呉城さん

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
呉城 
もう、出れるだけ出たいです。芝居って出たら次の舞台まで一月空いてみたいになりがちですけど、ずっとやっていきたいです。びゅんびゅんびゅんと。
__ 
ユニット茶ばしら。に出てた呉城さんが見たかったです。気になりましたね。いいなあと思いましたよ。
呉城 
楽しかったですよ。年上の方ばっかりで、可愛がってもらって。

タグ: どんな手段でもいいから続ける 上の人らと仕事 とにかく作品を作ろう


============

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
市川 
まずは、劇研での公演を作ります。とにかく作品を作ろうと思います。

タグ: とにかく作品を作ろう


・・・

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。最近、市川さんはどんな感じでしょうか。
市川 
最近ようやく次の事を考え始めました。9月まで「野へ」、そして「偽造/夏目漱石」を終えて、しばらく何もしてませんでした。寝て起きてバイト行って、演劇は全くしていなくて。ここ最近になってようやく、次の為に動こうとしています。
__ 
寝る前と今で、なにか変わりましたか?
市川 
3ヶ月の空白で、開き直ったような気がしました。自分の創作態度に。僕の台本は演劇にするにはモチーフが凄く多いんですよ。
__ 
そう、戯曲というより小説形式の台本ですよね。
市川 
色々言われたんです。自分でもどうしようと思っていて。でも、それはそれでいいんじゃないかと思えるようになりました。僕はそういうものを書くんだろうと、そこを是認していこうという気持ちに切り替わりましたね。
「デ」は2011年旗揚げし、詩としての演劇、舞台詩の成立を模索してきました。物や、場所に語りかけていくこと、場所から何かを読み取っていくこと、をコンセプトにしながらの制作を試みています。主な作品に、『名づけえぬもの』(STスポット横浜)、6時間に及ぶインスタレーション作品『ルーペ/側面的』(Gallery near)、20編の会話を即興でコラージュする『コップの問題』(UrBANGUILD)など。(公式サイトより)
デ・5「野へ」
公演時期:2013/9/6~8。会場:An.Studio(金沢市)。
『偽造/夏目漱石』 第20回BeSeTo演劇祭BeSeTo+参加作品
公演時期:2013/11/4~10。会場:アトリエ春風舎。

タグ: とにかく作品を作ろう


使えるテクノロジー・売れないテクノロジー

__ 
廣瀬さんは、いつかどんな演劇を作りたいですか?
廣瀬 
最近思っているのは、死んでから評価されるものを作りたいという浅はかな思いがありますね。昔のSFを見て、「この時代にこんな事を考えている人がいたんや」と驚く事があって。たとえば映画のTRONとか、あの時代にこんなにネットワークに関して、専門家でもない人がここまで詳しく考えられるんだと。そういうものを今作りたいですね。あ、モダンタイムスを作りたいですね。あの時代の機械化への憧憬や恐怖をこの時代に置き換えたいですね。それと、R.U.R.(エル・ウー・エル)という、カレル・チャペックの戯曲を現代に置き換えて書きたいです。あとは、何か架空の発明を作りたいです。今の時代には無理だけど、50年後には実用化出来るみたいなそんなデバイスを作りたい。
__ 
例えばスマートフォンとかね。腕時計型テレビ電話もそうですね。
廣瀬 
Google Glassも正直普及しないと思いますけどね。あれもSFの賜物ですから。なって現代アートですね。
__ 
埋め込み系ですかね。あとは。
廣瀬 
埋め込みは結構簡単だと思うんですよ。今でも出来るんですけど、あまり研究されていないのは人道的な問題とリターンに対してのリスクが大きすぎるからじゃないかと。
__ 
だったらやっぱり、今のスマートフォンが最も便利で最適だと思えるなあ。今後何十年かはこれが使われるんじゃないか。
廣瀬 
いや、2~3年の内に次のデバイスは出ると思いますね。携帯電話にネットが付く以前から、「携帯電話より便利なものはもう出ないだろう」と言われていたので。
__ 
そんなものですかね。何が出るんでしょうね。
廣瀬 
それを産み出す人がいたとして、その人もまだ何も考えついていないでしょうね。Google Glassは普及しないですけど、確実にスマホの次世代のモノなんです。その次に来るものが、普及するものになるんじゃないかと思います。まあ入力装置として脳波は確実でしょうね。技術革新としてはPCぐらいの大きな波になると思いますね。

タグ: とにかく作品を作ろう わたしの得意分野 自分で考えてきたもの、の価値 自分は何で演劇を


基本的に僕、笑っていたいんです

__ 
今まで、これはよく作れたな、という笑いはありますか?
黒川 
何かな。オーソドックスなもので良かったのは妖怪シリーズとかかな。
__ 
妖怪に延々とツッコミ続ける奴ですよね。あれは初めて見たベトナムでした。
黒川 
僕はツッコミ体質なので。あと、演劇ドラフト会議とか、もぐらパンチとか、いっぱいあって絞りきれないですね。今回の新作「狂言病」は、かなり手応えを感じています。
__ 
笑いの前衛として、若手に何か一言頂けますか?
黒川 
いやー・・・うーん。若手に?
__ 
いえいえ、すごく偉そうな言い方なんですが、笑いだけを追求している表現者としてモデルケースだと思うんですよ。
黒川 
いえいえ。僕が言えるのは、「面白いものを作ってください」だけですよ。先輩とか若手とか関係なしに。こういう事をしなさいとかは無いですね、笑いを作る人々の円に入って、とにかく面白いものを作ってもらって、笑いたいです。基本的に僕、笑っていたいんですよ。

タグ: とにかく作品を作ろう 後輩たちへ