少なくとも11,175よりも多い絆

__ 
その頃に見た衝撃作を教えて下さい。
髙橋 
青年座の作品ですが、高畑淳子さんが主演された『パートタイマー・秋子』に衝撃を受けましたね。あと、映画だと『CHICAGO』。キャサリン・ゼタ・ジョーンズの演技が凄くて、10回以上見ましたね。東京で見た初めての映画で、女がのし上がっていくストーリーなんですね。自分も東京でやっていく!という思いがあって。それと、ミュージカルへの思いが残っていたんですね。の割に青年座に入ったんですけど(笑)
__ 
青年座ではミュージカルは難しい?
髙橋 
研究所時代、授業で「バルタン星人になってください」というお題が講師の方から出された時に、ちょっと戸惑い・・・(笑)その後、入団して“ああ、私はミュージカルとは本当に関係ない劇団に入ってしまったんだ”って。今はあまり思わないですし、それまでやっていた日舞やダンスは今でも現場で役に立つので、何も無駄じゃないんですけど。
__ 
青年座の稽古で、どんな時間が好きですか?
髙橋 
家族というか、同じ釜の飯を食う、みたいな。同じ青年座という絆は感じます。でも約150人もの役者さんがいるのでまだ会った事のない方もいらっしゃるんですけどね。
__ 
ええ。
髙橋 
先輩が、後輩を何とかしてあげようという気持ちも色んな状況で感じるんですよ。アプローチはそれぞれ違うんですけど、後輩も先輩に相談しに行きやすくて。そういう環境が、すごく素敵ですね。お酒の席でも、大先輩に「あのシーン、どうでした?」って言い合えるんですよ。
__ 
いや、それはそういう事が積極的に出来る髙橋さんが素晴らしいですね。
髙橋 
いえ、それでも行き詰まってしまう自分が情けないという気持ちは強いです。

タグ: ミュージカルの話題 演劇研修所 自分を変えた、あの舞台 日本舞踊 後輩たちへ 衝撃を受けた作品


舞踏

__
その、次はダンス公演だと聞いて。ちょっと意外な気がしていたんですが。
吾郷
実はね。うちの劇団員の結構な人数が日本舞踊やってるんですよ実は。
__
ええー!?
吾郷
意外でしょ(笑う)。舞台上でそういう教養のあるところを全く見せていない所とか。男はね、全員やってますよ。
__
へえー。
吾郷
僕もやっていたんですが、途中から休みがちになって。行けなくなって。
__
意外ですね。
吾郷
今度、先斗町の歌舞練場で発表会やるんですよ。
__
それが3月の。
吾郷
いや、それは舞踏なんです。そこで、丁度1年前くらいに、精華小劇場が出演されたアトリエ劇研の公演ビデオも一緒に見せてもらったんですよ。それで興味を惹かれて、川村悟さんに紹介して頂いたんですよ。ダンサーの方のちょっとした動きとか、些細な仕草とか、そういうのがいいなと思って。その時はダンスをやろうとは思ってなかったんですが。
__
なるほど。
吾郷
うちの役者はこういうのは出来ない。こういうふうにはいてられない。そういう感じを受けたんですね。
__
その、そういう感じというのは、細やかさとか。ダンサーが指を動かすだけなのに感じる、あの動きのことですかね。
吾郷
そうそう、何か、体全体に行き渡ってる感じがあるよね。
__
分かります。
吾郷
僕らはもっと、雑におると。
__
蛍光灯の前で手を振ると残像が残りますが、ああいった、ぎこちない。
吾郷
そうそう、南斗水鳥拳が始まるみたいな(笑う)。そういう動きの、切欠だけでも得られないかと。それで、うちの劇団でワークショップをやってもらえないかと、紹介していただいたんですよ。稽古場で何度か来ていただいて。それこそ歩くトレーニングとか。そのうち、向こうから一緒にやりませんか、というお話を頂いて。という事なんですね。こういう経験を、僕らなりに咀嚼して、自分達のものにしていきたいなと。
香月人美&WANDERING PARTY舞踏公演『聴かせてよ、愛のことばを』
公演期間:2007年3月20~21日。会場:アトリエ劇研。
精華小劇場
大阪市難波。元・精華小学校をリノベーションした劇場施設。
川村悟
詩人・演出家。ポエトリー・リーディング、舞踏の演出・構成・振付など、多方面の作家活動を展開。
香月人美
舞踏家。1997年、詩人河村悟の演出作品『オフィーリアの遺言』に主演。孤立した記憶に呼びかける、詩のカオスを抱えたダンスパフォーマーとして注目を浴びる。

タグ: カオス・混沌 日本舞踊 ユニークな作品あります 意外にも・・・


劇団衛星

西川
私も結構、演劇とか映画とか見るの好きで。
__
あ、そうなんですか。芝居を。
西川
はい。お知り合いのお芝居とか見に行ったりとか。
__
どのような。
西川
ジャンルは限らず。コメディからシリアスなものまで。
__
京都とかでは?
西川
友達に誘われて立命の月光斜いったことありますよ。
__
ああ。
西川
劇団衛星ってよく聞きますよね。
__
あ、ありがとうございます。うれしい、ちょっと。
西川
ええ。
__
なんかいろいろチラシとか持ってくれば良かったなあ。
西川
日舞も「演じきる」って点では一緒なんで。こう魅力的だと思うんですけど。
__
そうですよね。何か、そこは舞踏とかダンスとかとは違いますよね。同じ表現するにしても日舞は役を曲のなかで演じることに重点が置かれている。
西川
地唄さんっていって三味線や歌を通して物語を言ってくれてるんですけど。私の流派は歌舞伎舞踊が中心なので、舞踊だけじゃなくって台詞も言ったりするんですけれども。
__
ああ、そうでしたね。
西川
バレイなどとは少しちがいますよね。
__
いや、でもまあ、是非観に行ってみたいですよね。
西川
是非。

タグ: 日本舞踊


vol.15 西川 右菜

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
西川

キッカケ

西川
この間の授業ではお見せしなかったんですけれども、姉と心中物をやったこともありまして。
__
心中物。
西川
近松門左衛門の物語で、梅川忠兵衛っていうお話があるんですよ。遊女梅川と恋をした忠兵衛が逢引するために自分の働いているお店のお金を持ち出してしまうんです。それで駆け落ちするという。私が忠兵衛役で姉が梅川役でやったんですけれども。
__
なるほど。
西川
感情はすごい表現されるんですね。
__
なるほど。
西川
だから、演劇をみたりやっていらっしゃるかたにも楽しんで頂けるとおもいますし。
__
なんか、全然想像と違う人だったのでびっくりしています。
西川
そうですか。どんな?
__
なんかね、お嬢様的なイメージが。でもどんな方とも自然に話せそうな感じですよね。
西川
日舞をしていると色々な方とお話して頂けるので。普段は話せない方ともお話できて、すごい得してるなぁと思うんです。
__
ええ。
西川
そうじゃないですか?
__
え?僕がですか?いやー。でもそうですね、あのときかなり思い切ってメールをさしあげましたね。
西川
ええ。
__
で本題に入ろうと思うんですが、ねえやっぱ理解されにくいと常々思うんですよ。食わず嫌いっていうのがあるのではないかと。その辺はどうですか?
西川
やはり、キッカケがあって観て頂けると思うので。そういうキッカケってこちらから与えて、お客さんに来てもらうっていうのが私はだと思うんですけど。そこからやっぱり評価が分かれると思うんですけど。
__
ああ。
西川
実際に、私の師匠のところに習いに来られてる高校生の女の子の方なんですけど、学校のなにかで日舞を見てやりたいっていらしたんですね。それもちゃんとしたキッカケがあったからで、やっぱり表現する側から積極的にって私は思うんですけど。
__
そうですね、演劇もそうですけど食わず嫌いとかに対してちゃんと誘導?するって重要なんですね。
西川
お客さん側から「この人が観たい」って、そうなってくれればと思うんです。ふふふ。こちらもね、最初から難しい技術を披露するんじゃなくて、実はこういう見方もあったんだよ、みたいなアピールも出来ますし。見る人にとったら共感するものはあると思うんです。
__
なるほど・・・・・・。
西川
だから、難しいっていうのは唄の言葉が現代語じゃないんで、難しいというのはあると思うんですけど。物語の内容が分かれば楽しめると思うんです。
__
ああ、やっぱ情報の時速みたいなのが問題なのかなと。
西川
ヒップホップとか全然スピードが速いじゃないですか。それと同じですね。
授業
西川さん姉妹は立命館大学での伝統芸能論で出張授業を行っていた。

タグ: 日本舞踊


vol.15 西川 右菜

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
西川