あの時のいい顔に見つけたもの

__ 
白井さんがお芝居を始めたのはどんな経緯があったんでしょうか。
白井 
小学生の時に、深夜TVで芝居を見たんですよ。光GENJIの内お二人がでている真田十勇士のお芝居で、最後のカーテンコールで、脇役のおっさんがめちゃくちゃいい顔で挨拶してたんです。汗だくで。芝居はもちろん面白かったんですが、その顔が、めちゃくちゃいいなと思って。そっち側に行きたいなと思ったんです。
__ 
その俳優の表情が、印象的だった。
白井 
あの嬉しさは何だろう。すごく汗だくできらきらしていたんです。でもそこからすぐに演劇を始めるという訳ではなかったんです。中学校の頃にお笑いブームだったので、文化祭でそういうのをやって、笑ってくれるのって嬉しいなと思って。高校の頃に、ゆとり学習の枠で、金曜日に一限だけ演劇の枠があって文化祭で上演しました。大学に入ってから、演劇ぶっくとかで公演の近い劇団に入団しました。
__ 
恐れ入りますが、劇団名を伺えますでしょうか?
白井 
「暇だけどステキ」です。その8回目ぐらいの公演の時、僕が身体障害者の役を頂いたんですね。その時にスタッフで来ていた現在のステージタイガーの代表のhigeさんが見て下さった上に、団員の方にもオススメして下さったそうで。その、僕の役が本物に見えたと仰って頂いて。凄く嬉しかったですね。それから、お誘い頂いて出演させて頂くようになりました。

タグ: 役者の汗を見せる 自分を変えた、あの舞台 文化祭前夜 カーテンコール 初期衝動


役者さんとバチッと合った瞬間

__ 
照明スタッフとして、喜ばしい瞬間は何ですか?
川北 
感覚的な事になってしまうんですけど、役者さんとバチッと合った瞬間が一番好きですね。
__ 
表現に対する両者の思惑や実践が、ライブで噛み合って、理解したという実感があったんですね。
川北 
そうですね。例えばある場面転換で、役者さんが下を向いていきながら溶暗するんですけど、そのタイミングと絵を合わせられるか、ですね。「あ、出来た」と思えた時は、その役者さんと通じあえた気がして、うれしいですね。
__ 
俳優としては嬉しい瞬間は。
川北 
この間イッパイアンテナの「バードウォッチングダイアリーズ」でずっと走らされたんですけど(笑う)キャッツさんに「走った後の顔の火照りと汗だけで2000円取れる」と言われて。そういうのを言われると凄く嬉しいですね。一生懸命という言葉って格好悪いなと思うんですけど、実際にそれを見せられたらカッコいいんですよ。そういう姿を生でみたいんじゃないか。それを見せられたら良かったと思いますね。
__ 
行為としてね。存在として見せる。
川北 
そうですね。
イッパイアンテナ
同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のOBを中心として、2007年11月に旗揚げされた演劇団体。主な演目はコメディとコント。劇場を気持ちよく走り抜けるライブ空間にすべく日夜活動している。(公式サイトより)
クールキャッツ高杉のイッパイアンテナジャックvol.2「バードウォッチングダイアリーズ」
公演時期:2012/12/13~17。会場:スペース・イサン東福寺。

タグ: 役者の汗を見せる 一生懸命を描く


沢山のお客さんに見てもらわないと

__ 
角田さんが男肉の舞台に出て踊っている姿を観るのが好きです。以前の長編「ミートコンプレックス1928」で、角田さんの金太郎姿が目に焼き付いています。他に、「CRAZY GONNA CRAZY」で角田さんを中心に全員が回るダンス。意味不明なんですけど、とにかく衝撃的な光景だと思うんです。
角田 
嬉しいですが、分かって下さる方はあまりいないですね・・・。でも、twitterの感想で「今回の男肉は攻めてた」と書いて下さった時はすごく嬉しいです。
__ 
でも、分からないというお客さんも当然いる。私が男肉を気に入り過ぎているからか、その事実がどうしても受け入れられない部分がありますね。
角田 
僕らの場合は多いんじゃないでしょうか。なぜか女性のお客さんが多いのですが、男性はちょっとそっぽを向いてしまうような。「ただ単に汗だくで一生懸命で踊ってるだけちゃうんか」と言われれば、まあその通りなんですけど・・・。
__ 
見に来て欲しいお客さんにこそ訴えたい。だからこそ、男肉のチラシの趣味性は素晴らしいと思います。団長が雪山の中に住んでいるチラシとか、素晴らしいじゃないですか。
角田 
あれは可愛かったですね。
__ 
そして今は、それほどお客さんを限るチラシではない。
角田 
団員の中でも意見の別れるところで、僕は沢山のお客さんに見てもらわないと、と思っています。楽しませる自信はあるんで。
__ 
なるほど。では、最近の男肉が前後にダンスを持って行っているのは、お客さんを楽しませる方向を重視しているのかもしれないですね。

タグ: 役者の汗を見せる ちゃんと楽しませる 一生懸命を描く ウェブ上の感想 私の劇団について


社会と折り合う

__ 
先程「中堅」というお言葉を伺ったのですが、それはどのようなポジションなのでしょうか。
蓮行 
我々のプロフェッションを野球に置き換えて考えた時、20代というのはとにかくバットを振れ、投げろという世界なんです。チームプレイを叩きこまれていく時期ですね。レギュラー10年となると、メジャーに行くだの別のチームにFAで行くだの。一方、チームに残った選手は仕事として後輩の指導をすることになる訳ですよね。指導をしなくても、背中を見せる。
__ 
ええ。
蓮行 
若いうちは練習して活躍するだけで良かったかもしれない。でも、世代の真ん中として、若手選手をある程度見ないとあかんのやろうなと。僕は生え抜きなので。
__ 
若手に何か一言頂けますか?
蓮行 
口はばったいけど、自分たちがどういうアイデンティティで進んでいくかを早めに決めた方が良いと思う。そうしないと、取り残されるという訳じゃないけど、なんにもならないという事になる。今、僕らのような中堅世代で曲がりなりにも活躍というか、活動を続けられているのは、やっぱり頑張って自分たちの正体、それからやる事を明確に見出す努力をして、そして社会にコミットしていこうとしているからだろうと思う。
__ 
活躍という事で真っ先に思い出すのはやはりヨーロッパ企画ですね。
蓮行 
うん。ちょっとそれますけど・・・ヨーロッパ企画が売れてて悔しいとか、ネタで言うけどホントは全然そんな事はなくて。例えば駅でポスターが貼ってあったら画鋲さしてやりたくなるとかね(笑う)言うんだけど、本当に全然なくて。正直に言うと。
__ 
なるほど。
蓮行 
衛星や僕個人を好きで面白いと言ってくれる人や、劇団員でもいいけど、ああいう方向で行きたかったとか売れたかったとか、そういう思いを感じてもらえる事についてはありがたいと思うんだけど、僕自身は全然そんな事はなくて。というか・・・芸能界とかテレビ界に出ていく事にはあまりピンと来ていなくてですね。
__ 
テレビ志向ではないのですね。
蓮行 
テレビなんてこの20年見てないから、最初からあんまりそれがやりたいという訳じゃなかったんですね。ヨーロッパ企画が素晴らしいと思うのは、テレビとかマスメディアの仕事をしながら、必ずしも大きい劇場だけでやることを良しとせず、百人しか入らない劇場で5回公演するような、つまり汗をかくことや骨を折ることを厭わず、肉体で表現し続けるところだと思う。電波やお金に強い指向性を持たずにね。僕の考えだと演劇は肉体労働なので。彼らも必要に迫られてやっている事かもしれないけれど。彼らの身体は我々よりも圧倒的にテレビとかメディアにマッチするところがある。
__ 
そうかもしれませんね。
蓮行 
そこで行くと、例えばJリーガーはイチローを見て「俺もあっち行けば良かったな」とあんまり思わないはずなんですよね。年俸高くて羨ましいなと思うかもしれないけどね。「でも俺ボール蹴ってる方が好きだし」。
__ 
なるほど。
蓮行 
同じプロスポーツ選手だけど、隣接するジャンルだけど、やっている事が違うんですね。そういう事を前提にした場合、ヨーロッパ企画さんが京都を拠点だと言いはって頑張っているという事は、彼らは完全には電波主義ではないという事だ。東京に行くという事は電波主義だから。
__ 
東京は、色々な可能性が近くにある地域ですからね。もちろん、何もしなくていいという訳ではないですが。
蓮行 
ヨーロッパ企画が見事なのは、その二つを上手くハイブリッドして渡って行っているのが素晴らしいのよね。平田オリザさんもそうだけど、TVに出ながら、自分たちの演劇を作り続けていく姿勢。そのようにして、社会とどこかで折り合う事をしないとなんにもならないんです。仕事をしながら、自費で個展を開くような美術系アーティストの方がよっぽど社会に認められると思う。社会性すらも否定するロック魂のところは、大いにやってくれと思うけれども。
__ 
社会と折り合うには、どのような事が必要なのでしょうか。
蓮行 
一言で言うのなら、自分達の手法にアイデンティティを明確に持って、劇団だったらそれを共有する事ですね。アマチュアでもプロでもいい、表現を目指すのなら、それを早く獲得しないと。イチローさんだって、高校卒業と同時にプロ野球選手になったんですから。教師もそう。先生を目指す多くの人は、大学入学前に、教育大を選ぶんです。もちろん、モラトリアムが長い方が芽が出る部分もある訳ですが、大学を卒業して2、3年モラトリアムをしながら演劇やって、それからプロを目指すというのは世の中から見れば遅いんですよね。結構、みなさん、ぼーっとしてるように見えてしまう。世間のスピードというものを考えたら、はよ決めた方がいいんちゃうと。
ヨーロッパ企画
98年、同志社大学演劇サークル「同志社小劇場」内において上田、諏訪、永野によりユニット結成。00年、独立。「劇団」の枠にとらわれない活動方針で、京都を拠点に全国でフットワーク軽く活動中。(公式サイトより)

タグ: 役者の汗を見せる 後輩たちへ


「どくはく」

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
上原 
役者として借り出された時に、求められた事を楽しんで仕事したいですね。
__ 
私も、楽しんでいる上原さんを見たいです。
上原 
(笑う)どんな舞台でも楽しみたいですね。
__ 
演出者としては。
上原 
応えてくれる俳優には、最大限報いたいと思います。こないだの一人芝居の大西さんみたいに。
__ 
あれは凄かったですね。
上原 
あの作品は、もうそのまま素直に演出させてもらった感じですね。
__ 
「どくはく」大変面白かったです。演出をされておりましたね。途中から、見てはいけないものを見ているような気がしていました。
上原 
脚本の力ですね(笑う)。実はめっちゃ細かく段取りを付けました。大西千保という役者の存在感がずば抜けている上に踊れるので、緊張と緩和を上手く使えるんですよね。30分間ずっと緊張していても面白いかなと思って作りました。
__ 
最後、大西さんにしては珍しく汗だくになっていましたね。
上原 
そうですね、普段大西さんはそんな状態になりませんからね。
__ 
役柄は「思いの強い人」でしたね。
上原 
内面から出てくる腹立たしさを鍵に作りました。彼女の中ではグルングルンしたと思いますよ。せっかく、演出が別だから「どくはく」は玉置君がしないであろう遊びをしてみたり。色々な試みに応えてくれたと思います。

タグ: 役者の汗を見せる エネルギーを持つ戯曲 役者に求めるもの 今後の攻め方 玉置玲央さん


質問 山本 大樹さんから 西 真人さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました、イッパイアンテナ山本大樹さんからも質問を頂いて来ております。「自分の事を、どう思いますか?」
西  
どんくさい。汗っかきだと思います。

タグ: 役者の汗を見せる