津あけぼの座スクエアクリエーション2 葉桜

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
全員 
よろしくお願いします。
__ 
3月の「葉桜」を西陣で上演されるという事で。まずは、最近、どんな感じでしょうか。How are youという意味で。
鳴海 
実は私、去年の4月に三重に引っ越してきてまだ1年経ってないんです。初めての冬と年越しをしたんですけど、地元と景色が似ていて、東京にいた頃には味わえなかった懐かしさがありますね。
__ 
餅は何個食べられました?
鳴海 
私たちが去年新しくオープンさせた劇場がある美里地域で、ちょうど餅つきをイベントとしてやっている団体がありまして。そこにお邪魔して、動けなくなるぐらい餅を食べました。七升ぐらいついていたのかな。実は去年もそこにお邪魔してたんですけど。
__ 
冬は寒いですか?
鳴海 
寒いです。北海道は家の中があったかいから、そこは違いますね。寒いのは東京も同じでしたけど。
津あけぼの座
2006年10月の開館以降、演劇公演・トークカフェ「ZENCAFE」・ワークショップ事業など、客席数50席の小規模空間のメリットを最大限活かして活動をして参りました。2012年3月から、津市栄町に最大150席のスペース「津あけぼの座スクエア」を2つ目の劇場としてオープンいたしました。これまでの津あけぼの座で培った劇場運営のノウハウを活かし、アーティストにも来場いただくお客様にもご満足頂けるよう目指して参ります。人々が交流し、文化芸術を発信し、研究できるスペース。ワークショップやアウトリーチ活動を積極的に推進し、地域に住む方々に還元する劇場。そして、全国にもクオリティの高い文化芸術を発信できるスペースとなるべく運営してまいります。(公式サイトより抜粋)
第七劇場
1999年、演出家鳴海康平と数名の俳優によって創設。作品製作時以外には、日本人独特の身体性を発展させた俳優訓練を恒常的に行いながら、日本の古典芸能である「能」や「歌舞伎」の動きや、舞踏やコンテンポラリーダンスの要素を取り入れた作品を製作。TVや映画などの映像表現、「文学の演劇的発展」などとは異なる演劇独特の表現効果を追求する演劇を目指し作品を製作。また演劇に関する状況を研究・改善するための運動も行う。(公式サイトより)
津あけぼの座スクエアクリエーション2~「葉桜」を上演する~岸田國士「葉桜」~
公演時期・会場:2015/2/28~3/1(三重公演・津あけぼの座スクエア)、2015/3/7~8(京都公演・西陣ファクトリーGarden)。演出・舞台美術:鳴海康平。出演:広田ゆうみ(このしたやみ)、川田章子。

タグ: 日本人の美意識 境界を越える・会いに行く ハウアーユー? 餅は何個? 引っ越し


舞台を踏む足たち

__ 
日本にどんな影響を与えたいですか?
飯嶋 
日本!なるほど・・・あのですね、よく、TVドラマとかを観ていても、「この人足引っ張ってるな」と思ってしまう人もいるんですよ。面白い作品を作りたいのか、それともそのタレントさんを売り込みたいだけなのか、視聴者としては分からないですよね。
伊藤 
芸能界批判や!
飯嶋 
旧来の日本の芸能の仕組みや、古臭い因習や影響を断ち切らないといけないんじゃないか。そういう方向に、僕らが新しいやり方や、見えていないニーズを発見出来ていけたらなと思います。
伊藤 
めっちゃデカい事ゆうてるやん。
飯嶋 
おう。
伊藤 
じゃあ僕、昔、将来の夢が総理大臣だったんですよね。でも勉強して地盤固めてみたいな事をしても僕はなれないんじゃないかって思って。じゃあどうしたらいいんやろうと・・・ロナルド・レーガンや、と。ハリウッドスターになって政治家に転身して大統領になって。
__ 
扇千景さんみたいなね。
伊藤 
(笑う)半分冗談ですけど。でもゆくゆくはそれくらい影響力のある人物になりたいなって・・・極端すぎるかもしれませんけど。
__ 
まあ、簡単に言うなら、「たくさんの人を幸せにする人」ですね。
伊藤 
そう、そうですね。
__ 
和田さんは。
和田 
僕がKING&HEAVYでやりたい事・・・。自分の思いを演劇を使って伝える人ってたくさんいると思うんです。でも、僕らの作品の場に来たらただ笑ったり泣けたり、スカッとしたりとか、そういう機会にしたいんです。下らない事をしているしメッセージ性はないんですけど、その人の日常がふわっとなったらいいなと思っているんですよね。それを演劇でやりたいんですよね。
__ 
演劇だからこそそれは出来るかもしれませんしね。
和田 
それを日本人一同で観て貰ったら、全員の日常がふわっとなるんで。そういう事をやっていきたいです。
飯嶋 
のべ1億2千万人の一日がふわっとなる。みたいな。
和田 
個人としては、僕は誰かの言葉や存在に助けられたり気付かされたりすることが多いんですけど、僕もそういった形で影響を与えられたり心の支えになれるような人になりたいなと思っています。多くの人にとって僕がそういう存在になれたら最高ですね。昔からそういう人になりたいなと思ってました。大学で演劇に出会ってからはもっとそういう思いが強くなりました。
__ 
人間の存在って、第一印象の直感で分かってしまうものじゃないかなと思うんです。例えばヒカキンの持ってるオーラみたいなのって、誰にでも分かるじゃないですか。この3人はそういうものを生まれつき持ってると思うんですよね。
飯嶋 
ありがとうございます。三人ともヒカキン。ヒカキントリオや。

タグ: 日本人の美意識 見ている人が幸せになる


起きている町、眠っている港

せん 
ここは実は完全に自由な空間という訳じゃなくて、ハコも小さいし住宅地だからそんなに大きな音も出せないし、あんまりいかがわしいパフォーマンスも近所の目があるのでNG。その中でいかに遊ぶかというのが念頭にあると思いますね
__ 
いかに遊ぶか。
せん 
制限の上でいかに真剣に遊べるか、ですね。青蛾の夜會はそういう、アーティストが何かに挑戦しているのを見る機会でもあるんです。
__ 
緊張感がありますね。私にとってはここク・ビレ邸は結構離れた場所に位置していて、なんだか「千と千尋の神隠し」の隠れ里のようなイメージがあります。知らない町を訪れた時、偶然出くわした祭りのような。そういう中で初めて出会うアーティストの勝負を見られるのは貴重な体験だなと。
せん 
はい。今まで触れてこなかったジャンルに出会ったお客さんが楽しんでくれているのを見ると嬉しいですね。さっきも言いましたが、この辺はすごく元気なご老人が多いんですよね。
__ 
若々しい人が多いという事でしょうか。
せん 
というよりは・・・何か、今の時代の若い人って無気力なところがあると思っていて(それは時代のせいもあるんだと思うんですけど)。比べるのは違うかもしれないけど、今の時代の北加賀屋の老齢の方って凄い丈夫やし、止まれない人種なんじゃないかと思うんです。動いてないと死んでしまうような。元々日本人が持っている労働者としてのDNAを感じます。都会の日本人にはない良さを感じるんです。
__ 
港町の、海を眺め続ける事で培われたロマンの感覚があるのかもしれませんね。
せん 
そうですね。私、そんなに日本万歳って訳じゃないんですけど日本人の感覚とか日本人像が好きで。静かな中に情熱があって、下半身がずっしりしている感じ。それが凄く素敵だなと思います。
__ 
私の父方が農家をしているんですよ。
せん 
あ、いいですね。
__ 
農家は静かにしているものなので、そういう落ち着きは少し分かります。
せん 
まあ関西の方なので口が達者な方は多いですけどね(笑う)。

タグ: ロマンについて 日本人の美意識 それを揺らしてはいけない 続ける事が大事 町とアートと私の企画 単純に、楽しませたい 演劇は勝ち負け?


精神性

__ 
いつか、どんな演劇を作りたいですか?
矢野 
これはある現代美術作家の受け売りなんですけど、「子供が見て喜んで、且つ同時に批評家が唸ってしまう。」そんな作品。もっと欲をいえば、海外に上演に行ったときに、字幕なしでも分かるような、そんな面白い作品を作りたいですね。それはノンバーバルな、身体表現をやるという訳じゃなくて、発語された言葉と、発語という行為をせざるを得ない人間の身体と、人間の身体そのものや関係性の変化、あるいはそれら全部の相互作用でもって、観客の想像力をあらん限り喚起する。そんな作品を作りたいです。
__ 
それはきっと、お客さんとの間に濃いコミュニケーションを生むのでしょうね。私が昨日見た作品もそうでした。まあ、一見退屈なので眠っているお客さんが大半でしたが。
矢野 
パッケージ化された商品を受け取ることに慣れすぎてしまっているお客さんは、どうしてもより強い刺激を求めてしまうと思うんです。お出汁をちゃんと取った日本料理と、お吸い物のもとの違い。どっちもどっちで、それはあってもいいんですけど、日本人はもともと持ってたと思うんですよ、野趣そのままの素材の味を、奥の方まで理解しようとする心を。つまり、楽しませてもらうのではなく、自分から楽しみに行くという精神性を。

タグ: クッキングの話題 日本人の美意識 子供が見て喜んで、且つ同時に批評家が唸ってしまう 観客との関係性


まわりくどい冒険

__ 
今回、チェーホフ原作「結婚申込」を選んだのは?
大石 
何をやろうか考えている時に、オニールの短編を読んでみたんですが、その、強度が強すぎてどうしようもないなと。それを25分で上演するのはとても難しいし、しかし崩すことも出来ないなと。チェーホフの作品はいい意味で軽いし、くだらなさというところもあって。短編の中で、コンパクトで短い点に惹かれたんです。話がまとまって崩されてを繰り返す構成で、僕のやりたい作り方が出来そうだと。
__ 
実際やってみて、いかがでしたか。本日の上演を経て。
大石 
僕は面白いと思ってたんですけど、実際はどうか分からなくて。でもフタを開けてみると温かく迎えて頂けました。
__ 
出演されている方々の表情に、お客さんが乗っていけてる感じがありましたね。
大石 
そうですね。始まる前に音響でインターナショナルが鳴って、照明が付いたら肥後橋さんが腕立て伏せをしてる。そこでいかに古典戯曲とされる作品への緊張感をほぐせるか。割と狙い通り出来たんじゃないかなと思います。
__ 
なぜ身構えるのかと言うと、単に海外の言葉遣いだけじゃなく、常識や間合いの取り方を受け入れるのに抵抗があるだけでしょうね。逆に、日本の常識内の対人的な間合いやリズムで書かれたら、物語の舞台が海外のどこであろうと平気ですから。
大石 
前回公演の「ロング・クリスマス・ディナー」の時にそれを感じましたね。アメリカの近現代戯曲なんですが、向こうの人たちがばさっと言い切るような台詞を僕ら日本人は感情を組み立ててお互いの反応を見ながらさぐり合って会話するんですよね。今回はまわりくどさを逆手に取って面白さにする、みたいなのも狙っていました。結果はどうだったのかは、また別の話ですが。

タグ: 日本人の美意識 舞台が始まる直前の緊張感 翻訳劇の口語問題


日本が失ったコミュニケーション読解能力について

__ 
チラシの文章。「ニュアンスでコミュニケーションすることを忘れたエセ主人公たちは明確、且つ単純なプロトコル(通信規約)を膨大な数必要としているのです。」これはどういう意味なのでしょうか?
廣瀬 
分かりやすいことを求めるでしょう、現代日本人って。アメリカ映画も同様に、分かりやすいのが求められる。だからアメリカ人のコミュニケーションは浅いものに終始するのかと思いきや、彼らは非言語のコミュニケーション能力がすごく高いんだと思うんです。現代日本人と較べたら遥かに。
__ 
ノンバーバルコミュニケーションですね。
廣瀬 
ですがそれは、戦前日本人は持ってたんじゃないかという期待を僕は抱いているんです。戦後、アメリカから表層の分かりやすいコミュニケーションだけを取り入れようとして失敗したのではないかと。
__ 
プロトコルの上の部分だけでやってるようなものだと。
廣瀬 
演劇に関わらず、リアルタイムでコミュニケーションする時、ニュアンスを伝えてナンボじゃないですか。しかし、そこは視覚化出来ない。
__ 
情報処理の大部分を担う視覚では、ニュアンスを捉えきれない?
廣瀬 
絶対に映像じゃ伝えられない、非可視光の部分の影響は多大だと思うんです。それをどう発すれば良いかというのは分からないんですが、演劇でやるべきのはそこなんじゃないかと。

タグ: 日本人の美意識 稽古とコミュニケーション能力 難しい演劇作品はいかが 「初めて芝居を見たお客さん」 「核心に迫る」


不親切グラフ

辻  
他にも色々なWSを展開していきたいんですよ。
__ 
例えば。
辻  
ソーシャルであるとか、町づくりであるとか、そうした方向です。テーマはまちまちで演劇とはあまり関係ないんですけどね、そこでもやっぱり、コミュニケーションってWSには重要な要素なんだなと考えさせられます。日本人の会議って、喋る人と黙る人に二極化するんですよね。
__ 
そうですね。
辻  
言わない人の話をどうやって引き出すかを意識します。それは個人の特性であると片付けるのはカンタンなんですが、その上で、どうやって聞こえるようにするかが重要なんじゃないか。
__ 
うーん、私は黙ってしまう方ですね。会議の性格によっては、私も喋りますけど。
辻  
話合う前に、この会議の方向性や、どういう事が課題として残っているのか。を見えるようにしたら。講師としての課題は、結論へ持っていく道筋やポイントの置き方。もっと言えばそのバランスですね。僕は、WSを受けに来た人たちに白地図だけ渡して「好きな進み方をしてみてください」という事はしたくないです。不親切グラフというものがあるんですが。
__ 
ある程度までしか案内しない?
辻  
そうですね、考えが発展しやすいように、もしかしたら目的と逸れてしまうかもしれませんが、色んな考えが道すがらにあって、オリジナルな結論が(あわよくば意図していた結論に近い)生み出されたらいいですね。
__ 
なるほど。
辻  
演劇もそれと似ているように思うんです。演出の操り人形であるうちは、その俳優の芝居は面白くない。役者が自分の考えた演技を稽古場に持ってきて、「あ、それ面白いじゃん」って笑ってくれる瞬間が、やっぱり一番気持ちいいと思うんですね。初めての子ならなおさら。WSって、それが簡易に短時間で出来る場なんじゃないか。皆が笑い合う、それでやったーと思う、そういう承認しあう空間が作れるんだと思っています。

タグ: 日本人の美意識 オーガナイザーの企み


vol.270 辻 悠介

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
辻

質問 北川 麗さんから ウォーリー 木下さんへ

__ 
中野成樹+フランケンズの女優であり、この間ロロの「LOVE02」で京都に来ていた北川麗さんから。海外での公演が多いという事で頂いた質問です。「海外にネットワークを広げた理由は何故でしょうか。」
木下 
単純な答えになっちゃいますけど、やっぱり色んな観客に見てほしいからですね。もう一つは、僕は旅行が好きなんですけど、趣味と仕事をカップリング出来たらなと思って。だから、旅行ライターでもいいんですよね。
__ 
たくさんのお客さんに会えていますか?
木下 
もう七カ国くらい行ってます。どこも観客は変わらないという事が、実感として分かったのは大きいです。面白い事は面白いし、つまらない事はつまらない。大阪でも同じ。それは安心感がありましたね。
__ 
なるほど。
木下 
それから、僕らの文脈と海外のお客さんの文脈は違うという事が分かったのは大きいです。海外に行く時僕らは日本人であること再度意識するけど、ナショナリティとグローバリズムは相反するものじゃなくて、いっしょくたにして作品を作る必要があって観客もそれを求めてるんです。
__ 
観客も出会いたい。
木下 
会場に来てくれるという事は、それを求めているんですね。グローバリズムを持っている事にほっとしてくれて、でも日本人であることの良さも分かってくれるし。辛口な事を言うなら、海外に行った途端それまで触った事もない刀でちゃんばらする事は、僕は違うと思っています。それは、見せ物として消化されているだけで、僕ら自身を捧げている訳じゃないんです。なるべく、そうじゃないものをやらないといけない。

タグ: 日本人の美意識


京都ロマンポップ 本公演「幼稚園演義」

__ 
さて、京都ロマンポップの昨年の本公演「幼稚園演義」。大変面白かったです。歌舞伎の格好とセリフを用いながら、内容自体は幼稚園児の心情をデフォルメしたものだという形式が非常にユニークでした。後半、向坂さん演じる主人公の男の子の語りだったという事が明かされて、その仕掛けの意味が分かるという流れも良かったです。セットも映像も、とても凝っていました。
向坂 
実は歌舞伎にはあまり詳しくなくて。最後まで参考資料は使わなかったんですよ。変に引きずられるよりはいいかなと思って。
__ 
なるほど。
向坂 
元々海外公演をしようと思っているんですが、その試作第一弾ですね。エセ歌舞伎を使ったちゃちい日本っぽさを他ならぬ日本人が演じる面白さが外面にあって、内容としては、日本という国の生活を、幼稚園児を通して伝えたかったんですね。日本人って意外とこういう所があるんだと、表現したかったんです。
__ 
そういえば字幕もありましたしね。海外が射程にあったんですね。
向坂 
脚本家が、今海外に出ているんです。日本の文化を発進しようという思いもあって、僕が演出したら・・・という。形になって良かったです。
__ 
もう一度観たいです。
向坂 
あれは再演したいですね。他にも、「沢先生」や「人を好きになって何が悪い」も、脚本を練ってもう一度再演したいです。
京都ロマンポップ第11回公演『幼稚園演義
公演時期:2011/8/26~30。会場:元・立誠小学校講堂。

タグ: 日本人の美意識 人が人を好きになるってすげえじゃん その題材を通して描きたい 俳優を通して何かを見る


僕らがやってきた表現

__ 
海外で舞台に立つ坂口さんは容易に思い浮かぶんですよ。凄く楽しそうな坂口さんと、受けてる観客が。そうだ、オリジナルテンポも何回も海外行ってるし。
坂口 
僕にとって演劇って言葉、日本語の占める割合がすごく大きいんです。台本の読み取り、セリフ、どれも日本語の能力が試されています。オリジナルテンポはその言葉を使わない。自分が頼りきっている日本語を使わないで、どんな表現が出来るのか知りたかったんです。
__ 
つまり、海外でも通じやすい?
坂口 
言葉の壁はないですね。でも結局、言葉を使ってなくても、日本人が持っている表現の引き出しでしか自分たちが演技していないことに気付かされました。日本を意識しようとしまいと、もう僕らの創る作品は日本での生活とは切り離せないものになっているんだと。後は、それを海外の人たちがどう受け取るかだけなんです。想像以上に好意的に受け取ってもらえてビックリしました。楽しむのが上手なんですね、向こうの人は。
__ 
僕らのコミュニケーションがこういう事になっていて、成立していると。考えてみればオリジナルテンポ、凄い試みですよね。
坂口 
ほんと良い機会を与えてもらったと思います!
オリジナルテンポ
2002 年に演出家ウォーリー木下を中心として設立されたThe original tempo(TOT)は、海外での作品発表を目標とし、台詞を一切使わないパフォーマンスグループとして活動しています。TOTでは、国内で評判のよい作品を海外で発表するのではなく、はじめから海外で発表することを目的として、ポータビリティや言葉の問題などを意識し、作品に反映させていくことを活動の主題としています。言葉に頼らないパフォーマンスを通し、私たちが生きる現代日本の文化や日常生活をより身近でより直接的な感覚として感じ、楽しんでもらうことは、TOTの活動における最終的なミッションと考えています。その趣旨に賛同した俳優や映像作家、舞台技術者、制作者などが集まり、定期的に実験・稽古を繰り返し、作品を制作ししていくTOTは、柔軟性な組織性を活かしたファクトリーとして成立しています。(公式サイトより)

タグ: 日本人の美意識


vol.200 坂口 修一

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
坂口

明和電機とロボット演劇

山口 
僕、たまたま知り合いが同志社大学の同じような学部に知り合いがいて、ちょっと色々聞いてるんですよ。作品を作るだけじゃなくて開発も同時にしないと行けないんですよね。
西尾 
そうですね。
山口 
何か、授業で作ってはりますよね。それがすごいなと思って。
西尾 
そうなんですよ。パソコンから作っちゃう勢いで。ゲイナーっていう、USBにつないでプログラムを仕込む機器があって、それとモニターを繋いで展示環境から作ったり。
__ 
ああ、もう明和電機ですね。
西尾 
そう、明和電機。意外に日本のメディアアートは世界から注目されているんですよ。明和電機、凄いですよ。ホントにモノから作っちゃうし、パフォーマンスもするし。オーストリアでの最大のメディア博覧会にVIPで呼ばれてて。ヨーロッパからみると、日本人の「遊びを加えつつ、ゼロから自分たちで作ってしまう感」がびっくりするらしいんですよね。別会場では、DSとかWiiも置かれてた。
山口 
そういう技術を取り入れてる演劇も増えるでしょうね。絶対融合出来ますよね。
__ 
平田オリザさんの「ロボット演劇」がそうですね。
西尾 
あれ凄かったらしいですね。ほとんどの観客が「人間味を感じた」って。
__ 
不気味の谷を超えちゃってたんですね。

タグ: 日本人の美意識 ロボット演劇