悲劇五幕 アンドロマック

___ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。確かヰトウさんって、1月の造形大でのKUNIO演出・平田オリザ脚本の公演に出てたんですよね。
ヰトウ 
そうです。一応、まだ造形大の学生なので。授業の発表公演とドキドキぼーいずでの活動と、両方ともやってます。
___ 
ありがとうございます。最近はどんな感じでしょうか。
ヰトウ 
また学科の授業発表公演があるんですよ。ドキドキぼーいずの本番の裏の日程で。私は出演してないんですけど「アンドロマック」というギリシャ悲劇の作品を、大学の渡邊守章教授が演出します。私は演出助手してます。複雑な作品なんですけど、見応えがあると思います。見に来て頂けたら嬉しいです。
___ 
ありがとうございます。頑張ってください。
ドキドキぼーいず
2013年、代表である本間広大の学生卒業を機に再旗揚げ。京都を拠点に活動する若手演劇チーム。虚構性の強い演劇を目指し、『リアル過ぎる嘘っぱち』の創作に挑んでいる。生み出されていく衝撃を、時に優しく、時に激しく、作品として観客に提示することで、人間の本質を描き出す。いつまでも青臭い、カワイイ奴らでいたい。(公式サイトより)
京都造形芸術大学 舞台芸術学科2回生 舞台芸術?A/C 授業発表公演『転校生』
公演時期:2014/1/10~11。会場:京都芸術劇場 studio 21。
悲劇五幕 アンドロマック
公演時期:2014/2/14~15。会場:京都芸術劇場 studio 21。

タグ: 難しい演劇作品はいかが


../../../../../../../../../

__ 
言葉の具現化の為に、構造を持った会話は邪魔になりうる、むしろ、あまり意味の無い会話をする事で、言葉が見えるような瞬間に立ち会えるかもしれないのですね。
市川 
もっと言うと、言葉とかを消したいんだなと思う事があります。何て言ったらいいのか。沈黙を目指しているんです。それはただ単に静かになっているだけじゃなくて、帰っていくような沈黙っていうんですかね。
__ 
帰っていく・・・?
市川 
言葉自体が、存在しなくてもいいものだと思っています。言葉は何かを限定するんですよね。最初の沈黙に言葉を放つと限定されて限定されてが始まって・・・喋るという事を前提に人が舞台に出てくる。それが何か、変だなと思ってしまうんです。別に、喋らない事も出来たし、沈黙を選ぶ事にも価値はあるんじゃないか。喋ってても黙ってても良い条件の環境で、俳優が喋りだす。それは、語るという行為をより愛したからなんじゃなかろうか。喋らなくてもいいのに、自分の意思でそれを選んだ。その語りは、凄くいいなあと思うんです。
__ 
人間は喋りますからね。
市川 
でも、その前提には沈黙があって、じきに沈黙に帰っていく。石を投げられた湖の波紋が揺らいで消えて沈黙に戻る、それが何度も繰り返される、場としての沈黙が見えてくるような空間が作りたいんです。

タグ: 難しい演劇作品はいかが


日本が失ったコミュニケーション読解能力について

__ 
チラシの文章。「ニュアンスでコミュニケーションすることを忘れたエセ主人公たちは明確、且つ単純なプロトコル(通信規約)を膨大な数必要としているのです。」これはどういう意味なのでしょうか?
廣瀬 
分かりやすいことを求めるでしょう、現代日本人って。アメリカ映画も同様に、分かりやすいのが求められる。だからアメリカ人のコミュニケーションは浅いものに終始するのかと思いきや、彼らは非言語のコミュニケーション能力がすごく高いんだと思うんです。現代日本人と較べたら遥かに。
__ 
ノンバーバルコミュニケーションですね。
廣瀬 
ですがそれは、戦前日本人は持ってたんじゃないかという期待を僕は抱いているんです。戦後、アメリカから表層の分かりやすいコミュニケーションだけを取り入れようとして失敗したのではないかと。
__ 
プロトコルの上の部分だけでやってるようなものだと。
廣瀬 
演劇に関わらず、リアルタイムでコミュニケーションする時、ニュアンスを伝えてナンボじゃないですか。しかし、そこは視覚化出来ない。
__ 
情報処理の大部分を担う視覚では、ニュアンスを捉えきれない?
廣瀬 
絶対に映像じゃ伝えられない、非可視光の部分の影響は多大だと思うんです。それをどう発すれば良いかというのは分からないんですが、演劇でやるべきのはそこなんじゃないかと。

タグ: 日本人の美意識 稽古とコミュニケーション能力 難しい演劇作品はいかが 「初めて芝居を見たお客さん」 「核心に迫る」


分母/幻の階段

__ 
iakuのウェブサイトでブログを拝見しまして、気になる文章を見つけまして。
「板の上で(または板じゃないところで)、身体が躍動したり疲労したり、肉体そのものが美しかったりダラしなかったり、空間と人物の配置だけで宇宙になったり何にもない場所になったり、無限の風景や空間を生み出せる演劇の表現って凄い。こんな風に言葉にすること自体が野暮とも言える。

自分がやってるストレートプレイは、せっかくの【無限】なものに【制限】をつけてしまっているんじゃないかって思うときがあるけど、【無限】は【無限という制限】の中でやってるとも言えるし、【制限の中に無限】を見つけることもできるんじゃないかとも思う。

ストレートプレイにもまだ可能性があるって思える内は、僕は人間を描きたいし、ドラマを見つけたい。そして、戯曲や台詞や意識と格闘して「人間味」のある演劇を作りたい。

わずかな時間しか生きられない人間の底の浅さ(あるいは深さ)、緩い根拠に固執するひ弱な意地、他人のことを分かったようにしてみたり、自分を賢そうに見せる振る舞い、自己欺瞞、自己顕示などなど、すべてが愛おしいのです。これもまた「博愛」を装っているのか? ああ「人間味」って美味だなぁ、珍味だなぁ。」
iaku diary July 15, 2012「演劇について。」より
横山 
ええ。
__ 
これまでストレートプレイを書かれてこられた横山さんが、こういう風にお芝居の制限のなさや、一瞬の表情に宿る無限の奥行きについて、強い直感を受けられているという事実が、すごくジャンルレスな出来事のように思えて、とても痛快だったんですよ。
横山 
その当時、sundayとひょっとこ乱舞を見て、それに動かされて書いた記事だと思います。僕の書く作品に比較的近い、会話を用いた劇なのに、会話という制限に収まらない演劇をしているのが面白かったんですね。それ以外にもそうした作品を僕は許容出来るんですが、でも僕が創作するには向かない作品の形だと思っていて。
__ 
その上で、共感というか、衝撃があったんですね。
横山 
そうです。僕が書けないような作品がもっともっと沢山あって欲しいんです。ちゃんとそれが世の中にある事。僕が書くストレートプレイがあって、ショーのような作品もあって、コンテンポラリーがあって、前衛もあって・・・ものすごい量の分母が、演劇にはあって欲しいんです。それらの出来るだけ多くを許容出来る視点を常に持ち、作品作りに当たりたいという思いがあります。
__ 
そう、色んなジャンルがある事がそのまま豊かさなんですよね。
横山 
もちろん、お客さんに「全てのジャンルを楽しめ」なんて無理強いは出来ないんです。でも、お客さんに求める事があるとすれば、それは自分の苦手な分野が何かを知っていた方がいいという事。難しいからと言っても、それを遠ざけたり偏見を持つのではなくて。もちろん、僕個人にも苦手な分野はあるんです。自分の知識が薄いせいでアンテナが拾いきれなかった作品については言葉が持てず、無力感に打ちひしがれるんですけど・・・そういう時は、自分がもっとその作品を読み込むとか、戯曲としてそこに何かを加えたりとか、そういう可能性を自分に期待しまいます。読みきれなかった自分を許容した上で、難解な演劇の広がりを期待したいんです。
__ 
難しい作品。我々はまるでそういうものが、階段の上のもののようであるかのように考えてしまいますね。「ハイカルチャー」という言葉があるように、普段の生活のレベルよりも上のものとして。(もしかしたら演劇自体が階段の上にあるのかもしれませんが。)下=行きやすいエンタメ作品という事になるのでしょうか。
横山 
ええ。
__ 
でも、階段の上の人々が下に対して大きな態度を取ったり、侮ったりする訳ではないし、そうあるべきではない。その逆も同様で。
横山 
でも、どうしても配置されてしまう訳で。僕もどこかには配置されているんです。マップでいいと思うんですよね。上か下かではなくて。あと、もし要望があるとすれば、難しい演劇を難しい言葉で語るのは、あまり広がりがある事だとは思えないんです。難しい言葉を簡単な言葉で語ってこそ、裾野が広がるんじゃないかなと思うんです。何様のつもりだと言われるかもしれませんが。

タグ: アートへの偏見1「訳の分かんないやつでしょ」 難しい演劇作品はいかが


楽しませる事

__ 
忙しい中でも、変わらないイズムはありますか?
竜崎 
「楽しませる事」やろうなあと思います。お客さんに楽しんで帰ってもらう事が一番だなって。この間大掃除してたら、「いたずら王子バートラム」の映像が出てきたんですよ。半年経ったので客観的に見れたんですが、これ楽しいなあって。
__ 
私も拝見しましたが、楽しい公演でした。
竜崎 
秋にショートショートを東京で演るって決まった時、どうやったら受け入れられるのかなって色々考えたりしました。けど、蓋開けてみれば案外楽しんでもらえて。それが嬉しくて。ミジンコターボは、楽しませるのが一番なんやろうなと思いました。
__ 
ショートショート、「儂が燃えて死ぬまでの噺(大炎上)」「スーパーソニックジェット赤子(大往生)」でしたね。東京公演はいかがでしたか?
竜崎 
大阪と変わらず笑ってもらえたのが一番嬉しかった。ただ、東京の方の方が素直にお話を見てくれはるなあと。大阪はネタで笑ってくれて、東京だとストーリーで笑ってくれるんですね。
__ 
動きが面白いとかではなく、話の流れなんですかね。
竜崎 
きちんとお話を聞いてくれて、笑ってくれるんです。ネタで笑ってもらう時も勿論うれしいんですが、そういう時は役者冥利に尽きるなあって、嬉しいかったです。
__ 
同じ日本でもこんなに違うんですよね。デス電所の東京公演を見た時、大阪だったらここは絶対笑うだろうという所ではあまり反応がなく、話の流れが面白い時にこそ笑うみたいな。
竜崎 
まあでも、笑いも含め反応が貰えるんだなって安心しました。大きな収穫だなと思います。
__ 
それについては、ちょっと考えている事があって。実は、今日のインタビューの前にミジンコターボの事を考え直していたんです。やっぱり、「観たら必ず好きになる劇団」なんじゃないかなと思ったんです。東京のお客さんも、ミジンコターボを単純に好きになったのではないかと。
竜崎 
わぁ。それはめっちゃ嬉しいです。
__ 
難しい作品は批評する事で何倍も広がりを持ったり、楽しい作品はエンターテイメント性が優れていて力強い説得力を持ったり、でも、それはどこまで行っても、ときめきのような、恋心を掻き立てるような要素にはならないんじゃないかと思っていて。ミジンコはそうした力を持っているんじゃないかなと、この間のショートショートの時に思ったんですよ。
竜崎 
お客さんの心が動いてくれてはるという事ですよね。片岡の台本はホンマにサービス精神が旺盛で、お客さんを楽しませる作品なんです。笑かして、感動させて。お客さんも好きになりやすいんかなと思います。
ミジンコターボ09「いたずら王子バートラム」
公演時期:2011/5/20~23。会場:HEP HALL。
ミジンコターボショートショートVol.7「儂が燃えて死ぬまでの噺(大炎上)」
公演時期:2011/10/26~11/06。会場:in→dependent theatre 1st(大阪)。王子小劇場(東京)。
ミジンコターボショートショートVol.8「スーパーソニックジェット赤子(大往生)」
公演時期:2011/10/26~11/06。会場:in→dependent theatre 1st(大阪)。王子小劇場(東京)。

タグ: 難しい演劇作品はいかが ちゃんと楽しませる 単純に、楽しませたい


一つの空間で

__ 
地点の舞台作品。難解な演出から、お客さんを選ぶと言ってしまって過言ではないと思うのですが、地点では観客をどのように存在だと考えているのでしょうか?
大庭 
演出の三浦は「無視しちゃいけない」存在だとよく言っていますね。一般的には、客席と舞台の間には第4の壁が存在していると良く言われますね。ですが、それだと三浦は寂しくなっちゃうんだそうで。「何言ってんだ」と思うんですが(笑う)。
__ 
無視して置いていく訳じゃないんですね。
大庭 
そうですね。本当は、お客さん一人一人の顔がみえるくらいが理想です。そういえば、今回の芝居の冒頭の文が「私はラジオ放送をやめて演劇を始める。見に来るものも舞台に立つものも一つの空間で」という。
__ 
一つの世界に行くんですね。劇中思っていたのは、このアルトーという人は相当寂しかったんだろうなと。変態扱いされて、もてはやされもしたけどそれも一過性のもので。でも演劇をもう一度始めようとして。そういう、人間らしい欲求が浮きだして見えるようでした。
大庭 
孤独で、寂しかったんでしょうね。
__ 
現代のここから、天国にいるアルトーさんに放送という形で追悼を送っているのかなと、そういう気がしていました。追悼劇といえるかもしれませんね。
三浦 基
地点、代表・演出。

タグ: 外の世界と繋がる 難しい演劇作品はいかが 死んだオプションへの追悼


今の若い人へ、怒り

__ 
では、京都ロマンポップは、何故演劇をしているのでしょうか。
浅田 
まず、芸術の発端について考えているんですよ。古代ギリシャでどうして芸術が生まれたのか。脚本家いわく、恐怖を根源として生まれたんではないかと。
__ 
なるほど。
浅田 
そういう発祥を持つ芸術に携わっているにも関わらず、今の若い人には怒りというものが足りないんじゃないかと。私たちの微々たる力でも、そういう現状を変えられるんじゃないかと思っているんですね。
__ 
なるほど。
浅田 
ウチの芝居にはもの凄くパワーがあると思うんですけど、くすぶっている人たちにそれを見て貰いたいですね。
__ 
どういう感じ方をして貰いたいですか?
浅田 
ざっくり言ってしまうと、考えてもらいたいですね。ウチの芝居の感想は、「何かよく分からなかった」というのが多いんです。まあそうやなと思うんですけど(笑う)。
__ 
ちょっと難解な作品が多いですね。
浅田 
でも、「ここはこうだったんだね」って、作品を理解して頂けると嬉しいんです。もちろん、何かを感じて頂けるだけでもと思います。

タグ: 難しい演劇作品はいかが 自分は何で演劇を


「たわしとしか言えない役だよ」

__ 
ナントカ世代「シ・バハマ」へのご出演、いかがでしたか?
葛井 
面白かったです。面白かったですって、出てる側が楽しんでるのもどうかと思うんですが。
__ 
いえいえ。
葛井 
北島さんの演出で、目の前で面白いものが作られていく過程が体験出来ました。あの雰囲気で、難しい目で見るお客さんが多いと思うんですけど、本質は不条理な面白さや人間の可笑しさだったりするんですよね。
__ 
ネタの一つ一つが面白かったですよね。葛井さんは、「私」、自分の概念を教えられずに育った娘さんの役でしたが。
葛井 
ええ。出演のお話を頂いた時に「たわしとしか言えない役だよ」って言われて。母親に外界から隔離されて育った子が、人の感情を真似してみたり、外の世界に触れて自我が芽生えていくという。
__ 
そういう役どころでしたよね。ZTONからの客演というかたちでしたが、その面ではどんな経験でしたか?
葛井 
ZTONはやっぱり、ド派手なイメージを持たれていて、一方ナントカ世代さんは難解なロジックが組み合わさった世界観で、動と静で全然違うんですけど。
__ 
ええ。
葛井 
実は北島さんとZTONの河瀬とは思考の芯が似通ってるように思うんですね。アプローチは違うんですけど、モノづくりに対する厳しさというか。精度を上げるための努力が徹底しているんですよ。
「シ・バハマ」
ナントカ世代「シ・バハマ」公演時期:2008.12.12~14、会場:アトリエ劇研

タグ: 外の世界と繋がる 難しい演劇作品はいかが


vol.108 葛井 よう子

フリー・その他。

2009/春
この人のインタビューページへ
葛井

難解

__
劇団と、劇団の公演活動をプロデュースする立場に就かれている訳ですが。衛星の、コンセプトが非常に強い公演についてはいかがですか。例えば、衛星のここ3~4年の公演は、世界観をまず作って観客を取り込んでいく、という理解なんですが。
植村
一方的に何かこう、提示したものを消費してもらうだけじゃなくて、一緒に楽しんでもらおうと思ってます。その意味で、私は、衛星だけに限った事ではなく、パッと見て分からない、難しい作品ってのは結構好きで。
__
はい。
植村
言ってみれば、文学とかの古典でも、昔の和歌を分かってなければ本歌取りの面白さが分からないみたいな。賢い人にはより楽しめる作品ってのは私は凄くいいと思っていて。見る立場の人も勉強しなくちゃいけなかったりだとか。積極的に理解しなけりゃいけなかったりだとか。
__
ええ。
植村
もちろんそうしなくてもそれなりには楽しめるんだけど、こっちから踏み込んでいくとさらに楽しめるというか。そういう作品は私は好きで。衛星に入る前からね。だから、味わおうと思えばより味わえる、そういう手法もあるかな、と思います。
__
なるほど。衛星の芝居は、そういう面ではいかがですか。
植村
いや、ホントはね。お客さんには衛星作品の本当の面白さは伝わっていないんじゃないかと思うの。私は、作ってる過程で、何を入れようとしてたのかとか、何を削ったかとか、その隠れた部分も全部分かっているから、お客さんよりも楽しんでいると思うのね。それが伝わらないと、ああ勿体無いなあと思うし。
__
ええ。
植村
だから、本当、よく見るといっぱい何かがこめられている作品もあるのね。深く考えると、より楽しめる作品を作っていると思います。

タグ: コンセプチュアルな作品 難しい演劇作品はいかが 単純に、楽しませたい