顔の見える観客

__ 
最近考えている事はありますか?何でも結構です。
鳴海 
去年の11月に私たちの新しい劇場がこけら落としを迎えたんですが、PANみえの芸術監督として、津の人たちがもっと劇場を使って人生を楽しんでもらう為にはどういう風に仕掛けていけばいいのか。その事ばかり考えていますね。もちろん作品の事も考えていますが。
__ 
劇場を使って人生を楽しむ。
鳴海 
それはどういう事かというと、もろもろの地域はリトル・トーキョーになってもしょうがないんですよ。良いところは参考にしつつ、大都市の縮小・劣化コピーではない劇場文化を作った方がいい。人口規模も文化の形も違うんです。津には津の文化の充実の仕方があるはずです。どういうスタイルや仕組みがしっくりくるのかを考えています。
__ 
東京以外の演劇人が必ず考えているテーマと言えるかもしれませんね。東京の人から見ると「京都は時間の停まった町」と思われている、みたいな話を聞いたことがあります。それはそうなのかなとも思うし、反感も覚える。鳴海さんは、東京から三重に越されて、「何かが違う」と感覚された事はありますか?
鳴海 
具体的には、東京にいた頃、公演を観に来たお客さんと触れ合える時間というか密度は相対的には薄かったですね。
__ 
短いんですね。
鳴海 
三重だと、劇場以外にも会う機会や場所があって、比較すれば濃いです。私自身はそう感じます。見に来てくれたお客さんの人生にコミットしているという実感が強い。良い影響か悪い影響かは置いといて。それは私にとってはとても嬉しいです。そうは思わない人もいるでしょうけど、私には性に合っている。フランスやドイツで公演した時も、多くのお客さんが私たちに話しかけてくれたことと重なる部分があります。
__ 
お客さんとコミュニケーションが取れる、それは上演側にとっては嬉しくてしょうがない事ですもんね。
鳴海 
もちろん、何千人のお客さんの目に触れるのもとても大事で難しいことですけど、顔の見える観客の一人ひとりの人生の糧になっているという実感も大切な側面だと感じます。私たちは民間の自由度と機動性を活かして、語り合える場としての劇場とその実感を大事にしたいと思っています。
__ 
そうした関係性を知らない人にとっては「時間が止まっている」と見えるのかもしれない?
鳴海 
それは、どうなんでしょうね。人間の身体のサイズは変わっていないけれども細胞が入れ替わり続けている状態は「時間が止まっている」と呼べるのかもしれないし。それとも、延々と流れている川の水面を見て「時間が止まっている」とも言えるかもしれません。東京は文化の新陳代謝も激しく輪郭が変わりやすいので時間が止まっているとは感じません。その意味では京都の印象はちょっと違うなと思います。
__ 
京都、新しいものが出てこないという実感がありますけどね。
鳴海 
クラシックという意味じゃなくすでにあるものを大事にしているというか。基礎が意識的にも無意識的にもしっかりある印象があります。上辺だけでコロコロ変わっていくんじゃなくて、発展させるにしても、リノベーションするにしても、その基礎の部分がどこかで作用しているように思えます。
__ 
ああ、京都はそういうところあるのかな。でも基本的には、京都で演劇をやっている人は常に反逆的というか、既存の物に対して破壊を試みている印象が強いです。というか、そうあってほしい。でもその根っこには、そういう、根っこへのリスペクトは確実にあるでしょうけれど。

タグ: 『東京』 演劇のない地に演劇を現出 社会の中で演劇の果たすべき役割 町とアートと私の企画 有機的に関わりあう 時間停止都市としての京都


売れたい

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか。
杉原 
客演をやっぱり、頂きたいなと思います。今回のカストリで誰かに見て頂いて、新しい繋がりが出来たらなと思います。
__ 
なるほど。
杉原 
そこからゆくゆくは、メディアに出ていきたいなと思っています。ずっと大阪の小劇場に出ていても、あまり魅力的な人生とは言えないと思うので。芝居を続けるならやっぱり、東京なのかなと。
__ 
なるほど。
杉原 
売れたいなと思っています。
__ 
素晴らしいと思います。そういう気持ちを持つ事は恥ずかしい事ではないです。むしろ、それを言えるご自身を誇ってください。応援しています。

タグ: 『東京』 今後の攻め方


東京俳優市場2014に出ます

真壁 
稽古が始まる前に、皆で人狼ゲームをしようと提案したんです。ミジンコターボでも、稽古が始まる前にゲームしていたのでそういう経験からですね。もちろん時間は区切って、演出家が稽古場に来るまでに稽古もして。演出はテノヒラサイズの湯浅さんで、指示されていた稽古もして・・・
__ 
コミュニケーションも、稽古も工夫してされていたんですね。それはきちんと、立派な稽古場になっていますね。
真壁 
リーダーだから言う訳じゃないですけど、皆の成長し具合が分かりますよね。
__ 
それは真壁さんが一番成長したと思います。
真壁 
いやー、どうでしょう。私の相手役の子も、ずっと相談をしてくれて。日増しに演技が凄く良くなっていって、感動でした。みんなと得たものはとても大きかったです。参加して良かったです。
__ 
真壁さんは、次回の東京俳優市場への出演も決まっていますね。思いを教えてください。
真壁 
色んな方に、「東京で今の芝居を続けてたらダメだよ」って言われてます。でも見たことないし分からんし・・・いやすみません私こんな感じなんですよ(笑う)。とりあえず、今までやってきた事を全て出したいですね。知らない事ばかりですし、知らない演出家の方だし、初めての土地の、もちろん初めての劇場で。何が出来るか、というよりも、何かをしたい、みたいな好奇心が強いです。
__ 
真壁さんを使い尽くして下さい。
真壁 
ホンマですね(笑う)、自分で自分を使い尽くしていきますよ。
東京俳優市場2014
東京俳優市場は、2006年に開始し今年で8年目20回目の公演を迎えました。若手俳優の育成と発掘を目的としたもので、売り出し中の芸能事務所各社イチオシの若手俳優、女優を舞台を通して芸能関係者にアピールするものです。3人の演出家からなるオムニバス公演が年に2回公演があり、1人だけではなく全員が主体となった形で、3人の演出家からなるオムニバス形式の3つの話を若手俳優、女優が演じます。若手俳優、女優発掘 芸能関係者にとってはこれから芽を出す、これから輝く俳優、女優たちを見つける絶好の機会です。劇作家・演出家は業界で活躍しているプロの作家、演出家のもと、レベルの高い舞台を提供します。(公式サイトより)

タグ: 『東京』 稽古とコミュニケーション能力


vol.376 真壁 愛

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
真壁

そういう場所に身を置けたら

__ 
いつか、こんな演技が出来るようになりたい、というのはありますか。
畑中 
常に楽にやりたい、と思っています。いまだに「やろうやろう」になっているので。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか。
畑中 
そうですね。まずはもっと芝居がうまくなって(笑う)、客演なんかもガンガンしたいな。東京に行きたいというのはありますね。数が多いから分散されているというのはありますけど、この間行った「マボロシ兄妹」はある種理想的な環境で、毎日誰かの役者さんが、おおっそうくるかみたいな新しい事を稽古場でされるんですよ。意識が高い人が絶対数的には多いので、そういう現場に身を置きたいとは思っています。
__ 
マボロシ兄妹!その話をしてませんでしたね。見たかったです。
畑中 
プロデュース公演でしたけど、良くまとまった作品だったと思います。青山円形劇場の閉館前にやれて良かったと思います。私は演出助手だったんですが、役者さんがずっと古典の解釈みたいに台本について意見交換していて。完全に外から稽古場をみていると、自分が役者として言われ続けている事が、一体どういう事なのか分かることがあります。
__ 
その場所にいたかったですね。あのチラシ凄かったですよね。
畑中 
そう、スタッフさん全員が役者みたいだって山崎さんが言っていて。本当にそんな感じでしたね。

タグ: 『東京』 いつか、こんな演技が出来たら 今後の攻め方


次の土地の子供鉅人

__ 
苦労したシーンはありますか。
山西 
全体的な話になっちゃうんですけど、環境の変化がすごくて。暑かったり寒かったり、雨が降りそうだったり色んな部分が。緊張感が無くなってしまわないようにと思ってました。
__ 
緊張感という点なら、シーンごとの差はすごいですよね。役を演じる演技と、ツアー演劇のコンダクターの演技。
山西 
僕は劇団員になって初めての公演だったので、単純に演技する上で勉強になった部分が大きくて。でも、またそれとは違う、アドリブのツアーをしているときの演技は別の意味で面白くて。
__ 
子供鉅人の役者って、ふつうは出来ないような、特殊な経験をしているんだなあと思うんですよ。劇場はもちろん、町家で芝居をするし、ツアー演劇もテント演劇もコントも音楽もイベントもする。演技のスタイルも回によって大幅に違う(それはもちろん、舞台に合わせているという部分は強いけれども)。
山西 
そうですね。大事にしている部分は毎回同じで、お客さんを楽しませるというところに尽きていると思います。退屈な時間がないようにというか。
__ 
クルージング・アドベンチャー3。私は一瞬たりとも退屈しませんでしたね。たとえ船着き場が渋滞していても。お客さんを退屈させない為に次々と新しい展開をし続けているということがあるのかな。その彼らが東京に行く。これまで、大阪という土地と強い結びつきを持っていた彼らが東京に行く。それも新しい展開の始まりでしょうね。
山西 
すごく楽しみです。僕は入って間もないけれど、すぐに東京に引っ越しで。そこから時間をあけずに劇場での公演で。
__ 
激流に次ぐ激流ですね。環境が変わっても、子供鉅人と言う船をメンバーが強く心に持っている以上大丈夫だと思うんですよ。
山西 
ありがとうございます。

タグ: 『東京』 出立前夜 ちゃんと楽しませる 子供鉅人の街頭演劇アドベンチャー 引っ越し 土地の力 半野外劇 ツアー演劇の可能性


東京に行った西岡さんが京都に戻ってきた日

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。お久しぶりですね。最近、西岡さんはどんな感じでしょうか。
西岡 
こちらこそ、よろしくお願いします。私、今は新国立劇場の演劇研修所の研修生です。今年で3年目で、研修所の最後の年なんですよ。いくつか試演会を重ねてから修了という感じです。まずは、9月に2本の試演会があります。ちょっと遠いんですけど、関西の方々も観にきて頂けると嬉しいです。
__ 
ありがとうございます。頑張ってください。東京に来て、自分は変わったと感じますか?
西岡 
色々と、変わったとは思います。でも根本的な部分が変わったとは思わないですね。無理矢理変わろうとしても無駄だし、変えるには自分はなかなか頑固だなあって。ぜんぜん変わらないというのもなかなか辛いものがありますね。なすがままという感じで行こうと思います。
新国立劇場 演劇研修所
演劇研修所は、3年の研修期間を設け、芸術表現としての演劇を主体的に実践し、組織していく俳優を育てることを中心にカリキュラムを編成しています。1.2年次は基礎的俳優訓練とともに、第一線の演出家や俳優指導の専門家を軸とする講師陣によるシーンスタディを展開し、3年次には修了公演に向けて数本の舞台実習公演を行っています。修了生は、新国立劇場公演のみならず、さまざまなプロデュース公演に出演するなど、活躍の場を広げています。(公式サイトより)新国立劇場 演劇研修所 Facebook

タグ: 『東京』 演劇研修所


おかえり、金田一央紀

___ 
Hauptbahnhofには「中央駅」という意味があるんですね。今回、Hauptbahnhofが京都に移ったのを記念してのインタビューになります。
金田一 
ありがとうございます。
___ 
大学時代を京都で過ごし、留学を経て東京で演劇やタレント活動をしていた金田一さん。東京に戻って気づいた事はなんですか?
金田一 
大学生の時に東京で遊ばなかった自分にとっては、東京に行ってもどこで遊んだらいいか分からなくなってしまうと。六本木とか浅草とか、ついおのぼりさんになっちゃうのね。そんな感覚があったという事。あと、東京の人たちは凄くお酒飲むんですよ。カーテンコールで「じゃあこの後、お酒を飲みにいきましょうか」って。
___ 
それは憧れるなあ。
金田一 
お客さんも一緒にお酒を飲めるみたいな。そういうのはいいなあと思った。早稲田卒の人に多いみたいだね。それからものすごく演劇人がいっぱいいる。その中で、30歳越えて演劇やっているような人はやっぱり上手になってるんだよね。へたくそって言われたら自然に辞めて別の仕事をする(職もたくさんあるからね)。淘汰されていって、「あの人上手いよね」って人はやっぱり残っていくんですよ。不思議なのは、「自分に役者は向いていない」と分からせるようなきっかけが、常に東京にはあるみたいなんだよね。
___ 
そんな空気感があるのかな?
金田一 
うん、あるかもしれないね。

タグ: 『東京』 カーテンコール 留学して表現を学ぶ


「ウチら、もう失敗できへんね」

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
西分 
6月にHEPホール、夏には東京に行きます。「ウチら、もう失敗できへんね」という話をしていて。「偽フェスティバル」みたいなコント公演をウチらの趣味で打つ事もあるんですけど、本公演をやる上で失敗出来ないところにきたぞ、と。絶対に面白いものしか作っちゃダメだし、多分、これから面白いものをどんどん積み上げて、たくさんのお客さんに見てもらう段階に来たんですね。もう、好きな事を実験する時期は過ぎて、試すにしても、絶対に面白いものでなくてはならないという。そこは絶対に守った上で、でも収まりたくはないですね。他の団体さんがやってないような変な事もやりたいです。今回の「Lumiere Dungeon」で、客席で遊びまくったような事を、もっとこれからも続けて。他では見れない事を続けていきたいですね。

タグ: 『東京』 どんな手段でもいいから続ける とにかく出演していこう 今後の攻め方 東京公演前夜 実験と作品の価値


めざせ、変幻自在

___ 
お芝居をしていて嬉しい瞬間はありますか?
佐々木 
役を通して、日常では絶対しない感情になった時ですね。日常ではあまり怒らないので。
___ 
いつか、どんな演技がしたいですか?
佐々木 
佐々木ヤス子としての自分を出し過ぎることはなく、でも、この役は私にしか出来なかったと評価される役をやってみたいですね。どの役をやっても同じやり方をしてしまわないような。そのバランスが出来たらと思っています。
___ 
自分でないといけない役でありながら、予想されない。
佐々木 
劇場に行く前から、あの人はこういう演技するんだろうなあみたいな予測はされたくないです。変幻自在になりたいですね!
___ 
変幻自在であり続けるという事は、毎回、新しい領域を開拓するという事ですね。
佐々木 
そうですね、大阪BABYLONの時の下級妖怪のように。あと、オタクの役をやってみたいです!単純に興味があります。
___ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
佐々木 
とりあえず、12月末までは関西で頑張ろうと思います。いつか東京に行きたいと思っています。恥ずかしい。でも、色んな所に呼ばれたいなあと。オーディションを沢山受けて。色んな演出や脚本をやらせていただいて、もっと変幻自在になりたいです。

タグ: 『東京』 「いつも同じ」と思われたくない いつか、こんな演技が出来たら 自由自在になる 今後の攻め方


vol.315 佐々木 ヤス子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
佐々木