「誰からも『面白い』といわれるもの」

__ 
今年のDance Fanfare Kyotoは話し合う場が大切という事で、私もそれはとても大切だと思っています。お客さんが今見てきた舞台(実際にあった現実)の話題が出来るというのがパフォーミングアーツだけが持つ価値に違いない。まあ、話すのが好きじゃない人もいますけどね。
川那辺 
そうですね。私は、この企画をやろうと思ったきっかけが、去年のDance Fanfare Kyotoの『SYMPOSION』なんです。あれも話す場だったでしょう。私はあの時、すごく面白かったけど違和感もあって。
__ 
出演者があるテーマについて話すのを見る、変わった作品でしたね。違和感とは?
川那辺 
出演者が自分の興味のある特定の分野だと話すんだけど、そうでなければあんまり話さない。そういう事がちょっと引っかかったんです。もちろん、自分の興味のある事を突き詰めたり、専門性を否定する訳じゃないのですが。でも、作品を見てもらうのは不特定多数の観客じゃないですか。
__ 
そうですね。
川那辺 
あの作品をみたとき、観客には不特定多数という存在がいるにも関わらず、出演者のなかにはそれが無意識のうちにすっぽり抜け落ちていて、ある特定の相手が決まってきているのではないかと気になったんですよ。じつは、舞台制作をしていた時もずっとそのことが気になっていました。私は単純に、「舞台は凄く面白いよ」という事をいろんな人に伝えて、もっと劇場にくる人を増やしたいと思っています。そう思い続けて、巡り巡って、今は演劇やダンスのワークショップをコーディネートする仕事を中心にしています。対象は子どもや障がいのある方、高齢の方が多いです。場所も京都市内じゃなくて、さまざまな地域で活動させていただいてます。ワークショップは、私にとって、演劇やダンスの面白さを伝える1つのツールだと思っています。その仕事を通じて仲良くなった人たちには、やっぱり最終的には劇場に足を運んで、舞台作品をみてもらいたいんですね。それで、「面白い」と思ってもらいたいんです。で、そう思ってもらいたいなら、やっぱりアーティストと呼ばれる人たちには、誰からも「面白い」といわれるものを作ってもらいたい。で、私が思うに、そうした作品を作ってもらうには、まずは自分の言葉で不特定多数の人と話すという事に慣れて欲しいなというのがあるんです。色んな世界をもっと見て欲しい。すると自分の言葉が、実はある特定のコミュニティの中でしか通用していない、という事に気づくんじゃないかと思うんですよね。
__ 
それは正にそうですね。
川那辺 
そういう事を色々狙って、こういう企画を立てました。これは、もちろん一般の方もきてもらいたいのですが、ダンサーの方に来てもらいたい。そして、さまざまな視点を持ってもらえたらと思っています。

タグ: 観客への思い 私の好きなあの劇団 自分で考えてきたもの、の価値 残したいという気持ち


ク・ビレ邸”で「青蛾の夜會」

__ 
わたしがせんのさんに初めてお会いしたのは、「青蛾の夜會」でした。毎月、ここク・ビレ邸で開催されるダンス・演劇・演奏等々のLIVEで、アバンギャルドな顔ぶれが印象的です。ク・ビレ邸の雰囲気もあってか、とても成熟したイベントというイメージがあるんです。
せん 
ク・ビレ邸は築40~50年の長屋をリフォームした空間なんですよね。ここ、北加賀屋は50年代から70年代あたりまで、造船業が盛んで栄えていたんです。でも時代が流れて、段々と廃れて行って。ご老人が多く、空家も多くなる。景気も悪くなってしまって、だから誰も使っていない建物が増えていったんです。
__ 
そうですね。
せん 
町を再生するのだったら、普通は古いものを壊して新しいものを作るのかもしれません。でも、それでいいのか。もっと面白い有効活用はないのか。そこで、北加賀屋の土地をもっている千島土地という不動産会社が、アートのチカラで町を再生しようというプロジェクト「北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ(KCV)構想」を立ち上げたんです。空家や廃工場なんかをリノベーションして、アーティストの活動拠点に変えて行く、たとえばギャラリーとかアートスペース、カフェやアトリエなどです。その中でク・ビレ邸は、LIVEバーという形を取りながらも、KCV構想の中でのインフォメーションセンターを担う場所でも実はあって。
__ 
なるほど。
せん 
色んな事をしている人がそこらにいるので、ここに来れば誰が何をしているのかが分かる、という場所なんですね。まあ、このあたりに住んでいる人たちはみんな、千島土地から土地を借りてますので、貸し手と借り手の関係にありますから、そういい関係とは言えませんよね。極端に言えば、「アートなんかに金を使うんだったら、土地代を安くしろ」みたいな感じ。そういった声に対して、ク・ビレ邸では、「若いアーティストが北加賀屋で作品を創ったり、発表したりすることで、町が生まれ変わるかもしれませんよ。一緒にやりませんか」って話したりしてるんです。だから近所の方々とアーティストとの架け橋と言うべき場所になっています。もちろん、ここでって、表現活動も行うので直接の交流もありますし。
__ 
ここでのイベントに何回か来た事がありますが、観客の年齢層が高いのって、もしかして近所の方が。
せん 
はい、近所のおじいちゃんも見えていますね。もちろん出演者のファンもいますけども。この間のイベントで大衆演劇の役者さん、青山郁彦さんが参加されたんですけど、やっぱりウケてましたね。大衆演劇が大好きみたいで。
ク・ビレ邸
「ク・ビレ邸」は、北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想のインフォメーション・センターとして、2010年10月、アートプロジェクト集団「鞦韆舘」のプロデュースのもとオープン。北加賀屋エリア(大阪市住之江区)の空き家や廃工場をセルフ・リノベーションするアーティストやクリエイターが増える中、同構想の詳細を紹介し、最新情報を発信していく拠点として注目を集めています。(公式サイトより)
「青蛾の夜會」
第一回の公演時期:2014/1。会場:ク・ビレ邸。

タグ: 観客への思い 「おじさん」について イベントの立ち上げ 町とアートと私の企画 土地の力 観客との関係性


~~~~~~~~~~~~~~

__ 
演劇を始めた経緯を教えて下さい。
市川 
アルベール・カミュが好きで、カミュになりたかったんですね。どうすればいいかというと、カミュがしていた事をすればいいと。どうやらカミュは演劇をやっていたらしい、と。大学入学と同時に、演劇を始めました。西一風に入りました。その時は演出という役割があるとは知らなかったですね。佐々木君や築地さん、先輩に高田ひとしさんがいました。
__ 
いつか、どんな演劇を作りたいですか?
市川 
「ルーペ/側面的思考」という6時間ぐらいの作品を、出町柳のカフェギャラリーで上演したんです。俳優6人でシフトを組んでやっていたんですが、ほとんどお客さんが来なくて。僕はそこでコーヒーを飲みながらずっといて、すごい時間だなと思っていました。
__ 
素晴らしい。
市川 
地下でやっていたんですが、もう皆が普通の生活を送っている地上と全く無関係の、何か異様な時間が流れていたんです。あれはあれで、一つのやりたかった事だろうと思っています。何からも隔絶しているけれど何故かあるもの。それを、ちゃんと客が来る状態でやりたいですね。
__ 
隔絶したものをお客さんに見せて、どう感じてもらいたいですか?
市川 
何もしなくて良かったんだ、かな?いや、何かしなくちゃ行けない必要な事、それは何もなくて偶然ここにいるだけなんだなと。ただそれだけの事だと考えてもらいたいのかなあ。でも、あまり、どう感じてもらいたいとかはあまり無いですね。同調も求めないし啓蒙もしないし。でも、空間として美しいものを欲望されたら、いいなあと。
デ・3「ルーペ/側面的思考法の発見」
公演時期:2012/6/8~13。会場:Gallery near。

タグ: 観客への思い ファンタジー オーガナイザーの企み