村川拓也「羅生門」を終えて

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします!最近、舞台でよく見る大石さんにお話を伺います。大石さんは、最近はどんな感じでしょうか?
大石 
よろしくお願いします。最近は、『羅生門』が終わって、バイトをしたり、映画を観たりと、のんびりとした時間を過ごしています。
__ 
村川拓也さんの『羅生門』ですね。振り返ってみると、大石さんの良さが非常によく出た作品だったと、私は思っています。ご自身にとっては、どんな経験になりましたか?
大石 
自信を持つことが出来た公演でした。自分のことを役者と名乗ることに対しての抵抗が、少しだけ減りました。
__ 
なるほど。公演の内容的に、結構特殊な役どころでしたね。大石さんが言葉の通じないドイツ人の女性に、身振り手振りで羅生門を説明するという作品でしたね。でもそれが、どこか重なるかのような。伝わったというか、重なったんじゃないかなと。どのような稽古場だったのでしょうか?
大石 
他の稽古場のとき以上に、演出家(村川拓也さん)と対話をする時間が多い稽古場でした。自分の考えを言葉にして伝えなればならない状況が、他の稽古場よりも多かったように思います。
__ 
言葉にするというのは、セリフの言い方を整理する為に、考え方を精査するという作業でしょうか?
大石 
うーん、というよりも、舞台でする行為を僕自身が自覚して行えているかに、向き合う作業だったように思います。うん、何だか的は外していないのですが、伝えたいことと微妙に違うような気もします。一言では表せない作業でした。
AAFリージョナル・シアター2013~京都と愛知 vol.3~ 参加作品 村川拓也「羅生門」
公演時期:2013/6/13~16(愛知)、2013/6/21~23(京都)。会場:愛知県芸術劇場小ホール、京都芸術センター。

タグ: 役者の認識(クオリア) 稽古とコミュニケーション能力 客席と舞台の共犯関係 今の作品に集中する 非日常の演出 ユニークな作品あります 最近どう? 創造環境としての京都 実験と作品の価値


vol.312 大石 英史

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
大石

努力クラブ 必見コント集「正しい異臭」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、九鬼さんはどんな感じでしょうか。
九鬼 
最近は努力クラブの稽古ですね。
__ 
あ、必見コント集「正しい異臭」ですね。どのような作品になるのでしょうか。
九鬼 
お客さんの反応が全く分からないんですよね。こんな笑いがあるのか、というか、これで笑っていいのか分からない、みたいな。私、稽古場で全然笑ってないですよ。わからなくて。
__ 
私は最近、そういうものは「悪趣味な笑い」と呼べるのではと思っています。
九鬼 
悪趣味。
__ 
自分にしか分からない、他人にはとっては価値がないポイントの笑いであり、その事に対し自覚的であるという事から、そう呼べるのではないかと。努力クラブはそういう笑いの可能性を広げていこうとしているんじゃないかと思っています。
九鬼 
合田君や丸山君、その呼び方を聞いたらどう思うんですかね、反応が気になります。
努力クラブ
元劇団紫の合田団地と元劇団西一風の佐々木峻一を中心に結成。上の人たちに加えて、斉藤千尋という女の人が制作担当として加入したので、今現在、構成メンバーは3人。今後、増えていったり減っていったりするかどうかはわからない。未来のことは全くわからない。未来のことをわかったようなふりするのは格好悪いとも思うしつまらないとも思う。だから、僕らは未来のことをわかったようなふりをするのはしない。できるだけしない。できるだけしないように努力している。未来のことをわかったふりをしている人がいたら、「それは格好悪いしつまらないことなのですよ」と言ってあげるように努力している。(公式サイトより)
努力クラブ 必見コント集「正しい異臭」
公演時期:2011/12/2~4。会場:XXXX。

タグ: 客席と舞台の共犯関係 ユニークな作品あります 自分の演技を客観的に見る 悪意・悪趣味


引力

__ 
演劇がそんなに面白かった?
片桐 
面白かったですね。周りには宇宙の研究と全然違うのにねと言われるんですが。今でも宇宙の研究には興味があります。何がどうなっているのか知りたかったんですよ、色んな事を。でも、同じ事を、演劇を通して知りたいんですね。
__ 
片桐さんが知りたい事って、何なんですか?
片桐 
星と星の間の引力があって、万有引力があって。その驚異的な、どういう事なんだろうと思うんですよね。何だろう、と疑問を感じるんですよね。自分や他の人たちがここにいるという事自体、何だろって。人が存在する事の意味が分からないんなら、そもそも何もわからないなと。宇宙の研究はそれを知る手がかりになるんじゃないかと思っていたんですが、それを始めると途方もないんじゃないか。でも、演劇で自分が舞台に立ったら掴めるんじゃないかと。理論的に一つ一つ突き詰めていくよりも、自分には合っているんじゃないかと思ったです。
__ 
実践を選んだという事でしょうか。
片桐 
多分そうだと思います。演劇に出会って、その可能性を発見したのかもしれません。
__ 
片桐さんにとって、演劇をやることは知りたい事に迫る行動なんですね。

タグ: 客席と舞台の共犯関係 舞台に立つまでの葛藤


vol.288 片桐 慎和子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
片桐

オカシナアナタ

__ 
お客さんが何かをしたいと思うパフォーマンス。それはご自身のどこから発していると思われますか?
中西 
・・・答えになってないかもしれませんが、人の事を知りたいんだと思います。以前、We danceという企画で福井さん以外の人に振り付けたんです。その二人にはずっと質問していて。何を考えているのか知りたいんですね。理解出来る事もあれば、出来ない事もあるんです。理解と無理解を描きたいのかな。誰かと誰かが話して、理解し合える部分とそうでない部分を描く事で、架け橋を作りたいんです。
__ 
架け橋。作れるでしょうか。
中西 
この間、隣のギャラリーで公演した時。お客さんと舞台の距離がほとんど無かったんですね。客席のライトが消えずに丸見えだったんです。舞台からダイレクトに見れるんです。「共犯関係にあるようだ」とか、「部屋に来たみたいだ」って言われたんですけどね。すごく居心地が悪いというお客さんもいて。あまり不快にはしたくないんですけど、出来るだけフラットに、近づけられないかなと。だから、劇場以外の場所でやることにも意味があるのかなと。
__ 
観客参加。
中西 
そうですね。もっと、楽しいとか、ポジティブな感情でお客さんを巻き込んで行けたらなと思っています。
__ 
あー、ウォーリー木下さんが京阪とやったサーカストレインとか、そんな感じで成功していましたね。観客席はその前提として安全なんですけど、同時にフロンティアでもありますよね。そして危険。
中西 
そうなんですよね。この前のKAIKAのgateでやった「オカシナアナタも客席に行ったんですよ。若干不快にさせるのも目的だったんですけど、怒るお客さんもいて。お客さんを巻き込むには、そうじゃない、楽しいやり方もあるかもしれない。今後は、そこを探りたいですね。



アートコミュニティスペースKAIKA
四条烏丸に産まれるふたつの新しいアートスペースアートコミュニティスペース「KAIKA」・アトリエ「AKIKAN」。KAIKAの運営はフリンジシアタープロジェクトが、芸術監督は劇団衛星の蓮行が務める。(公式サイトより)
gate#7
公演時期:2012/5/19~20。会場:KAIKA。

タグ: 客席と舞台の共犯関係 観客との関係性


不幸話

__ 
向坂さんはこれまで、どんな劇世界を作りたいと思っていらっしゃいましたか?
向坂 
本公演に関しては、作家のよりふじゆきがリアルな世界を描き出していくんですが、僕の方のはお客さんとの共犯関係を結んだ上で、嘘まるだしの舞台の上でちっちゃな嘘をボケとして切り取って提示します。具体的な話の方がいいですかね?
__ 
お願い致します。
向坂 
次のさかあがりハリケーンは深夜食堂みたいにしようと思います。何でも出来るからなあ。どうしようかな。戦国時代がやりたいですね。僕もよりふじも日本史を選択していたので、
__ 
なるほど。深夜食堂。
向坂 
不幸話書くの得意なんですよ。

タグ: 客席と舞台の共犯関係 嘘のない


共犯関係以上の何か

__ 
次の方への質問を頂きたいのですが。
桐山 
そうですね、「どういう時に幸せを感じますか?」でお願いします。
__ 
かしこまりました。ところで桐山さんは、どういう時に幸せを感じますか?
桐山 
色々ですね、仕事からの帰り道に街の光を見上げる時、受験に合格した生徒とハイタッチした時、舞台に立っている時にお客さんと気持ちが通じあった時・・・とかですかね。
__ 
気持ちが通じ合った時とは?
桐山 
うーん・・・基本的に、共演者・お客さんと共犯関係を結べる事はあるんですけど、それをもう一つ超えた次元で通じる時って、あると思うんですよ。役者も観客も全員が、その次元に行けてびっくりしている、みたいな。もちろん錯覚かもしれないですけど。
__ 
なるほど。
桐山 
そういう時は後で、良かったよと言ってもらえたり。前に一度落語の時に、気づいたら、喋っている自分を完全に俯瞰で見ているもう一人の自分がいたんですよ。幽体離脱だ!と思って。ほんの一瞬だけそういう認識がありました。
__ 
理想の自分?
桐山 
その瞬間まで相当ウケていて、かなりいい感じでやれていたんじゃないかと思います。でもそう認識した瞬間に、崩れそうになったのであわててその状態から離れました。何とか戻したんですけど・・・
__ 
自覚した瞬間、消えるんですね。
桐山 
ギリッギリのラインだと思うんです。共犯関係以上の何かだと思うんですよ。滅多にないと思うんですが。そういう瞬間って、客席にいても感じられるものなんじゃないかなと思います。
__ 
まず、生身で同じ時空間にいないと成立しない共犯関係というものがあって、さらに上の階層でのやり取りがあるという事ですね。パフォーマンスと、客席からの反応と、様々なものが一致したんでしょうか。
桐山 
そういう事かなと思います。
__ 
小学生の頃、物凄くおいしい目玉焼きに出会ったんですよ。元は只の卵なのに、風味が何だか構造的で。味覚のフレームを総動員しないと分からないような味でした。卵かけご飯も同じ事で。
桐山 
多層的ですよね。

タグ: 客席と舞台の共犯関係


脚本の先にある

__ 
いつもどんな感じで作品を作っていかれるのでしょうか。
大崎 
ウチは結構、固い作り方をしますね。脚本ありきなので。まず僕が、あらすじ立ててプロット組んで稽古場に持っていって、読み合わせをして、台本を持って動いて。実は、そこからが勝負なんですよね。
__ 
勝負とは。
大崎 
一番最初に、僕の具体的な上演イメージをすべて役者に伝えるんですよ。こういう動きで、こういうトーンのセリフで、こういう流れをやってくれと。一回、ガチガチに決めてしまうんです。
__ 
完成イメージをかなり早い段階で、想定というか、決定するんですね。
大崎 
100を作るんです。でも、それをそのまま舞台に出すというのは余りにも意味がないんです。その100プラス、役者の100に期待するんですよね。僕の脚本の先にある、役者の解釈に面白さがあると思っているんです。
__ 
役者個人の解釈に重点を置くと。
大崎 
いえ、個人で来た時にはそれほど重視しないです(笑う)。役者間の共犯関係から出てくる解釈の面白さに、僕は非常に魅力を感じるんです。それは僕が一人で考えることは出来ませんから。
__ 
大崎さんVS.役者たちということですね。
大崎 
それらがぶつかって昇華した時に、次のステップに進めるんですね。逆に、そこまで持っていかないとお客さんには見せられないですね。
__ 
そういうプロセスで作品を作られるんですね。では、大崎さんの演出家としてのこだわりというのは。
大崎 
距離感ですね。具体的な、舞台上での立ち位置に気を配るんですよ。そればっかりは役者には分からない、俯瞰している僕にしか考えられない事なんです。セリフ回しなんかよりも全然大きい問題だと思うんですよね。
__ 
というのは。
大崎 
数センチ変わるだけで見え方が違うんです。細かいところまで突き詰めたいんですよ。どこに立って誰とどのくらい離れているか。本当に、1メートル離れているだけで笑えなかったりするので。
__ 
それは突き詰めると、新しい境地に発展しそうですね。
大崎 
はい。次は高さも含めた、3次元での立ち位置を考えていこうと思います。

タグ: 客席と舞台の共犯関係