葉桜のゆくえ

__ 
という事は、鳴海さんは「葉桜」自体にはそんなに思い入れはない。
鳴海 
そうなんですが、実は岸田國士に対しては少し苦い思い出があって。昔『驟雨』をナチュラリズムで演出したんですけど、納得いかなかったんです。でも今回のプロジェクトが動き出して、これはと思って。
__ 
ある意味、リベンジ?
鳴海 
そうなんですよ。岸田作品と和解したいです(笑う)先日読み合わせをした時に手応えがあって、この作品、良い形に作れるという実感があります。
__ 
母子二人の話ですね。
鳴海 
お芝居としては45分ぐらいのものになります。ええ、短いんですよ。
__ 
二人芝居を全国で持っていく。三重発信のポータブルな作品は珍しいというか、あまり記憶にないので楽しみです。どんな作品が見れるのか。
油田 
2007年に、三重県文化会館で平田オリザさんが「となりにいても一人」という作品の公演企画が作られたんです。2バージョンのキャストを公募で集めて。全国でそういう企画一斉に行う、という試みだったそうなんです。地方って、割と大きいスケールの公演の企画が通りやすいんですよ。沢山の人数が公募で出て、でも続かない。という。でも「となりにいても一人」はそうではなくて、割と絞り込んだクオリティの高い作品も作れるんだという事が分かったんですよ。平田オリザさんがそれを証明したというのはあります。
__ 
なるほど。
油田 
それからこのしたやみさんと仕事をして、鳴海さんとも出会って。地方から外に向けて、作りこんだ作品を持っていく事に、じりじりと迫っていった感じですね。あとは、実はあんまり大都会に出そうとは思っていないですね。去年は広島・金沢だったし、「人間そっくり」は松山・長崎・宮崎と、関西以西にしか行ってなかったり。演劇シーン的に、東京・大阪は意識していなくて、地域にいる演劇人同士でやっていきましょうというのも、お互い、面白いものが出来るんじゃないかと。逆に、向こうの地域の方が来てくださったりもするし。
__ 
都市部で作られてはいないという事は、集中して作られた作品と言えるのかもしれませんね。付随した情報が多すぎないという意味で。そのクオリティを目の当たりに出来ればと思います。
油田 
鳴海さんがこうやって三重に来ていただいたのもあるし、それは大きいですよね。これからいよいよ、パッケージの大きい作品も作れるかもしれない。4、5年ぐらいすれば三重からも本格的な作品が生まれ続ける土壌が整ってくるかもしれない。この「葉桜」が少人数の作品のモデルになって、段々と大きくなっていって。
__ 
若手に対する良い例になればいいですね。
油田 
本当にそうですね。

タグ: 演劇人同士の繋がり 平田オリザ いつかリベンジしたい


視界に余裕が生まれる?

__ 
これまでに一番、ご自身を変えた舞台は何ですか?
髙橋 
出演させて頂いた舞台の全てにおいて、沢山の事を吸収しています。有り難いことに、外部で出演させて頂く機会も多く頂いて。例えば松平健さんや藤山直美さん、石原さとみちゃんとも共演した事もあって。やっぱり一線で活躍されている方を間近で見ると、その姿勢にシンパシーを頂くんです。
__ 
青年座というホームとは全然違う経験でしょうね。
髙橋 
実を言うと、当初は「ああ、青年座っぽいよね」って目で見られる事に凄く抵抗がありました。でも今はいい意味で逆手に取って、その現場に合わせて「青年座の」自分だけのものを持っていくようにも出来るようになったり。結婚してからは、これまでの経験にも別の視点から見れるようになりましたね。
__ 
そういう風に、自分を変えていけたんですね。
髙橋 
これまでキリキリとした意識で現場に向かっていたんですけど、結婚の節目を越えてからは視界に余裕が生まれた気はします。

タグ: 結婚について 色んなものを吸収 演劇人同士の繋がり ホーム/アウェイ 結婚したら・・・ 人生の節目


質問 佐々木ヤス子さんから 山口 惠子さんへ

__ 
前回インタビューさせて頂いた佐々木ヤス子さんから質問を頂いてきております。「演劇をやっていて一番得した事はなんですか?」
山口 
いろんなところに行ける。演劇を勉強するために留学したというきっかけもあるんですが、その関係で色んなプロジェクトに参加できるんです。そこに行ったら演劇がある訳で。演劇をやっている人は大きな意味で親戚なんですよ。演劇やダンスがなければ友達にはなれないような人と友達になれるんです。大きな枠の中に入っているから、どんな国に行っても大体は理解しあえるんです。どこ行っても演劇人は貧乏してるし。そのシンパシーがありますね。それが得したところです。

タグ: 演劇人同士の繋がり


「全力て!」

有北 
何故我々は、そういう風に、人間の良い部分を描く事が出来ないのか・・・
__ 
前回公演「大阪BABYLON」の時も、主人公は最後まで徹底して人間の屑であり続けましたね。ちょっとは前向きになったぐらいで、実は何の成長もせず、他に女はいくらでもいるという事に気付いたぐらいでした。
有北 
そうですね。
__ 
「青春再来我愛你」でもそうでしたが、行動原理があからさまに私利私欲で欲得ずくの登場人物達が繰り広げる、正視に耐えない醜い競り合いがかのうとおっさんコメディの魅力だと思います。
有北 
ははは。
__ 
本当に価値の無い人間、というのが名言されて、でも、それは誰しも持っている人間の側面で。何故彼らが、脱力系コメディという枠の中で描かれるとあんなにも魅力的なのか。
有北 
脱力していないのかもしれないですけどね。メールとかで知り合いに「全力で頑張ります!見に来て下さい」って書いて送ったら、「全力て!」って返ってきて、ホンマや全然脱力してへんと。全力出してると。どちらにするべきなのか本気で迷いましたね。全力で頑張らない方がいいのか、脱力しなければいいのか。
__ 
なるほど。一つ思ったんですが、脱力=リラックスとは、精神・肉体ともに抑圧を受けていない状態だと思うんです。その状態でやらかし続ける住人達はまさに性悪説的だと思うんです。
かのうとおっさんvol.17『大阪BABYLON』
公演時期:2012/8/24~25。会場:in→dependent theatre 1st。
かのうとおっさんvol.16「青春再来我愛你(セイシュン サイライ ウォーアイニー)」
公演時期:2012/8/24~25。会場:in→dependent theatre 1st。

タグ: 演劇人同士の繋がり 「かのうとおっさん」という特異点 成長拒否


分解出来ない感情

福原 
今日は散々、妙な事を言って来ましたが・・・演劇をやっているような奴らの、まるで夢みたいなお話を舞台上でやった時に、現実を生きているお客さんには戯言としてしか届かないんじゃないかなとも思っているんです。
__ 
現実人の方が、現実を描ける。そういう事はありかもしれませんね。
福原 
現実を現実として生きている人の方が、そのまま現実味を引き受ける事が出来るだろうし。僕ら演劇人は現実を引きずれないという点で、真実を取りこぼす事もあるかもしれません。そういう葛藤は、あった方が良いのかなと。
__ 
演技そのものと、演劇活動そのものに対して批評を加え続けるというのは凄く正常というか。良いと思います。そして、昼の勤め人は、たぶん、夢を見に来ているというのはあると思いますけどね。
福原 
なるほど。とはいえ、演劇を見に来ているような演劇人に言葉が届くのは当然で(同じような目線ですから)。ちょっと壁を隔てた、普通の人たちには、難しいのかなという予感があります。
__ 
そうした違い関係なく、言葉が届いて、共有出来たらいいんですけどね。情報化が進んで、扇動が難しくなりましたからね。
福原 
映画館でバイトしていたときに、言葉は悪いですけどヤンキーのカップルが「あの映画ヤバかった」とか言っているんですよ。僕は、そういう、一生交わらないかもしれない人たちに向って届けたい。振り向かせたいと思っている。そこも最近、考えています。
__ 
何を届けたいのでしょうか?
福原 
・・・。何と言ったらいいのかな。でも、演劇を見たときに抱く、自分でも知らないような、言葉で分解出来ない感情・感覚かもしれません。もしかしたら、映画館では得られない圧とか。そういうものを渡したいんだと思います。

タグ: 舞台に立つまでの葛藤 演劇人同士の繋がり SeizeTheDay 演劇人が社会において果たすべき役割


鵺的ミナモザ

__ 
今回の参加団体について。コンセプトが鴻上尚史の『トランス』で、テーマも恋愛でしたね。ミナモザ鵺的・MUというラインナップですが、これはどういうチョイスだっったんでしょうか?
ハセ 
非常にシンプルで、2009年に観た舞台のなかで面白い上に「シンパシーを感じた」のがこの2劇団だったんですよ。
__ 
なるほど。まず、鵺的はどのような。
ハセ 
鵺的主宰の高木登さんは、みんなが避けて通る暗いテーマを遠慮なく出すんですよね。演劇って笑いを使ってお客さんに寄っていくじゃないですか。暗い話でも同じく。鵺的はそういう事をしない、珍しく硬派な感じだったので。
__ 
そうなんですね。
ハセ 
次のミナモザですが、前回公演『エモーショナルレイバー』は2011年1月にシアタートラムで再演が決定しているくらい、傑作だったんです。でも今回はそれとは違う作風だったんですけど、それも挑戦かなと。この3団体は根底で通じていると思うんですよね。「ブラック」が前提にあるんだけど「大人」であることみたいな。酔ったり逃げたりしてない、自立してるブラックというか。

タグ: 演劇人同士の繋がり 鴻上尚史


気質

__
先日、金田明子さんという、大阪で活動されている編集者の方とお話をさせていただいたんですよ。京都の方とも交流が非常にある方なのですが、その時にお聞きしたのが、大阪と京都の小劇場の違いと言う事で。
藤原
凄い違うよね。
__
ええ、チラシを見て、どちらがどちらか、というのが伏せられてても分かりますからね。これもその時に申し上げた事ではあるのですが。
藤原
まあ大体分かるよね。
__
何だか、京都の演劇人も大阪の演劇人も、何だかそういう価値観みたいのを共有してるんじゃないかと。もしかしたら私が京都にずっといたからなのかもしれないのですが、作品を見ていてやっぱり感覚が合わない所があるんですね。ですので一旦リセットしなければならないとは思うんですけどね。
藤原
うん。
__
大阪の方は、お客さんへのサービス意識がとても強いんですよね。
藤原
そういう気質があるんじゃないかな。受けてナンボみたいな。対して、京都の人は何かそこにもう一つ織り込むような、受けるにしても5秒、10秒後に面白さが分かるような感じを好むとか、そういう意識はあるよね。
__
ひねくれてる。それから、地理的に色々な劇団が隣接しているから、同時代的なサロンが狭い地域に局所化しているのが大きな違いかなとは思いますが。
藤原
うん。
__
そういう中で、ねじりをいれたい、という人が多くなるというのは面白い事だと思います。
金田明子氏
演劇・お笑いを中心とした編集、取材・執筆、公演企画、宣伝コーディネートなどで活動中。

タグ: 演劇人同士の繋がり 京都と大阪・大阪と京都


演劇人

門脇
どうでしたか、観てて。
__
観てて。うーん。ボブだけ観て言うんですが。感動を共有したという意味で感動しました。ええ。全然不満とかはないですよ。
門脇
ええ。
__
いや、まあ、それで食っていけるのか系の話になると、うーんってなっちゃいますね。正直な所、観客としては。どうでも良いというわけではないんですが。「みんなボブ」みたいな作品がこの世に溢れていればそれで文句なんかないです。
門脇
ぶっちゃけ、僕もそう。
__
でも、そういう演劇人の不安ってのはつきまとうものですよね。
門脇
いや。何かね。何だろう。ニットキャップで感じてるのは、ニットってもともとどこを目指してるのか分からないところがあって。でもまあ、プロになるという原則はもともとあると思うんで。これはこの前蓮行さんと話していて思ったんだけど、衛星は小劇場の形を変えようとしてやっていこうとしていて、で自分達で色々企画してやっていってるわけじゃないですか。ニットもそういうことはやっているんだけども、でも本質的にそういう事がやりたい集団ではないなと。で、割と上手くいってる演劇人なんかはTVとかそういう世界に進んで活躍する道もあって。そこがそれぞれ違うなあと。
__
集団の経営の立て方ってそれぞれですからね。
門脇
で、その前の段階では色々不安とか葛藤もあったりして。具体的に叶わない夢とか。でもニットはある程度の段階に来てるから、まあ道があるわけで。
__
そうですね。
門脇
僕はどっちかっていうと、自分達で事業をやっていくのが好きなタイプなんだけれども。

タグ: 舞台に立つまでの葛藤 演劇人同士の繋がり