目標

__ 
メイン業務と今後の活動についてはいかがでしょうか。メインはTVドラマの制作なんですよね。
作道 
そうですね、TVドラマの制作は今後も行わせていただきます。僕らはいま、自分達で劇団だとは名乗っていなくて。ただ、自分達でTVドラマを作っている若手集団、というのはなかなか無い面白味だと思うので。
__ 
そうですね。
作道 
今、ほぼ制約のない形でドラマを制作出来ているんです。作りたいものが作れているなという実感はあります。もしちゃんとそこに面白味があるならば、もっと多くの人に知ってもらって、僕らの年齢が上がっていくと同時に面白さが大きくなっていけたらと思います。
__ 
ドラマ「ショート・ショウ」の第一話を拝見しました。面白かったです。太田さんがいいですね。吉岡さんも可愛かったし、悪い芝居の植田さんは分からなかった。
作道 
色々なところで言われているみたいですね(笑う)。やっぱり京都の演劇人としては嬉しいですよね、知っている人がたくさんTVドラマに出ているって。僕は三谷幸喜さんを尊敬していて、ドラマに舞台の人を出すという。三谷組の京都版というと不遜ですけど、映像畑と演劇畑の垣根を越えていけたらと思います。
__ 
素晴らしい。私が拝見した第一話「サティスファクション」、大衆ウケする/しないの話がテーマではありましたがまさに象徴的ですよね。それから、月面クロワッサンにしか出来ない、何と言ったらいいのか・・・あっさりした魅力というか。それが面白くもあり、不満でもあります。
作道 
それは色んな方に色んな表現で仰って頂きました(笑う)。ドラマとしての完成度はもっと高く出来るかもしれない、でも、言いたかった事は伝わる、と。
__ 
それはもちろん。作劇も良かったし、SF的な設定も現実味があって、何だか可愛い感じがしました。今後の方向としてはいかがでしょうか。
作道 
とりあえず一話完結で作っていこうとは思っていますが、今後はある種の連続性を演出していければと思います。最後の最後に、これまでの話の伏線が回収される、みたいな。やりたい事がたくさんあるので、そんな方向になるのかもしれません。
月面クロワッサンの連続ドラマ2「ショート・ショウ」
一話完結の短編集月面クロワッサンの連続ドラマ2「ショート・ショウ」。KBS京都にて放送2012年秋、YouTubeにて4週連続配信を行った「虹をめぐる冒険」―2013年夏、KBS京都にて放送された、地上波初進出連続ドラマ「ノスタルジア」―そして2014年春、また新たなドラマが誕生します。その名も、「ショート・ショウ」―2011年旗揚げ以降、映像作品と演劇作品の両方を京都から発信し続けている月面クロワッサンが、今回手がけるのは、一話完結の短編集。全六話、コメディ、SF、オカルト、フェイクドキュメンタリー、アクションなど毎回違ったジャンルのストーリーをお届けします。そしてこれまで同様、企画・脚本・演出・撮影・編集・音楽まですべてを月面クロワッサンが担当。手作り感あふれる、世界に一つの短編ドラマ集が誕生します。(YouTubeより)

タグ: SFについて ドキュメンタリー 手作りのあたたかみ 三谷幸喜 垣根の無い世界へ 生きている実感 TVドラマの話題


見つける喜び

__ 
ふつうユニットのロゴマークが気になりますね。これは・・・?
廣瀬 
ブロック図ですね。僕、大学でロボット工学勉強してたんですけど、入力から出力までの計算式を分割したり統合したりするためのツールです。これはフィードバック系ですね。作品を出力して、その後フィードバックするみたいな。お客さんが自分の中でフィードバックが帰って来るようになってほしいですね。あと、functionのfが普通のFだったんですよ。
__ 
なるほど。理系の演劇人は珍しいかもしれない。
廣瀬 
結構いるんですけど、理系である事を諦めた演劇人が多い気がするんですよね。僕は理系である事を捨てたくないなあと。理系の考え方って確実に演劇にプラスになると思うんですよ。俳優ならバイオメカニクスの考え方が本当に役に立つんですよ。
__ 
ふつうユニットの公演、一坪シアタースワンで拝見したことがあります。本当にハードSFでしたね。色恋とか一切関係なしの。
廣瀬 
結局、演劇って何かといえば生き死にと色恋が出てくる。それが感情の高ぶる本質的な原因とはいえ、そうじゃないところで盛り上がれるところはあるんじゃないかと。理系が心を震わせる瞬間って、何かを発見した時なんですよ。

タグ: SFについて


三浦君とは違うアプローチ

__ 
ロロ範宙遊泳。勢いの若手であるという認識をしているのですが、坂本さんが作品作りに掛けるモチベーションは何ですか?
坂本 
私が制作をしてるのは、作品が好きで、関わっている人たちが好きだからですね。私は元々、演出をやりたかったんですよ。
__ 
あ、そうなんですね。
坂本 
元々を言うと、蜷川幸雄さんの作品が好きで、ずっと観ていて。18歳の時にあるきっかけでお手伝いさせて頂いて、それから徐々にお仕事として現場につかせて頂くようになったんです。制作の一番下っ端とか、子役担当で袖付きの演出部みたいなこととか。すごく良くして頂いて、私はなんとなくこのまま就職するのかなぁと思っていたんです。
__ 
なるほど。
坂本 
その頃、日芸に通っていて、2009年に先輩達がロロを既に旗揚げして。2本目の15 minutes maidの作品で演出助手を頼まれて。その時のモチベーションも「こんなに面白いのに、もったいない」だったんです。“旗揚げから毎月芝居します”と銘打って毎月公演をしてた時期で、面白いんだけど、広報ができてなかったり制作面が弱くてもったいない。それで、ロロの作品作りに関わりたいなと思いました。
__ 
関わり方としては。
坂本 
ロロを見た時に、私にはこれはできないなと思ったんです。私は蜷川さんの芝居を観て、演劇やろうとりあえず演出だって思ったけど、でも脚本を自分で書きたいと思った事はないんですね。そうなると、演出を経験する事も少なくて。性格的に制作を頼まれることも多かったし、三浦君とは違うアプローチで関わるなら、制作だなと。
__ 
面白いと思うから、作品作りに関わる。ではその上で、どのようなポリシーがありますか?
坂本 
ロロ範宙遊泳も、自分が心から面白いと思えるのと、あと関わるメンバーがすごく素敵なんですよね。だからこそ生まれる作品だと思っています。そこがちゃんと、作品の奥に透けて見えてほしいというのが私の制作としてのポリシーです。例えば、作品が面白くても、作り手の人間性が良くないのは私は絶対嫌なんですね。せっかく素敵な人たちなんだから、この人たちがロロなんだよ、範宙遊泳なんだよって、作品のもっともっと奥もお客さんに透けて見えてほしいですね。
__ 
ほぼ同じ意見です。
坂本 
もちろん、作品が面白ければいいという意見もあるとは思うので、難しいところですけど。
15 Minutes Made
東京の劇団・Mrs.fictionsによるショーケース公演。6団体がそれぞれ15分程度の作品を上演する。

タグ: SFについて