旗揚げ公演「HYBRID ITEM」に立ち会う

吉本 
匿名劇壇の芝居を見たのは「HYBRID ITEM」でした。それまで、授業の一環として何本か舞台は見たんですが、「こういうものか」ぐらいしか思えなくって。でも「HYBRID ITEM」は凄く面白くて、何回でも見たいぐらい面白かったんです。衝撃的で。
__ 
それまで見てきた中で一番面白かった?
吉本 
うーん、お金の掛かっている舞台は、やっぱり凄いなと思う事はあるんですけど。面白さの種類が違う感じかな。でも、総合的には一二を争う感じでした。
__ 
「HYBRID ITEM」、私は拝見していないんですが、何が吉本さんの心を押したんでしょうね。
吉本 
福谷さんの戯曲は言葉が重要だと思うんです。それを正確に伝えつつ、同世代の心を正確に突いてくる。言葉の選び方も、役者さんの言い方も、すごく新鮮に感じたんです。
__ 
今の時代の言葉であり、そしてもちろんリアルな会話演技に共感を感じた。
吉本 
演劇ってシェイクスピアのようなコテコテの、普段の生活ではないセリフだと思ってたんです。でも、日常生活で起こっている会話だった、それがセリフであることを新鮮に感じたんです。
__ 
現代のアクチュアルな言葉で、セリフの実感を与えられるのが匿名劇壇の強みなのかな。観客のメディアリテラシーを信用している。
吉本 
そうだと思います。こんな事やっていいのかなというシーンもあるのに、それが分かるし面白いんです。
匿名劇壇 旗揚げ公演「HYBRID ITEM」
公演時期:2011年5月。会場:近畿大学アート館。

タグ: お金の事 「演劇を好きになる」 シェイクスピア


出会いと別れ

__ 
FTPというか、劇団衛星との出会いと別れについて、です。まず、どんな経緯で入ったんですか?
楠  
4回生の時に声優の養成所に通っていて、他にも大学で演技の勉強ができるようなところがないか探したところ、蓮行さんが教えている授業を見つけました。子供たちとお芝居を作るWSを学生が企画実践する授業です。そこで京都の演劇と出会い、アルバイトの期間を経て、卒業後フリンジシアタープロジェクト(FTP)に入りました。
__ 
そして、辞めた。
楠  
そうです。今でも顔向け出来ないぐらい、迷惑を掛けたし申し訳ないと思っています。でも、FTPを辞めなければ出会えない人たちや舞台に沢山出会えました。FTPにいないと出来ない経験は山ほどあったんですけど、FTPを辞めないと出来ない経験が私にはたくさんあったんです。私はそれを選べて良かったです。辞める辞めないで悩んでいた時相談に乗って下さった方々には、今でも本当に感謝しています。辞める事自体も迷惑になる状態で本当に苦しかったですが、それでも、辞めたことを後悔したことはないです。
__ 
じゃあ、良かったんですよ。それは。
楠  
でも申し訳ないです。たいしていい働きも出来なくて・・・。
__ 
だからこそ、楠さんがもっと大きくなって、衛星を見返すぐらいの存在になってもらわないと困るじゃないですか。
楠  
それは、そうなのかもしれないですね。
__ 
楠さんは、いまどんな感じで演劇を続けていきたいですか?
楠  
FTPで働いて、辞めて、それで思うんですけど、今の京都で役者として演劇を仕事にするというのは、ステージ以外の部分で働くしかないんですよ。私はワークショップや教育に興味がないので、時間やお金だけをみれば割りのいい仕事が他にいくらでもある。だから今は割り切って、アルバイトで効率よくお金を稼いで、それで自分の演劇をしています。とても幸せです。
__ 
なるほど。
楠  
演劇教育で働くプロのあり方もその功績も、凄い事だと思います。でも私は、お金を稼げることだけが演劇のプロなのではないと思っています。
劇団衛星
「小劇場での演劇でしか絶対に表現できない舞台表現」を極めるべく、1995年6月設立。「演劇人=アルバイト生活」の常識を破った、フリンジ業界における非常に珍しい専業演劇人集団である。京都を拠点に、既存のホールのみならず、寺社仏閣・教会・廃工場等「劇場ではない場所」で公演を数多く行い、茶道劇「珠光の庵」や裁判劇「大陪審」などの代表作を全国で上演。また、演劇のポテンシャルを利用したワークショップなど「演劇のないところに演劇を送り込む」活動を、幅広く展開中。(公式サイトより)

タグ: お金の事 声優になりたかった 退団したら・・・


vol.381 楠 海緒

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
楠

場所

__ 
村本さんは今後、どんな感じで攻めていかれますか?
村本 
ちょっと大きな事を言ってしまえば、今後活動していくにあたって一番ネックになるお金の問題。これは皆さん全員が同じ問題を持っていると思うんですけど、いつまでもお金がないという当然の状態を、全員と共有したくないと思っているんですよ。例えば若い子を公演に呼ぶ時も、なるべく、僅かでも・・・本当は「僅かでも」なんて言いたくない・・・ペイメントを用意したいと思っています。
__ 
素晴らしい。
村本 
自分が欲しいと思っている以上にね。偉そうに言ってしまうと、助成金任せにする為には自分が売れなくてはいけない。でも中々そういう状況にはならないので。なるべく、自分でお金を生み出すシステムを見出して活路を作っていきたいです。作品自体で回らないのであれば他で補填しなければいけないし。そういう意味で、何かを運営していく事に興味があります。実は、今後運営出来る物件が見つかって。
__ 
いい場所になるといいですね。
村本 
自分にとって楽しい感じで生きて行ければと思っているんですけど(笑う)。

タグ: お金の事 どんな手段でもいいから続ける 今後の攻め方


劇場でやる理由

__ 
今後、chikin的にはどんな活動を。
山村 
自分たちなりに舞台を作り続けて行ける循環を作って行きたいと思っています。一番は金銭面の問題があるんですね。劇場を借りるためのお金の為に、チケットが高くなっちゃうんです。だから、劇場ではない場所に公演を移したいと考えているんですけど。
__ 
劇場を借りて公演するというのが一般的ですね。
山村 
私たちはアトリエ劇研にお世話になってきたんですね。造形大にいた頃から出入りしていて、もちろん造形大にも劇研の人が仕事に来るし。無意識で延長線上にあったんですよね。その無意識さが、ちょっとどうなのかなと。
__ 
今後は、劇場の外で表現することも出てくると。
山村 
作品を作っていくうちに、やはり劇場でなければダメだということになるかもしれませんが・・・。今は、劇場でやる理由が見つからないんですね。
__ 
分かりました。ありがとうございます。

タグ: お金の事


「モンパルナスのキキ」

__ 
「KIKIKIKIKIKI」というカンパニー名についてですが。これはどういう由来で付いた名前なんでしょうか。
きた 
言いにくい方がいいなと思っていて。言うのに絶対に詰まるっていいじゃないですか。
__ 
かつ印象も強いし、素晴らしいですよね。「モンパルナスのキキ」が由来の一つだそうですけども。
きた 
いや、それも正直後付けで。
__ 
あ、そうなんですか。
きた 
音として、「キ」が好きなんですよ。実際に発音すると歯が見えるとことか。「キ」。「キ」。
__ 
あ、解ります。機械的な感じがしますよね。かつ小さくて表面がロウソクの手触りで、かつ短い。
きた 
いや、音として好きなんですよね。苗字も北だし。でもカンパニーの名前としては長い方がいいなと思って、並べてみたんですよ。
__ 
何故6つ並べたんでしょうか。
きた 
5つだと言えるんですよ。で、7つだと長すぎると。中間として丁度いいのが6つだと。そんな事を考えていた時期にたまたまマン・レイの写真展に行って、キキの写真があって。あの写真自体が気に入って、モデルになったキキついて調べていたら彼女の生き様が凄く面白くって。こういう女性像って凄くいいなと、こういう事がやりたいなっていう。
__ 
ああ・・・何か、アイツは凄いですよね。
きた 
アイツ凄いと思う(笑う)。
__ 
デビュー後はパリ文化の中心人物だったのが、後々はクリーニング屋の店員や麻薬密売人になったりするあたり極端な凋落っぷりというか。
きた 
だけどお金のある振りをしたりね。マン・レイはキキの写真で有名になったじゃないですか。でもああいう男に簡単に捨てられちゃうじゃない。ああいう感じってすっごいいいなと思って。あれぐらいキップがいいと、近づいてこられたら迷惑なんだけど見てる分には気持ちが良くて。ああいう人ってやっぱり面白いなあと。
__ 
伝説ですよね。まあ同時代の人にとっては面白くてしょうがなかったと思うんですよ。凋落って凄く魅力的ですよね。かつて栄光を持った人がショボくなったり。破滅的なね。
きた 
でも暗い破滅は好きじゃないんだよな。
__ 
暗い破滅は好きじゃない。
きた 
暗いんだけど、どこかこう、そこに希望を見てるというか、それも抱えて楽しんでいるというか。ただただ、シリアスになっていくのは好きじゃない。難しいね。

タグ: お金の事 名称の由来


難解さ

__
小林さんが衛星に入ったのって、何がきっかけなのでしょうか。
小林
最初に関わったのはティーンズステージですね。高校から入ろうと思ってたんですが、他の事もやろうと思って部活動をしていました。2006年の大陪審を見て、改めて入団しましたから、今は2年目です。
__
衛星の芝居のどこが面白いと思ったのでしょう。
小林
それは凄く話したい事なんですけど・・・まず初めて見た小劇場が衛星だったんですね。中学生の時に「千年王国の避難訓練」を見たんですけど。やっぱりこう、凄い衝撃を受けました。その衝撃をどう言葉で表していいか分からないんですけど。もちろん、小劇場ならではの刺激もありましたが、あの、難解さがあるんだけども全然置いていかれないところとか。
__
確かに、あの感覚はちょっと説明出来ないですよね。
小林
ええ。あと、個人的に蓮行さんと感覚が近い部分がありまして。何かの選択をする時とか。作品作りの方法にしても、感覚的に合うというか。
__
作品作りの仕方ですか。
小林
はい。植村さんも言っていたかもしれないんですけど、衛星の稽古場では口立てという方法を使って作品作りをしているんです。そこでは稽古場での会話で出てきた話題やネタがそのまま作品に繋がったりするんですね。脚本ありきで作る作品とは全く違っていて。面白いです。
__
今回は銀行強盗の話ですね。
小林
ええ、銀行強盗をする劇団と、もう一つの劇団の主宰が銀行で鉢合わせするという。実はこれは、まんまそうとは言えないけども蓮行さんの二面性を表しているという捕らえ方を稽古場ではしていて。お金の事でどうしようもなくなった劇団が、最後にはどうするのか、という。
__
追い詰められた劇団か。
小林
例えばこれを見た演劇人や、他の追い詰められた人達とかも、色々考えちゃったりするんじゃないかなと思います。
ティーンズステージ
京都市東山青少年活動センターが十代の青少年向けに実施していた、演劇公演の発表を最終目標とする企画。劇団衛星代表の蓮行さんがこの2001年度の演出を受け持っていた。演目は別役実作「マッチ売りの少女たち」。
千年王国の避難訓練
劇団衛星作品。初演・2000年5月

タグ: お金の事


コーディネーターの役割

__
Afro13のみならず、兎町十三番地の受付などでも齋藤さんのお姿を拝見する事があるんですけれども、齋藤さんのお仕事とはプロデューサーという。
齋藤
そうですね、世間的にはプロデューサーとして名刺を渡したり挨拶させてもらったりしているんですけども、関わる劇団との関係でそれぞれ違いますね。それこそプロデューサーだったり、コーディネーターだったり制作やマネジメントだったり。というのは、プロデューサーという役割にこだわりがあって。映画においてプロデューサーというのは監督よりも偉い立場なんですよ。何故なら、お金を出しているから、というアメリカ的な考え方があって。それは良い考え方だなと思っていて。最終的には、監督が撮った映像の編集権限はプロデューサーにあるんですね。それで面白くない編集をされたら監督は怒りますね。したら監督が外されるんですよ。そうなると映画の監督のクレジットには外された人の名前は出ず、代わりにある架空の人物の名前が表示されるんですね。その名前でクレジットする事が決まっていて。ハリウッドでは、その架空の人物が一番多く映画を撮った事になっているんですね。
__
なるほど。
齋藤
日本でも、そういう意味でのプロデューサーがちゃんといるべきだと思っています。僕は色んな所で仕事をしてるんですけど、お金の責任を全て持つ場合以外は、プロデューサーという名前は付けません。
__
例えば、コーディネーターですとか。
齋藤
劇団鹿殺しの制作をしていたときは、劇団の方向性とかも結構考えたりしていて。お金の責任以外のプロデューサー的な仕事もしていたので、ぴったり合う名前が無かったからコーディネーターという役職名もにしました。兎町も結構そういう感じですね。
__
コーディネーターとは、基本的にはどういうお仕事なんでしょうか。
齋藤
僕の中ではコーディネータとは、劇団が立ち上がって、その後の道筋を一緒に考えられる仕事まで出来る人をコーディネーターと呼んでいます。道一つ間違うと、5年で行ける所を10年掛かる場合があるから、そういう立場が必要なんですね。でも、そういうノウハウを上の世代の人は持ってる筈なのに下の世代には落としてこないんですよね。
__
確かに、そういうイメージはありますね。
齋藤
映画ではそういうのちゃんと出来てるんですけど、お芝居は上にいっちゃったら下の関わりが、あんまり無いんですね。40代、50代の人たちが、20代の若手に「あなたはこういう風にすればメジャーになれるよ」みたいな話をする機会が減ってて。昔は、そういう人が劇場のプロデューサーになって、若手の劇団と接触する事もあったんですが、それすらも今はなくなって。行き詰まるじゃないですか。才能があっても。
__
それは嫌ですね。
齋藤
もちろん劇団としての方向性とかはあるので色んなパターンを組まなければならないんですけどね。一度道を通っている人達と、右も左も分からない人達とでは、理想への近づき方は全く違いますよね。そこを、もっと手伝えたらいいなと思っています。だから、例えば兎町とかは第四回公演で東京公演するというのはここ十年くらいの関西ではかなり特殊な存在だと思うんですよ。それは、他のみんなが行けないという訳ではなくて、行く道しるべが無かったからなので。ちゃんと、マーキングさえしていれば、四回目で東京というのはそんなに無茶ではないんですね。
__
なるほど。
齋藤
そこで勝負して駄目だったら、演劇でご飯を食べていく事を諦めて、社会に戻るか、細々と演劇を続けていくか、という選択肢を提案できるじゃないですか。
__
そういう、一個の公演の初めから終わりまでではなく、劇団の最初から最後までの舵取りを手伝うのがコーディネーターなんですね。
齋藤
そうですね。それに加えて、さらにお金とかの責任を持って自分がどうこうしていく、という立場をプロデューサーだと思っています。
兎町十三番地
2005年3月13日結成。作・演出・中川昌紀氏。歌とダンスを中心に、幻想的な世界を紡ぐ。
劇団鹿殺し
座長・菜月チョビが関西学院大学在学中にサークルの先輩であった代表・丸尾丸一郎とともに旗揚げ。旗揚げより「老若男女の心をガツンと殴ってギュッと抱きしめる」を合言葉に土臭さと激しさが同居する人間の愛おしさを表現する物語と、役者の身体、パフォーマンスに重点をおいた演出で観客を魅了している。(公式サイトより)

タグ: お金の事 後輩たちへ 映像の現場


9年

__
では、そろそろ始めていこうと思うんですが。奥村さんの、現在のニットにおける役割ってどんなんでしょう。
奥村
そうですね、チラシには制作の欄に名前がありますが、やってる事は演劇に関わるという事よりもさらに裏方の事務作業というとこですね。チラシには載ってるけど、何してるんだろうと思われているんですね。チラシを撒く訳でも、宣伝する訳でもなく。役割的には会計ですね。
__
私の中では、ニットの柱というイメージがあるのですが。
奥村
マジで!? 私、自分がどう思われているのか分からない。
__
団員暦が長いという印象がありますからね。
奥村
え、でも私高原と同じだよ。
__
そうでしたっけ。それでも4年くらいですよね。
奥村
そうやね。最年長ということが、物凄く前からニットにいる人と思われがちですね。ホームページでもその辺、ごまかされてるしね。
__
ニットも、旗揚げからもう、7,8年いきますよね。
奥村
「お彼岸の魚」のごまのコメントに、「8年してる」ってあるから、もう9年目とかじゃないですかね。
__
長いですね。
奥村
私が入ったのは、アトリエ劇研での「男亡者の泣きぬるところ」で。本格的に制作に関わったのは、そこからですね。
__
雑務と仰いましたけれども、具体的にはどのような。
奥村
ええと。
__
お金の管理とか・・・。
奥村
そうそう。あと、当日受付全般ですね。
ニットキャップシアター
京都の劇団。代表・演出はごまのはえ氏。個性的な俳優陣と高い集団力をもってごまのはえ氏の独特な世界観を表現する。
ニットキャップシアター第22回公演「お彼岸の魚」
公演時期:2006年12月22日~2007年5月20日。大阪:in→dependent theatre 2nd、東京:下北沢 駅前劇場、愛知:愛知県芸術劇場小ホール、福岡:ぽんプラザホール。
ニットキャップシアター第17回公演 「男亡者の泣きぬるところ」
公演時期:2004年10月1日~18日。会場:アトリエ劇研

タグ: お金の事 世界観の作り込み


vol.55 奥村 マキ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
奥村

生き方

水波
高橋君は卒業したらなんかやりたいことあるの?
__
まだ決まってないですけどね。
水波
ああ。
__
サラリーマンが夢ではあるんですけどね。世間でいうほどつまらないとはどうしても思えませんからね。
水波
まあ仕事の内容にもよるけどね。お金のためだけに仕事をするのはやっぱりちょっとつらいと思うしね。かと言って、好きなことと楽なことを一緒にしちゃうとなかなかそれはお金には結びつきづらいし。
__
そうですね。
水波
それにはやっぱ努力が必要だとおもうね。
__
・・・・・・今日ちょっと古本屋行ってて、でなんか生き方についての本がありまして。
水波
ああ。
__
その本にですね、一番重要なのは無駄な努力だと書いてあったんですよ。
水波
うん。
__
ためになる努力は努力じゃないと。本当に成功するために必要なのは一見無駄にみえる努力の積み重ねだと。
水波
うん。
__
高橋尚子選手が「本当に楽しい42.195キロでした」と言ったのは、その言葉の裏にいままで走ってきた何万キロというコースがあると。
水波
なるほど。
__
やはり努力ですね。
水波
うん。
__
努力が嫌いな人っていますかね。
水波
ああ。
__
モノによりますかね。
水波
そうやね。すべてにおいて真面目に着実にっていうのはそれだけで才能やからね。
__
そうですね。
水波
高校の時に真面目だけが取り柄だっていう友達がいたんだけど、何事に対しても真面目に取り組めるってことはそれだけで才能だと思う。まあ逆を返せば皆自分の好きなことにしか努力しないという。宿題を出されなければなかなか勉強しないというか。
__
ああ。
水波
怒られるから塾に行く、みたいな。ほんとに勉強の出来る人は自分で自分に宿題をだしてクリアしていくからね。なかなか自分に対して公平にハードルを置いて、それを独力で乗り越えるってのは難しいと。

タグ: お金の事