田団地と立命館大学劇団西一風で座長をしていた佐々木峻一を中心に結成。現在団員は四名である。京都を中心に活動している。(公式サイトより)
THE ROB CARLTON
京都で活動する非秘密集団(こりっちより)
THE ROB CARLTON 7F「ザ・シガールーム」
公演時期:2014/2/7~2/11。会場:元・立誠小学校 音楽室。

タグ: THE ROB CARLTON


vol.364 山野 博生

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
山野