手放す、探す

__ 
瑞々しいという事は、ある特定のダンサーが非常に輝いている時であると。つまり価値を持っている瞬間なんじゃないかと思う。わりかしヘビーな質問です。ある振付があったとして、それに固執する。しかしそれが全体に良くない影響を与える場合もある。だから全体の構成、編集がある。
高木 
ええ。
__ 
ダンスに出演される時はどのような姿勢で全体の構成や編集に臨むべきだと思われますか?
高木 
人の作品に出演する時はあまり自分のこだわりは持たないようにしています。それこそ、手放すというか。そうして新しいものを探すというか。それが、クリエーションの面白さだと思いますね。
__ 
なるほど。
高木 
自分の作品を作る時は、結構話し合います。こうしたら面白くなるかもしれないというものを、一緒に色々試していくという事をしますね。
__ 
何をやるか、という事を話し合う。
高木 
そういう風にしてきたと思います。

タグ: 人を引き出す振付 瑞々しい感覚


心から生まれた振り付け

__ 
白神さんが作りたい、理想の踊りとはどのような。
白神 
私、面白ければそれで良いってすぐ言っちゃうんですけどね。本人が面白ければそれでいいんですよ。そういう感覚が凄くあって。今回の「腹は膝までたれさがる」で演出をして下さった筒井さんは、私たちに自由を与えてくれていて。私たち、作品を外から見てしまうタイプだから。
__ 
振付家ですもんね。
白神 
こうあるべきでしょみたいな見方がありすぎて、筒井さん大変だったんじゃないかな。私が作る時は、何でも私のせいにして好きにやってください、とそう思っています。
__ 
つまり、ありのままを。
白神 
私の振り付けで大事にしているのは、その人が自由になること。その振り付けをやる事によって、その人の良さが引き出せればいいなと思っています。それを、自発的にやれるようになればいいですね。振りが自分の心の中から出てきたような。いま自分が考えた振りと同じ感覚になるような。
__ 
最近、役者と演技の関係について興味があって。自分の演技を理解しているかどうかが結構大きいなと。その理解が責任に繋がって、それがさらに自由な演技になるんじゃないかと思っていて。
白神 
そうですね。何もない中で自由にしていていいですよと言われてもどうしたらいいのか分からないってあるじゃないですか。意外と翼がない。それに翼を与える、という方向性でありたいです。その人に与えてみて、出てきたものを引き出すように。それの繰り返しです。

タグ: 俳優の「素」を生かす 人を引き出す振付 ダンスと振付


Baobab二都市往復ツアー2013「家庭的 1.2.3」

__ 
Baobab「家庭的 1.2.3」大変面白く拝見しました。KYOTO EXPERIMENT公式プログラムでしたね。完全に個人の感想ではありますが、2012年の「~飛来・着陸・オードブル~」の時にも感じたんですが、恋をさせるのがうまいですよね。
北尾 
ありがとうございます。恋。それは、舞台上の誰かに、ですか?
__ 
特定の誰かにという訳じゃないですけど、おそらく私より10歳ぐらい離れた彼らが、ただ元気に踊っているだけじゃなくて。彼らが軽やかに踊っているのを見ていると、中学生の時にクラスの女子に抱いていたような、「届かなさ」をかき立てられたんですよ。変な切り口で申し訳ないんですが。
北尾 
いえ。僕は恋愛要素というのを考えたことはないんです。好みもラブストーリーではないんですが、でも、作品をご覧になっていただいてそう思われたということは、僕の目指しているダンスに触れていただいたからなのかな、と。
__ 
というと。
北尾 
出演者一人一人の個性や意識や人格をあぶりだしたいなと常々考えているんです。ある種、人間味というんでしょうか。身体だけ、技術だけでいうのであれば、もっと上手い人がやればいい。そういうダンスを作るのではなく、人のにおいとからだをフューチャーしたダンスが作れればと考えています。
__ 
その人の人格の魅力を引き出すんですね。分かります。彼らが望んでそこにいるような、そんな気がするんですね。みなさんもちろん上手なんですけど、頑張っているようには見えない・苦労を感じさせない、そんな感触。
北尾 
単にフォーメーションのため、作品の頭数としてダンサーを扱いたくないんです。人間味こそが面白いと思っているんです。
Baobab 二都市往復ツアー2013「家庭的 1.2.3」
公演時期:2013/9/14~16(東京)、2013/10/19~20(京都)。会場:d-倉庫(東京)、元・立誠小学校 講堂(京都)。
Baobab二都市~フェスティバルツアー2012~飛来・着陸・オードブル~
公演時期:2013/9/26~27(東京)、2013/10/19~21(京都)。会場:こまばアゴラ劇場(東京)、元・立誠小学校 講堂(京都)。

タグ: 人を引き出す振付


FUKAIPRODUCE羽衣「Still on a Roll」

__ 
木皮さんが振付で参加したFUKAIPRODUCE羽衣の「Still on a Roll」。大変面白かったです。そして、昨日芸劇eyes番外編「God save the Queen」で拝見したうさぎストライプの作品も面白かったです。ええと、木皮さんが振付をされる時、どのようなポリシーがあるのでしょうか?
木皮 
劇団によって僕の振付は違いますね。僕が特にこだわっているのは演劇中のダンスなんですが、やっぱり踊る人のクセや個性を生かした振付がしたいと思っています。「格好良さ」を見せるだけには作らない、その劇団に見合ったダンスはコンセプトになっています。
__ 
確かに、劇団毎に振付のイメージが全然違いますね。
木皮 
うさぎストライプではダンストゥルグという役職を持っています。うさぎストライプの主宰の大池さんが、可愛い動きがほしいと言っていて。それが思いつける人として僕を横に置いているという感じですね。
__ 
そういうポジションなんですね。
木皮 
だから、気に入った動きでなければあっさりボツにされます(笑)。でも、気に入られれば「これだ!」となるので。
__ 
FUKAIPRODUCE羽衣では。
木皮 
10代の時にお手伝いをしていまして、踊るようになってから糸井さん(作・演出・音楽)に声を掛けてもらいました。もともとの羽衣のダンスの振付って糸井さんが振付を考えてらしたんですが、踊る人の発想じゃないというのが気持ち悪くていいなと思っていたんです。如何にダンサーが思いつかないアイデアを入れられるかが勝負ですね。まさかこんなところでこれはしないだろう、みたいな。最近の羽衣のコンセプトとしては、「うまく踊れすぎずかつ下手になり過ぎず」というところを狙っています。10何人かの出演者が全員踊れて、人間賛歌をテーマにしている羽衣の雰囲気が発揮出来るように構成していますね。
__ 
人間のクセと個性を生かす。
木皮 
個性とクセを、嫌わないで愛するという事ですね。クセが魅力になるように。おかしくなっていれば直しますけど、基本的なベースはそういうスタンスです。
FUKAIPRODUCE羽衣
2004年女優の深井順子により設立。作・演出・音楽の糸井幸之介が生み出す唯一無二の「妙―ジカル」を上演するための団体。妖艶かつ混沌とした詩的作品世界、韻を踏んだ歌詩と耳に残るメロディで高い評価を得るオリジナル楽曲、圧倒的熱量を持って放射される演者のパフォーマンスが特徴。(公式サイトより)
FUKAIPRODUCE羽衣「Still on a Roll」
公演時期:2013/7/11~28。会場:東京、香川、大阪の全国ツアー。

タグ: 人を引き出す振付 コンセプチュアルな作品 ユニークな作品あります メロディ


vol.320 木皮 成

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
木皮

沖縄キジムナーフェスタ1HzタツノリナイターWater Painting、ヒキダシ_ホテル

__ 
山口さんは、最近はどんな感じでしょうか?
山口 
だいぶ忙しいですね。首が回らなくなってきたぐらい。先月7月いっぱいは沖縄キジムナーフェスタという児童演劇のフェスにいっていました。沖縄市の古座に滞在して、5カ国の人たちと5ヶ国語で演じる演劇作品を滞在制作していました。海外からも日本からも色んな団体さんが来ていて、楽しかったです。8/23には1Hzという、和田ながらさんの「したため」と市川タロさんの「デ」とBRDGの3団体を見られるイベントをUrbanguildでやる事になりました。その3日後が、8/26にタツノリナイターという、今村達紀さんのソロをまとめて見ていただくという企画です。
__ 
いいですね、それは。
山口 
めちゃくちゃいいんですよっ。「ハシ×ワタシ」に出演して頂いてから度々一緒に仕事したりしているんですが、身内の欲目じゃなく伸び続けていると思っています。彼がUrbunguildで上演したダンスが素晴らしくて、泣いてしまった事があるんです。ダンス好きな方にはぜひ。
__ 
行きたいなあ。
山口 
黒子沙奈恵さんとか出村弘美さんとか竹ち代毬也さんとか、殿井歩さんとか出るんですよ。それに、劇団壱劇屋も。
__ 
山口さんのセレクションなんですね。見たいです。
山口 
それから、9/12に和歌山の和歌浦のART CUBE で「Water Painting」というタイトルのダンス作品を演出・振付します。和歌山、いいところですよ。それと、10月にKYOTO EXPERIMENTのオープンエントリーで参加する作品の準備も進めています。「ヒキダシ_ホテル」というタイトルで、美術館で上演します。前回公演の「TEA×HOUSE」で取り上げた、京都に長年住んでいる日本以外から来た方のこれまでの生活をリサーチ・インタビューしながら演劇作品にしていきたいと思っています。このテーマの第三弾ぐらいですね。
__ 
演劇・ダンス以外では?
山口 
いま、通訳の勉強をしています。時々英語の翻訳・通訳の仕事もしているんですが、もう少しできるようになりたいと思いまして。
沖縄キジムナーフェスタ
公演時期:2013/7/20~28。会場:沖縄市各地。
1Hz
公演時期:2013/8/23。会場:UrBANGUILD。
タツノリナイター
公演時期:2013/8/26。会場:UrBANGUILD。
Water Painting
公演時期:2013/9/12。会場:ART CUBE。
ヒキダシ_ホテル
公演時期:2013/10/26~27。会場:遠藤剛熈美術館。

タグ: ホテルの話 人を引き出す振付 衝撃を受けた作品 アーティストの生活 町とアートと私の企画 次の公演 残したいという気持ち