質問 佐々木 誠さんから 石畑 達哉さんへ

__ 
前回インタビューさせていただきました、佐々木誠さんから質問を頂いてきております。「役作りのアプローチとして、どこから近づいて行きますか?」ちなみに佐々木さんは、体から入っていくそうです。
石畑 
体はすごく大事ですね。僕も体から入っています。それから、お客さんにどう見られるかという事があるじゃないですか。どういうキャラクターであるか、そのためにどんな動きをしないといけないか。どのように発声しなければいけないか。体と言葉を大事にします。その上でいかに遊ぶか。体と言葉という土台を作って、そこを出発点に派生させていくというイメージですね。
__ 
自分との共通部分を探していくんじゃなく、役がどんな体であり言葉を発するかを探る?
石畑 
そこを構築して、ダメを受けて、また考えての繰り返しです。そのダメというのが、自分がどう見られているかの答えなんだと思っています。だからとても大事に聞いています。そこから、如何に自分を動かしていけるか。

タグ: 役をつかむ 役作り=身体から入る 見られている事を意識する


それから感覚が備わってきて・・・

__ 
これまでに、自分を変えたのはどんな舞台でしたか・
杉原 
2回生にやった、北村想さんの「屋上のひと」という作品で、シンちゃんというチンピラの役を演じました。自分でも上手く出来た気がしましたし、先生からもお客さんからも良かったって声を頂いて。それがすごく楽しかったんです。この感覚で芝居をしたら上手と言われるんや。この感覚でずっと行こう、と。今でもその感覚を続けています。
__ 
上手く出来たというのは、格好良く出来たという事ですか?
杉原 
違いますね。凄く集中しているんです。その瞬間しっかりと会話が成立したというか。役も自分もしっかり実感を伴っていて、上手に出来ている感覚がある瞬間があるんです。周りの役者やお客さんの反応や表情も見えているし、次にせなあかん事も見えているし、そのすごい集中が出来る時がたまにあるんです。その時が凄く楽しいです。
__ 
分かります。いや、分かるなんて言ったら語弊があって、観客としてその役者の感覚は伝わるという事なんですけど。役者が本番の日にまで作ってきた理解って、お客さんに全部伝わるんですよ。見せる為に作った理解を流れで見せられるんだから、実は観客にはほとんど全てが伝わっているんじゃないか。役者の感覚も伝わっていると思います。まあ、受け止めてもらう為に作られたものなので当たり前なんですけど。
杉原 
お客さんには何でも伝わりますからね。

タグ: 俳優のブレイクスルー 役をつかむ 役者全員の集中が一致 舞台にいる瞬間


質問 吉本 藍子さんから 東 千紗都さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました吉本さんから質問を頂いてきております。「役を演じる上で、役との距離感についてどう考えていますか?」
東  
うーん。役だったらこう考える、というのと、自分だったらこう考える、みたいなのは半々ですね。自分の場合は。
__ 
役の気持ちを想像する。
東  
完全に自分に憑依させると、結局それは私なので・・・半々ですね。

タグ: 役をつかむ


カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近吉本さんはどんな感じでしょうか。
吉本 
最近は、次回公演の稽古期間の真っ最中です。
__ 
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」ですね。本番3週間前を切りましたが、どんな公演になりそうですか。
吉本 
まだ作品を作っている最中で、ちょっとまだ完成形が見えていない状態ですね。セリフがまだ入っていなくて、これから詰めていく感じです。
__ 
今回は「フラッシュフィクション」という、10秒~3分程度の短い作品を次々に見せていく形式の公演ですね。つまり、一人がたくさんの役柄を次々に演じるという事になるのでしょうか。
吉本 
そうですね、私もヤンキーっぽい役とかを演じます。何か、性格が強めな人が多いかな。
__ 
ご自身としては辛い?キツイ性格を演じるのは。
吉本 
いや、やりやすいです。もしかしたら自分は性格強くなりたいのかなと思ってます。
__ 
本当は強くなりたいと思っている?
吉本 
自分は本当はこう思っていたんだ、という意外な発見をすると、実は楽しいんですよ。素直に受け容れるようにしています。
__ 
このセリフを言ってしまっている、その気持ちが分かってしまう。
吉本 
役柄の性格に、私が一歩寄り添うけど役の方も私に一歩近づいて欲しいと思うんですよね。私がどうしても、ここは弱く言ってしまいそうだと思う時、役の方が私を通して得た価値観で演じたり。お互い一歩、歩み寄ろうという作り方を私はしています。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)
カストリ社第三号解散公演「花田一郎の述懐」
作/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)・演出/福谷圭祐(匿名劇壇)・坂本アンディ(がっかりアバター)。公演時期:2014/11/7~9。会場:SPACE9(スペースナイン) 阿倍野ハルカスウイング館9階。

タグ: 役をつかむ 「フラッシュフィクション」


「めぐさん」って呼ばれて

__ 
ミジンコターボで後輩だったという立場が、大阪俳優市場では逆にリーダーだった。そこで気付かれる事が多くあったと。
真壁 
任された当初は何をしたらいいねんってなったんです。ただ、とりあえず笑っておこうと思ったんです。いつ、何があっても、現場では笑って。怒るのは私じゃないな、と。そういう意味ではユルいリーダーだったかもしれません。
__ 
怒るのは別の人、と割り切ったのは偉いと思いますよ。話をしに行きやすいリーダー。
真壁 
下の子にも「めぐさん」って呼ばれて。「ここってこうしたら面白いですかね」みたいな事を聞いてきてくれるので、じゃあやってみようや、みたいな流れが多かったです。逆に私の方が勉強になりましたね。役者の他にもアイドルやモデルもいるストイックな稽古場なんですよ。皆で試行錯誤しながら、一つの作品をつくれたというのが、個人的にはいいタイミングで出来たと思います。
__ 
事務所の人がスカウトに来る、というのが俳優市場の大きな特徴だと思うんですけど、そこでチームワークが芽生えるのは素敵ですね。

タグ: 役をつかむ


vol.376 真壁 愛

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
真壁

コアラからつかむシェイクスピア

__ 
最近、学んだ中での気づきを教えてください。
西岡 
ちょっと大きな話になってしまうかもしれないんですけど、欲望を持ち続ける事かもしれません。結構、欲を表に出しても、すぐ諦めちゃったり、抑制するタイプだと自分では思っています。講師の方のエクササイズの一つで、アニマルエクササイズというものをやったんです。ある動物の事を研究して、完全に動物になっちゃう。私の場合はコアラでした。コアラを研究して擬態する。そこを起点にして、段々とシェイクスピアの登場人物の一人にスライドしていくんですよ。シェイクスピアに出てくる人物は欲求が強いんですよね。
__ 
ええ。
西岡 
その人物の欲求に、自分自身の欲求から近づいていっても分からなかった点が、本能的な動物の形態を借りてそこからスライドさせて行くことによって、「今何がしたい」とか「アイツを叩きのめしてやりたい」とか、ビビッドな欲求になって出てきたんですよ。それが必要なんだなと思いました。日常を切り取った演劇だって、中には非日常なものが紛れ込んでいると思うんですよ。それを全部、日常の自分でやってしまうのはもったいないな、と。自分にはないタフさが必要なんですけど、日常から欲求を閉じこめていると、演じる時に息切れしてしまうんですよ。だから、そういう時の為のトレーニングとして、自分の欲求を素直に出そうと思います。
__ 
アニマルエクササイズか。
西岡 
他の人のアニマルも、どこかその人の個性が出ているんですよ。私自身も、コアラの事を他人とは思えなくなりました。

タグ: 動物と俳優 役をつかむ 一瞬を切り取る 非日常の演出 続ける事が大事 シェイクスピア


私のホントと嘘の質

__ 
今回、髙橋さんが配役を演じるうえで大事にしたいポイントは。
髙橋 
そうですね。私の演じるのは嘘つきな女の役なんで・・・毎回、早川さんの脚本で私に振られるのは、本当にこれ、私が演じるべき役なのかなと思うんです。でもまあ、毎回、途中から「これが面白いんだ」って思えるようになるので。これでいいんだと。
__ 
今回も違和感があるんですか?
髙橋 
早川さん曰く、私には「虚飾」を感じるらしく。たぶん、そういう本質を付いたキャスティングなんだと思うんです。正直、個人的には好きになれない女性像なんですけど、でも、だからこそ私の本質に近いのかもしれない。本当は私の本質はこういうものなのかもしれない。だからピンとこなくて苦しんでいるのかも・・・。他の作品とはまた違うアプローチを掛けていく感じですかね。
__ 
なるほど。それが今回演じられる、リサ・ブライアントですね。
髙橋 
そうですね。彼女自身が、何が本当なのかわからなくなる程自分の嘘に辟易していくような気配が出せたらいいなと思います。
__ 
現時点で、役作りの上での気付きは何かありますか?
髙橋 
いや~、もう行き詰まって困ってしまって・・・でも、舞台上の世界観の中で、板の上でちゃんと生きている事を最低限にしようと思っています。分からなくなったら、とにかく嘘を付かずに、その場にいる。という事を大切にしようと思っています。今回のリサ役はウソツキなので、嘘の質を考えて演技をしないと。
__ 
嘘の質?
髙橋 
嘘と分かる嘘なのか、見破れないくらいリアルな嘘なのか。私個人は基本、嘘を付けない人間らしいので。
__ 
本当に嘘を付くのが上手い人は、「嘘がヘタだと思われている人」らしいですよ。
髙橋 
えっ、そうなんですか。
__ 
いや、私もこれの意味は良く分かってないんですけど。
髙橋 
(笑う)
__ 
相手の、嘘を見破らせる洞察の深さまで調節させられるという事かもしれませんね。
髙橋 
そうなんですね。
__ 
では、公演の見所を教えて下さい。
髙橋 
青年座の、キャリアある素晴らしい俳優達を早川さんがどう料理するのかというところですね。稽古場でも、上は70歳の俳優まで幅広いメンバーが若手の早川さんを尊重して、早川さんも俳優達を一人一人尊重して、誰に対してでも真髄を付く駄目出しをしています。劇団の中にも新鮮な風が吹いているというのが、客席にも伝わればいいなと思います。

タグ: 登場人物が好きになれない キャスティングについて 役をつかむ 優しい嘘 次の公演 嘘のない


またも振り出しへ・・・。

__ 
髙橋さんにとって、よい俳優の条件とは?
髙橋 
そうですね、とても迷ってしまうんですけど・・・とにかく芝居に対して真摯である事。芝居を好きである事。かな、と思います。
__ 
真摯さ。
髙橋 
奢らず、ひたむきに、でも卑屈にならず。自分と向き合う作業の連続なんです。でも、好きだからこそ。
__ 
そう居続けられるって難しいですよね。髙橋さんは、それは出来ている?
髙橋 
うーん・・・でも、芝居の事は誰よりも好きという自信はあります。その上で精神的に健全で居続けられるようにしたいです。それは意外と難しいことで。
__ 
では、演技するうえで、目の前のお客さんにどう感じてもらいたい、というのはありますか?
髙橋 
「あ、いるいるこんな人!」って思ってもらいたいです。例えば「あ、知り合いの井上さんだ」みたいに具体的な名前が出てくるぐらいの。逆に私個人を知る人には、「こんな髙橋幸子は初めて見る」って思ってもらえれば嬉しいです。
__ 
「いつもの髙橋幸子じゃん」にはなりたくない、と。
髙橋 
そうですね。難しいですけど。でも、以前、出演した舞台をご覧下さった、ウチの劇団の演出家の宮田慶子さんが「こういう女いる!」って仰って下さって。それは物凄い褒め言葉を頂いたなと思いました。
__ 
つまり、リアルさを感じさせたという事ですもんね。
髙橋 
身近さを感じてもらえたら。例えば、ちょっと愛嬌があるけど嫌な女とか。
__ 
見るだけでムカつくけどやっぱり憎めないみたいな?
髙橋 
そうですね、誰にも思い当たるような。
__ 
嫌だけど親近感を覚えさせる、って、物凄い境地かもしれない。素晴らしい役作りをされましたね。
髙橋 
いえ、途中で行方不明になったりします。
__ 
行方不明になるとどうなるんですか?
髙橋 
めちゃくちゃ不安になりますね。ただ、「私はこうしたい」というのが一旦ゼロに戻るんです。シンプルなやり方に切り替えるので、結果的にはそこを通ったらいいのかなと思います。
__ 
振り出しに戻れる。つまり、切り替えが早い。それが髙橋さんの強みなのかもしれませんね。
髙橋 
そうありたいと思っています。

タグ: 役作り=役割の分析 キャスティングについて 役をつかむ 迷っています


向き合う

__ 
今回の「あくまのとなり。」見所を教えてください。
松下 
基本的には、全部の作品をどんな視点から見ていただいても面白いように作るのが理想ですね。あの、乾も夢子も「以前とは違う」と言ってましたか?
__ 
はい。まあその、下ネタがないとかそういう事ですね。
松下 
その、今回は登場人物の人生だったりとか背負っている痛みに焦点を当てていて。今回、役者一人につき一役のみなんです。モブというのはなくて、自分の役と向き合っています。
__ 
なるほど。
松下 
それぞれ生きているキャラクターの人生がそれぞれ衝突したりするんです。その時に見えるものの為に、もっと深く踏み込んだ芝居を作ろうとしているんだと思います。これまでと同様、勢いは保ちながら。

タグ: 役をつかむ


そこにしかない自由さ

__ 
IN SITUでやってきた事を伺ってきましたが、では、IN SITUでしか出来ない事が伺えたらと思います。いかがでしょうか。
大石 
一つは自由度の高さなのかな。芝居に対する切り込みの角度というか。僕は作家ではないので、そういう自由さはあると思います。
__ 
大石さんにとって、魅力的な俳優とは。
大石 
自分の良さを分かっている人は見ていて気持ちいいですね。それから、言葉に対して誠実な人。おざなりに台詞を言ってしまうのではなく、テクストを理解して構成立ててくる。そういう人の台詞は濁り無くすっと入ってくる気がします。あと、がむしゃらな人。矛盾してるかもしれませんけど、演劇に命を掛けて、自分の生活に影響が出るくらい、役と自分が同化していく人には憧れますね。僕は絶対、そういう事が出来ないので。

タグ: 役をつかむ 「異なる角度から」 わたしとわたしの矛盾


バ/ラ/ン/ス

__ 
永津さんにとって、いい演技とは何ですか?
永津 
何やろなあ・・・毎年コロコロ変わるんですけど、最近思うのは、「舞台の上で生きる」ってよく言いますよね。それが出来るのがいい俳優なんだなと。それが一つの目指す所です。その役でいながら、どれだけ素の状態になれるか。それがきっと大事で、稽古場でそれがすぐ出来てしまう人もいるんですよね。すっと、役の身体に入れるのがいい演技者だと思います。
__ 
具体的にはどんな方が?
永津 
そうですね、劇団赤鬼の橋爪末萌里ちゃんが自然体で、それでいてしっかりと周囲も見ていたりするんですよ。
__ 
ご自身が「舞台の上で生きる」にはどんな事が必要なのでしょうか。
永津 
もうちょっと、楽でいる事が大事なのかなと「グッド・バイ」の時に思いました。集中しようとして緊張感が強くなりすぎたり、周囲に敏感になろうとしていたら失敗したり成功したり。その塩梅・バランスを自分で早く見つけたいですね。
劇団赤鬼
1995年に旗揚げ。クチコミを中心に動員を爆発的に伸ばしたことで関西演劇界に一気にその名を知らしめた。 結成後わずか3年目で当初250人の動員を3000人まで伸ばした実績を持ち、2002年冬ツアーではついに8000人を突破。(公式サイトより)

タグ: 俳優の「素」を生かす 役をつかむ 舞台にいる瞬間 自然体


舞台の上で生きる、動く

__ 
壱劇屋以外で、一緒に作品を作ってみたい人はいますか?
安達 
会話劇をちゃんと取り組みたいですね。今でも一年に一回くらい客演はしているんですけど。違う畑の人と一緒にやってみたい。
__ 
安達さんにとって、優れた俳優とは?
安達 
それになりたい訳じゃないですけど、自分達が演じるという事に真っ正面から向き合ってやれる人なのかなと思います。その役がどんな時に感情を震わせるのかを感性ではなく考えて表現出来る人は、どんな舞台でも必要とされるんじゃないかと思います。
__ 
なるほど。
安達 
自分がそれを出来るかというと、それはやれないと思う。この役はこういう人物だから、こういう行動は出来ないみたいな人を見てきたんですよ。ありえない行動は出来ない、みたいな。でも、演劇の上での人物ってありえへん行動を起こすものじゃないですか。納得出来ないけどやる事になる。そこを嫌がらずに、執着せずに出来るのが自分の良さなんじゃないかなと思います。
__ 
なるほど。執着も大事ですけどね。
安達 
そうですね。でも、演出が決める劇場において、自分の執着一つで出っ張るというのは違うんじゃないの、と。まあ、舞台上の結果が全てなので、そういうこだわりとかは見えない部分なんですけど。一般的には上手い事が全てなんでしょうけど。

タグ: 演技の型の重要性 役をつかむ 感性ではなく考えて表現出来る人


ナントカ世代「その十字路の先を右に曲がった。」

__ 
今年の延命さんで印象深かったのは、やっぱりナントカ世代だったんですよ。屋敷の女主人でしたね。悪役という役回りをきっちりとこなし、その役自体が作品の魅力となっていたように思うんです。「役割をこなす」以上に。今までの延命さんだったら、最後まで延命さんの枠からは出ずにいたんじゃないかなと思っていました。
延命 
・・・。
__ 
私の中での延命さんのイメージは、美人だけどとても気持ち悪い演技が出来る人で、それが段々と小さい工夫をこらしたネタをされるようになって。落語とかも。ご自身では、延命さんの演技はどのように変遷していったと思われますか?
延命 
前回のインタビューで、いろんな表情をコントロールしてやらないといけないんだろうなと気づいたと話したと思うんですが。劇研アクターズラボのWSを受けた頃ぐらいから、よく分からないものをそのまま出す、出してみよう、みたいなそういう事を考え始めました。
__ 
整理の付いていないものを出す、みたいな。
延命 
それに近いですね。私が「こういう表情です」にしてたら、それ以上の表情にならないというか。出てくるものに任せる。前のインタビューで、「雑になりました」と言ってましたが、その延長に、この考え方があるのかなと。それと・・・以前アクターズラボに出た時、田中遊さんから「出来ているように見える演技」と言われた事があって。それがずっと残っているんです。中身がなにも詰まっていないのに、やってしまっている演技というか。
__ 
俳優になるのに資格はないと思う。でも、素晴らしい演技を行う人は、本人も選べないような使命を持っているのかもしれない。強烈な理由を持っている奴も中にはいて。でも、ただのイントネーションがそう感じさせるのかもしれないけどね。
延命 
あ、こんな感じでしょ?みたいな。
__ 
いや、延命さんは会話でコンタクトする演技の時に語尾が半音下がる癖があって、それじゃないかな?と思う。いっこいっこの演技を置いていく感じ。
延命 
そうそう、ここで喋り終わりますよ、みたいな。私がやってたのはただの演技、みたいな。
__ 
それが、この間のナントカ世代の時は全然そんな事が無かったけどね。
ナントカ世代14「その十字路の先を右に曲がった。」
公演時期:2013/6/21~23。会場:アトリエ劇研。(公式サイトより)

タグ: 役をつかむ 劇研アクターズラボ 落語


自信満々・鼻高々

__ 
「ニホンノカビ」の見所を語っていければと思います。
玉一 
この作品は福岡で開催された国際コメディ演劇フェスティバルでも上演したんですけど、演出をだいぶ変えて。京都Ver.はめっちゃしんどくなったんですよね。
__ 
しんどくなったんですか。
玉一 
スマートになった部分もあるんですが、盛りつけられた部分もあって。福岡公演は無駄に感動させられる話という方向性だったんです。京都のはより繊細で、例えば家族のシーンも増えたりしました。
__ 
あるシーンで、玉一さんがタクシーの中で「拙者結構出たがりなのでござるがこんな素材どう?」みたいな顔で自分の飼い主を見続ける演技がありましたよね。それがめっちゃ面白かったです。
玉一 
あれも演出ですね。私、笑いに関して「ボケる→スベる→拗ねる」みたいな流れが既に私の考えであって、それをすぐやってしまうんですけど、今回に関しては拗ねちゃダメなんだと言われて。「サムライは自分の考えに絶対の自信があるんだから」と。それがボケになって、スベったりした事については関知しなくていい、それを判断して笑うのはお客さんだから。ずっと自信満々に台詞を吐いて、鼻の穴を膨らませておけばいいんだと言われました。
__ 
素晴らしい。そう、逃げてなかったですよね、侍は。最後には見事、戦いに勝つし。
玉一 
そういう風に一気にばーんって行く訳じゃないですけど、着実に積み上げられていって、それで成立した演技ができている気がします。嬉しいですね。これからも蓄積する演技が出来ていったらと思います。

タグ: 演技の理解、その可能性 登場人物が好きになれない 役をつかむ 繊細な俳優 自信がない 生きている実感


すこしずつすこしずつ好きになっていく

__ 
小沢さんが演劇を始められた経緯を教えて下さい。
小沢 
僕の姉は画家なんですが、姉の友達の関係である舞台のチラシデザインをしていたんですね。僕はそれまで、映画に興味があってワークショップだったりオーディションを受けていたんです。でも中々上手くいかなくて。そこに姉が「こういうのがあるよ」と教えてくれたのが「阪神タイガーウッズ」という名前の、いまはもう無き京都の劇団のワークショップだったんです。そこの主宰である方に興味を持ってもらえて。エチュードをやったりしたんですが、今までそういう事をしたことが無かったので新鮮だったんですよね。皆で何かでっち上げたり、お話にしたり。自分以外の人物になるという事がこんなに楽しいのかと。
__ 
なるほど。
小沢 
当時はガラスの仮面の北島マヤみたいな天才になりたかったですね。あんなに深く、そしてたくさんの他人の人生を生きる事が出来たらと。当時、自分の事が嫌いでコンプレックスをずっと抱いていたんです。少しでも現実逃避出来たらという気持ちもありました。自分とは違う人間になりたかった。それでもコンプレックスや嫌いな部分は拭いきれなくて、だから今でも基本的には、なぜ役者をやっているか、と聞かれたら、小沢道成という人間を魅力的にしていきたい、と答えると思います。
__ 
ご自身を魅力的にしていく?
小沢 
一年に4~5本舞台で役をやらせてもらっているんですが、色んな役の人生を味わえるんですね。舞台が一本終わると、確かに自分が何か変わっているんです。強くなったり弱くなったり、嘘をつくのが上手くなってたり下手になってたり。人とコミュニケーションを取るのが昔から下手だったんですが、役者を続けていて、少しは好きになっているんですよ。という事は小沢道成という人間が少しは魅力的になっていて、いろんな要素を吸収している。もしかしたら、悪いものを吸収しまくるかもしれないですが、それはそれで楽しみです(笑)最終的にはお爺ちゃんになった時に、いい人生だったと思いながら死んでいけたらいいかなと。
__ 
初めてお会いするタイプの方です。
小沢 
そうなんですか。
__ 
役者の生き方としては珍しいような、いや、それこそが最高の理由のような。
小沢 
「人を楽しませたい」という気持ちが前提にあるんですが、突き詰めていくとそういう理由になっていきますね。

タグ: 目を引く役者とは 役をつかむ 僕を消費してくれ 北島マヤ とにかく出演していこう 自分で考えてきたもの、の価値 新人の不安


誰何

北尾 
今回の作品は、舞台上に立つことにまっすぐになりすぎてしまうと、見せる者としてちょっとダサいかなあと思う部分があって。ダンサーとしては誠実に身体を投げ出すというのが大前提なんですけど、何かの役として真剣になりきっているのではなくて。だからあまりガチガチに役柄を固めず、家族内での役割が変わっていくような演出にしました。
__ 
例えば「お母さん」「お兄さん」という強い、具体的な代名詞をダンサーに投げかけた時に、不自由さと同時にイメージの広がりと同時に不自由さも得られる訳ですけど、その辺りは上演を通していかがでしたか?
北尾 
東京公演を経て京都公演では、キャラクタライズ・集団性(有象無象)というものを強めた感じで改訂しました。踊る時には、その必然性を言い訳だと思っているんです。踊るというのはすごく非日常的な行為だと思っています。路上で、ダンスが始まる事はないと思っています。そことの距離を何か考えたいと思って、言葉を扱ったりしているんですね。お客さんとの壁を取り払う、一つのてがかりとして。すごく難しいんですけど。そこで、家族という身近なテーマをストレートに扱いました。作用としてはうまくいったんじゃないかなと思っています。仰って頂いたように、家族の事を想起していってもらったらと。

タグ: 演技の型の重要性 役をつかむ 演技それ自体への懐疑 非日常の演出 第四の壁


「さくら」

__ 
掴むのに、苦労した役はありますか?
丹下 
最近で申し訳ないのですが、トリコ・Aさんでやらせて頂いたさくらが一番つかみにくかったですね。ふだん、派手な演技で賑やかなお芝居をさせて頂く事が多いので。言ってみれば普通の女の子だったんです。丹下真寿美としては、彼女を理解するのは難しかったです。
__ 
丹下さんは、確かにジャンルとしてのエンタメ系に出る事は多いようですが、そういう意味で会話劇が難しかったりはありましたか?
丹下 
そうですね、日常生活の所作が難しかったです。相手の言葉に対する反応が凄く大かったんですね。びっくりしたら手を広げて、というのが私にとっては普通だったんですよ。トリコ・Aさんはそれとは作り方が全然違うんです。私が作り上げた土台は使えなかったですね。稽古初期に茜さんに頂いた指示が「そんなに一個一個反応しなくていいです。動かないで下さい。それぐらいが一番、丁度いい」と。どうしても、動かなきゃという気持ちがあるんですが、それをしてはいけないと。
__ 
舞台に立っている人間をそのまま感じるために、演技は却って邪魔になる、という事かもしれませんね。リアクションを一旦保留するというか、反応する動きを一旦保留する。すると、それを見ている観客は彼の真意をつかもうとして想像を広げるんじゃないかなと個人的には思います。こうした言い方が相応しいかは分かりませんが、京都で支持されている会話劇はこういう意識で作られている気がします。良いか悪いかは別にして。
丹下 
なるほど。
__ 
丹下さんの演技、私は不自然だとは思わなかったです。むしろ、いつも相手を受け止めるような反応をしていたと思いました。この人には近寄ってはならないと思いました。あれは凄かったですね。
丹下 
良かったです。全ての男性に対して粗末に扱わないでください、傷付けないようにしてくださいと言われていて、でも、誤魔化すような事もしないでと。「そんなのゆうてないし~」みたいな事も言わず、じゃあどうするの?って悩んでたんです。
__ 
そうですね。詰め寄られても、一旦受け止めてあげるみたいな。それが、ワクワクするような嘘と駆け引きのバトルシーンを見ているようでした。すごく面白かったです。
丹下 
嬉しいです。素直に嬉しいですね。小屋入りしてからも稽古の時間を頂けて、結構変わったんです。一日一回通したりして・・・。

タグ: 出来ない!難しい!演技 役をつかむ 会話劇研究 自然体 役づくりの成功 自覚的になりたい


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下

第26回国民文化祭・京都2011「現代演劇の祭典」、企画委員会プロデュース公演「林檎の木の真ん中の心臓」

__ 
林檎の木の真ん中の心臓」。千秋楽に拝見しました。大変面白かったです。出演者が20名以上でも、一人一人が思い出せるくらい立ってましたよね。どのような稽古場でしたか。
織田 
とにかく上の世代の方々と同じ空間にいられたのが貴重でしたね。もう演劇始めたばっかの浅っい人間ですから、何も分からない同然で望みました。
__ 
織田さんが主に出てきたのは、第四章でしたね。朝平陽子さんと若夫婦を演じられていて。
織田 
実は当初、キャラクター優先で演技を作っていたんですよね。最初は面白がられたんですが、だんだん他のほとんどの出演者と方向性が違ってしまったんです。
__ 
というのは。
織田 
演出の方針はもちろん、上の世代の方は、気持ちで舞台に立つ事が出来ているんですよね。「そう想って舞台に立っているだけでいいんだよ」って、演出のキタモトさんに言われました。役柄上、色々と面白い動きは出来たんですけど、ニットではそれで通る事もあったんですけど、考えたネタが役柄を外れたり、作品のバランスを崩したりしていたんです。
__ 
なるほど。
織田 
稽古場で参考になったというか、凄いと思ったのはやっぱり岡嶋さんだったんです。僕は面白い事をやると役から外れるという事で悩んでいたんですが、岡嶋さんは役に合った外し方をするんですよね。俳優として芯があるからなのか・・・。で、稽古場でのスタイルも、役に合った外し方を沢山試されるんですよ。試した上で、どれかを選択するんです。引き出しの多さ、選択の仕方に、経験の深さを感じました。
__ 
今は、どのように思われますか?
織田 
もっとやれたんじゃないかと思っています。キャラ作りと調整で行けると思っていたんですが、そうではなかった。テンポとかも全然違った。爪あとみたいなのを残せればと思って空回りしちゃっていたんです。本当に、朝平さんとの関係で作らないといけなかった。
__ 
もし同じ舞台に立っていたのであれば、そのやり方は空気を通して伝わったというように思います。
織田 
そうだといいですね。やっぱり明らかに、他の方々は気持ちで立っていて、「それで立てるんだ!」て感心したんです。

タグ: 役をつかむ


ジレンマ

__ 
作品の事について伺っていければと思うんですが、直近の公演では「レオナール・F S改」がありました。非常に面白かったです。高杉さんはレオナール役でしたが、演じられていていかがでしたか?
高杉 
そうですね。設定として、大正から昭和にかけて活躍した画家と、現代の劇作家との邂逅を描くという話だったんですが。
__ 
時代設定があやふやとなっていたというか。
高杉 
普通、お芝居って時代がいつだっていうのが決められていて、それに基づいて役作りしたりすると思うんですけど。こないだのは立ち位置をここと決められないというか。代わりに現代が戦時中であるという比喩を使って、本当の太平洋戦争中の時代をダブらせていたんですね。場所にしても、病室から稽古場に変わったり。でも、立ち位置のあやふやさというのは、本当は普通のストレートプレイをする時も持っていなくちゃいけない感覚なんだろうなと思うんですよ。今はこういう時代で、こういう場所で、こういう人、とガチ決めにして疑いなくやるというのは、凄く単純な記号化で。結局、人間のやる事というのは記号化しなければ表現にならないんですが、記号に裏切られるくらいの方が面白いんですよ。」
__ 
裏切る記号ですか。
高杉 
舞台上で役者が、自分の演技を疑わずに「ここはこういう記号を発します」、「あなたのそのセリフをこういう記号として受け取って、こういう記号を込めて返します」という単純な記号の連続って、何か奥行きが無いというか、面白くないというか。もっともっと、作品も疑って自分自身や自分の思考も疑って行くという作業が必要となると思うんですね。疑った上で、結局僕は僕でしかない、というジレンマを抱えながら舞台に立つことが仕事なんじゃないかと思います。
__ 
ジレンマですか。
高杉 
俺って一体何なんだろう、演じるって一体何なんだろうという問いかけ、そういったものが、結局僕を舞台に立たせるんだろうなと思うんです。
WANDERING PARTY15th.『レオナール・F S改』
公演時期:2008/6/17~22。会場:精華小劇場。

タグ: 役をつかむ