fukuiiiiii企画「歪ハイツ」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。最近、福井さんはどんな感じでしょうか。
福井 
最近は、次の公演の稽古が主な感じですかね。
__ 
歪ハイツ。「ゆがみ」ハイツ?「いびつ」ハイツ?
福井 
歪ハイツと書いて、「ひずみハイツ」です。「ふせい」って読んだ人もいました。ちょっと呼び方難しいですかね。
__ 
どんな作品になりそうでしょうか。
福井 
作り手側の気持ちとしては、これ見せて大丈夫かな?というぐらいのものを作っています。それに拒否感を持つ人もいるでしょうし、何か感化されてしまう人もいるかもしれないです。逆に僕はそういう要素が全くないから書けたんですけど、ちょっと劇薬というか、危険な。
__ 
そう、チラシに15歳未満入場禁止とありますね。性的描写や残酷描写がある?
福井 
性的な描写は全くないんですけど、残酷描写はあります。血がいっぱい出るとかではないんですけど、しんどい人にはしんどいんで。見る前に思い留まってくれるようにその但し書きを付けています。
__ 
自分達のやっている事に自覚的ではあるんですね。
福井 
少なくとも僕はそうですね。役者全員がそうだとは限らないですけど。・・・・あんまり危険危険言い過ぎるとハードルが上がってしまいますけど、僕がお客さんだったら嫌だなあと思う事を書きました。脚本家として乗り越えなくてはいけない部分に触れた脚本が書けたんじゃないかと、自己満足じゃないんですけど。
fukui企画
福井しゅんやの個人ユニット。2011年8月「不肖、死スベシ。」にて旗揚げ。
fukuiiiiii企画「歪ハイツ」
公演時期:2014/2/14~15。会場:元・立誠小学校。

タグ: 残酷な演劇 死と性と 自覚的になりたい


どくの沼地歩くから命へる 歩かなければすぐに死ぬ

___ 
京都ロマンポップの前回公演、「どくの沼地歩くから命へる 歩かなければすぐに死ぬ」が素晴らしく面白かったです。今一番、脂の乗った時期と言えるかもしれないですね、ロマンポップ。ここ最近で見た中で一番面白かったかもしれない。
肥後橋 
ありがとうございます。
___ 
2本目の作品。肥後橋さんは、主人公のライバル役を演じられましたね(主人公は向坂さん)。
肥後橋 
そうですね。基本的には凄くいい人でみんなから好かれていて、でも主人公にとっては迷惑な部分がある。コンビニで会ったらグイグイと近寄って来られて、少し空気が読めないところが、ネガティブな人を傷つけてしまう。そんな人物を描きたかったんだと思います。
___ 
そうそう。しかし反面、主人公が作った作品を本当に評価してたり・・・
肥後橋 
ええ、一番上手く解釈して、自分がやりたい事の理解者だったという。そこが主人公にとってはやりきれないですよね。本当はいい奴で、でも認める訳にはいかない。逃げ場がないですよね。
___ 
そして、「僕を理解するな!」と拒否して終幕しました。プライドはとっくに傷つけられていて、そのうえ愛されてしまった苦しみ。
肥後橋 
そうですね。「愛されてしまった」というのはありますね。
___ 
それは本当は、彼が求めていたものではあるのですが。ラストシーンの直前に彼は、四条通で無差別テロをするためにトラックならぬ自転車を借りてましたね。武器を持って世界を壊そうとするけれども、ライバルに出くわしてしまい、彼の本質である芸術性を愛撫されてしまった、その混乱。
肥後橋 
現代では、テロの対象としての特定の場所がないという事もあるんですね。事件を起こす舞台がない。昔だったら二・二六事件のように、場所があるんですが・・・
___ 
認められない事が、攻撃心に結びつき、対象を見つけられないまま・・・
肥後橋 
不意に現れたライバルこそが攻撃対象かと思っていたら自分の唯一の理解者だったという。

タグ: 死と性と ユニークな作品あります 愛を厭う 成長拒否


壁のむこう

__ 
演劇に関わった事は、宮階さんの人生にどんな影響を及ぼしましたか?
宮階 
むしろ、私が関わった事が演劇に影響を及ぼしたんじゃないですか?
__ 
おお。その通りかもしれませんね。
宮階 
言うたった。でも、本当にそういう気がします。演劇界という訳じゃなくて、私が関わった演劇作品は私の影響を受けていると思います。
__ 
ああ、私もそんな気はしますよ。宮階さんが出てくると、もの凄く危うい感じが増すんですよ。dracomの「弱法師」の時、役者さんたちに並んで宮階さんが出てきた時、何か不穏なものを感じましたね。存在感というより、危険を感じます。何故でしょうか。
宮階 
私は、仕事をまず始める前に「これは何なんだ」と、一つ一つの作業にどんな意味があるのかを確認して紐解く癖があるんです。台本をもらったら一言一句全てのセリフを辞書で調べるんですよ。それは理論的に確認したいという事じゃなくて、毎日使っている言葉でも、必ず、自分の知らない意味があったりするからなんです。そこから、可能性というか、新しい態度を取れると思っていて。
__ 
新しい態度。
宮階 
前提として、私はなりきったり感情を作ったりが出来ないんです。いつも頭の後ろの上空に目があって没頭出来ない、没頭しても、上に目がある事に気が付いてしまう。しかも私が没頭したとしても面白くなる訳じゃないんですよね。その為の時間じゃないし。あくまで、お客さんと作品の為に、その時間と空間でどう遊べるか、という事をずっと思っています。照明とか音響とか小道具とかと同じように私の存在がある。
__ 
並列関係にある。
宮階 
稽古期間で、演出家のアウトを貯めていくんです。この人は何をアウトにするのか?を探るんです。本番ではそれを全て忘れる。アウトを自分の体に覚え込ませて、お客さんの前で誰も知らなかった可能性を引き出すんです。
__ 
仕事の定義を掴んで、没頭を警戒して、行ってはいけないアウトを踏まえて、ご自身も知らない可能性を本番で探ると。
宮階 
だから、本番になったら稽古なんて振り返らないですね。舞台上では客席の壁の向こうを見るようにしています。アホみたいな事を言ってますけど。
__ 
そんな気持ちで舞台に立ってたんですね。
宮階 
でも舞台に出る一歩手前まではこの空間全部死ねみたいな気持ち本気でなっていて。いまこの劇場にテポドンが落ちてきて、死ねっ死ねっって思ってます。本番前のゲネとかは最悪な出来なんですよ。あらゆる失敗が起こるし。でも、本番が一回終わると降参して白旗を上げている状態で。どう思ってもらおうがいいですよ、と思っています。

タグ: 道具としての俳優 俳優の「素」を生かす 僕を消費してくれ 死と性と 役者の儀式・ルーティン 今、手が届く距離にかの人がいる事


vol.333 gay makimaki

カウパー団。

2014/春
この人のインタビューページへ
gay

質問 坂本 アンディさんから 小林 欣也さんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた、がっかりアバターの坂本アンディさんから質問を頂いてきております。「自分の性欲の強さを感じた瞬間はいつですか?また、その時どう思いましたか?」
小林 
あまり露骨な事は言えないですけど・・・一度、ある事があって。命が危険に晒される状況でも、するのをやめなかった事がありましたね。
__ 
凄いですね。
小林 
死にそうだと思いました。もちろん、あの時の状況に戻りたいとは思いません。頭がやばい状況になっていました。本当は、死にたいと思っていたのかもしれないですね。
__ 
でも、死と性という、生命の本質に一度に触れていた訳でしょう。つまり、一つの生命としては、もうこの宇宙でやることはないかもしれませんね。
小林 
そうだったかもしれません。我に返ったら死にたくないですけど。

タグ: 死と性と 性欲


vol.324 小林 欣也

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
小林

___ 
佐々木さんはどんなエロを求めているんですか?
佐々木 
どんなエロがいいのか(笑う)面白いですね(笑う)。
___ 
セクシャルハラスメントになりましたか?
佐々木 
いえいえ。フェチです。何に興味があると言われればフェティシズムです。あと、動物の性事情について有北さんと話していて、それにきょうみがあります。
___ 
というと。
佐々木 
人間って邪念が多いからいろんなバリエーションがあるんですけど、動物はそうでもないという思い込みがあるじゃないですか。でも、動物全てが同じ性行動を取るわけではなくて、種の分だけ多様なんですよ。例えばペンギンには同性愛が多かったり、ゴキブリには前戯があるとか、雀は1分間に20回性行為をするらしくて。イルカが集団レイプするとか。
___ 
興奮するんじゃないですかね?
佐々木 
そうですかね。
___ 
群体としての生に埋没している個体が、その行為をする時だけ・工夫した性行為をする時だけ、自我を意識しているのかもしれませんね。全く余計な工夫をする時だけ。
佐々木 
そうですね。

タグ: アドレナリン 動物と俳優 死と性と 性欲


vol.315 佐々木 ヤス子

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
佐々木

應典院舞台芸術祭space×drama2013 特別招致公演 ミジンコターボショートショートvol.11「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」

__ 
前回の公演「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」。大変面白かったです。当初私は楽しいお芝居を期待して劇場に行ったのですが、実際に受けた印象はそれとはかけ離れた、個人の心情に触れる作品でした。話の筋は、人生に迷って生きる優柔不断な男・シンイチの後をヒロイン・ナンシーが付いて行くというもので、男女同権主義者としては心にクるものがあったんですが、やはり一人の男として、彼の人生は果たして幸せだったんだろうかと。ハッピーな結婚の話だったんですが、そう考えると哀しい感情を掻き立てられるような・・・人生で仕事を見つけられなかった彼は、死後、天国で最高に幸せな結婚式を迎える訳ですが、それは彼の人生にとっては本当の幸せなんだろうか?この話、片岡さんはどのようにして生み出されたのでしょうか。
片岡 
まず、すんごい遠い題材でやりたいと思っていて。僕自身が結婚願望がそんなにないんですよ。じゃあいっそのこと、結婚をモチーフにしたお芝居にしようと。さらに、言い訳ばっかり口ばっかの守るものもない、何の目的もなく生きている男の話を書きたいと思ったんですね。言い訳する奴の話が書きたかったんです。
__ 
なるほど。
片岡 
そして去年、公演直前に入院した話。
__ 
本公演「シニガミと蝋燭」の時、ですね。
片岡 
誕生日の前日にやっちゃって病院に搬送されたんです。ところで入院すると、名前や番号や誕生日が書かれたバンドが手首に巻かれるんですよ。次の日が誕生日だったから一日限りのバンドだったんです。なんや、年齢変わるんかいな、と。稽古場もバタバタしていた状況だったので、僕の状況が誰にも伝わっておらず、期せずして誰も近くにいない、祝ってもらえない誕生日がやってきて、逆に気持ち良かったんです。一人や、と。病室はカレンダーはあったんですが時計が無くて、時間も分からないみたいな残酷さを感じて。人に迷惑は掛けているけど開き直るしかない境地になってました。だって、もう申し訳ないという言葉を重ねてもしょうがなくて。病室から稽古場に連絡を取って、役者さん達に頑張ってもらったんです。そういう、ちょっと死を感じるような事があったんです。人が周りにいっぱいおるけど孤独感がある。そういう感覚は女性には分かってもらえないんじゃないかと思ったんですね。それをやりたい、というのが原動力かなあ。
__ 
そのリストバンドの存在が印象的ですね。誕生日が書いてあるものを手首にはめられるのはちょっとショッキングかもしれません。いや、填めてみないと分からない感慨でしょうけど。
片岡 
そうなんですよ。それにもうその歳ちゃうがなと。もう歳食ったんかいと。去年から入院していたような気になってしまって・・・。劇団員が千羽鶴折って持ってきてくれて、千足りてなかったんですけど。なるべく早く退院したくて、リハビリ以外の時間も頑張ったんですよ。夜中に病院脱出しようとしてみたりして、めっちゃ怒られました。力づくで病院の玄関をこじあけようとしたりして(笑う)。
__ 
「ゼクシー」の主人公のシンちゃんも、言ってみれば寂しい人生だったんじゃないかと思うんです。あの特殊能力も活かせないまま。
片岡 
そうですね。
__ 
私にとっては虚しくて泣ける話でした。
片岡 
男性全てがそうだとは限らないんですが、知人の結婚式にいくと、やっぱり新郎さんではなく新婦さんにフォーカスが当たるんですよね。でも満足気なんですよ。目立ってないけど。目立つ事が良い訳ではないけど。女性がやりたい事をやっているのを見て満足しているというのが、男にはあるんじゃないか。ちょっとロマンチックですが、それを見ているだけでプライスレスというか。シンイチの人生に関して言えば、それが一番のご褒美だったんじゃないかと思うんです。自分が演じてきて、それを感じましたね。
ミジンコターボ-10『シニガミと蝋燭』
公演時期:2012/7/27~29。会場:ABCホール。

タグ: 役者の認識(クオリア) 残酷な演劇 死と性と 産みの苦しみ ユニークな作品あります 感想がトシと共に変化していく 迷っています 孤独と演劇 男性性とは何か 大・大・理不尽


「よく21歳まで生きられたね」「生きているとは思わなかった」

__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
宗岡 
ハチミツ屋さんで働く事が決まったんです。それから、去年一ヶ月ぐらい東京にふらっと行っていたんですが、その時みたいにギャラリーを回ったり芝居を見たりしたいですね。
__ 
演劇は続けるつもりはない?
宗岡 
この一人芝居がめっちゃ評判よかったり、または全然ダメダメだったらまたするかもしれないです。
__ 
そこそこだったらやらない?
宗岡 
そうですね。
__ 
一人一人の守備範囲って違いますからね。「そこそこ」ではない、強い作品はそれだけ人の強い反応を起こすんでしょうね。プラスにもマイナスにも。
宗岡 
結構、事件を起こしたいみたいな事をいつも思っていて。twitterとかUstとかめっちゃ考えてやってるんですよ。普通だったら面白くないじゃないですか。この作品も部屋で上演するんですが、ドアを開けて女の子の一人暮らしの部屋に入るというのがドキドキする事だと思うんです。演劇のドキドキ感って、上演する場所から始まるんじゃないかと思っていて。
__ 
当たり前の事をやりたくない、一つの特別な事を作りたいという気持ちなのかな。
宗岡 
だから、「ホントに嫌だった」とか「気持ち悪かった」という感想も、私があえてやっている事なので。田舎にいた時から、ちょっと変であろうと思っていたんですね。色が人より白いであるとか、運動が全然ダメとか。そういう欠点を持っている事を自分のアイデンティティとして自覚しようと思っていて。ちょっと変である事は田舎では広まりやすくて、私はいつも教室から出ずに本ばかり読んでいるポジションに、意識してついていました。それでも、何が自分なのか分からないというのはあります。
__ 
宗岡さんは立派ですね。
宗岡 
いやいやびっくりします。ありがとうございます。
__ 
私、21の時はそんな事一切考えてませんでしたからね。自分の方向性をちゃんと認識して、舵取りしようとしていて、立派だなと。宗岡さん、31になったらどう考えてますかね?
宗岡 
いやー、死んでるんじゃないですかね。「よく21歳まで生きられたね」って地元の幼馴染に言われたんですよ。「生きているとは思わなかった」って。
__ 
その人はきっと宗岡さんに憧れを持っていて、自分の存在が宗岡さんにとって何であるのか確かめたい衝動に駆られた、青春真っ只中のセリフですね。私も言った事があるから分かるんですが。
宗岡 
ですね。真っ只中。

タグ: 死と性と ウェブ上の感想 事件性のある俳優 今後の攻め方


vol.284 宗岡 ルリ

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
宗岡

かまわぬ製の菊の扇子

kitamari_present
__ 
お話を伺えたお礼に、プレゼントがあります。
きた 
何でそんなに律儀なの? ありがとうございます。
__ 
まあ、プレゼント楽しいですしね・・・。どうぞ。
きた 
あ、ありがとうございます。(開ける)あ、扇子ですね。すごい。
__ 
菊の扇子ですね。
きた 
へー。布製だ。珍しいですね。私、夏は扇子を持ち歩くので。実用的。
__ 
まあ、普段使いにしていただければ。
きた 
へー。黄色はいいですよね。扇子はね、良いよね。何で日本人て扇子なんだろうね。日本舞踊って扇子を良く使うじゃないですか。やっぱ団扇じゃダメなんだろうね。
__ 
畳めるのをめっちゃ粋だと思い込んで満足してるんじゃないですかね。
きた 
分からんそれ(笑う)。やっぱり日本人って凄くエロいと思っていて。
__ 
エロいとは。
きた 
日本のね、美徳とされているものを見るとどこかエロチシズムを感じるんですね。例えば北野天満宮とかに梅を見にいって、梅って小ぶりで上品で奥ゆかしい印象があるじゃないですか。桜に比べて。何か、隠しながらエロいという。
__ 
高度なエロですよね。性的な意味でエロいんじゃないんですよね。
きた 
そうそう。扇子もそうなんじゃないかなと思っていて。エロス、みたいな。タナトス? みたいな。日本人てムッツリだよな、と。しかも神様を祀るところに植えているじゃないですか。何かねー、イエーって感じ。

タグ: エロスについて 死と性と ムッツリスケベ プレゼント(可愛らしい系)