fukuiiiiii企画「歪ハイツ」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。最近、福井さんはどんな感じでしょうか。
福井 
最近は、次の公演の稽古が主な感じですかね。
__ 
歪ハイツ。「ゆがみ」ハイツ?「いびつ」ハイツ?
福井 
歪ハイツと書いて、「ひずみハイツ」です。「ふせい」って読んだ人もいました。ちょっと呼び方難しいですかね。
__ 
どんな作品になりそうでしょうか。
福井 
作り手側の気持ちとしては、これ見せて大丈夫かな?というぐらいのものを作っています。それに拒否感を持つ人もいるでしょうし、何か感化されてしまう人もいるかもしれないです。逆に僕はそういう要素が全くないから書けたんですけど、ちょっと劇薬というか、危険な。
__ 
そう、チラシに15歳未満入場禁止とありますね。性的描写や残酷描写がある?
福井 
性的な描写は全くないんですけど、残酷描写はあります。血がいっぱい出るとかではないんですけど、しんどい人にはしんどいんで。見る前に思い留まってくれるようにその但し書きを付けています。
__ 
自分達のやっている事に自覚的ではあるんですね。
福井 
少なくとも僕はそうですね。役者全員がそうだとは限らないですけど。・・・・あんまり危険危険言い過ぎるとハードルが上がってしまいますけど、僕がお客さんだったら嫌だなあと思う事を書きました。脚本家として乗り越えなくてはいけない部分に触れた脚本が書けたんじゃないかと、自己満足じゃないんですけど。
fukui企画
福井しゅんやの個人ユニット。2011年8月「不肖、死スベシ。」にて旗揚げ。
fukuiiiiii企画「歪ハイツ」
公演時期:2014/2/14~15。会場:元・立誠小学校。

タグ: 残酷な演劇 死と性と 自覚的になりたい


次の瞬間には笑い合っている関係

坂本 
今回は音楽家の方にも入って頂いたんです。ノイズ系の音楽を製作されている、石上和也さんという方です。劇中に登場する重要な音として「遠い星から聞こえてくる赤ちゃんの声」がありましたが、それは宇宙船に乗っている二人にはどうにも出来ないものです。物語を決定づけてしまう要因が、手の届かないところにある。その距離感。本来なら喜ばしい出来事であるはずの「赤ちゃんの生存」によってシェリーは死ななければならない、その残酷さも音に託しました。
__ 
確かに、複雑な感情でしたね。
坂本 
ここは、最後まで完成形が見えなかった。音楽の石上さん曰く、私とSun!!ちゃんとサカイさんの間にはいつ喧嘩するのか分からない緊張感があったそうです。でも、次の瞬間にはすぐ笑い合っている、そんな雰囲気だったみたいです。

タグ: 残酷な演劇 それを揺らしてはいけない


應典院舞台芸術祭space×drama2013 特別招致公演 ミジンコターボショートショートvol.11「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」

__ 
前回の公演「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」。大変面白かったです。当初私は楽しいお芝居を期待して劇場に行ったのですが、実際に受けた印象はそれとはかけ離れた、個人の心情に触れる作品でした。話の筋は、人生に迷って生きる優柔不断な男・シンイチの後をヒロイン・ナンシーが付いて行くというもので、男女同権主義者としては心にクるものがあったんですが、やはり一人の男として、彼の人生は果たして幸せだったんだろうかと。ハッピーな結婚の話だったんですが、そう考えると哀しい感情を掻き立てられるような・・・人生で仕事を見つけられなかった彼は、死後、天国で最高に幸せな結婚式を迎える訳ですが、それは彼の人生にとっては本当の幸せなんだろうか?この話、片岡さんはどのようにして生み出されたのでしょうか。
片岡 
まず、すんごい遠い題材でやりたいと思っていて。僕自身が結婚願望がそんなにないんですよ。じゃあいっそのこと、結婚をモチーフにしたお芝居にしようと。さらに、言い訳ばっかり口ばっかの守るものもない、何の目的もなく生きている男の話を書きたいと思ったんですね。言い訳する奴の話が書きたかったんです。
__ 
なるほど。
片岡 
そして去年、公演直前に入院した話。
__ 
本公演「シニガミと蝋燭」の時、ですね。
片岡 
誕生日の前日にやっちゃって病院に搬送されたんです。ところで入院すると、名前や番号や誕生日が書かれたバンドが手首に巻かれるんですよ。次の日が誕生日だったから一日限りのバンドだったんです。なんや、年齢変わるんかいな、と。稽古場もバタバタしていた状況だったので、僕の状況が誰にも伝わっておらず、期せずして誰も近くにいない、祝ってもらえない誕生日がやってきて、逆に気持ち良かったんです。一人や、と。病室はカレンダーはあったんですが時計が無くて、時間も分からないみたいな残酷さを感じて。人に迷惑は掛けているけど開き直るしかない境地になってました。だって、もう申し訳ないという言葉を重ねてもしょうがなくて。病室から稽古場に連絡を取って、役者さん達に頑張ってもらったんです。そういう、ちょっと死を感じるような事があったんです。人が周りにいっぱいおるけど孤独感がある。そういう感覚は女性には分かってもらえないんじゃないかと思ったんですね。それをやりたい、というのが原動力かなあ。
__ 
そのリストバンドの存在が印象的ですね。誕生日が書いてあるものを手首にはめられるのはちょっとショッキングかもしれません。いや、填めてみないと分からない感慨でしょうけど。
片岡 
そうなんですよ。それにもうその歳ちゃうがなと。もう歳食ったんかいと。去年から入院していたような気になってしまって・・・。劇団員が千羽鶴折って持ってきてくれて、千足りてなかったんですけど。なるべく早く退院したくて、リハビリ以外の時間も頑張ったんですよ。夜中に病院脱出しようとしてみたりして、めっちゃ怒られました。力づくで病院の玄関をこじあけようとしたりして(笑う)。
__ 
「ゼクシー」の主人公のシンちゃんも、言ってみれば寂しい人生だったんじゃないかと思うんです。あの特殊能力も活かせないまま。
片岡 
そうですね。
__ 
私にとっては虚しくて泣ける話でした。
片岡 
男性全てがそうだとは限らないんですが、知人の結婚式にいくと、やっぱり新郎さんではなく新婦さんにフォーカスが当たるんですよね。でも満足気なんですよ。目立ってないけど。目立つ事が良い訳ではないけど。女性がやりたい事をやっているのを見て満足しているというのが、男にはあるんじゃないか。ちょっとロマンチックですが、それを見ているだけでプライスレスというか。シンイチの人生に関して言えば、それが一番のご褒美だったんじゃないかと思うんです。自分が演じてきて、それを感じましたね。
ミジンコターボ-10『シニガミと蝋燭』
公演時期:2012/7/27~29。会場:ABCホール。

タグ: 役者の認識(クオリア) 残酷な演劇 死と性と 産みの苦しみ ユニークな作品あります 感想がトシと共に変化していく 迷っています 孤独と演劇 男性性とは何か 大・大・理不尽


自分の面白い事をしよう

__ 
私が片山さんを初めて意識したのは、ミジンコターボでの「スーパーソニックジェット赤子」でのナサ中尉役がスパーク(犬)をスタンガンで気絶させる演技でした。その瞬間、照明が下から突き上げるように顔を照らし、残酷な表情が浮かび上がるという。
片山 
はい。
__ 
あのシーンは最高に良かったです。上手に付けられたシーンで、ケレン味がありながら、よくつけられているなと思いました。
片山 
あの公演の時は役を自由に作らせて頂けたんです。片岡さんは稽古場で全然怒ったりしないで、どんな演技をしても笑って受け止めて下さって、でも最後にまとめて下さるんです。だから私も、自分の面白い事をしようと、ひたすら遊んでいた感じですね。
__ 
目に浮かぶようです。
片山 
楽しかったですね。
ミジンコターボ
大阪芸術大学文芸学科卒業の竜崎だいちの書き下ろしたオリジナル戯曲作を、関西で数多くの外部出演をこなす片岡百萬両が演出するというスタイルで、現在もマイペースに活動中の集団、それがミジンコターボです。最終目標は月面公演。(公式サイトより)
ミジンコターボショートショートVol.8「スーパーソニックジェット赤子(大往生)」
公演時期:2011/10/26~11/06。会場:in→dependent theatre 1st(大阪)。王子小劇場(東京)。

タグ: 残酷な演劇


ランナーズハイ

__ 
影山さんは、一体どういう所からお芝居を始めたんですか?
影山 
僕は高校からです。その演劇部はコンクールで全国に行くような実績があって。「全国、行きたいですね」って言ってしまって。それから辞められなくなっちゃいましたね。
__ 
そこに益山さんもいたんですね。
影山 
益山さんはコーチとして、たまに教えにきてくれたんですよ。そこから子供鉅人を旗揚げする事になって、「やりーや」って誘われました。
__ 
なるほど。
影山 
それから演劇を続けています。辞められないですね。ランナーズハイのようになっています。
__ 
でも、ご自身にしか出来ない表現が出来ているというのはうらやましいです。
影山 
嬉しいですが、残酷な言葉です(笑う)。
__ 
後悔していますか?
影山 
全然していないです。客観的にみたら、後悔していると思うべきなのかもしれませんが。逆に、こんな面白い事を知らないのは損やぞと言いたいぐらいです。
__ 
なるほど。

タグ: 残酷な演劇


幸せな生き方

__ 
七味さんの柿喰う客に対するイメージとは。
七味 
「次は何で攻めてくるんだろう」という期待と不安を与え続ける劇団じゃないでしょうか(笑)。作品としては、見えない力で動かされていく世界の見せ方が印象的なんじゃないかと思ったりします、実は。たとえば、「恋人としては無理」では、「誰かを信じてついていく」ということがありましたが、そこには明確な理由とかきっと無いんですよね。自分で決めて動いていると思っていても、それは結局、何かの大きな力で流されているんじゃないかしらって思うんです。世の中の全てがきっとそうで、演劇も人生も柿喰う客のお芝居もね。それって、とてもさめざめしている気がするんですよね。
__ 
流される生き方ですか。
七味 
でも逆に、何かを信じて生きていくっていうのは、たとえ流されているのだとしても、凄く幸せな生き方だとも思います。
__ 
まさに十二使徒はそうでしたね。一旦はイエス君を見捨てて逃げた彼らが、さりげなく何かに突き動かされたように殉教しに行く姿、非常に印象的でした。
七味 
嬉しいですね。柿喰う客の舞台では、しんみりしたシーンがあっても、次のシーンでは全く別の事をしますけど。
__ 
ああ、前回の舞台でもスイッチングがめまぐるしかったですね。
七味 
柿喰う客の演出では、そういうふうに簡単に役が変わるんです。それは爽快で面白いやり方だけど、残酷なやり方だとも思います。その残酷さがちょっと好きなんですよね、私は。
__ 
何だったんだ、みたいな。
七味 
私は性格が悪くて生意気な劇団だと思ってます、柿喰う客は。良い意味でね(笑)

タグ: 残酷な演劇


京都の劇団について

___
ニガツさんが好きな劇団はどこですか。
ニガツ
東京にいた頃、リージョナルシアターっていって、地方の劇団をいくつか招いて公演をしてもらうという企画があって。そのときに初めてMONOを観たんですね。「その鉄塔に・・・」
___
「男達はいるという」、ですね。
ニガツ
それを観て「何て面白いんだろう」と思って。演劇らしい演劇って感じで、新鮮でした。松尾スズキ以降の東京のお芝居というのは、何か、笑える中に残酷な事を挟む、みたいなのが多くなって。
___
悪ノリの。
ニガツ
はい、何でもノリでやるというか。
___
そういう気分が広がっていたんですかね。
ニガツ
あと、やっぱりリージョナルシアターシリーズで劇団八時半を観て、京都いいなあと思って。今は、「地点」が好きですね。
___
いいですよね。
ニガツ
でも、京都のお芝居は言う程観ていないので、これから見て回りたいです。

タグ: 残酷な演劇


vol.65 ニガツ

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
ニガツ