今のこの瞬間に集中して、とても楽しいはず

__ 
自由さを感じる事が、インプロにとって大事なんですか?
木村 
すっごい大切ですね。不安なところで、「これ間違うかもしれないし」って思いながらパフォーマンスをしたら面白くないですよね。楽しくない。
__ 
「自由」=何かから開放されている状態の事だと思うんですが、俳優はつまり、「これ間違うかもしれない」という恐怖に束縛されている。
木村 
そうですね。それだけではないですけれど、たとえば、評価からの自由はかなり大きいポイントです。
__ 
そういえば、俳優はその場その場で評価される役職ですからね。評価が常についてまわる。
木村 
しっかり練られたお芝居を求めているのであれば台本が用意されている普通のお芝居を見にいけばいいと思うんですが、そうじゃない未知のところに、バンって自由に行けるかどうかがすごく大事な事なんです。それが即興の面白さなんですよね。即興だから、お客さんは完璧なものを見に来るわけじゃないんですよね。それよりは、みんなが失敗を恐れずに楽しんだり、勇気を持って飛び込んだり。それをドキドキして見てもらえればと思っています。
__ 
その自由さを得る為に、何が必要なのでしょう。
木村 
よく、インプロで必要なのは「Be in the moment」、その瞬間にいるということだと言われているんです。いまそこにいて誰かと話している、何にも囚われずに集中して話している。ただ集中する。それがすごい大事な事なんです。いろいろな即興があると思いますが、どんな即興でも共通しているのは「Be in the moment」なんだと思っています。
__ 
いま、そこにいる事。
木村 
人って賢いから、例えばこうして話していても「次にどんな事を聞こうか、あるいは言おうか」とか、相手にバレずに考えられる訳ですよね。でも、それは「今にいない」んです。囚われず、「今!」に集中する事を掴むと、即興が出来るようになっていきます。それが、自由を得るという事に近いんじゃないかなと思います。
__ 
舞台上で「Be in the moment」になれるというのは、すごく楽しそうな事ですね。
木村 
そうですよ~。すごく楽しいと思います。

タグ: Be in the moment