津あけぼの座スクエアクリエーション2 葉桜

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。
全員 
よろしくお願いします。
__ 
3月の「葉桜」を西陣で上演されるという事で。まずは、最近、どんな感じでしょうか。How are youという意味で。
鳴海 
実は私、去年の4月に三重に引っ越してきてまだ1年経ってないんです。初めての冬と年越しをしたんですけど、地元と景色が似ていて、東京にいた頃には味わえなかった懐かしさがありますね。
__ 
餅は何個食べられました?
鳴海 
私たちが去年新しくオープンさせた劇場がある美里地域で、ちょうど餅つきをイベントとしてやっている団体がありまして。そこにお邪魔して、動けなくなるぐらい餅を食べました。七升ぐらいついていたのかな。実は去年もそこにお邪魔してたんですけど。
__ 
冬は寒いですか?
鳴海 
寒いです。北海道は家の中があったかいから、そこは違いますね。寒いのは東京も同じでしたけど。
津あけぼの座
2006年10月の開館以降、演劇公演・トークカフェ「ZENCAFE」・ワークショップ事業など、客席数50席の小規模空間のメリットを最大限活かして活動をして参りました。2012年3月から、津市栄町に最大150席のスペース「津あけぼの座スクエア」を2つ目の劇場としてオープンいたしました。これまでの津あけぼの座で培った劇場運営のノウハウを活かし、アーティストにも来場いただくお客様にもご満足頂けるよう目指して参ります。人々が交流し、文化芸術を発信し、研究できるスペース。ワークショップやアウトリーチ活動を積極的に推進し、地域に住む方々に還元する劇場。そして、全国にもクオリティの高い文化芸術を発信できるスペースとなるべく運営してまいります。(公式サイトより抜粋)
第七劇場
1999年、演出家鳴海康平と数名の俳優によって創設。作品製作時以外には、日本人独特の身体性を発展させた俳優訓練を恒常的に行いながら、日本の古典芸能である「能」や「歌舞伎」の動きや、舞踏やコンテンポラリーダンスの要素を取り入れた作品を製作。TVや映画などの映像表現、「文学の演劇的発展」などとは異なる演劇独特の表現効果を追求する演劇を目指し作品を製作。また演劇に関する状況を研究・改善するための運動も行う。(公式サイトより)
津あけぼの座スクエアクリエーション2~「葉桜」を上演する~岸田國士「葉桜」~
公演時期・会場:2015/2/28~3/1(三重公演・津あけぼの座スクエア)、2015/3/7~8(京都公演・西陣ファクトリーGarden)。演出・舞台美術:鳴海康平。出演:広田ゆうみ(このしたやみ)、川田章子。

タグ: 日本人の美意識 境界を越える・会いに行く ハウアーユー? 餅は何個? 引っ越し


東京へ!

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
福井 
とりあえず東京は新天地なんで。京都を離れるというのは寂しいですけど、僕のジャンルで「この人には勝てへんな」と思う人が東京には死ぬほどいると思うんで。一人ずつボコボコにしていく気持ちで。

タグ: 境界を越える・会いに行く 今後の攻め方


手ぶらでいこう

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
勝二 
手ぶらで攻めます(笑う)自分は何というか、手ぶらの感覚が好きなので。準備して事に臨むと却ってガチガチになってしまったりとかがあるので、フットワークの軽さとか気軽さを持ったスタンスでいけたらいいんじゃないかと思っています。日本海にしても。(笑う)何て言い方だろう。
__ 
今後とも楽しみです。
勝二 
ありがとうございます。

タグ: 境界を越える・会いに行く ガチガチな身体


vol.397 勝二 繁

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
勝二

やるなら、やるべき時に

__ 
東京に行く理由は。
真壁 
完全に、自分の夢のためですね。
__ 
というと。
真壁 
私が芝居を始めるきっかけが、いまや世界的に有名な大人計画の阿部サダヲさん。
__ 
ああ、なるほど。
真壁 
阿部サダヲさんのお芝居をずっと見に行ってたんですよ。グループ魂のライブもずっと見に行っていて。「いつか、この人と共演したい、何かしらで近づきたい」と思って。それでお芝居を始めたんです。
__ 
なるほど。
真壁 
ずっと、東京には行きたかったです。いつか阿部サダヲさんと共演する、というのは滅茶苦茶大きい夢ですね。それもあって東京にいきます。大阪にいたら、「あ、もうここでいいや」で終わっちゃうと思うんです。自分はダメになると思う。
__ 
なるほど。
真壁 
やるなら、やるべき時に。
__ 
今がそのタイミングだと。真壁さんが決めたんだから、今がそのタイミングなんでしょうね。
真壁 
東京をノしてきます。あかん、これはきっと怒られる(笑う)でも、きっと反対にノされるんですけどね。
__ 
真壁さんは得体がしれないな。
真壁 
ですよね、あんまり自分の事喋り慣れてないから。
__ 
でもそれが、向こうでいい感じの何かになることを願っています。

タグ: 境界を越える・会いに行く 出立前夜


vol.376 真壁 愛

フリー・その他。

2014/春
この人のインタビューページへ
真壁

とにかくいろんな所に行って

__ 
これから演劇を始めようと思っている人に何か一言。
矢野 
始めたらいいと思います。始めてみたら分かると思います。始めたら始まるんです(笑う)。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
矢野 
カンパニーの代表とか演出家とか、自分のキャリアという話でいったら、ちょっと難しくてよく分からない、というのが正直なところなんですが、とにかくいろんな所に行って、いろんな価値観の人に出会いたいです。ただ、それがいつまでも身銭を切って、という遣り方だと正直しんどし続けていけないと思うので、そういうのが出来る環境をどう獲得していくか。つまり、遣りたいことを続けていくために、遣りたいことをやりながら同時にどのようにして自分(たち)の仕事をプロデュースしていくか・・・それはまたクリエイションとは別の力量が問われるので、もっといろいろ貪欲に試して行きたいと思っています。

タグ: 境界を越える・会いに行く


OUT

__ 
幸せになりたいと思った事はありますか?
宮階 
会いたい人に会えて、やりたい事がやれる事じゃないかな。かつ、一人になる事も出来て。それらの活動が命を脅かされない事。
__ 
今は、それは出来ていますか?
宮階 
今は命を脅かされていないんですが、最近起きた北朝鮮の政治家の粛清を見て、ちょっと吐きそうになって。物凄いひどい殺され方をしたらしいんです。同時代でこんなおそろしい事があるのかと。私、中世の魔女狩りが今行われたらどう考えても真っ先にOUTになるんですよ、どう考えても。そういう時勢になったらすぐ海外に逃げられるように今人脈作りをしています。バカバカしいかもしれないけど。
__ 
いえ、バカバカしくないです。それが正解だと思います。何故って、日本も言論統制が強くなっていくんですから。左派・右派ともにその方向をとりがちなんですよ。それも感情的に。それはもう、逃げるしかないです。
宮階 
今動いている世界の感じからして、動いておいて損はないと思う。単純に海外に行くことも好きだし。つい先日もバンコクで、国際エイズ会議でパフォーマンスしてきました。めっちゃ受けたんですよ。

タグ: 人脈・コネクションの大切さ 境界を越える・会いに行く 遠征公演 多方向に興味あり 有機的に関わりあう 自由自在になる 政治とパーティー 外傷・内傷


vol.333 gay makimaki

カウパー団。

2014/春
この人のインタビューページへ
gay

風のように

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
嘉納 
かのうとおっさんとしては、他の都市での公演をやろうとしています。今までもイベントに呼ばれて長崎とか東京にも行ったんですが、違う都道府県にも行こうかなと。
__ 
それは、どんな動機が?
嘉納 
誘って頂けたからですね。三重だったりとか。知らない人がいっぱいいる所に行きたいです。もちろん、大阪でも知らない人たちばかりなんですけど、いつも劇場にいらしてくれる方ばかりに甘える形で。すごく嬉しいんですが、甘えが出てくるのは良くないよな、甘えたくない、と。シビアな所がいいよな。
__ 
シビアなところで正当な評価が行われますからね。
嘉納 
そういう場所じゃないと伸びないですね。去年ぐらいから名前を知っていますよ、という方が増えてきていて。今もそんなに知られている訳じゃないですが、だったらもっと、知られていない場所でやりたいと。

タグ: 境界を越える・会いに行く 今後の攻め方


同国の同時代にいる意味

__ 
iakuプロデュースの試みの一つに、大阪の演劇の発信と、他地域との交流を通した活性化があるとの事ですが、その狙いとはどのような。
横山 
今は、関西とか関東とかのくくりがある程度取っ払われつつあると思うんです。東京のカンパニーが自主企画で大阪公演するというケースも増えてきていたり、三重が全国のカンパニー招聘に力を入れていたり、福岡の演劇シーンが興味深かったり。ああ、これはもう、東京の小劇場とか関西の小劇場とかをもっと全国的なムーブメントにしていく時期なんじゃないかと。
__ 
時期。
横山 
東京からきたカンパニーに聞いてみたんですよ、何故大阪公演をしたのかって。一意見ですが、東京では頭打ちでもうお客さんが増えない、単純にもっと多くの人に見て貰いたいという事でした。正直言うと、大阪にそんなに大きなマーケットがある訳ではないですが、でも来てもらいたいです。それが、さきほど言った「分母」を生む事にもつながるし。関西にきて成功する劇団ばかりではないですが、少なくとも、僕が来てほしいと思った劇団には、何らかのアシストをしていきたいですね。これから関西にも、たくさんの演劇を輸入出来るように、地域との連携を深めていきたいです。その一助が出来ればと思っています。
__ 
と交換する形で、横山さんの書かれた作品も全国に行きますね。
横山 
そうですね。全国で自分の作品が毎月やっているようであればとても嬉しいです。関西にもまだまだ良い俳優がいて、厚い層があるという事を知ってもらいたいですね。
__ 
エダニクもサキトサンズも、全国ツアー中ですしね。私はどちらの作品も好きです。それが毎月、日本のどこかで上演されているというのは、考えてみれば嬉しいですね。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
横山 
iakuプロデュースは2011年から準備して、2012年は種まきの期間でした。2013年を迎えましたが、2014年までには、自分の作品が毎月日本のどこかでかかっていて。さらには、全国でどこでも面白い演劇が見られる状況に向けて、何か自分が関わっているようになっていれば。時間を区切ってしまうのは良くないんですけど、だらだらとは動けないし。出会った人と繋がっていき、地道にでも続けて行きたいです。単純に、各地の演劇人とつながるのは楽しいし。そこは攻めなのかは分からないですけど。
__ 
演劇から地方の垣根が取れて全国化するという流れ。当然の事ながら、各地に同時代の演劇人がいる事が実感できますね。もちろん、いないとは思ってませんでしたけど、いること自体に勇気づけられるというか。次のステージに行こうとしている段階を感じています。
横山 
世間全体が、飽きられる、飽きてしまうサイクルが早い世の中ですからね。それで自分達が諦めてしまう前に、飽きてしまう前に、時間を区切って挑戦していきたいです。

タグ: どんな手段でもいいから続ける 境界を越える・会いに行く 生き方と世の中の為に動く 垣根の無い世界へ 今後の攻め方 地方における演劇の厳しさ 深めていきたい