でも、次も来て下さい、きっと

__ 
逆に、観客に何か期待する事、欲望する事はありますか?
油田 
演劇は多様性のあるメディアだと思うんですよね。作品が違えば何もかも違うし、俳優が一人違うだけでもかなり変わる。見ている人のコンディションでも違う。テンションの低い日に見たらやっぱり面白く無い事もありますしね(笑う)。
__ 
年齢層によっても感想って違いますしね。
油田 
それでも、いつ何時でもあなたを受け入れる場所として僕らはある。つまんなくても次絶対来てください、と。
__ 
なるほど。
油田 
いや面白い作品を呼んでるんですよ。でも、あるじゃないですか。あれっ?みたいな事。特に新作とかは。でも僕らは小屋側の人間なので、言い訳は出来ないじゃないですか。でも、次も来て下さい、と。
__ 
でも、頑張って作った作品が面白くない事ってありますよね。
鳴海 
そうですね。まあさっき油田さんのおっしゃったコンディションもありますけど、でも、頑張らなくても上手くいくなんて事はないんですよ。残念ながら頑張っても良いものになるとは限らない。ただ、良いものをつくるためには努力する必要があると信じないといけない、私たちはね。
__ 
そうですね。
鳴海 
私の観劇思考でもあるんですが、もし観た作品が肌に合わなかったとして、その時お客さんが自分にはなぜいまいち面白くなかったんだろうと考えてくれるのなら、それは作品と同時に自分についても考えているんだと思います。それはつまり、他者について考えているんです。自分にはピンとこなかった観劇体験であっても、価値ある劇場体験につなげる回路も私たちは作っていかないといけないんだろうとも思います。「何故面白くなかったのか考えてみませんか」と。肯定も否定もしないですが、その話ができれば2500円は決して無駄じゃないですよ、と。そういう文化の利用の仕方ができると、人生をまちがいなく押し広げることができる。

タグ: 「多様性と受容」への批判 直接感想を聞きたい 訳の分からないボールの話 社会の中で演劇の果たすべき役割


村を出る

__ 
お客さんを驚かせたい、という意図があるんじゃないかという印象がありました。むしろ、そういう悪意があるのかと。
危口 
うーん。必ずしも驚かせるのが目的じゃないですけどね。でも、前提を崩したいという志向はあります。演劇に関わっている人達が持っている前提ってそんなに強固なのかなと素朴に疑問に思うんです。
__ 
悪意ではなく、疑問がある。
危口 
えーと、これから偽悪的な発言をします。「演劇人口を増やしたい」であるとか「何でこの作品の良さがわからないんだ」とか、そういう発言を多く見ますけど、この世の人々全てが自分と同じ価値観を持ったら、そんな社会は面白いのかと。少なくとも僕はそういう世界には住みたくないですね。そういう人達全員で村作って住んでたら?3000人ぐらいで、みたいな。僕としては、みんなそれぞれの立場で踊ったり仕事したりしてるんだし、個別に自分が立っている足場を、それが生まれ成長してきた歴史も含めて確認していけばいいんじゃないかと思います。
__ 
危口さんは?
危口 
子供演劇という足場が与えられればそこで踊るし、踊りつつも、その足場がどんな構造になっているのか分析するのが好きです。

タグ: 「多様性と受容」への批判


雑音について

___ 
そうそう、イガキさんはおもちゃでも演奏が出来るそうですが。それは、どうした発想なのでしょうか。
イガキ 
別におもちゃじゃなくてもいいんですよ。それって、今ここで聞こえている音が何に聞こえて、どう音楽に転じるかという話ですか?
___ 
はい。
イガキ 
例えば話している声の高低や、食器とか洗い物をしている音がリズムを刻んだり。全てが音楽になりうるんです。身の回りの者がすべて楽器だと考えられるんですよ。おもちゃは扱いやすい楽器になり得ますね。
___ 
原理的な話、今我々が認識出来る限りでは、この宇宙で最も多様性のある音が生まれているのはここ地球だと思うんですよ。人間がいて、個別性から多様性が生まれているから。だからこそ、それらに音楽を見出す事は難しい。作ろうとしても難しいのではないかと。
イガキ 
うん。実は、雑音を音楽にしてみたことがあるんです。
___ 
すごい。
イガキ 
人間の音感覚は、西洋音楽で生まれた音階には当てはまらないんですよね。ヒトの口からでた声も、言葉のせいで認識できなかったメロディがある事もあるんですよ。
___ 
面白いですね。
イガキ 
TVのニュースを楽譜に起こしてみたりしました。人間の耳って、凄くたくさんの音が聞こえているんです。でも全ての音を拾おうとするとすぐにパンクするんですよね。
___ 
そう考えると凄いですよね。実はこのICレコーダーと同じく、人間の声には指向性を備えているらしいです。人間の耳は言葉にかなり集中出来る能力があるんですよ。
イガキ 
あたし、実は聴こえる音を制限できない病気に罹った事があるんです。
___ 
それは、耳の病気ですか?
イガキ 
いや、まだ原因は不明なんですけど。三半規管がおかしくなって、耳鳴りと同時に全ての音が判別しにくくなる状態になるんですよ。例えば今話している声以上に、皆の声がダイレクトにバーッと脳みそに入ってくる。
___ 
キツイですね。想像しにくい。どの位のペースでくるんですか?
イガキ 
まだ2回くらいです。でも二度と来ないで欲しいですね。人間の体も、それぐらい宇宙だって事ですよ。

タグ: 管・チューブ 「多様性と受容」への批判 メロディ


時代

__
その、ちょっと技術的なお話になっていきたいなと思うわけですが。
清水
えぇ。
__
十年前とか、昔になるとパソコンとかかなり高かったですよね。
清水
高かったですね。まあでも、パソコンの無い時代ではみなさんアナログ版下でやっていたし。僕は最初からデジタルだったので、その苦労とかは分からないのですが。社会人になった今でも何台かパソコンを買ってるけど、学生の頃の方が高かった。メモリ込みで45万ぐらいしましたね。
__
凄いですね。
清水
もっと昔のものだったらもっと高かったし。パワーブックだったら80万、90万っていう時代だったし。
__
うーん。
清水
とんでもない時代でした。今はまあ安くなって。便利な時代。
__
あー。
清水
大学ではパソコンとかガンガン購入してて。500万するUNIXのワークステーションがゴロゴロあったりして。
__
おかしいですよね。
清水
そういうマシンをガンガン使いこなしてる院生とかはカッコいいなとか思いましたね。それで作る3Dにはあまり興味はありませんでしたが。
__
あくまで平面のデザインに特化させていった。
清水
そうですね、絵描きに成りたいというわけではけしてなく、デザインですね。文字一つの置き方とか組み方とかで面白く見せられるという仕事の方が憧れるし、コンピューターとかCGのない時代でも面白い作品っていっぱいあるんで。
__
考えてみれば昔から今まで平面のデザイン作品って死ななかったわけで。
清水
本質的には大して変わってないんですよ。3Dが出ようが、ホログラフィックスが出ようが。例えば60年代の舞踏の公演でも、凄いデザインのポスターもあるし。なんでこんなパソコンの無い時代にこんな凄いものが。というような。
__
はあ。
清水
受容する側はもちろん、新しいものを求めてるわけなんですけれども、基本はなんていうか、そんなに変わってないんじゃないかなと。チラシも無くなるとか言ってたけど、2000年頃に。結局無くなってないし。

タグ: 「多様性と受容」への批判


vol.31 清水 俊洋

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
清水