笑の内閣VSネトウヨ

__ 
さて、「ツレがウヨになりまして。」の韓国公演を画策されているそうですね。大変興味があります。やったら絶対面白いと思うんですよ。
高間 
いやー、実現出来たらハクが付くと思いますわ。劇団としてというのもありますけど、ネトウヨというのが日本でも笑われているよという事を示せるんですわ。だって、向こうでだってネトウヨなんて一部のバカで、大半の冷静な人たちは日本に対しては是々非々でやってるんですよ日本人と同じように。そういう話をですね、日本と韓国で真面目にやっている人たちは沢山いるんですけど、僕らのようにギャグでそれを示せる存在があってもいいと思うんですね。
__ 
それが実現すれば、日韓関係については大いに革新的な事件になると思うんですよ。ネット右翼・・・個人的な認識ですが、正直、日本のネトウヨは全然気合が入っていない腑抜けだと思っている。あれは日本という勝ち馬に乗りたいだけの野次馬に過ぎないと思う。昆虫だと言い切ってもいいかもしれない。そういう彼らを笑ってあげる事は、彼らにとって救いに繋がるんじゃないか。それが出来たら・・・。ネトウヨにひとこと、言いたいことはありますか?
高間 
一言では済まないですね。ま、ツレウヨを見て欲しいです。あれだけtwitterで、チョンだなんだと言ってきて結局一人も観に来てないんですよ。いや来てるのかもしれないですけど、観たという事を表明してほしいですね。そうじゃないと意味がない。要するに、そんなに熱心じゃないんでしょうね。
__ 
上皇とネトウヨとの戦いは、始まってもいない。
高間 
ネット上で散々、「高間は在日だ、反日だ」と煽られましたけど、僕は日本人です。でも両親は日教組です。それはネットを使えば5分で出てくる事実なんですけど、「高間響は在日だから反日なんだ」だという明らかなウソと、「高間響の両親は日教組だから反日なんだ」という本当の事(いや反日なのは本当じゃないけど日教組の息子ってのは本当ですからね)、どちらが説得力があるかは一目瞭然なのに、その手間を掛けられない人たちなんだと思うと全然怖くないです。一人、熱心に調べた人がいてその人はちょっと根性あるなとは思いました。
__ 
それ以外は怖くないと。
高間 
怖くないというより、面白くないですね。靖国参拝批判の時の「オバマは在日」は面白かったですけどね。あのね、表現規制派の人とかは頑張ってますもん。アグネス・チャンとか、僕から見れば方向性は間違っているんですけど、もの凄く頑張ってます。表現規制するために。反対派より努力してるんです。
__ 
内閣は努力しないネトウヨが嫌い?
高間 
いや僕は努力嫌いなんで・・・。面白くない人が嫌いですね。
第18次笑の内閣「ツレがウヨになりまして」
公演時期:2013/12/19~22(東京)、2014/2/14~16(北海道)、2014/2/28~3/4(京都)。会場:こまばアゴラ劇場(東京)、シアターZOO(北海道)、アートコミュニティースペースKAIKA(京都)。

タグ: 北海道出身 ヘイトスピーチ 世界がズル剥け


質問 ちゃあくんから 福谷 圭祐さんへ

__ 
札幌の大学生で、いまどくんごのツアーに参加しているちゃあくんさんからです。「おすすめのノド飴を教えてください」。
福谷 
龍角散ですね。

タグ: 北海道出身


北から南へ・・・

__ 
どいのさんと五月さんがこれまで印象深かったのは。今回のツアーに限らず、これまでの旅公演でも結構です。
どいの 
今までで言えば、僕は釧路なんだよね。最北でもないけれど、寒い時期には寒い。まあ、毎年寂れていくわけさ、街としては。
__ 
ああ・・・
どいの 
デパートが無くなって飲み屋ばかりになっちゃったねと思えば、今度は飲み屋までだんだんと少なくなっていく。元々は炭鉱で栄えた街だからしょうが無いかもしれないけど。郊外型の店舗がある地域は栄えてるんだけど、街の本体は寂れていて。夏に行ってもすごく寒いところだから、道の角を曲がったらもう死にたくなるわけ。
根本 
八月なのにそういう風情なんだよ。
どいの 
そうなのさ、でもそこに、物凄いエネルギーを持つ一群があって、そのエネルギーにやられちゃう訳さ。すっげえな、生きる力だと。
__ 
釧路でのどくんご公演、行ってみたいです。五月さんは。
五月 
私釧路出身なので(笑う)どくんごで行くようになって、改めて釧路と出会う。そんな感触があります。ハタチまで居たけど大した知り合いもなく。芝居を通して、改めて関係を再発見していく感じでしたね。札幌も面白いです。最初にツアーから公演している土地ですが、長いことホンットにお客さんが入らない(笑う)演劇関係の公演に宣伝してもお客さんがさっぱり入らない。それで受け入れの方が色々悩んで、音楽関係だったり、映像だったり、人形劇だったりとか、面白い変わったイベントをやっている方に当たって、この3年くらいで客層が大きく広がりました。演劇関係にも宣伝はしてますけど、他にも色んな面白がりの方に根気よく宣伝してくださっています。去年で動員、270かな。
どいの 
札幌は最前線ですね。走ってます。
2B 
東京でさえ500人ぐらいなのに、割合的に物凄い事になってるね。

タグ: 北海道出身 土地の力 人形劇にまつわる話題 その題材を通して描きたい


鮭とば

__ 
今日はお話を伺えたお礼にプレゼントを持って参りました。どうぞ。
末山 
ありがとうございます。ドキドキですね。(開ける)うわわっ。鮭とばじゃないですか。北海道の帯広出身なので、懐かしいです。

タグ: 北海道出身 プレゼント(食品・飲料系)


わたしとスケール感

__ 
榊さんがお芝居を始めたのはどういうきっかけがあるのでしょうか。
榊  
小劇場で活動しはじめたのは2010年からです。実は高校演劇から始めていたんですが、もっと遡ると小学校の学芸会の劇からです。それが楽しみで学校に行ってたみたいな。高校卒業後は、演劇をしに上京してきました。
__ 
小劇場をしに上京したという感じ?
榊  
実は、地元が北海道の釧路なので、いわゆる小劇場を観た事がなかったんですよ。むしろ大きい劇団が来て上演するのを観てました。もちろん楽しく観ていたんですが、スケールの大きな演技よりも、どちらかというと普通の日常会話みたいなのが好きだなって。そこで上京したら、そこで小劇場というものに出会って。なんて面白いんだろうと。
__ 
そういう好みって、あるんですよね。反対に小劇場、というかインディーズが嫌いな人もいますからね。
榊  
ありますよね。
__ 
小さい空間だからこそ、粒の細かい表現が出来る。
榊  
そうなんですよね。小さい劇場じゃないと出来ない表現があるという事を知ってもらえれば。

タグ: 北海道出身 学芸会


vol.283 榊 菜津美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
榊

質問 向坂 達矢さんから 高橋 志保さんへ

Q & A
__ 
前回インタビューさせて頂きました、京都ロマンポップの向坂さんから質問を頂いて来ております。「札幌の人は、雪にうんざりするんですか?」まず、雪が降るとテンション上がったりするんでしょうか。
高橋 
ああ、上がりますよ。で、うんざりはしないですね。雪はあるものですから。一年の半分は雪なので。そこにうんざりしてたら生きていけないですね。
__ 
あー、なるほど。
高橋 
うんざりしてしまう人は北海道から出ていくと思います。
__ 
生活の一部に雪があるんですね。
高橋 
除雪のない日に帰ろうと思ったら、ずっと雪の中を歩いていかないといけないですよ。一度、高校生の頃に吹雪いている中1時間歩いて帰った事があります。
__ 
ええ!?
高橋 
15分ぐらいしてむっちゃ寒くなって。やっとの事で自動販売機に辿りついて粒コーンスープを飲んで補給しました。
__ 
それが無かったら死んでましたね。よくぞ生きて。
高橋 
いえいえ。
__ 
「2.演劇をしていて良かった事はなんですか?」
高橋 
色んな人に会える事ですね。

タグ: 北海道出身


vol.216 高橋 志保

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
高橋