交錯する視線が生み出す

__ 
今回、残念ながら伊藤さんのお芝居は最後。終わった後にもっと残念に思うんだろうなあと思います。さて、豆企画ですね。延命聡子さんが演出という事ですが、これまでにも出演はされていますよね。
伊藤 
そうですね、3回ほど。座組も見知った人たちばかりで、ホントに気楽に稽古出来ています。人間関係で悩む事が一切ないですね。
__ 
あの時代のケッペキメンバーですよね。素晴らしい。寮食とかでやっている人たちの気を使わなくて良さ、これが存分に味わえますよね。敷居が低いというか。
伊藤 
テキトーっていう感じですけどね(笑う)悪く言うと。
__ 
楽しみですね。「2001人芝居」。
伊藤 
演出の延命さんが、もう知り合って10年ぐらい経つんですけど、僕の良いところも悪いところも分かってくださっていて。どうすれば人に受け容れられるかという演出もしてくれます。
__ 
伊藤さんの長所、それがどう受け止められるべきか。それを発見して更新し続ける努力がきっと必要ですね。では、見に来たお客さんにどう感じてもらいたいですか?
伊藤 
最低限、出演者一人で芝居が出来るんだと。そういう事を証明したいんです。今回セットも小道具も少なくして、役者一人だけでこれだけ演劇を成立させられるんだ、と。
__ 
頑張って下さい。成立していない瞬間はきっとあると思うんです。その期間はつまり、観客席と舞台の関係がブレた状態だと思う。その時、伊藤さん個人の味がテキストの下から這い出して、観客の価値観に掛けられる筈なんですよ。一人芝居ならなおさらそういうシーンが大事なんだと思う。大丈夫だと思いますよ。
伊藤 
大丈夫ですかね。
__ 
あとは体調次第じゃないですかね。

タグ: この座組は凄い 観客のクオリア 鍵山千尋さん 観客との関係性 観客席との対立論


vol.353 伊藤 泰三

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
伊藤

豆企画 3rd beat「飛龍伝」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。
古野 
よろしくお願いします。
__ 
最近はいかがでしょう。
古野 
今は、豆企画の「飛龍伝」ですね。ケッペキ出身の人と、立命出身の人が分かれている感じなんですよ。別々に分かれているけど、それぞれのコンビネーションが出ているんですよ。
__ 
私も、是非見たい人が何人も出ているんですよね。予定を合わせて、是非参ります。頑張ってくださいませ。
古野 
ありがとうございます。


豆企画
高校演劇部顧問の鍵山千尋が演劇部のOBとかつての所属劇団の友人を集めて企画した団体。(公式サイトより)
豆企画 3rd beat「飛龍伝」
公演時期:2011/3/19~21。会場:京都大学西部講堂。

タグ: 鍵山千尋さん


vol.163 古野 陽大

フリー・その他。

2011/春
この人のインタビューページへ
古野

豆企画「消失」

__ 
今日は宜しくお願いします。
荒木 
宜しくお願いします。
__ 
最近はいかがですか。
荒木 
最近は、9月頭の豆企画の「消失」の稽古です。延命聡子さん演出で。
__ 
進み具合としてはいかがでしょうか。
荒木 
私も含め、なかなか人が揃わなくて。
__ 
芝居全体、どんなノリなんですか?
荒木 
近未来的な、戦争をテーマにした感じのお話だと思います。
__ 
何か、出演にあたっての意気込みですとかを伺えれば。
荒木 
はい。今回の企画をされた鍵山さんは、立命の中高の先生をされているんですね。そこでの教え子さんを集めてのお芝居なんです。私、今まで自分が最年少ばっかりだったから、稽古場での年上の立ち場として頑張らないとな、と。稽古場での時間の使い方とか、そういう事でみんなが得るものがあればいいなと思っています。あと、延命さん演出に憧れていたので、何とか期待に応えられるように頑張りたいと思っています。
ベトナムからの笑い声
丸井重樹氏を代表とする劇団。手段としての笑いではなく、目的としての笑いを追及する。
豆企画「消失」
公演時期:2008/9/5~7。会場:西部講堂。

タグ: 鍵山千尋さん


講師

__
あ、ごめんみかん食べます?
福田
あ、食べます。みかんめっちゃ好き。でも私も、あんま子供たちじゃないけど今年ね、鍵山さんが立命の高校の教員になったんですよ。
__
ああ、らしいね。
福田
んで今年2年目なんだけど、文化祭のクラス演劇ってのがあって、あれの担当に去年からなってたらしいんですけど。
__
へえ。
福田
で去年はプロの人にお願いしてたのが、今年からケッペキの人から7人出して行って、1人1クラス担当してたんだけど。
__
おおお。
福田
めっちゃ面白かった。高校生めっちゃ若くて可愛いねん。
__
なんかいいなぁあそういうの。
福田
何か付属だしちゃんとオシャレとかしてたんだけど、でもなぁ、めっちゃ真面目にがんばってんねん。
__
見たかったなあ。延命さんは? というか俺入るとしたら延命さんのクラスだなあ。
福田
行ってた。なんかすごい回数行ってて。
__
というか見たいなあ。
福田
そいでさ、高校生に、じゃあ先生お手本見せてよって言われてん。んで「ん?ふ、しょうがないなぁ」でやったら「すごい~鳥肌たったわぁ~」って。
__
はは。
福田
どのクラスもそうだったらしいんだけど、やってやってで一回やってみたら、そっからもうやんややんやでもう言うこと聞くようになったって皆言ってた。
__
高校生だね。
福田
でサダオが「俺すごい今これ巨人対蟻や」って。
__
ははは。いやー、なるほど、有意義だわ・・・・・・。ちょっと待ってて。
福田
はい。
ツァイツェンサダオ氏
当時のケッペキ団員。役よりも、舞台上の役者としてのリズムが伝わってくる演技をされていた。(個人的所感)

タグ: 鍵山千尋さん


vol.13 福田 恵

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
福田