質問 杉原 公輔さんから 松原 由希子さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました、杉原さんから質問を頂いてきております。「良い役者とは」。
松原 
難しいなあ。相手役の方自身が(演技巧くなったな自分)と思えるような演技が出来る人かな。
__ 
というと?
松原 
相手役に気持ちよく芝居させてあげられる役者が良いんだと思います。
__ 
会話劇を例にすると?
松原 
相手役Bが怒るという芝居をしなければならない時、B自身が「怒る」に持っていくのではなく、気づいたら怒っていたみたいな。それが良い役者というか。Aの役者がコントロールしているという事なんですけど。相手が出したい音をこっちが引き出す、みたいな。
__ 
相手役が、怒っている事に気づかないぐらいスムーズに怒れる。そんなコントロール力。
松原 
という事はAの役者は、凄く怒らせる言い方が出来たという事ですよね。現象を生める役者が上手いなあと思います。
__ 
会話のキャッチボールの筋書きを把握して、逃さない人と言えるのかもしれませんね。
松原 
会話劇が凄く上手な人と演技した時って、自分もなんか上手になったような気がしてしまうんですよ。向こうが返してくれるし、自分が動きたいように動けるし、みたいな。
__ 
つまり、向こうがこっちの演技を理解してくれている、という事なのかな。
松原 
ゴール決めた人より、そこまでの道のりを的確なパスでアシストした人が、私は魅力的に見えるし重要に感じます。その人が蹴りやすい足元に、蹴りやすいタイミングでボールを出してあげれば、あとはもう相手役が思いっきり足を振り上げるだけでキチンとゴールできる。
__ 
そのシーンが必要としている内容とその為の文法を前もって理解している事が前提ですね。細かいレベルで言えば、その会話で出すべき答えにたどり着く道筋を内外から検証している事。もっと細かく言うと、会話ってものすごく微細な要素に分解出来るんですけど(例えば目の瞬きの角度とか目を閉じるテンポも表現の要素のパーツだし、相手のそれらへの注目/無視も重要な情報だし)。意外にそれはお客さんに響いていくんですよね。それらのやり取りが呼吸を劇場に呼び込んで、共感が生まれて、重なり合いが出来て。
松原 
うんうん。
__ 
それはめっちゃ難しいですね。
松原 
難しいですけど、それが出来ている人を見ると上手だなと思います。

タグ: 会話のキャッチボール 引き出し合う 会話劇研究


__ 
今後、一緒に作品を作ってみたい人や劇団はありますか?
坪坂 
そうですね。会話劇はしてみたいですね。全く動かない。ありがたいことに、ナレーターの方から一緒にやりませんかと声を掛けて頂いて、お仕事を頂く事もありまして。別ベクトルの刺激じゃないですけど。
__ 
なるほど。
坪坂 
ナレーターの方って、声をもの凄く大事に扱うんですよ。一言の音を最初から構成しているんです。役者はそんなに声を重視しないですよね。だって、動いて会話して、その存在感で伝わるんで。ナレーターの方との現場で、音の緻密な組立を目の前にして。じわじわと作っていくというのがもの凄く面白くて。別の競技の人とキャッチボールしている気分です。壱劇屋でも、そのあたりの事がいつか出来たら。なかなか難しいですけど。
__ 
いつか機会があるでしょうね。
坪坂 
だから、会話劇に出てみたいです。それと、キレイなファンタジー作品に出てみたいですね。

タグ: 会話のキャッチボール ファンタジー 壱劇屋・謎の一人遊びシリーズ 声のお仕事、細かい作業


寄り添う僕ら

__ 
飛び道具の良さは調和だと思っています。それは、舞台上の人間関係や会話が様々なレベルで非常に調和されて美しくまとまっているという事だけではなく、演劇作品が、そのテーマが持つ重みに対して肉薄しているという印象がありまして。会話がキャッチボール出来ているというか、それが当然の効果を持って演じられているというか。
渡辺 
舞台上で自然に会話のキャッチボールが出来ているんですよね。私も初めて見た時からその印象は変わっていません。そこが驚きなんです。
__ 
やっぱり。
渡辺 
全体的に、奇をてらわないからかも。お客さんをきっちり楽しませるスタンスだし。でも、みんな心の中ではくそっと思っているんじゃないかなと思います。もしかしたらそれがとっても大事なところかも。
__ 
というと?
渡辺 
主役でも端役でも、表現する時に「自分がどうしたいか」という根幹が関わってくるんですよ。いわゆる「我が(わが)」はあると思うんです。それが、その役の中心点に迫っていたらいいんですけど、集団で作る作品は必ずしもそうじゃない。集団で人々を描くとは何か?それが、七刑人の時にはよく話されていたと思います。
__ 
飛び道具「七刑人」。罪人達が死刑に向かう、非常に重厚な演劇作品でしたね。大変面白かったです。
渡辺 
俳優個人がどうしたいか、それは一旦どうでも良くて。その役の中心にどこまで行けるか。もっと言うと、この人達はどこに向かおうとしているのか?が大切なんだ、って。集団で何かをやるのって、そういう事なんだろうと。だから、ワガワガにならないんじゃないかと思います。逆に、ワガワガは簡単に出来るんです。
__ 
俳優個人を超えた調和を実現する。それはきっと放任する事じゃないんですね。むしろ、個人の可能性をずっと思考し続ける事かもしれない。
渡辺 
「お前の役はこういう性格で、こういう存在なんだ」とかは言われないです。役割としての話はされますけど、具体的にこうあれとかこうしろとかは言われない。「そんなん、ナンセンスや」って。どれだけ物語に寄り添えるかが、飛び道具のお芝居の本質なんじゃないかなと思います。それは優しい所ですよね。この人達、凄いなあと思いますね。新参者の気持ちが続いています。
__ 
そうですね。
渡辺 
人に寄り添うという事については、ここ数年思いますね。藤原さんが言ってたのかな。例えば職場に嫌な人がいたとしても、その人の出来ない事はみんなでフォローするんです。まず、自分の出来る事をやって、その人をフォローして。社会としては排除するのが一番効率的なんですけど、みんなが輝ける場を作るのが、飛び道具で学んだ事でした。
飛び道具「七刑人」
公演時期:2012/5/24~27。会場:アトリエ劇研。

タグ: 会話のキャッチボール ちゃんと楽しませる 続ける事が大事 群像劇 SeizeTheDay 失敗を許容する社会 調和の価値


「ジャァーッッン」

__ 
いつか、どんな歌が歌ってみたいですか?
西原 
まだ全然遠いんですけど・・・。私の曲は、他の人が作ってくれたメロディに私が歌詞をのせて作っているんです。shunshun'sの時は私もハナ歌を作ってセッションから作っていましたが、いつかは、私も作曲をして作りたいです。
__ 
つまり、西原さんそのものが聞けるという訳ですね。
西原 
そうですね、自分から出てきた、そのものを聞いた事はないので、自分でも楽しみなんですけど。
__ 
西原さんの歌は、恋心を掻き立てられますよね。悔しさにも似た情念というか。
西原 
それはいい事なんですか?
__ 
もちろん。
西原 
嬉しいです。歌っている時は無心なんです。お芝居の時も無心じゃないといけないんですが、一方で冷静な面もあって。キャッチボールだから。歌もキャッチボールなんですけど、もっと無心です。私の歌って、「ジャァーッッン」って息継ぎの無い感じで。お芝居は息継ぎがあるんですけど。
__ 
ジャーンとはなんの音ですか?
西原 
水道かな。
__ 
何を出しているんですか?
西原 
何だろう。魂?
__ 
お客さんの想像を満たすような?
西原 
そうですね。
__ 
感覚として、ジャーっと捉えられるくらい具体的に感じるという事ですね。それは昔からそうでしたか?
西原 
全然。ライブハウスでバイトしてる時にめっちゃ好きなバンドさんが来ていて、「この人蛇口をひねりっ放しみたいな歌い方してるカッコいいーっ」と、人のを見てて感じたから、今はそこに近づけているのかな。歌っているその時は冷静な状態じゃないんです。

タグ: 会話のキャッチボール 自分を変えた、あの舞台 メロディ


vol.290 西原 希蓉美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
西原

もっとあるでしょ

__ 
今後、おはぎさんはどんな感じで攻めていかれますか?
6号 
とりあえず、一人芝居でコテンパンにやられたので。今は、みんなでやる芝居をやろうと思っています。そうじゃないと広がらないのかなと。何だかんだ言って、キャッチボールをする必要を感じました。私は結局、相手のリアクションから自分の芝居を広げていっていたんですね。
__ 
そういうタイプだった。
6号 
一人芝居の稽古で「もっとあるでしょ」って演出のあんこに言われ続けたんです。うーん、どうやったら出てくるのか?って。相手をもっと大切にした演技を高めて、最終的には一人芝居も出来たらいいなと。
__ 
観客の想像力を掻き立てる戦いですからね。おはぎさんなら飽きたらずに頑張っていけると思います。
6号 
ありがとうございます。

タグ: 会話のキャッチボール 今後の攻め方


AAF リージョナル・シアター2011-京都と愛知-
京都舞台芸術協会プロデュース公演『異邦人』

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願いします。
田中 
お願いします。
__ 
今回の「異邦人」に出演されるとの事で。楽しみです。
田中 
ありがとうございます。頑張ります。男を見せられるように。
__ 
ああ、そういえば確か、周りは全員女性でしたね。
田中 
そうなんですよ。稽古の度にいじってもらってます(笑う)。
__ 
ところで、本番まであと一ヶ月程度ですね。稽古はどんな感じですか?
田中 
今は、役者全員に台詞が入って、一回目の通しをやった状態ですね。とはいえ、軽く流してやってみる、という形です。
__ 
というと。
田中 
演技をものすごく付けるわけではなく、たとえば役者が自分の気持ちのいい間で芝居をするのではなく、流れを確認していくような感じですね。
__ 
どのような効果が出るのでしょう。
田中 
今はまだ、俳優同士の関係性が浅いんですよ。だからこそ、少しずつでもいいから場が固まるのを待っているんだと思います。
__ 
場ですか。
田中 
舞台上の空間です。それをものすごく意識するので、俳優が会話する時の摩擦で、空間に熱が入るのを待っているんだと思います。
__ 
では、まだ特別な演出は入っていない?
田中 
そうですね。台詞がポンポンとキャッチボール出来るように。なんかこう、台詞を言う為の間もとらないようにしています。
__ 
俳優同士の人間関係に、身体が慣れるようにしている感じですね。


Will Be SHOCK Entrance Gate
京都を中心に活動する演劇ユニット。
AAF リージョナル・シアター2011-京都と愛知- 京都舞台芸術協会プロデュース公演『異邦人』
山岡徳貴子・作。柳沼昭徳・演出。公演時期:2011/6/9~12(京都)、2011/6/18~19(愛知)。会場:京都芸術センター、愛知県芸術劇場小ホール。

タグ: 会話のキャッチボール


豆企画「消失」

__ 
今日は、宜しくお願い致します。
延命 
お願いします。
__ 
最近、いかがですか。
延命 
芝居の予定で一番近いのは、9月頭の芝居の演出ですね。
__ 
ああ、「豆企画」ですね。
延命 
はい、「消失」という作品です。
__ 
ケラリーノ・サンドロヴィッチさん作の。
__ 
俳優の他に演出もされる延命さんですが、延命演出ならではの特徴というのはどのような点にありますか。何かを大事にしているですとか。
延命 
普通やと思いますね。
__ 
普通と仰いましたが、例えば役者に演技を付ける時の大きな方針ですとか。
延命 
相手のセリフを聞かないように、という演出は他の人より多いと思いますが。
__ 
はい。んん? 相手のセリフを聞かない?
延命 
セリフを受けて喋る、会話を行う人が二人いる状態よりも、喋っているのに伝わらないであるとか、聞くつもりはあるのに上手く受け取れないであるとか、そういう空気が好きなんですね。
__ 
ああ、何となく分かる気はします。コミュニケーションが出来ていそうで出来ていないという状態ですよね。
延命 
何か、内容を受けて発言するというよりも、相手が何か言うから言葉を重ねるであるとか。以前演出した時に、片方は一生懸命喋っているし,もう片方は一生懸命喋っている側の言う事を聞こうとしているのに、全く伝わっていないという。そういうのが凄く好きなんですよ。普通だと、相手のセリフを聞いて咀嚼して返す、というのをやってくれるんですが、「あ、そうじゃなくていいよ」と言います。
__ 
なるほど。出来ていない会話のとぼけた感じというのでしょうか。
延命 
会話は成立してないけど、話を聞いていない人の中ではとても筋が通っているという。キャッチボールをしたいのに、出来ていないという。次の「消失」もそういう感じになると思います。
少・F・年
松本健吾(少年A)と延命聡子(少・F・年)を中心とした演劇サークル。(公式サイトより)
豆企画「消失」
公演時期:2008/9/5~7。会場:西部講堂。

タグ: 会話のキャッチボール