呉城さん

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
呉城 
もう、出れるだけ出たいです。芝居って出たら次の舞台まで一月空いてみたいになりがちですけど、ずっとやっていきたいです。びゅんびゅんびゅんと。
__ 
ユニット茶ばしら。に出てた呉城さんが見たかったです。気になりましたね。いいなあと思いましたよ。
呉城 
楽しかったですよ。年上の方ばっかりで、可愛がってもらって。

タグ: どんな手段でもいいから続ける 上の人らと仕事 とにかく作品を作ろう


来年からの・・・

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
東  
来年の予定が何も決まってないので、とにかく埋めていきたいです。何も無いのが不安なので。出れるのであれば出たいです。オフは・・・一週間くらいあればいいかな。年上の劇団さんともやってみたいです。

タグ: 上の人らと仕事 今後の攻め方


第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品「舟歌は遠く離れて」

__ 
今日は枠縁の田中さんにお話を伺います。どうぞ、よろしくお願いいたします。最近、田中さんはどんな感じでしょうか。
田中 
最近は、アトリエ劇研プロデュースの「舟歌は遠く離れて」の稽古ですね。サワガレを止めてから、5本目ぐらいの役者参加です。僕は初演は見ていないんですけど、かなり違うものになるらしくて。元々無かった役の人もいたり。
__ 
田中さんはどんな役所なんですか?
田中 
自分は、舟に乗り込んでくる避難民の兄妹の兄役です。これだけベテランの先輩達と一緒にやるのが初めてで、実は戸惑っています。何をしたらいいのか分からない・・・台詞を覚えるとか、脚本通りにやるとかにあんまり意味がない。この役はこういうことができる、こういう展開に持っていくこともできる、それも面白いがこっちのほうが面白い、というのを役者一人一人が考えて提出しないといけない。そういうのがプロなんだな、と。
__ 
自信は。
田中 
全くないです。城崎で公開稽古した時、普通に震えてました。一昨日帰ってきたんですけど、稽古場を借りて一人でウダウダやってました。これはやばい、と思ってます。
枠縁
田中次郎が描く物語を上演する劇団。2014年4月旗揚げ。劇団名の由来は劇団が作品を形作る枠であり、現実と物語をつなぐ縁でありたいと願う思いの表れである。(公式サイトより)
第9回アトリエ劇研舞台芸術祭参加作品「舟歌は遠く離れて」
公演時期:2014/6/26~7/1。会場:アトリエ劇研。

タグ: 上の人らと仕事 最近どう? プロの仕事


スクエアvol.32 楽園ジゴク

__ 
先日、スクエアの舞台「楽園ジゴク」が終わったという事で。どんな経験でしたか?
嘉納 
スクエアの山本さんとはちょこちょこお話したことがあって、でも他のメンバーの方は知らなくて。始めてお会いしたら40歳の方々だったんですが、私実は同い年くらいの方と現場にいた事がないんですよ。恐ろしい現場でした。
__ 
恐ろしいとは。
嘉納 
怒声が飛び交うという事じゃなくて、みんな一人一人レベルが高いんですよ。これがレベルの違いなのね、と。一番痩せた公演でした。
スクエアvol.32 楽園ジゴク
公演時期:2013/5/24~26。会場:ABCホール。

タグ: 自分を変えた、あの舞台 上の人らと仕事


ルドルフのまっしろけでゴー

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
渡辺 
はい。どうぞ、よろしくお願いします。いつもありがとうございます。劇場でお見かけしますよね。
__ 
あ、そうですよね。渡辺さんに出くわした中で意外だったのは、「ルドルフのまっしろけでゴー」に出られていた時でした。あれは、どういうキッカケで出演が決まったんですか?
渡辺 
ルドルフの3人芝居の「授業」の公開稽古です。永野さんが東京で公演しているから、誰か演劇やっている人代役してみませんかって言われて。はい、って手を挙げたら・・・。
__ 
おお。
渡辺 
水沼さんが演出で、憧れだったんです。でも、緊張してあんまり何も出来なかったんで、あーって思ってたんですけど、その後ルドルフの代表の筒井さんからtwitterで「出てみませんか」って連絡を頂いて。twitterさまさまですね。
イッパイアンテナ
同志社大学の学生劇団「同志社小劇場」のOBを中心として、2007年11月に旗揚げされた演劇団体。主な演目はコメディとコント。劇場を気持ちよく走り抜けるライブ空間にすべく日夜活動している。(公式サイトより)
ルドルフのまっしろけでゴー
公演時期:2011/6/3~5。会場:アトリエ劇研。

タグ: 上の人らと仕事