メイプルシロップ

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントを持ってまいりました。
福井 
恒例のやつじゃないですか。こんな僕にも貰えるんですか。
__ 
大したものじゃないので。
福井 
(開ける)あ。
__ 
メイプルシロップです。
福井 
ありがとうございます。料理もするんで嬉しいです。使います。

タグ: クッキングの話題 プレゼント(食品・飲料系)


僕を虜にした世界

__ 
今、何かお考えになっている創作のネタとか、引っかかっているネタとかはありますか?
早川 
そうですね。「創作のネタ」としては、僕は料理が好きなんですよ。本書きになる前は料理人になろうと思ってたんですよ。料理の鉄人という番組あるじゃないですか。僕、あれが大っ好きで。
__ 
私も好きです。小説持ってました。
早川 
ありますよね!僕も持ってました。小山薫堂さんの書かれた本でしたよね。ほかにも関連書籍は全部持ってます。食材を言ってもらえれば誰と誰の対決かとか、どんな料理だったかとか全部言えるぐらい好きなんですよ。
__ 
それは凄い。
早川 
それぐらいめっちゃ好きやったんです。金曜日の放送をビデオに撮って、一週間毎日見てました。今でも最終回のスペシャルを見てます。本当に好きなんですよ。
__ 
今でもですか!
早川 
中二くらいに自分でフランス語の勉強をして、5000円くらいの料理の専門書を買ってきて。自分も料理人になりたかったんですね。一回、そういうお話を書きたいと思っています。三ツ星とか、星に翻弄された男みたいな。それはちょっとやりたいですよ。
__ 
面白いですよね、料理の鉄人。
早川 
あの設定とか演出が好きなんですよね。鹿賀丈史という富豪が道楽でやっている設定とか。あの世界観がたまらなく好きでしたね。自分でオリジナルの鉄人を作って遊んでました。サウンドトラックをバックドラフトから録音してきて、それをバックに自分で書いた台詞を読んで。ラジオドラマみたいに作りましたね。
__ 
それは相当好きですね。
早川 
学校を早退して、陳建一さんのディナーショーに行ったりしてました。今これを言うとみんなに引かれます。
__ 
いや、私は良く分かるつもりです。あの番組はバブル崩壊後の夢であり、あれを見て腹の空かない人間はいませんよ。
早川 
そうですよね、あんな番組は無いと思うんですよ。確実にTV史に残る番組で。
__ 
あの演出は凄かったですよね。道場六三郎が紹介される時のVで、連勝している頃は途中で滝の流れる映像がカットインしますよね。あれが凄くかっこいいですよね。
早川 
鉄人が出てくる時、せり上がってくるのがいいんですよ。こないだまでやってたアイアンシェフは、立っている状態からパネルが下がっていくんです。これはね、同じようで全然違うんですよ。やっぱりせり上がらないと。もの凄く不安だったんですが、やっぱりすぐ終わってしまった。僕に任せてくれれば絶対人気番組にしたのに。ガッカリでした。

タグ: クッキングの話題 ラジオドラマ 世界観の作り込み


海の外へ

__ 
いつか、こんな事が出来るようになりたい、とかはありますか?
せん 
単純に、海外から声が掛かるようなアーティストになりたいです。
__ 
なるほどね。
せん 
それから、今もやっていますがこれからもやっていきたい事があります。私、実はここで料理も出すんですよ。料理するの、好きなんです。料理も一つの、ちょっとした作品だと思うので、それがお客さんの口の中に入るのが嬉しいというのがあって。なるべく本番では何か、料理を出したいとは思いますね。あとは、その場の空気も大事だと思うので、同じ空間の空気を共有する時間を大事にしたいですね。

タグ: クッキングの話題 海外に


精神性

__ 
いつか、どんな演劇を作りたいですか?
矢野 
これはある現代美術作家の受け売りなんですけど、「子供が見て喜んで、且つ同時に批評家が唸ってしまう。」そんな作品。もっと欲をいえば、海外に上演に行ったときに、字幕なしでも分かるような、そんな面白い作品を作りたいですね。それはノンバーバルな、身体表現をやるという訳じゃなくて、発語された言葉と、発語という行為をせざるを得ない人間の身体と、人間の身体そのものや関係性の変化、あるいはそれら全部の相互作用でもって、観客の想像力をあらん限り喚起する。そんな作品を作りたいです。
__ 
それはきっと、お客さんとの間に濃いコミュニケーションを生むのでしょうね。私が昨日見た作品もそうでした。まあ、一見退屈なので眠っているお客さんが大半でしたが。
矢野 
パッケージ化された商品を受け取ることに慣れすぎてしまっているお客さんは、どうしてもより強い刺激を求めてしまうと思うんです。お出汁をちゃんと取った日本料理と、お吸い物のもとの違い。どっちもどっちで、それはあってもいいんですけど、日本人はもともと持ってたと思うんですよ、野趣そのままの素材の味を、奥の方まで理解しようとする心を。つまり、楽しませてもらうのではなく、自分から楽しみに行くという精神性を。

タグ: クッキングの話題 日本人の美意識 子供が見て喜んで、且つ同時に批評家が唸ってしまう 観客との関係性


好物はエビと耳たぶ

__ 
ちなみに、芝さんはどんな保育士だったんですか?
芝  
私は、笑顔だけが取り柄の。
__ 
なるほど。子供好きがしそうな気はしますね。
芝  
そうですね、子供好き、耳たぶ好きなので。
__ 
そう、「耳たぶ」が好きだってインハーのプロフィールに書いてましたね。
芝  
好きなんですよ、耳ばっかりみてますよ。路行く人の耳たぶを。「耳めっちゃいい形してますね」とか言ってしまうんです。気持ち悪いでしょう。あと、エビが好物です。回転寿司いくと12皿ぐらい食べます。大食いなので。ただ、後で蕁麻疹が出ますね。アレルギーなので。
__ 
私はエビとレモンの組み合わせが好きですね。トムヤムクンとかが好きです。
芝  
あーおいしいおいしい。タイ料理。
__ 
今日はありがとうございました。
芝  
ありがとうございました。

タグ: クッキングの話題


質問 金田一 央紀さんから 西尾 佳織さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました金田一央紀さんから質問です。「お風呂には週何回入りますか?」
西尾 
基本は7、でも6くらいかな(笑う)。
__ 
ありがとうございます。「誰かをもてなす料理のレパートリーはありますか?」
西尾 
もてなす・・・人によって、日によって違うかな。これが鉄板というのはないですね。茶碗蒸しくらいかな。
__ 
おお。それはすごい。
西尾 
いえ、上手い訳ではないので。

タグ: クッキングの話題 お風呂 おもてなしの精神


質問 山本 正典さんから 延命 聡子さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました、コトリ会議の山本正典さんから質問です。「水にどれぐらいこだわりを持っていますか?」
延命 
蛇口から出した水は飲めないです、でも学校の飲用水蛇口のは飲めます。ウォータークーラーの水も飲めます。
__ 
普段は家でどうしているんですか?
延命 
ミネラルウォーターを使っています。京都の水道水って飲めるんですが、私は飲めないですね。「京都の水道水」「大阪の水道水」のペットボトルが売ってるじゃないですか。それは飲めます。
__ 
料理も?
延命 
料理は全然水道水です。お湯を沸かしてお茶を飲むのも水道水ですね。でも、蛇口から出たのは、そのまま飲めないんです。

タグ: クッキングの話題


図る

__ 
悪魔のしるしという集団について、こういう言われ方をして事があるんじゃないかと思うんですが、どこか建築的ですよね。
危口 
ちょいちょい話には出ますね。
__ 
例えば全員で一つの複雑な構造物を運ぶ作品「搬入プロジェクト」はまさに建築をモチーフにしているし、「注文の夥しい料理店」はまさに作品のコンセプトそのものがとても構造的だなと感じたんです。登場人物の人肉が出てきて、それを食べる作品というのは、これはもう驚きを覚える仕組みだと。
危口 
そうですね。お客さんを強制的に舞台空間に強制的に組み入れてしまう。
__ 
それは、どのような考え方で作るのでしょうか?
危口 
まあ、学生時代に建築をずっと勉強していて、その考え方が今でも生きているというのはあります。まず、ダイアグラムが大事であると。一旦図式化して、関係性を考えながら作る。
__ 
図式化する。
危口 
お客さんが演劇を鑑賞する際に、お金を払って劇場に来て、椅子に座って見るだろうと。そういう図式を前提としつつ、そこをちょっといじる事で、他の作品と比べにくくするという事なのかなと。同じ土俵で勝負したら勝てないという卑屈な自覚があるので。身体も強い、脚本も強い人たちには勝てないから、そうじゃないやり方をする我々が、スキマ産業的にいられればいいかなと思ってます。というのがこれまででした。最近はまたちょっと違ってきたかもしれませんが。
「搬入プロジェクト」
通常、演劇において舞台上の演者の動きは脚本と演出、すなわち言葉によって導かれる。しかし、ひとを動かすのは何も言葉だけではない。たとえば、ものすごくデカくて複雑なカタチの物体を運び入れねばならないとしたら――その物体の重量や形状こそが、このパフォーマンスの“脚本”と言えるのではないか。(公式サイトより)
「注文の夥しい料理店」
宮沢賢治の名作「注文の多い料理店」を元にした悪質剽窃舞台劇。原作では一命を取り留める猟師たちだが、本作では腕を切り落とされ目玉をえぐられ最後にははらわたを食い荒らされる。観客席をS席とA席に分け、倍近く価格は高いうえ正装を強いられたS席の客は特等席に座り、 話題のフードアーティスト諏訪綾子(food creation)による、場面展開に添った食事を食べながら観劇できるという仕掛け。逆にA席側から観ると、晩餐に興じる観客もまた舞台世界の住人のように感じられる。なお、本作のテーマとなる絵は画家である危口の父親が描きおろした。(公式サイトより)

タグ: クッキングの話題 コンセプチュアルな作品 ユニークな作品あります


質問 渡辺 ひろこさんから 松田 裕一郎さんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた、渡辺ひろこさんから質問を頂いてきております。「普段はどういう事をしているんですか?」
松田 
普通に仕事してますね。プライベートで言うと、最近はよく料理をしています。タジン鍋ってあるでしょう、あれが楽でね。あれでよく、ピラフみたいなのから何から、色々。
__ 
ピラフも作れるんですか。
松田 
はい。炊飯器で作るよりおいしいですよ。直接火に掛けるだけで簡単で、弱火でやったら、油も敷かなくていいんですよ。このあいだ、鯛の酒蒸しをやりました。

タグ: クッキングの話題 お互いのプライベート知らん


vol.293 松田 裕一郎

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
松田

フランボワーズビネガー

__ 
今日はですね、お話を伺えたお礼にプレゼントがございます。
片桐 
いいんでしょうか。ありがとうございます。
__ 
どうぞ。
片桐 
(開ける)フランボワーズ・・・?
__ 
のお酢です。料理にも、水などで割っても飲めるみたいです。
片桐 
ありがとうございます。こういうの、好きです。

タグ: クッキングの話題 プレゼント(食品・飲料系)


vol.288 片桐 慎和子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
片桐

さつまいものポタージュ

__ 
田辺さんと言えば、先程「Tea for Two」見てきたんですけどね。Aチームを見てきました。
築地 
Aチーム!イッパイアンテナの阿部さん、良かったですよね!あの自然体な感じ。
__ 
そうですね。で、劇団ソノノチチーム限定の築地さんのスープ。めちゃくちゃ美味しかったです。あのふわふわな、クリーミーな感じが。
築地 
ホントですか。ありがとうございます。あれ、カンタンなんです。野菜と牛乳とコンソメがあったら出来るんですよ。あとちょっと玉ねぎを使ってます。
__ 
作り方を伺っても良いでしょうか。
築地 
野菜を蒸して、適量の水と一緒にミキサーにかけてペーストにして、コンソメと一緒にZipLockに入れて凍らせて、それを溶かして牛乳と混ぜたら出来るんですよ。私が劇場にいなくても仕上げが出来るような工夫をしました。野菜の甘みが出るようにしました。
__ 
あれは料理になっていましたね。Facebookで築地さんの料理の写真がアップされてたりして、楽しみです。何故、築地さんはそんなに料理が上手なんでしょうか。
築地 
いやいや趣味です。自炊の延長です。
__ 
あ、そうなんですね。
築地 
貧乏なんで(笑う)安くて美味しいものが出来るように、手間を惜しまずにやってますね。
__ 
料理に対する勘を感じるんですが、それはどこから。
築地 
実家で、母に教わったんですよ。母が若いころ保育士をやっていて、女の子は料理が出来てなんぼ、と。小学校一年の時にキレイな卵焼きが作れたんですよ。
劇団ソノノチよりみち2(劇団ソノノチ+トランポリンショップ)「Tea for Two」
公演時期:2012/11/6~25。会場:一坪シアタースワン。
イッパイアンテナ
同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のOBを中心として、2007年11月に旗揚げされた演劇団体。主な演目はコメディとコント。劇場を気持ちよく走り抜けるライブ空間にすべく日夜活動している。(公式サイトより)
劇団ソノノチ
中谷と北海が大学在学中に4年間所属していた劇団テフノロGを卒業後、2008年に社会人劇団として集団を再結成。メンバーはそれぞれにジャンルの異なった自身の作家活動や制作活動をおこなっているため、その得意分野を生かした舞台表現に今後注目が集まる。人と時間の繋がりを大切にしながら継続的に作品発表の場を持ち続けることを目標にしており、舞台表現とアート・デザインの複合性とその「これから」を探る(劇団名もこの「これから(その後)を探る」にちなんでつけられた)。(公式サイトより)

タグ: クッキングの話題 自然体


質問 中谷 和代さんから 築地 静香さんへ

__ 
劇団ソノノチの中谷さんからも質問です。「何をしている時が一番楽しいですか?」
築地 
うーん、人の為に何かしている時ですね。料理も。実は自分の為の料理はかなり適当なんですけど、誰かの為の料理は手間を掛けたり。乙女座って、そうらしいんですよ。
__ 
次です。「誰かと初めて会った時、その人の何をチェックしますか?」
築地 
初対面の時ですよね。姿勢かな?少しだけ猫背だと親しみやすいかも。

タグ: クッキングの話題


才能があるかどうかは、継続出来たかどうか

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
築地 
うーん、でも、ムリせずに。「才能があるかどうかは、継続出来たかどうか」だって言葉があって。諦めた人は、その時点で才能が無いと見なされる、だから続け続けるというのは才能があるという言葉なんですね。
__ 
素晴らしい。
築地 
だから私は、調整しながらも続ける事で、才能があることを証明したいです。自分には本当にその分野の才能があるのか?証明してくれるのは、他人の評価じゃなくて、今も続いているかどうかなんですよ。これまでいろいろと多趣味に手を出して来ましたけど、今も続いているのは料理と演劇だし。

タグ: クッキングの話題 どんな手段でもいいから続ける 続ける事が大事 今後の攻め方


質問 竹崎博人さん から 荒木千恵さん へ

Q & A
__ 
今日は、竹崎博人さんという、次々回以降にお話をさせて頂く予定の方からご質問を頂いてきております。
荒木 
竹崎さんというのは・・・?
__ 
芝居とかで映像を作成される方ですね。「休日の過ごし方を教えて下さい? 芝居関係以外で」
荒木 
最近はパンを焼いています。
__ 
パン! パンですか。へー。
荒木 
ちょっと趣味で。やってみると割と簡単ですよ。クッキングパパを参考に焼いています。
__ 
ああ、うえやまとちの。
荒木 
私びっくりするぐらいクッキングパパが好きなんです。90冊くらい持ってるんですけど、それを読んでは料理を作ったりしています。
__ 
最近作った中で、工夫して焼いたパンとかは。
荒木 
私はおせちを作る担当なんですけど、あまった栗きんとんを中にいれたきんとんパンを作りました。

タグ: クッキングの話題


ロヲ=タァル=ヴォガ

__
毎回いうのもあれなんですけど、準備するのがたのしいですね。
奥田
こないだはごめんなさい。
__
いえいえべつに、そんな。
奥田
いいかんじになったね。キッチンの床。
__
八県伝のときの板をしいたんですよ。
奥田
ああ・・・・・・この上でくるくる廻ってたやんね。
__
そういえばそうでしたね。料理ですが、今日はちょっと・・・・・・量が多すぎるかもしんないんですけど。
奥田
おなか空いて・・・・・・あ!そうだ。これおみやげのメロンパン。
__
マジすか!
奥田
ティーンズの差入れをいっこパクってきただけなんですけど。
__
マジすか。やった。あっ・・・・・・お水とか、飲まれますかね(皿をならべていく)
奥田
あ、飲みます。あー今日忙しかった・・・。めっちゃ美味しそうふふふ・・・・・・
__
ああ・・・・・・そうなんですか(皿を出す)。
奥田
・・・・・・はい。あのー少しダメ出ししますけどいいですか?
__
ええっ!
奥田
皿の置き方が乱暴ですね。いや、ぼんっぼんって。いやわかんないけど。
__
すいません。
奥田
いやわかんないけど、おもてなしを目指してるならゆっくり置いた方がいいんじゃないかなあと。
__
すいません。
奥田
いやいやいや・・・・・・
__
いや、本当、すいません。
ロヲ=タァル=ヴォガ(劇団サイトへリンク)
劇団維新派に所属していた草壁カゲロヲ氏の旗揚げした劇団。2001年の吉田神社での公演にて、衛星メンバーの何人かが手伝った記憶がある。
床板の木材
前述のロヲ=タァル=ヴォガの神社での公演で使用された木材が衛星の公演に回り、それがインタビュアーの当時の部屋の床になった。今でもある。
奥田さんがくるくる廻っていた
廻ってた廻ってた。衛星の8月公演「狂騒里見八県伝」の話。奥田さんは八県士の一人の巫女役だった。
献立
メインがタマネギ煮込みの肉詰め、トマトと卵のスープ、サラダとかだった。
お皿の出し方がうるさい
あせっていたのか、皿をそっと出さなかった。さらに当時使っていたテーブルがガラス張りだったのもあり、度々顰蹙を買っていた。

タグ: クッキングの話題 おもてなしの精神 差し入れ


vol.2 奥田 ワレタ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥田

乳清

__
あ、どうぞ。
植村
あ、はい。
__
あ、お酒とか、飲まれませんか?
植村
あ、いやいいよ、早いとこ帰るんで。
__
うん、そうっすね、早いとこ、済ませましょうか。
植村
(少し笑う)
__
いや、でも今回ホント来て頂いてうれしいです。マジに。
植村
(少し笑う)
__
存亡の危機でしたから。
植村
うん、え?
__
僕の。
植村
コーナー?
__
あ、どうしよ。何か話さなきゃな・・・・・・
植村
(少し笑う)
__
あ、そうだ、スープでも出しましょうか。
植村
あ、いいよいいよ別に。
__
あ、・・・・・・植村さんて、対談したことあるんですか?失礼なんですけど。
植村
えーと、対談はないんかな。
__
あ、初めてなんですね、僕が。・・・・・・!いや、そんな、下心とかそんな事は全然ないんで、あの、気兼ねなく。
植村
(微笑む)
__
(深呼吸する)・・・・・・黒木さん遅いなあ。
植村
(笑う)
__
あ、ごはんよそ、あ、いや違う、いや、ちょっと待て、違う、ちょっと待て・・・・・・そうだ!お水、あー、のど、かわいてます・・・・・・?
植村
あ。
__
大丈夫・・・・・・
植村
うん。
__
そっか、あ、いや、でも・・・・・・(水を注ぐ)何があるか、分かりませんからね。一応。そうだ。乳清とか、飲まれます?
植村
え?
__
乳清っていって、なんか、ヨーグルトとかほっとくと透明な液出てくるじゃないですか。それなんですけど、あ、まずいなそんな事。でも俺、飲みます。好きなんで。・・・・・・すいません。
植村
あ、いえいえ。
__
どうしよう、ちょっと舞いあがっちゃって。なんか、心にもないこと喋っちゃって。・・・・・・あ、そのおひつ開けたら凄くびっくりしますよ。
植村
なんだろう。
__
えっこれはアレじゃないかみたいな。ま、ニセモノなんですけどね。
乳清
ヨーグルトを漉して作った飲み物。余った。
存亡の危機
企画して一月後、やる気がなくなっていた為。
スープ
トマトと卵の冷たいスープのつもりで作っていたが、この時あまり冷えていなかった。
録音
当時はカセットテープで録音していた。
狼狽
黒木さんが遅れてきたため、料理を出すタイミングが分からず、焦っている。
ニセモノ
代替キャビア。確かランプフィッシュの卵。ご飯の上に載せていたらその下が真っ青になっており、食欲が削がれた。

タグ: クッキングの話題