芝居を始めた経緯と調子乗りの話

__ 
松永さんが芝居を始めた経緯を教えて頂けないでしょうか。
松永 
始めたのは19歳の頃です。高校を卒業して、いまお世話になっているリコモーションのオーディションを受けたのが最初です。
__ 
表現したいというのは、子供の頃からあったんですかね?
松永 
興味はありました。でも、小学校の2年生からずっとバレーボールをやっていて。本気で取り組んでいて、全国大会にも何度か出場しました。だから、自分にはバレーがあるから、オーディションには行かないと。でもそれは建前で、本当は行きたかったんですね。バレーを言い訳にしていたんです、きっと。その後、高校を卒業した時に、このままじゃダメだと思って。変わりたいと思ったのが一番あったのかな。それからいろんなオーディションを受けて、今の事務所に所属することになりました。
__ 
興味があったんですね。
松永 
あったと思いますね。注目されたい気持ちもあったんだと思います。バレー部のときも女子にモテたりして、今考えたら調子に乗っていたと思います。高校の頃はカットモデルとかもやっていて。あと私、普段から友達とエチュードみたいなことをやっていたんですね。それで褒められたりして、そういう経験が私を調子に乗らせていたと思います。その反動で、今は調子に乗っている自分を自覚するようになってきました。
__ 
調子に乗りながらも自覚している。抑制が効いていると。
松永 
(笑う)自覚せずにはいられなくなったんですよ。一番大きいのは社会人になったからですね。常に謙虚でありたいなあと。

タグ: 『モテ』 バレーやってた 調子のってた


質問 伊藤 えりこさんから 野村 侑志さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました伊藤えりこさんから質問を頂いてきております。「最近モテてる野村さん。モテの秘訣を教えてください。あと、お誕生日おめでとうございます。」
野村 
モテてないです!モテたいです。人前に出る以上は。誕生日についてはありがとうございます。
__ 
なるほど。伊藤さんのようにね。
野村 
そうですね。

タグ: 『モテ』 色んな秘訣集


3つの十年

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
Q本 
ナチュラルな人気者に(笑う)。でも、やっぱり、基礎を押さえたいというのはあります。テニスをやってた時に、「センスはあるのに、基礎技術がなくて頭打ちだな」という選手を何人も見てきたので。感覚だけに頼らず、まず、体を作るところからですね。いまはそれが課題です。
__ 
いやいや国体三位になった人が体作りからとは・・・
Q本 
いやいや10年掛かって、筋肉を落としちゃいました。華奢なほうがモテるかと思って(笑う)。
__ 
軟式テニスでインターハイにまで行った、洗練された鍛えられし筋肉が落ちてしまうものなのですか。
Q本 
落ちますね。年を取ると。大学4年から何もやってないので。
__ 
残念と言っていいですね。
Q本 
筋肉って大事だなと今は思いますね。
__ 
今は、駆け引きの能力だけが残っていると。
Q本 
どうでしょうか。試す場がないので。
__ 
寝る前にイメトレとかはしないんですか?毎晩、コートのラインだけの空間で対戦相手と・・・
Q本 
しないですね(笑う)。

タグ: 『モテ』 いつか、こんな演技が出来たら


ウケを狙う少女

__ 
いままでの目標とこれからの目標を教えてください。
嘉納 
あまり目標とは関係ない生き方をしてきているんですが、何となく、なんか笑いが取れる人になれたらいいなと思っていました。アドリブとかだとそこそこ笑いを取れるんですが、台本とかで笑いを取れるというのはとても難しいですね。いまは、割と自由自在になりたいなあと思っています。
__ 
20代の頃から、笑いを取りたかった?
嘉納 
取りたかったですねー。でも、やっぱり若い女の子に笑いを取れって難しい話ですよね。いまぐらいになると周りの目線が違うし、自分のなかでも、こんな感じでいったれ、というのが分かってくるし。
__ 
なぜ、そのぐらいの女の子が笑えないんでしょうね。
嘉納 
女の子はなるべく、おとなしく、笑われないように育てられるからかも。どちらかというと、被笑わせられ側みたいな。男の子はもっとやんちゃで、笑いを作る側としてやってきている。よっぽど台詞が面白くないと、女の子が笑いを取るのは難しいんですよ。男の人が作る漫才とかコントは見てて面白いんですけど、やはり男の人が作る男の人の面白さなんですよね。
__ 
それが演劇にも延長してきているわけですね。
嘉納 
男性の作家・演出家さんだから、かもしれませんね。男性が考える女性の面白さは、やっぱり男目線なんですよ。上手い方もいますけど。でも、女性ならではの笑いは、例えばユニット美人さんとか、女性にしか作れない笑いだし。それでモテるという事はないと思うんですけどね。その、モテるというのを、一旦供物として犠牲にしないといけないかもしれませんね。

タグ: 『モテ』 アドリブについて ジェンダー・女性らしさ 男性性とは何か


本音

__ 
有北さんにお話を伺ったところ、彼の原動力はしょうもない人への愛情だという事が分かりました。
嘉納 
そう、そうですよね。ちょっとロクでもないところを見せてくれないと友達にはなれないよな、って気はしますよね。あとは銭湯でお互いの裸を見せ合わないとね。
__ 
かのうとおっさん作品では、登場人物は本音をモノローグで言ってくれてますよね。私達が日常生活で「思っても口に出せないこと」どころか「不謹慎すぎて意識の上にすら上げたくないような打算」を易々と代弁してくれる。非常に露悪的なパフォーマンスなんですが、それは何故かとても笑える。かのうさんは、なぜそういう人物を描きたいんでしょうか。
嘉納 
台本を書く上でそういう台詞の方が映えるんですよね。立派な事を言っている台詞って、わざわざ舞台上で見なくてもいいような気がするんです。それと、人がそういう本音を言っているのを見たいんですね。「モテたい」とか「モテてる奴は全員死ねばいいのに」とか。
__ 
台詞が映えるというのは何だか分かりませす。
嘉納 
立派な人たちばかりが出てくる芝居が、面白いとは私には思えなくて。やっぱり喜んでもらいたいですからね。
__ 
受け付けない人もいるかもしれませんね。
嘉納 
ああ・・・やっぱりいるんじゃないですかね。方向性を間違えたら、何か言われてしまうかもしれません。

タグ: 『モテ』 本音の価値


伸び伸びとやらせてもらってます

__ 
西原さんを最後に拝見したのが満月動物園「ツキシカナイ」で、その前がATLAS「キリンの8割、わたしの2割」で、その前が一人芝居フェスの「私の未来」でした。どれもとても面白かったです。
西原 
ありがとうございます。
__ 
西原さんは歌手でもあるんですよね。「私の未来」では、ラストの歌がマジで凄かったです。さて、西原さんが歌ったり演じ始めたのはいつからなのでしょうか?
西原 
歌い始めたのは高校生で、演じ始めたのは23歳ぐらいです。当時スナックで働いてたんですけど、そこに来ていたお客さんの奥さんが劇団をやっている人で。私がバンドをやっていると言ったら、「表現をしている人として、一度はお芝居も観てみたら」と勧められて。観に行ったら凄く楽しくて。そこから繋がっていって、「出てやー」って言われるままに色んな所に出演していたんですが、そういえば自分から「出たい」と思ってオーディションを受けたり事はなかったですね。
__ 
つまり西原さんはモテまくっているという事なんですね。
西原 
いえ知り合いの劇団ばっかりなんです、それも良くなかったんちゃうんかなあと思ったりしています。「あの劇団に絶対出たいねん!!」ってがむしゃらに頑張ったりした事がないのが今の悩みに繋がってるのかも。
__ 
なるほど。「私の未来」を見た時に間違いないなと思った事があって。西原さんが凄く伸び伸びとやってたと思うんです。すごく。それは、西原さんが人前に立つ事を誰よりも許されている人だからなんだろうなと。自然な流れに従ったからこそ、今の西原さんがあるのでは。
西原 
嬉しいです。でも、戒田さんの作品はいつでも伸び伸びとやらせてもらってますね。ATLASさんの時も、アサダさんが、私が伸び伸び出来るように書いて下さってて。
満月動物園
おもな登場人物たちはいつもフツーの人たち。でも、ほんの少しメルヘンな世界におかれる。キュートな死神にとりつかれたり、 トイレに流されてしまったり、アタマからカサのはえてる人と仲良くなったり、ユメとネムリの境目をウロウロしたり。クスリと笑えるシチュエーションで日常をほんの少しメルヘンにずらして、ほんの少し優しく見つめると、ハードな現実も直視できます。(公式サイトより抜粋)
満月動物園 第弐拾夜 『ツキシカナイ』
公演時期:2013/1/18~20。会場:シアトリカル應典院。
ATLAS
「愛は色々。」男女の愛、家族の愛、世界は愛に満ちている。その中でも、ATLASは「マイノリティーな愛」を描いた作品を主に扱う団体として2005年に立ち上げられました。(公式サイトより)
最強の一人芝居フェスティバル INDEPENDENT:12
公演時期:2011/11/24~27。会場:in→dependent theatre 2nd。
西原希蓉美×戒田竜治(満月動物園)「わたしの未来」
出演:西原希蓉美×演出・脚本:戒田竜治(満月動物園)。

タグ: 『モテ』 オーディション ユニークな作品あります 衝撃を受けた作品 自分は何で演劇を


vol.290 西原 希蓉美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
西原

笑わせる奴が凄い。面白い奴が認められる

__ 
黒川さんが演劇を始めた経緯を伺いたいのですが。
黒川 
一番最初に舞台を好きになったのはイッセー尾形さんです。僕、中学高校と寮生活を送ってまして、その時代は外部とほぼ遮断されていたんです。その時にイッセー尾形さんの本を読んで、凄いなと。TVも全く無かったんですが、文字だけで。
__ 
それだけでも面白いと。
黒川 
映像すら見た事ないのに、この人面白いなと。その後、大学浪人時代に実家に戻ってきて、TVでダウンタウンを見て。もうそれで腹が捩れるぐらい、笑ったんですよ。泣きながら。気が狂うほど。同じコントをビデオで何回も何回も見て。妹が「気がおかしくなったのか」と心配するぐらい。大学入学後に学生劇団に入ったんですけど、やはり自分でやりたいことがやりたかったので、ベトナムを立ち上げました。
__ 
その笑い転げたというのが、強い体験だったんですね。
黒川 
強烈な体験でしたね。根底にあるのはそれですよ。そこから、とにかく笑いを取る事が好きで、それが僕の全てになりました。
__ 
そこから、笑いの作り手に。
黒川 
中学・高校時代で身についたベースもあったんだと思うんです。外と接点がないとやっぱり笑いだけが全てになるんですね。男子校の笑いだから下ネタか暴力しかないんですが、僕は、そこのお笑いも好きだったんですよ。
__ 
というと。
黒川 
笑わせる奴が凄い。面白い奴が認められるというね。他の中高生が経験していない、言えないことばかりでしたね。クソみたいな生活で・・・今みたいにお洒落なことなんて何一つないし、女子もいないからモテるとかないし。えげつない事ならあるけど。
__ 
笑いが絶対的な価値観だった?
黒川 
まあ、笑ったり笑わせたりが楽しかったですね。門限の時間後にどの窓から入ったら面白いかとか、デコピンを限界まで試したり、危険な事もありました。外からは何も持ち込み禁止だったので、身一つでしたね。将棋を紙で作る世界でしたから。そういう経験が今でも続いている部分はありますね。

タグ: 『モテ』 外の世界と繋がる 凶暴な役者


変容と変節

__ 
以前インタビューさせていただいた若旦那家康という方に、衛星の噂話を聞いたんですよ。その昔、大阪万博ホールで上演された「宇宙巡査部長ガリバン」という作品。40人あまりの役者が舞台上で白兵戦を演じるシーンがあって、一人がコンタクトを落として全員で探す事になるという演出があったそうですね。
蓮行 
よう覚えてんな(笑う)。
__ 
話を聞いただけで面白いと思うのですが、考えてみれば私が衛星に入ったのも、そういうおバカ路線が好きだったからなんです。指魔術千手観音という作品が最初でした。そして10年。私は、今の衛星作品はそうしたおバカ路線と二分したように思えるのですが、そのあたりはいかがでしょうか。
蓮行 
ええとね、路線を変更しているとはあまり思っていないです。色々な問題があって・・・まず、先ほど言ったように問題を切り分けず複合的に見ないといけない。
__ 
ええ。
蓮行 
何せ21歳の頃から衛星をやっているんで、当然人間が変わる訳ですよ。21歳の頃に見えていた世界と、今見えている世界は違う。変わらないのは女の子にモテたいという原理主義ですが、そのターゲットも落ち着いた反応を見せてくれる層になった。だし、当時見えていた社会的問題と、現在のそれは違うんですね。さらに僕は、現在やっている事も十分ばかばかしいと思っています。
__ 
当初のお馬鹿な作風についてはどのような感慨がありますか?
蓮行 
僕が最初の方にやっていた「サロメ」という作品。僕はとても愛しているのですが、今はチャック・O・ディーンという俳優がいないんですよ。彼の、20歳そこそこの肉体が作品の成立要件なんです。脳天気番長という作品も、岡嶋さんという得難い俳優はもちろん、やっぱりチャックさんがいないんですね。よしんば彼がまだ現役だったとしても、35歳の彼がセーラー服で女装して出てきたとしてもその面白さは我々が必要とするものではないんですね。
__ 
そうかもしれませんね。
蓮行 
また、冷静になって考えてみれば今再演を重ねている大陪審という作品もやはり馬鹿馬鹿しい作品なんです。お腹壊して人前でうんこ漏らしたという事を、ようも裁判所にまで持っていくわと。馬鹿馬鹿しさはさらに増していると言えるんですね。そこで行くと、けして路線を変更した訳ではなく、俳優としての身体の変容を受け入れ、さらに変わっていく現代の世界情勢と折り合った上で、僕らのやっている表現はけして変節した訳ではないんですね。
__ 
では、その上で目指していきたいものはありますか?
蓮行 
よくぞ聞いてくれました。無い。だって分からないからね。我々の作品作りのコアな部分は様々な状況が重なって刻々と変容していく。それは社会情勢であったり、ギャルもて原理であったり、さっきも言ったように複雑系だからです。
宇宙巡査部長ガリバン
公演時期:1998/10/18。会場:大阪万博ホール。
月極発表会6月「超贋作サロメ冒涜版
公演時期:1996/6/15~16。会場:京大総合人間学部E号館裏庭。

タグ: 『モテ』


劇団うりんこ「お伽草紙/戯曲」全国ツアー

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。twitter等で近況を伺えましたが、お忙しいなかありがとうございます。
平松 
こちらこそ、ありがとうございます。特に今は忙しくしているんですけど、やりたくてやっている事を全てしてしまう性分なんです。でも楽しいです。俗に言う、《辛楽しい》ですね。
__ 
素晴らしい。
平松 
最後には何でこんな事になっちゃったんだろうって思うんですけど、結局自分で決めてやっている事だった、みたいな。むしろ、他人に言われてやるというのが苦手で。頼まれないでやっている事が最近特に多いです。
__ 
でも、それで効果があったら幸せですよね。
平松 
そうですね。その効果を推し量るのが大変なんですけどね。今手がけている「お伽草紙/戯曲」の場合は、作品の反響が大きいんです。一度見に来て頂いたお客さんがツアーの応援をして下さったりするんですよね。「最後は松本ですよね!みんな一緒に観に行ってみる?」みたいに。ネットならではの結実の仕方をする気配があります。そうしたエピソードの出方が、近年まれに見る状況ですね。
__ 
それは俗に言う、モテているという状態ですね。
平松 
へぇ~、なるほど。分かりやすい。2年前に公演した時はモテると思ったのにそこまでじゃなくて(笑う)。だから、とにかく見に来てもらおうと売り込んだんですよね。モテるための努力をここ一年くらいしまくったんです。すると、以前は気になっていても来れなかったお客さんが来てくれたり、うりんこの事を最近知って下さったお客さんがいらしたり。
__ 
企画の素晴らしさはもちろんとして、劇団うりんこ/うりんこ劇場ならではのモテ要素とは。
平松 
多分、家族のような感覚が劇場にあるからかもしれません。これまでの歴史が堆積しているんですね。脚本・演出家に固定の人はいないし、俳優の年代もバラバラ。それでも、人が見れば「あ、うりんこだね」って分かるみたいなんです。
__ 
ああ、そうした下地とかムードがあるのかもしれませんね。

劇団うりんこ
劇団うりんこの創立は1973年。8人の若者が集まって創った劇団です。以来、うりんこはその名前・・・・・・猪のこども・・・・・・のとおりに元気に走り続けてきました。今では、活動も広がり、愛知・岐阜・三重の東海三県での学校公演だけでなく、おやこ劇場・こども劇場、公立文化施設の主催事業、教育委員会、児童館の仕事などで、全国的に公演をするようになりました。また、海外の劇団との合同公演。スタッフの招聘。海外公演など国際的な活動も広がっています。(以下略。公式サイトより)
劇団うりんこ「お伽草紙/戯曲」
公演時期:2012年1月~3月。会場:名古屋・横浜・広島・福岡・大阪・相模原・豊川・松本。

タグ: 『モテ』 エネルギーを持つ戯曲


ブリュッセルの思い出

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。
米田 
お願いします。
億  
お願いします。
__ 
子供鉅人、ブリュッセル公演でしたね。お疲れさまでした。度々ブログを拝見していましたが、非常に充実されておられたようで何よりです。ブリュッセルはいかがでしたか。
米田 
最高でした。いかがでした?
億  
うん・・・。
米田 
億さん黒人にモテるんですよ。黒人のミュージシャンにガチで求愛されて「君に千のジャズを贈りたい」って言われたんですよ。走って逃げてましたけど。
億  
正直テンションあがりました。すごい、楽しませて頂きました。
__ 
はい。
億  
米田が財布を2回すられて。
__ 
ええっ。
米田 
1回目はどこですられたかわからなくて。2回目はプレゼントとして貰った財布をすられました。iPhoneも取られかけたんですよ。猫みたいに引っかかれて、うわあってなって。取られずにすみましたけど。
億  
いやぁ、あれは笑った笑った。
米田 
戻ってきたから良かったんですけど。あと食中毒になったり、いっぱい事件があって。逆に楽しかったです。
子供鉅人
2005年、代表の益山貴司、寛司兄弟を中心に結成。奔放に広がる幻視的イメージを舞台空間へ自由自在に紡ぎ上げる。(公式サイトより)
子供鉅人 演劇公演ツアー 2011 バーニングスキン
公演時期:2011~2012。会場:東京・大阪・ベルギー各地。
oku_yoneda_cut1.jpg" alt="" border="0">

タグ: 『モテ』


唐仁くん

__
唐仁原さんから、質問をお預かりしているんですが。
真野
私に?
__
はい。今回、夫婦役で出演されるそうですが、それに関してだと思います。「どこまで許されますか?」
真野
何だそれ(笑う)。でも、唐仁君はすごく好きなんですよ。だから、「どこまででも」って。
__
あ、お伝えしておきます。
真野
前のオムニバス公演でも夫婦役していたんです。年の差はあるんですけど、唐仁くんは落ち着きがあって。だから、多分モテるんです女の人に。分かんないんですけど、唐仁くんを知らない私の周りの人が中野劇団を見て彼を好きになって。評価を周りから聞くと自分の中でもさらに評価が上がって(笑う)。
__
なるほど。

タグ: 『モテ』