PROGRAM02 美術×ダンス

__ 
御厨さんは去年、現代美術家の方との作品作りをされていましたが、今年も。
御厨 
そうですね。「美術×ダンス」を今年もディレクションします。鬣恒太郎さんという美術家の方と製作予定です。僕は学生時代、舞台ではなくて、美術家の方をプロデュースしたりディレクションしたりしていました。舞台を始めてからはそうしたこととは遠ざかっていたんです。が、美術作家とダンサーが、どのようにコミュニケーションを取ってクリエーションしていくのかを実験したいというのがあってこの企画に至りました。
__ 
なるほど。私は去年、ダンスの上演は拝見出来なかったので展示だけでしたがとても良かったです。見る度に全然違う角度の発見があって。見る人が見ないと分からないかもしれないけど。私は、好きです。
御厨 
ありがとうございます。ダンサーと美術家がそれぞれお互いの分野に対して「好き」をどう発見できるか。この企画が終わっても、この人と一緒にやりたい、という興味関心が続いていったらいいな、ということを考えてやっています。
__ 
現代美術を鑑賞する時、作家の思想や認識そのものが作品であると思うんです。ダンサーは踊っているさなか、観客にその認識をより正確に伝える存在なのではないかと思っているんです。その二者はきっと近しい。
御厨 
そうですね。
__ 
そこはまず期待ですね。
御厨 
雑多な事を言うと、僕はそれぞれをどう呼称すべきか―「コンテンポラリーダンス」「コンテンポラリーアート」と呼べますが、それが凄く気になっているんです。特に、最近の「コンテンポラリー」ではコンセプト重視になっている作品が多いと思うんですが、本当に自分たちはコンセプトを観客に伝えきれているのだろうか、という疑問があります。今回の企画においては、ダンサー、美術家がそれぞれのコンセプトを擦り合わせるなかで、互いにこの疑問に向き合ってもらえたらと考えています。普段のクリエイションで使っている些細な言葉の意味も違うでしょうし。僕自身も彼らとのコミュニケーションを通じて、他ジャンルへも横断できる可能性を探していきたいと思っています。
__ 
つまり、正確な所まで研究し合わないと作れない。
御厨 
そうですね。手間も時間も掛かる作業だと思うんですが、そうしないと深い出会いにはならないんじゃないか、と。
PROGRAM02 御厨亮ディレクション 美術×ダンス
ダンサーと美術家との対話/交換を通して生まれるプロジェクト。互いの出会いを通し出来上がった作品が、美術作品なのか、それとも舞台作品なのか、そうではない何かなのか。舞台美術の可能性を広義に捉え、検証していくための実験企画です。
公演時期:5月30日(土) 15:30、31日(日) 15:30。会場:元・立誠小学校 2階 図書室+資料室。

タグ: ボーダレス・横断 コラボレート


26歳の北尾亘が探しているもの

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。北尾さんは、最近はどんな感じでしょうか。
北尾 
こちらこそ、よろしくお願いします。僕はいま26歳なんですけど、今年に入ってから色々とお仕事を頂いておりまして、ずっとばたばたとしています。26歳としては、そろそろ将来のことを考えて動いていかないといけないなと思っているところです。一日のなかで、考える時間が多いですね。ネガティブな思考になりがちなので、後ろ向きになってしまわないように気を付けたいです。
__ 
私も基本的にはネガティブなので、お気持ちは分かります。いつか、ここから抜け出せるでしょうか。
北尾 
それを信じて行きたいですね。今年の残りがどうなるかで決まるように思うんです。あと少し、駆け抜けたいです。
Baobab
主宰:北尾亘が全作品の振付/構成/演出 所属メンバー:目澤芙裕子・米田沙織と共に企画/運営を行う。作品毎にダンサーや役者の垣根を越えた人材を募り、経験の有無や得意不得意に関わらず集まった人をみな踊らせてしまう大胆なダンスの扱い方が特徴。コミカルでいてリズミカルな独特の躍動感を持つ振付と、それぞれの関係性にまで手を伸ばす演出を織り交ぜ、[時に喋り歌い 沢山笑ってたまに泣く] 強いパフォーマンス性を武器に身体の先に人間を描く。出演者それぞれの本音として溢れ出る身体・言語を舞台上に充満させ、その熱が客席まで侵食していくような表現を目標としている。 KYOTO EXPERIMENT (京都国際舞台芸術祭)/ ダンス・インパクト吉祥寺/PLAY PARK~日本短編舞台フェス~/こまばアゴラ劇場 サマーフェスティバル 汎-PAN- 等様々なフェスティバルにも積極的に参加し、活動の幅を広げている。またパフォーマンスと観客のボーダレスな関係を求め、作品創作だけでなくパフォーマンスイベントの企画やクラブイベントへの出演なども行う。●トヨタコレオグラフィーアワード2012「オーディエンス賞」受賞●コンドルズ振付コンペディション2010(CCC) アホウドリ賞(準グランプリ)受賞・KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭) フリンジ企画 3年連続参加(公式サイトより)

タグ: どんな手段でもいいから続ける ボーダレス・横断 追い詰められた時期 最近どう? ネガティブ志向 夜の共犯者 本音の価値


リンクしてクロスする

__ 
これまでリンクスを何度も開催して、色んな思いがあると思いますが・・・。
石田 
2009年の11月から8回のイベントを開催しました。今はイベント活動は出来ていませんが、僕は今もリンクスを続けているんですよ。
__ 
?というと。
石田 
その名の通り、リンクしてクロスする、という事で、人と人を紹介する事をさせて頂いているんです。これまでの繋がりから色んなところに顔を出していて、例えば劇団さんからこれこれこういう役者を探している、だったり。または、客演したい俳優がいるんだけど何か知らないか、だったり。全部が全部うまく行くとは限らないんですが。
__ 
もしこの世が事務所や劇団だけだったら難しいですよね、新しく個人同志の繋がりを作るのって。石田さんならではの仕事かもしれませんね。
石田 
面白かったのは、independentの一人芝居フェスでの中嶋久美子さんの作品。その時中嶋さんはムーンビームマシン所属だったので、Sarahさんに脚本をお願いしたかったそうなんですが、本公演の準備で忙しかったらしくて、僕に声を掛けて頂いたんです。正統派ヒロインの役回りが多い中嶋さんがは実は、ピュアな天然ボケの人だと僕は知っていたんですよ。なので、はちブラ(はちきれることのないブラウスの会)の二朗松田さんの脚本が良いんじゃないかと。で、演出は誰がするのが良いかと言ったら、泉寛介さんが自分の感覚に合うんじゃないかと。二朗さんが言われ、そこで会える段取りをしたらお互いの気持ちも一致し、トライアルを通す事に。あれよあれよという間に、トライアルでは見事一位になって、本戦でも出場、またその評判がすこぶる良く、その後はその作品で全国ツアーに巡られていて・・・。そういう出世魚のような作品に少しでも関われました。
__ 
石田さんのそうした活動を私は単純にリスペクトしています。
石田 
ありがとうございます。でも、たまたまです。もちろんリンクスのイベントや、他のイベントでの出会いを通して新しいユニットが出来ていって。そういう機会を提供出来たというのは僕の誇りです。

タグ: ボーダレス・横断 人脈を繋げる イベントの立ち上げ


横断的な、あるいはアメーバ状になった感触

__ 
大橋さんがツイッターで書かれた事の中にですね、以下の一文があって。「ジャンルを超えたアートイベントをやろうとしたら、その着地点がまさに『ジャンルを超えたアート』というジャンルに着地してしまう」という一文があったんですよ。これ、凄く分かるんです。
大橋 
そうなんですよ。「あ、その枠ね」って。そういうジャンル。同じ人とやってると飽きてくるじゃないですか。だから超えようとするんですけど、いつの間にか舞踏的な表現してるみたいな。
__ 
自分の領分を越えようとするからじゃないですかね?私がカラフルの閉幕後に、ある予感を感じたんですね。かつてここに、いくつものオリジナルの劇団が一堂に会していて、一日を分けあっていたという事実が迫ってきて。自分達の世界観を失わずに、同時代でお互いがパフォーマンスを発揮しながら接触したり離れたりを繰り返すというのに立ち会うというのがとても必要だと思うんです。カラフルは「ジャンルを超えたアート」ではないけれども、「垣根を越えよう」という思想を実現したんじゃないかと思うんです。
大橋 
横断的な、あるいはアメーバ状になった感触がね。でも僕が今考えているのはボーダーを超えたアートなんですよ。そんな事が出来るのか?本当に。

タグ: ボーダレス・横断 イベントの立ち上げ 垣根の無い世界へ


vol.280 大橋 敦史

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
大橋