鳥公園「緑子の部屋」

__ 
今回は鳥公園の作家・演出家である西尾佳織さんにお話を伺います。さきほど「緑子の部屋」の大阪公演の夜の回が終わったばかりですね。とても面白かったです。
西尾 
ありがとうございます。
__ 
タイトルからは想像が出来なかったんですが、人間同士の「対話」をめぐる作品でしたね。言ってしまえば、人種を始めとする様々な差異から発する差別心が生活の中でどのように顔を出すのか、が大きいテーマだったんじゃないかと思います。持論ですが、今後日本は30年程度を掛けてだんだんと多民族社会になっていくんじゃないかと思っています。すると意識すらしていなかった差別心に突如出会う事になり、非常に戸惑う事になるのではないか。もちろん対話は色々なレベルで行われていく筈ですが。さて、「緑子の部屋」。演劇として非常に面白かったです。配役の切り替え方、空間の使い方がとかユニークで、語数の少ない詩が読まれた時の広がりのような印象を受けました。私が気になったのはラストシーン。「対話」が一方的にシャットダウンされてしまうという描写がありましたね。
西尾 
一方的、そうか、はい。
__ 
何というか、絶望を感じたんです。同棲している彼女と彼の会話。説明の難しい悩みを武井翔子さん演じる彼女は抱えていた。浅井浩介さん演じる彼は見るからに疲れていて、結論も出ないまま途中で対話を打ちきってしまった。こういう場面を見るにつけ、まずは対話する相手を受け入れる姿勢を持つべき、とは思うんです。でも、相手を許容しあう対話が全てを解決するかというと、それはどうなんだろう・・・?そこは個人的に悩んでいるんですが。
西尾 
ありがとうございます。嬉しいです。そうなんですよね、差別の心があるというのは、ダメだと言われても無くならないと思うんですよね。誰でも、何かに対して偏見とか差別心を持っているんだよなあ、って。無菌状態なんてありえないんだと思うんです。
__ 
確かにそうですね。
西尾 
一体、自分はどういう色眼鏡を掛けているのか?いや、自分の目自体にそういうものが備わっているのかもしれない。そういう事込みで考えていかないといけない。難しいですよね、話すって。
__ 
色眼鏡というより、私の眼球にそれが入っている。
西尾 
じゃあ目をえぐり出せるかというと、それが良いとは全く言えない。
__ 
と言って我々は被差別者にはなれないから、彼らの気持ちを想像も代弁も出来ない。そんな絶望がありますね。
西尾 
実は「我々」の中でも差別をし合っているんじゃないかと。種類は違うけれども、さらに差別し合っているのかもしれない。
__ 
というと?同じカテゴリー内の差別?
西尾 
今、次に演出をする作品の関係でセクシュアルマイノリティの問題を日々考えているんですけど、LGBTの中でもゲイの人たちの発言が強かったり、トランスの人同士でも、性別適合手術をしている人が手術までは望まない人に「そんなのは本当に苦しんでない」と言ったりすることがあると聞いて。でも、きっとそうだろうなと思うんです。関係ない立場の人はもっと無関心で、素朴に「それは大変だろうねぇ」ぐらいに処理することしか出来ないことが多いと思うから。
__ 
なるほど。
西尾 
「当事者」としての切実さがあるからこそ、同じカテゴリーに入れられている人同士の間で、差異にたいする意識がより強く働いてしまうこともあるんだろうかと、思った事があります。
鳥公園
2007年7月結成。作・演出の西尾佳織と俳優・デザインの森すみれによる演劇ユニット。「正しさ」から外れながらも確かに存在するものたちに、少しトボケた角度から、柔らかな光を当てようと試みている。モノの質感をそのままに手渡す言葉と美術、「存在してしまっていること」にどこまでも付き合おうとする演出が特徴。11年10月、「おねしょ沼の終わらない温かさについて」でフェスティバル/トーキョー11公募プログラム参加。12年2月、大阪市立芸術創造館主催・芸創CONNECT vol.5にて「すがれる」が優秀賞受賞。12年7月、広島市立美術館主催・ゲンビどこでも企画公募にて、「待つこと、こらえること」が粟田大輔賞受賞。同年9月、同作品が3331EXPO「おどりのば」スカラシップ受賞。鳥取、北九州、広島、大阪など、東京以外の様々な土地での滞在制作も積極的に行っている。(公式サイトより)
鳥公園「緑子の部屋」
公演時期:2014/3/21~23(大阪)、2014/3/26~31(東京)。会場:芸術創造館(大阪)、3331 Arts Chiyoda B104(東京)。

タグ: カテゴライズされる俳優 「異なる角度から」 ヘイトスピーチ ユニークな作品あります 鳥公園という場所


好きな事をやっているのがあまり好きじゃない

__ 
延命さんは、幸せになりたいと思った事はありますか?
延命 
あると思うんですけど。あの、私、好きな事をやっているのがあまり好きじゃないんですよ。こんな事をやっていていいのかな、みたいな。限度ありますけど、ちょっとやりたくない事をやらされていた方が安心するというか。
__ 
楽をしたくない?
延命 
そう・・・でも楽をするのは大好きなんです。私にとって、楽しい事とラクな事は同じカテゴリなんです、きっと。演劇は苦しいけど楽しくてラクなこと。でも後ろめたい。本質的には凄いめんどくさがりなんです。幸せには、きっとなりたいです。

タグ: カテゴライズされる俳優


オン、オフ

__ 
舞台に立った人を観る観客は、きっと彼をすぐカテゴリー分けするんですよ。属性を観察して、どのぐらいの存在で、どこどこの血族だ、って。それは一瞬で行われるプロセスで、高い精度を持っている上に誰でも備えている常識です。「不思議な存在感」の人は、そのカテゴライズで特殊な方にいったんじゃないかなと思うんです。
古藤 
なるほど。
__ 
努力すればそれになるのかどうかは分かりませんが、意識する事は必要でしょうね、きっと。
古藤 
だから僕は、彼ら以上に考えていかないといけないのかもなと。例えば舞台で、特殊な存在感を持つ彼に振り回される時に僕がのっかるべきか判断したり。オフにして持ってってもらう事も出来るし。要所要所で、生き残る道を探る。食われて終わるんじゃなくて。共存するか真っ正面から戦うかの判断を、もうちょっと考えないといけないんやろうなと。
__ 
芸人魂ですね。
古藤 
舞台に立っている時の存在感みたいなのを意識的にオンオフ出来たらいいなと思うんですよ。
__ 
そういう思考を現場で持つ人に頼りがいを感じますね。
古藤 
やばいなと思うんですよ。普通に台詞を覚えて演技するだけなら誰でもいいんだと思うし、サバイバルを掛けて、生き残るためにしないとあかんのやろうな、と。何を生き残るかというと舞台上かもしれんですけど、それを覚えてくれて、声を掛けてくれたら嬉しいですね。瞬間瞬間で巻き込まれてアイデアが思いつかなくて、後で「こうすれば良かった」って反省してしまうんですけど。もっと反応を早めていきたいです。
__ 
では今後、どんな感じで攻めていかれますか?
古藤 
7月に、先輩と組んだユニットのコントをしたいなと思っていて。KUNIOを一緒に観ていて、「これ観ておいて良かった、危ねー」という感想を一緒に抱けた人なんです。そういうふうに、同じ志向を持つ人なんですよ。一緒に、驚ける何かを作れればと思います。
__ 
楽しみです。

タグ: カテゴライズされる俳優 役者のその場の判断 今後の攻め方


水平方向を探る

辻  
最近、俳優には二つの方向の仕事があるなと思っているんです。
__ 
というと。
辻  
一つは、上を目指す事=「上手になる、売れる。」もう一つは、演劇の土壌を広げてあげる事なんじゃないか。僕は圧倒的に後者ですね。基礎のコミュニケーションゲームとか、そこから演劇にはこういう要素があるよねとか、台詞を格好良く言える事の前に、演じてコミュニケーションする価値があるよねと。この前の京都学生演劇祭の時は、毎日のように基礎練習を交えて、いろんなコミニュケーション、もしくは演劇WSをやっていました。
__ 
その「水平方向」。どのような経緯で演劇WSに取り入れられるようになったのでしょうか。
辻  
「上を目指す」ためのWSだったら、僕よりももっと上の人たちがいるんですよ。でもそれをやろうと思ったら、辛く恥ずかしい訓練をしないといけない。自分を曝け出したり。僕は正直、それが嫌なんですよ。自分もやった事はあるのですが。
__ 
それよりは、水平の土壌方向。
辻  
広げるという意味ですが、別に演劇の観客をもっともっと増やしたいという事ではないんです。お芝居に興味のない方がWSに参加してみて、「ああ面白いんだ。でも観ないけど・・・」これで充分だと思うんです。演劇というジャンル、カテゴリに拘る必要はないと思うんですよ。
__ 
おお。
辻  
僕も野球は好きですけど、毎日は見ませんし、ましてやプレイもしない。参加者のアンテナに触れて、そこから個人の中で発展していくのが土壌を広げるという事だと思うんです。僕の演劇WSは、集団による作品作りをしますが、それを通して、会話の基礎であるとか、誰も指摘してくれない見方であるとかを提供する場でありたいと思っています。もちろん、演劇が面白いと思ってくれるきっかけになってくれれば最高ですね。
この前の京都学生演劇祭
辻さんは第2回京都学生演劇祭で、劇団月光斜参加作品「Celebration」では作・演出を務めた。

タグ: カテゴライズされる俳優 役者に求めるもの


vol.270 辻 悠介

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
辻

気が抜けないお芝居。

__ 
四方さんのお芝居を観ながら考えていた事があるんですが、エンターテイメントにカテゴライズされる演劇の演技って、もしかしたら長い短いがあるのかもなって。
四方 
というと。
__ 
以前みた芝居に役者がたくさん出演していたんですが、やっぱり上手下手があったんですよ。色々な要素があってそう感じているとは思うんですが、主に何がそう感じさせるのかと思っていたんです。もしかしたら、演技:台詞と動きのアクション、その流れが一つの絵を表現してそこで流れが終わってしまうのが、何だか「短いな」と思ったんですよね。
四方 
ああー。
__ 
その、台詞や身振りが一つの絵を表現し、次の流れに入って、流れて流れて、そういう粘り強い芝居というのかな、を「長い」演技だと思うんです。四方さんの演技は、先入観で思っていたより凄く長かったんですよ。
四方 
ありがとうございます。何か分かる気がします。前にいた劇団で教えられていたのが、「素になる瞬間を作るな」という事だったんですよね。「短い」と思うという事は、そこで演技が終わっているという事ですよね。普通にぼーっと立っている時でも、そこに意味を持たせないといけない。台詞を言って、指示されたような動き方をして、終わったら素に戻るのが「短い」と感じさせるのかもしれません。余韻が作れる人は、例えば立つ事にも意味を持たせられるんですよ。
__ 
観客の観点からして、俳優が素に戻っている時、流れが終わっているように思うんでしょうね。それが狙いであればいいんですが。「長い」芝居は、表現したい内容があって、そこを表現したから終わりという訳じゃないんです。四方さんの演技を観て思ったのは、「ゴールポイントを設定してないんじゃないか」と思ったんですよ。一つのセリフを言う身体に辿り着けた・そこで終わりではなく、次のセリフに既に連携している、みたいな。それは、舞台上で生きている事を表現する、一つの方法なのかもしれませんね。しかも、一つ一つのステップが計算されているし。あれは、どういう意識で作っていたんですか?
四方 
スタアロは特殊だったと思うんですよ。ご覧になった作品には5人出てきたと思うんですが、しかも年齢を重ねた表現もしなくてはならなくて。力技でやらないと、結構同じ人に見えるんだろうなと。「チェリー」はギャルが二人いるので、見分けがつかないといけない。他にもたくさん登場人物はいるので、終始、必然的に気が抜けないんですよね。他の役の癖や素が出ると、世界観が崩れてしまうんですよね。言い聞かせないと出来なかったんですね。それがうまい具合に粘りに見えてくれたのかな。
__ 
なるほどね。
四方 
一瞬だけでも気を抜くと訳分からなくなるんですね。

タグ: カテゴライズされる俳優


vol.229 四方 香菜

フリー・その他。

2012/春
この人のインタビューページへ
四方

「劇団福耳presents『第六回 赤坂炎上』」

__ 
今回は、東京の劇団ロロの脚本・演出をされている三浦さんにお話を伺います。どうぞ、宜しくお願い致します。
三浦 
宜しくお願い致します。
__ 
先日は、赤坂L@Nのイベント「劇団福耳presents『第六回 赤坂炎上』」でコントを拝見しました。非常に面白かったです。
三浦 
ありがとうございます。
__ 
従来の演劇にカテゴライズされにくいような作品だったように思います。今でも、人にどう説明すれば通じるのかちょっと分からなくて。何というか、これまで小劇場が生み出してきた様々な表現を把握した上で、その影響下にない表現を行っているというか。
三浦 
今の小劇場のお芝居からの影響はかなり受けていると思います。好きなんですよ。たとえばチェルフィッチュだったり五反田団だったり。快快(ファイファイ)っていう劇団があって・・・。
__ 
快快。よく伺います。確か、もともと小指値という・・・。
三浦 
そうです。改称して快快ですね。あのノリでお芝居をやっているという空気が凄く好きで。皆が集まって、こんな動き方面白そうだよね、じゃあやってみようか、という。その感覚、凄く共感が持てるんです。結構チェルフィッチュぽかったりとか、身体がダンサブルだったりするんですけど、それが意識的にされている感じがしないんです。
__ 
あ、ちょっと分かる気がします。
三浦 
ファンなんですけど、さて自分はどうしようかと考えながら作っています。大学に入ってから今の小劇場が好きになったんですけど、確かにそこが出発点ではあるのかな、と思います。
劇団ロロ
2009年結成。主宰・三浦直之氏。脚本・演出をつとめる三浦直之が第一回作品『家族のこと、その他のたくさんのこと』で王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」“史上初”の受賞を果たし、結成。物語への愛情と敬意を込めつつ、演劇で遊びまくる。(公式サイトより)
劇団福耳presents「第六回 赤坂炎上」
開催時期;2009年9月18日。会場:L@N AKASAKA。ライブ、インプロ、コント、演劇など、いわゆるショーケースとして楽しめるイベント。

タグ: カテゴライズされる俳優 オーガナイザーの企み


あの時代

_  
そのナントカ世代の作品、去年の秋あたりに拝見したんですけども、いつもとは違う蜜さんの姿が新鮮でした。いかがでしたか。
蜜  
まあ、今までやってきた芝居とカテゴリーが違うじゃないですか。静かな芝居というのが単純に好きではなくて。会話劇って、固定観念なんですが見た事ないリアルを追求してて、それって面白いの? と思っていて。初めて観た芝居がキャラメルボックスなんですよ。大学時代に。キャラメルの会話って前切りでワーって喋る芝居じゃないですか。
_  
しかも凄い説得力がありますしね。
蜜  
ツバとか汗とか飛んでくるのがたまんないですね。あれが好きなんですよ。やっぱり最終的にはそこに行き着くんです。
_  
なるほど。ところで・・・大学に入って、未踏座から始められたそうですが。
蜜  
ええ、岡嶋さんがいた時代ですね。あの時代は本当に凄い人がいて、はっちゃけた人ばっかりでした。
_  
それはもう、虹色の時代ですね。
蜜  
最初に演出を受けたのが、中野劇団中野さんだったんですよ。
_  
ああ、歴史ですね・・・。それからSHOWDOWNに入られたと。
蜜  
当時、未踏座のOB劇団って無かったんですよ。上田直人さんという先輩と、じゃあ作ろうという話になって。それからしばらくは劇団に入ったりしていましたね。THE RABBIT GANG TROUPESHOWDOWNと。
ナントカ世代
「正確な日本語」と嘯く特異な言語感覚に支配された規律(ルール)と、したたかな美意識によって用意する絵本のような突き放した風景描写(マナー)により織り成す、独特としか言えない割には中庸な世界観が身上。(公式サイトより)
未踏座
龍谷大学の公認サークル劇団。

タグ: カテゴライズされる俳優