地下

__
まず最初に、写真取らせて貰える?
古川
はい。・・・これ何?何に使用するん?
__
え今更?卒業アルバムみたいなもんだと思うけど。
古川
(笑う)何の説明もしなかったやん。
__
あそう?
古川
聞いてたけど流してしまったんかな?卒業アルバム。誰の?
__
僕の。(写真を撮る)
古川
こんなん?何か、何かしたほうがいい?
__
はいチーズ。
古川
もう一回?何か言ってる時のほうがいい?
__
制作らしく、頭の良い感じで。
古川
これは喋った方がいい?
__
まあそんな感じで。
古川
大丈夫?アルバムに載れる?
__
大丈夫。
古川
何喋ろう。何か材料持ってきた方が良かった?
__
いや、今日のカンファレンス?みたいのの内容が聞きたいです。
古川
分かった。
__
そう身構えなくてもいいよ。
古川
話すのが一番緊張するねん。
__
人と話をするのが?
古川
人と話すまで、あまり準備しないからね。緊張しちゃう。
__
いやいや、普段通りで。最近どうですか?
古川
最近ですか?こないだまで、地下を掘っててんけど、ちょっと地上ぐらいまできた。
__
地上ぐらいまで来た。
古川
来た感じ。まあまあ、今まで掘ってたんだなあっていうのが分かった。
__
派手な仕事じゃないじゃないですか。基本的に。
古川
そうかなあ?
__
うん。投機的なものを売るのではなく、堅実な商売だと思うんだけど。・・うん。どう思ってる?
古川
え?
__
自分のやってる仕事について。
古川
今日、NPOの集まりに行ってんけど。そこに来てるNPOとかって全部「私たちこんなにいいことやってるんですよ~」みたいなんやって。
__
はいはい。例えば。
古川
子供たちとキャンプするみたいな活動で、日本の子供と中国とか韓国の子供たちと一緒にキャンプするんだけど、で、やりたいことは「日本人て意外といい奴じゃん」て思わせたいって言ってて。
__
ああー、はいはい。
古川
そんなん私はやりたくなくて。普通に、そんなんやらんとやってるほうがいいじゃん。思ってなかったらおかしいみたいな感じになっちゃうやんか。って思ってて。
__
ああ。
古川
後は、障害者と健常者の子が一緒に遊ぶプロジェクトみたいのがあって。う~わーって。嫌いやって。そういう集まりやって。
__
まあ、俺もぶっちゃけ嫌いだよ。
古川
あとは衛星が、子供たちと舞台を作る企画を発表して。異色やって。
__
うん異色だね。
古川
この人らどう思ってるんやろと。きっと下らん事やってるんやなと思ってるんやろうな。と。
__
実際の発表はどうだったの?
古川
ファックさんがどんなんかを説明してたんだけど、会場がちょっと笑った。他の人はめっちゃ懸命にどれだけきれいな事をしてるかという奴やって。私は、人をわらかしたい。でもわらかすのは私の役目ではなくて、そういうものを作れる環境を作りたいなと思っててんけど。
__
ああ。
古川
そういうのは現代では異質なものとして現れてしまうんやろうなあと思った。
__
そういうのはこれから変わっていくと思う?
古川
ん~。でも私らは、変わったものというか、異質なものの方がいいと思ったりするやんか。
__
異質がいいというか、個性的なものの方がいいという・・・?
古川
んー、それは、それこそ押し付けがましいというか。もっと自然体にしたい。
__
うん。
古川
ねんけど。何かがおかしいから異質になってるんやと思う。
__
偽善というとアレだけど、NPOとかそういうののフィールドだと、善のコンセプトというのは歓迎されるじゃないですか。でも自然なものというと、どういう事?自然というか、普通という事だよね。
古川
そうやな、普通だよね。あたしら普通やしね。悪いことやってないからね。
__
普通か。でも王道って事だと思う。
古川
ああそうそう、王道になりたい。それっていいと思う。・・・そんなんになりたいんかな、本当に。
__
で、最近どうですか。
古川
全然追いついてない。時間があっても、考えても、どう考えたらいいかとぐるぐる回って、最終的に最初の段階に戻ってる。めっちゃ苦しい。

子供たちと舞台を作る企画
フリンジシアタープロジェクトの演劇で学ぼうシリーズ。

タグ: 障害者支援 自然体


vol.18 古川 章子

フリー・その他。

2006年以前
この人のインタビューページへ
古川