顔の見える観客

__ 
最近考えている事はありますか?何でも結構です。
鳴海 
去年の11月に私たちの新しい劇場がこけら落としを迎えたんですが、PANみえの芸術監督として、津の人たちがもっと劇場を使って人生を楽しんでもらう為にはどういう風に仕掛けていけばいいのか。その事ばかり考えていますね。もちろん作品の事も考えていますが。
__ 
劇場を使って人生を楽しむ。
鳴海 
それはどういう事かというと、もろもろの地域はリトル・トーキョーになってもしょうがないんですよ。良いところは参考にしつつ、大都市の縮小・劣化コピーではない劇場文化を作った方がいい。人口規模も文化の形も違うんです。津には津の文化の充実の仕方があるはずです。どういうスタイルや仕組みがしっくりくるのかを考えています。
__ 
東京以外の演劇人が必ず考えているテーマと言えるかもしれませんね。東京の人から見ると「京都は時間の停まった町」と思われている、みたいな話を聞いたことがあります。それはそうなのかなとも思うし、反感も覚える。鳴海さんは、東京から三重に越されて、「何かが違う」と感覚された事はありますか?
鳴海 
具体的には、東京にいた頃、公演を観に来たお客さんと触れ合える時間というか密度は相対的には薄かったですね。
__ 
短いんですね。
鳴海 
三重だと、劇場以外にも会う機会や場所があって、比較すれば濃いです。私自身はそう感じます。見に来てくれたお客さんの人生にコミットしているという実感が強い。良い影響か悪い影響かは置いといて。それは私にとってはとても嬉しいです。そうは思わない人もいるでしょうけど、私には性に合っている。フランスやドイツで公演した時も、多くのお客さんが私たちに話しかけてくれたことと重なる部分があります。
__ 
お客さんとコミュニケーションが取れる、それは上演側にとっては嬉しくてしょうがない事ですもんね。
鳴海 
もちろん、何千人のお客さんの目に触れるのもとても大事で難しいことですけど、顔の見える観客の一人ひとりの人生の糧になっているという実感も大切な側面だと感じます。私たちは民間の自由度と機動性を活かして、語り合える場としての劇場とその実感を大事にしたいと思っています。
__ 
そうした関係性を知らない人にとっては「時間が止まっている」と見えるのかもしれない?
鳴海 
それは、どうなんでしょうね。人間の身体のサイズは変わっていないけれども細胞が入れ替わり続けている状態は「時間が止まっている」と呼べるのかもしれないし。それとも、延々と流れている川の水面を見て「時間が止まっている」とも言えるかもしれません。東京は文化の新陳代謝も激しく輪郭が変わりやすいので時間が止まっているとは感じません。その意味では京都の印象はちょっと違うなと思います。
__ 
京都、新しいものが出てこないという実感がありますけどね。
鳴海 
クラシックという意味じゃなくすでにあるものを大事にしているというか。基礎が意識的にも無意識的にもしっかりある印象があります。上辺だけでコロコロ変わっていくんじゃなくて、発展させるにしても、リノベーションするにしても、その基礎の部分がどこかで作用しているように思えます。
__ 
ああ、京都はそういうところあるのかな。でも基本的には、京都で演劇をやっている人は常に反逆的というか、既存の物に対して破壊を試みている印象が強いです。というか、そうあってほしい。でもその根っこには、そういう、根っこへのリスペクトは確実にあるでしょうけれど。

タグ: 『東京』 演劇のない地に演劇を現出 社会の中で演劇の果たすべき役割 町とアートと私の企画 有機的に関わりあう 時間停止都市としての京都


あけぼの座の創客

油田 
東京を見ていると、クオリティを上げたら敷居も上げていい、みたいなことができるのかなと。それでもお客さんは入るんですよ、人口規模がはるかに大きいから。僕らはそれが出来ない。クオリティは上げるけど敷居は極力上げない。それは、アーティストには厳しい事を言っていると思いますね。逆に言うと、それをやっていかないと、どの町でも演劇は生き残らないんじゃないかと僕は思います。演劇はあってもなくてもいいものどころか、なくてもなくてもいいものになってしまうんじゃないか。
__ 
見てもらう為のハードルを越えてもらわなければならない難しさ。初めての人にも、見てもらえれば面白さは分かるんですけどね。
油田 
去年の津あけぼの座はありがたい事に稼働率が高くて。トークライブイベントも行うようになったんです。そのライブで、ここで演劇が行われている事を知るお客さんもいました。創客について、地味にでも取り組むようにしたいですね。
__ 
隠岐出身のプロデューサー、沢大洋さんが、故郷に演劇を京都から持って行って、それで大好評だったと言ってたんですよ。演劇の無い町に演劇を持っていくというのは非常に有益だと思っています。
油田 
生活の中に、演劇の入る余地を確保してもらいたい。組み込んでもらいたいですね。おかげさまで、三重はほぼ隔週で現代劇が見れるようになったんです。ウチか、三重県文化会館さんかで。そういう環境は出来つつあるので、そこからいかにお客さんに来てもらえるようになるかですよね。演劇を見たことない人への開拓をもっとしていかないといけない。一回見てもらえれば分かるんですけどね。そこまでがまた難しい。
__ 
個人的な時間の使い方のうち、一人っきりでの消費から共有して消費するように転換出来るか。魅力を知ってもらえればいいですね。

タグ: 演劇のない地に演劇を現出


日本海の未来

__ 
日本海の今後の展望を教えて頂ければと思います。
勝二 
一つあるのは、「カゾクノカタマリ」をどこかに持って行きたいなと。あのスタイルなので、ブラックボックスに小道具を持っていくだけですからね。でも、キャストはあの10人でやりたいです。冗談で言ってたのは、みんなの地元を回れたらいいなと思っています。
__ 
実家公演ですね。
勝二 
ちょっと本当に、再演は考えています。日本海公演は一応、来年は2回ぐらいやれたらいいねと言っていますね。
__ 
楽しみです。
勝二 
今回の作り方はまあ特殊というか、普通に台本があって演出してという形じゃなかったですしね。だからこそ2回目って大事だなと。元々この三人はお笑いから来ているし、振り幅としてコント公演もいいんじゃないかと。またお知らせ出来たらいいなと思います。

タグ: 演劇のない地に演劇を現出 遠征公演


vol.397 勝二 繁

フリー・その他。

2015/春
この人のインタビューページへ
勝二

故郷に思う

沢  
将来的な理想としては、実家で演劇や文化振興が出来たらと思っていまして。
__ 
隠岐の島ですよね。
沢  
そうですね。隠岐の西ノ島というところは、段々と人が少なくなってまして。どこか贅沢な話ですけど京都での演劇をもっと盛り上げて、5年先ぐらいには隠岐でもそんな事が出来たらなと思っています。実は、京都ロマンポップで一度やってはいるんです。
__ 
あ、そうでしたね。「沢先生」。
沢  
島民の約4000人の内、400人以上が観に来てくれて。島にとってもありえない事で。島に帰る度、その事を言われて、「またやってよ」と言われるんです。プロデューサーとしてはあれぐらい、あれ以上の事をやらないといけないんだろうなと思います。役者としても、道を見つけられて、何か島に還元出来たらと思います。
__ 
俳優でありながらプロデューサーというのは結構珍しいですよね。
沢  
先々週、祖父が亡くなりまして。火葬場で最後のお別れの時にですね、父の事も思い出して。火葬場の同じ場所で、最後に「僕は俳優になる」という事を誓ったんですよ。俳優としての自分も、ちゃんと考えていかなければならないと思っています。プロデューサーとかけ離れてはいるんですけどね。

タグ: 演劇のない地に演劇を現出 現動力


触れる機会、その希少さ

__ 
放映する作品のセレクションは、どのようにされているのでしょうか。
武信 
基準とか選定とかは特にしていません。単純に、公演が近くなってきたカンパニーさんから連絡を頂いて、という感じです。「ウチはあまり公演を打たないので、宣伝にしたいんですが」と。最初の頃は、僕が撮影した舞台で、僕が好きなものを放送してたんですけど、最近は依頼が多いですね。基本的には本公演の宣伝ですね。
__ 
何か素敵な基準があるのかなと思っていました。
武信 
やっぱり、作品の面白さを決めるのはお客さんなんですよ。だからランキングを付けたりとかは絶対しないようにしていますね。
__ 
SP水曜劇場をご覧になった方に、どう思ってもらうのが理想ですか?
武信 
世の中にはこんなに面白い演劇がたくさんあるんだ、こんなに面白いのがあるなら自分で探して見に行ってみよう、と思ってもらえたらそれが理想です。楽しい事はいっぱいあるよ、と伝えたい。
__ 
面白いものはいっぱいある。そうですね。
武信 
田舎に住んでいると、演劇に触れる機会なんて単純に少ないんですよ。思っている以上に個人の格差はあるんです。東京大阪に住んでいると「演劇なんて普通にあるでしょ」って思ってしまうけれど・・・
__ 
むしろ少ないくらいだと思っているぐらいですね。
武信 
実は、全く触れる機会のない地域がほとんどなんです。都会に住んでいても仕事や子育てで劇場に行けない事もある。みんなの状況はバラバラなんですけど、観たいと思っている人全員に機会があるのなら、そっちの方が楽しいんですね。オタクの発想ですけど、自分の好きなものが身の回りにいっぱいあると嬉しいんですよ。聖地のように祭り上げておくか、みんなで共有するかだったら、僕はみんなでワイワイした方が面白いし、そうしたいなと。

タグ: 演劇のない地に演劇を現出 生き方と世の中の為に動く


社会人役者のなぞ

__ 
廣瀬さんがお芝居を始めた経緯を教えて下さい。
廣瀬 
僕は大学二年の時に仮面NEETをしていまして。実は1年の時にロボットサークルに入っていたんですが、人間関係がいやになって。別に問題があった訳じゃないんですけど。その1年で水曜どうでしょうにハマり、TEAM NACSにハマり、演劇サークルに入ったんです。基本的には、文化芸術は趣味でやってこそと高校の頃からそう思っているんですね。
__ 
ええ。
廣瀬 
まあ京都にはセミプロの人がたくさんいるんで「何言うてんねん」言われそうですけど、まあまあそう思っていて。で、サークルを卒業するとやはり寂しくなって、アクターズラボに入ったんですね。僕は就活が嫌でフリーターに成り下がったんです。演劇をやっている人って、普通の仕事したくないから芸術系の仕事をやりたいと思っている人が多いと思うんですけど、僕は就活というまどろっこしいものが嫌で、そんなややこしい事で仕事を決めなあかんというのが嫌で。それだったらアルバイトしつつ社員登用を狙ったほうが、いろいろ経験も積めるし、演劇もし易いだろうし。ようやく、ちょっとずつその足場固めが出来つつありますね。
__ 
素晴らしい。
廣瀬 
アクターズラボをやっていて、他のクラスの公演にも行くんですけどね。プロの役者はそりゃ皆さん上手だと思うんですけど、僕は社会人役者の方が面白いと思っているんです。プロの方々はもちろん尊敬しますけど、僕の趣味志向で言うたら、面白いのは社会人役者なんですよ。会社取締役をしながら計5公演くらい出演されてる人がいるんですが、ものすごく面白い役者でした。社会人劇団でいうと、ベトナムとか中野劇団とか柳川とか、面白いでしょう?
__ 
社会人俳優の身体が面白いというのは、よく分かります。
廣瀬 
アクターズラボの杉山さんは「責任感の違い」と仰っているんですけど、きっと、言語化出来ないですけど決定的な何かが責任感の他にあるんだろうなとどこかで思っていて。職業・職場が醸し出す個性が絶対あるんだろうなと。
__ 
社会人俳優の身体がこの世界に見られ慣れていないから、経験的に飽きられていないから、かもしれませんね。
廣瀬 
確かに、見られ慣れていないというのが、一つの圧になっているのかな。社会人の方が、見られるという圧力を自分の力に変換する能力を持っているんじゃないかなと思うんです。まあ、ハリウッド俳優とかは別にして、外からの圧を出力に変えるメカニズムは普通に働いていた方が養われると思うんですよ。さらに、観客の圧に慣れていないから、それを変換する作業がエネルギッシュになるんじゃないかと。その2つの構造があるんじゃないかと思うんです。
__ 
分かります。しかも、意気込みの種類が違いますからね。
廣瀬 
アクターズラボに参加する人は、次に出られるかどうか分かりませんからね。そういう意味で、責任感は違うかもしれません。
アクターズラボ
劇研アクターズラボはNPO劇研が主催する、総合的な演劇研修の場です。舞台芸術がより豊かで楽しい物となる事を目指して、さまざまなカリキュラムを用意しています。全くの初心者から、ベテランまで、その目的に応じてご参加頂く事ができます。現在、京都と高槻を拠点に、アクターズラボは展開中です。(公式サイトより)

タグ: 大学卒業後に・・・ 演劇のない地に演劇を現出 劇研アクターズラボ 見えないぐらい濃い交流 プロの仕事 ロボット演劇 社会人俳優についての考察


トリコ・Aがやってくる

__ 
それぐらいの田舎だから、じゃないですけど、地元の人としてはきっとワクワクしてたと思うんですよ。娯楽がないから、とかじゃなくて、僕らが住んでいる町にサーカスが来るってきっとすごく刺激的な事だとおもいます。
山口 
そうやと思います。お世話になってばかりなのに、律儀に見にいらしてくれるんですよ。ご近所さん同士の仲が良くて。都会と違ってネットワークの力が明らかに強いじゃないですか。
__ 
強いんですよね。私の村もそうでした。
山口 
みんな知り合いみたいな。
__ 
とはいえ、本番が終わるまでどんな反応が来るか予想が付かなかったのでは。舞台芸術に日々触れていたら話は別ですが。
山口 
地元の人は小劇場を見た事がないから、楽しんでもらいたいと思ってパンフレットにあらすじを書いたりしたんですよ。だから、訳が分からないというご意見は無かったです。
__ 
やっぱり、地元の文化遺産での催しですからね。その上で評判になっているというのは良いですね。

タグ: 人脈・コネクションの大切さ 演劇のない地に演劇を現出 単純に、楽しませたい