ホテルの雰囲気

__ 
ホテルとラグビーが、THE ROB CARLTONの構成要素だそうですね。個人的な話、私もホテルでアルバイトしていた事があったんですよ。ドアマンと受付をやっていました。
ボブ 
そうなんですね。楽しいですよね、ホテルで働くという事は。ホテルは非日常だと思うんですよ。
__ 
そうですね。
ボブ 
日常のようなホテルなんて、ちょっとがっかりするじゃないですか。まあホテルマンというのは演出するんですよ。出来るだけ胡散臭い格好や言葉遣いをしよう、とか。フランクなホテルマンもいらっしゃいますが、その対極にあるような、たとえば髪をガシガシに固めてピシピシ動くようなホテルマンがいたら嬉しいと思うんです。お客様は。芝居も同じように、お客様の理想像をしっかり具現化したいなと考えています。
__ 
それはまさに役作りですね。
ボブ 
そこはやっぱり、しっかり演じてほしいところだと思うんですよ。だらっとされたら嫌なので。嘘でもいいから過剰にしてほしいですね。お芝居も、お客様を迎えてほしいんですよ。そこに見合った、それを越えた満足をしてほしいですから。しょうもないホテルには二度と行きたくないものですよ。
__ 
そこが一番見えるところですからね。インテリアやタリフよりも。
ボブ 
そういう事ですね。もう一つの要素であるラグビーは、全員が高校のラグビー部だったからです。ラグビーって面白いんだよという事を、芝居を通して一人でも多くの人に伝えたいです。
__ 
「トーストマスターズ」のラスト、ボブさんの正装で出てくるんですが、その衣裳がラグビーの・・・
ボブ 
ラグビージャージの(笑う)。あれはラガーマンの最高の正装ですから。
__ 
最後に出てきた時、何故短パンになっていたのかと思いましたが、そういう事だったんですね。

タグ: ホテルの話 役作り=役割の分析 B級の美学 「変身願望」 優しい嘘 おふざけ あの公演の衣裳はこだわった 衣裳・ユニフォーム系


質問 倉田 翠さんから 和田 ながらさんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました倉田さんからお願いと質問です。紙とペンをご用意いただいて、「最近めっちゃ腹立った事をばーっと書き出してください。」
和田 
えっ。腹が立ったこと?うーん。(書き出す)はい。
__ 
「先輩から深夜にメッセージが来て、京都のゲストハウスを検索して探し回ったけど空室がほとんど無かった事am3:00」ありがとうございます。
和田 
京都に遊び行くからどっかいいとこ知ってる? って聞かれて、探しはじめたら止まらなくなっちゃったんですけど、全然あいてないんですよ! 住んでると京都が観光都市だということを忘れますね。
__ 
京都にはもっともっとカプセルホテルが必要ですね。なんとなく150万室くらい欲しいよね。ありがとうございます。次です。「日常生活で大事にしている事を教えてください」
和田 
三度の食事。ただの健康なやつの答えですね(笑う)
__ 
朝食は何を召し上がるんですか?
和田 
食パンを焼いてジャム塗ってぐらいですけど、絶対食べます。

タグ: ホテルの話 朝食についての話題


わたしの役と相手の気持ち

__ 
呉城さんが演劇を始めたキッカケを教えてください。
呉城 
田中遊さんの劇研アクターズラボが最初です。あれが最初じゃなかったかな。平田秀夫さんのWSとかを週に1回受けてて、公演クラスに行ってて。それを2回ぐらい。
__ 
呉城さんは独特の存在感ですね。良く言われませんか?「春よ行くな」を引きずり過ぎてしまっているのかもしれない。まあいいや。今日聞こうと思ってたんですけど、俳優の仕事ってどういうところから始まると思います?
呉城 
えっ、何そんな。
__ 
例えば、良く言うじゃないですか「相手の気持ちを考えよう」って教訓。これはもの凄く難しい事だと思うんですよ。私は自分にはそういう才能は全く無い事を自覚していて。まあそれはホテルでバイトしていた頃に発覚したんですけど。
呉城 
ああ、サービス業だとよく言われますよね。相手の気持ちを察する。
__ 
でも、相手と同じ場所にいる時に、“自分の”気分には素直になれるじゃないですか。これはつまり、関係を連続していく内に、相手の気分と同調出来る可能性があるという事なんですよきっと。これは共感への道のりと言えるんじゃないか。気持ちに素直になるって、これはもう俳優の仕事の第一歩なんじゃないかなと。でも、その第一歩が分からない。
呉城 
相手の気持ちと同調する方法・・・赤色エレジーの稽古場では佐々木君と役について結構話していて。「この役はこの話が終わった後はどうこうするに違いない」とか。自分の劇団では良く、読みが浅いと言われているんですけど、今は読もうとしています。そういう話をした日の稽古は普段とはちょっと違う気がする。自分でもちょっと楽しいというのはありますね。
__ 
なるほど。
呉城 
役についての話が増えていくと自分も楽しいんですよね。今はまだ、辻崎さんの話はまだ理解しきれていないんですけど、それでもとりあえずやってみる、そういう姿勢です。今の稽古場はそういう人が多いですね。他の人の稽古をちゃんと見とかな、って人ばかりで。私も全体を見て、視野を広げていようとしています。そうしないと失敗するタイプなんで。

タグ: ホテルの話 演技の理解、その可能性 俳優の「素」を生かす 舞台全体を見渡せる感覚 反応し合う 関係性が作品に結実する


沖縄キジムナーフェスタ1HzタツノリナイターWater Painting、ヒキダシ_ホテル

__ 
山口さんは、最近はどんな感じでしょうか?
山口 
だいぶ忙しいですね。首が回らなくなってきたぐらい。先月7月いっぱいは沖縄キジムナーフェスタという児童演劇のフェスにいっていました。沖縄市の古座に滞在して、5カ国の人たちと5ヶ国語で演じる演劇作品を滞在制作していました。海外からも日本からも色んな団体さんが来ていて、楽しかったです。8/23には1Hzという、和田ながらさんの「したため」と市川タロさんの「デ」とBRDGの3団体を見られるイベントをUrbanguildでやる事になりました。その3日後が、8/26にタツノリナイターという、今村達紀さんのソロをまとめて見ていただくという企画です。
__ 
いいですね、それは。
山口 
めちゃくちゃいいんですよっ。「ハシ×ワタシ」に出演して頂いてから度々一緒に仕事したりしているんですが、身内の欲目じゃなく伸び続けていると思っています。彼がUrbunguildで上演したダンスが素晴らしくて、泣いてしまった事があるんです。ダンス好きな方にはぜひ。
__ 
行きたいなあ。
山口 
黒子沙奈恵さんとか出村弘美さんとか竹ち代毬也さんとか、殿井歩さんとか出るんですよ。それに、劇団壱劇屋も。
__ 
山口さんのセレクションなんですね。見たいです。
山口 
それから、9/12に和歌山の和歌浦のART CUBE で「Water Painting」というタイトルのダンス作品を演出・振付します。和歌山、いいところですよ。それと、10月にKYOTO EXPERIMENTのオープンエントリーで参加する作品の準備も進めています。「ヒキダシ_ホテル」というタイトルで、美術館で上演します。前回公演の「TEA×HOUSE」で取り上げた、京都に長年住んでいる日本以外から来た方のこれまでの生活をリサーチ・インタビューしながら演劇作品にしていきたいと思っています。このテーマの第三弾ぐらいですね。
__ 
演劇・ダンス以外では?
山口 
いま、通訳の勉強をしています。時々英語の翻訳・通訳の仕事もしているんですが、もう少しできるようになりたいと思いまして。
沖縄キジムナーフェスタ
公演時期:2013/7/20~28。会場:沖縄市各地。
1Hz
公演時期:2013/8/23。会場:UrBANGUILD。
タツノリナイター
公演時期:2013/8/26。会場:UrBANGUILD。
Water Painting
公演時期:2013/9/12。会場:ART CUBE。
ヒキダシ_ホテル
公演時期:2013/10/26~27。会場:遠藤剛熈美術館。

タグ: ホテルの話 人を引き出す振付 衝撃を受けた作品 アーティストの生活 町とアートと私の企画 次の公演 残したいという気持ち


答えの出ない題材

__ 
もし、今後、実現したい作品のアイデアがあれば教えてください。
山口 
10月の作品「ヒキダシ_ホテル」では、京都に長年住んでいる日本以外の国からやってきた人たちの話を引き出します。まだインタビューの段階なので、それをどう構成していくか。扱う題材もステートメントを作れないものばかりです。他者と自分、自国と外国、移民と、答えの出ない題材。短期間じゃできないんですが、時間を掛けてリサーチをしていきたいです。
__ 
私たちはどんな人々を見る事になるんでしょうね。
山口 
そうですね。インタビューで会う人たちは本当に面白い人たちばかりで。これこそ、自分で書くにはキャパオーバーです。

タグ: ホテルの話 いつか、どんな演劇を作りたい? 創造環境としての京都 インタビュー取材による作品づくり


クリスマス

__
宝ヶ池プリンスホテルってあるじゃないですか。衛星、あそこで、クリスマスディナーショーやるんですよ。橋本組の企画で。
福田
ふーん。
__
うん。会場に来た子供たちと一緒に。ディナーショーでお祝するという。
福田
へぇ~。それはなんなんほんとに子供たちと一緒にやんの?
__
うん、企画に招待された家族連れのお客さんたちで。
福田
へ~なにそれめっちゃたのしそう!
__
うん、その仕込みの手伝いなんですよ。今年のクリスマスは。
福田
へえ。それは衛星の人も出んの?
__
うん、しげやんさんも出るよ。去年はねずみの配達屋さんだったけど。めちゃくちゃたのしかったよ。
福田
狂喜乱舞やん。夢ある。それ今年もやるの?
__
楽屋がスイートルームでさ。至れり尽くせりで、ホテルっていいなぁと思ったよ。
福田
あそうだ、高橋君てさ、なんだっけミュージカルの時にホテル泊まったんでしょ?
__
あうん、絵殿の時ね。
福田
うん、それを聞いてなんて階級上の人やって思ってん。
__
ははは。いやあれはね、あのときホテルにバイトしてたのもあってマイブームだったんですよホテルが。
福田
ああ~でもあかんわ、あたし貧乏性やからな一泊なんぼやから気にしてまう。
__
はは。
福田
余暇を楽しめない日本人だからあたし。

タグ: ホテルの話


vol.13 福田 恵

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
福田

ホテルに泊まる

__
インターネットで申し込むと宿泊費は大体半額になるよ。
福田
えっ!
__
いや僕の勤めてたとこは違うけど、尼崎のは2万が1万になった。確か。
福田
へえそうなんや。そんなにそっちの方が楽なん?
__
いや多分、インフラ整備みたいな感じじゃないかな。いままで予約の取り付けは電話に頼ってたじゃないですか。いや、営業まわりとか修旅とかは別だと思うけど、個人はほとんど電話予約。だからインターネット好きの人プラス新し物好きの人の売り上げが、ネットが普通の手段になるまでのキャンペーン試算を上回ったからかもね。そんな個人顧客向けのサービスキャンペーンかもしれない。
福田
ふうん。

タグ: ホテルの話


vol.13 福田 恵

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
福田