舞台で生きる

___ 
Hauptbahnhofで今後やりたい事はなんですか?
金田一 
京都と東京の二都市公演はしたいですね。
___ 
結構、お客さんの反応が違うんでしょうね。
金田一 
そうだと思います。でっかい芝居したいなあ。野田さんの昔の作品をやりたいんですよ。ずっとやりたいと思ってたんですよ。
___ 
あなたにとって、演劇を作るとはなんですか?
金田一 
うーん。いまちょっと自信を無くしてるからなあ・・・でも、唯一他の事より上手く出来ること。
___ 
演劇を使ってお客さんに与えたい事はありますか?
金田一 
ちょっと明日元気になってくれたらいいなあ、みたいに思ってます。不思議なもんで、悲しい話を聞いても元気になる事はあると思うんですよ。作品を見てへコんでも元気になったような気がする。笑って帰ってほしいという事じゃなくてね。
___ 
金田一君にとって、魅力のある俳優とは?
金田一 
凄く基本かもしれないけど、相手の台詞・自分の台詞にきちんと反応出来る人。
___ 
というと。
金田一 
台詞を投げかけられたら反応出来て、今を生きているかのような人は魅力的ですよね。ただ動きたいから動いているようなのじゃなくて。「こういう風に言われたら、私は下手に動く。けれど、今そういう風に言われたからここで止まって話を聞いている」というのがあるんだよね、役者って。それを自然と出来る人。でも、それくらいの役者じゃないといけないですよね。かといって「こういう風に言われなかったから動けませんよ」というのじゃなくて。
___ 
玉置玲央さんのユニット、カスガイの「バイト」という作品があるんですよ。その作品は役者の立ち位置を固定しなかったそうなんです。
金田一 
そういうのもあるんだね。
___ 
役者は台本の全てを知っているから、逆に難しい状況だったんだろうと思います。そんな中で凄く緊張感に溢れた作品だった。
金田一 
そういう事が出来る役者がカッコいいんだよね。自分の動きに根拠が持てている人、は相手が動く為のキッカケも与えてあげられるんですよ。ここで動けよ、みたいな。橋爪功さんが凄かった。ザ・キャラクターの稽古場の代役で僕が入ったんですけど、橋爪さんが何か原稿を書いている演技をしていて、で、書けなくなってしまった。ペンを机に音を立てて転がしたんです。「あ、今だ」と分かって、「どうしたの」って僕の台詞を言えたんです。パスをくれたんですね。うわあ、めっちゃいい役者だなあって思った。これかー、って。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい 会話劇研究 野田地図 反応し合う


こんな事をやっている人がいるのか・・・。

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
玉一 
これは人外だ、みたいな。すごい変な事を言えばそういう感じの。人を超える領域を垣間見たいなあと思いますね。卓越してるというか。夢のような話ですけど、飛び抜けていってみたい。そういう人たちと一緒に、見るに耐えないものをやってみたい。ロマンポップはサービス精神があると思っているので、いまそこまでは行かないですけど、やろうと思ったら行ってはいけないところに行けそうな気はします。そういう期待が、私がこの劇団にいる理由かもしれません。
__ 
いつか、一緒に作品を作りたい人や劇団はありますか?
玉一 
こないだKYOTO EXPERIMENTでフリンジ企画のディレクターだった、「けのび」の羽鳥さんが来ていらっしゃって。向坂さんと仲が良いので何回か手伝いに行かせてもらったりしてたんです。それで初めてけのびの公演を京都で拝見したんですけど、めっちゃくちゃ面白くて。こんな事を言うのはおこがましいかもしれませんけど。
__ 
へえ。
玉一 
はあ~、こんな事をやっている人がいるのか。って思って。私が見たのは「ウィルキンソンと石」という作品で、お客さんにテキストが与えられて、役者さんは順番にテキストをこなしていくんです。何々したら何々する、みたいなのが書かれていて。会場は普通のパブなんですが、貸切ではなかったので普通のお客さんもいて。普通に飲みに来たお客さんと演劇を見に来たお客さんと役者がいる空間は異様な雰囲気になるんです。ああ、これはキチガイの領域だなと。ぜひ一度、やってみたいと。
__ 
それは拝見したいですね。
玉一 
いま、一番気になっている劇団です。

タグ: 僕を消費してくれ お客さんに元気になってもらいたい いつか、こんな演技が出来たら 私の好きなあの劇団 心を揺さぶる 元気が有り余っている


外れていたボタンがはまったような・・・

__ 
いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
戸谷 
見て頂いた方がちょっと元気になるような、外れていたボタンがはまったような、失くしていたものが見つかった時のような、そんな演技ができるようになればいいなと思います。あと作品としての役割をちゃんとこなせるような。
__ 
今後、どんな感じで攻めていかれますか?
戸谷 
攻める・・・私は攻めたら怪獣のように壊してしまうので。周りにあまり迷惑を掛けない範囲で、誰かの小さなきっかけを作り出せるような、そんな作品を作れるようになりたいです。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい いつか、こんな演技が出来たら 今後の攻め方


もっと!

__ 
尊敬する演劇人はいますか?
丹下 
尊敬する演劇人。この人、というのはいません。憧れていたのは売込隊ビームの梅本真里恵さんや三谷恭子さんです。出演されている公演を追っかけて見ていました。劇場を出た後、元気を貰えるんですよ。帰りながらパンフレットを見たりしているときに、そんな気分になれる。私もいつか、そんなふうになりたいですね!
__ 
既にそうなっていると思いますよ。
丹下 
いえいえ、まだまだです!もっと頑張らないと。

タグ: 2013/キックベース お客さんに元気になってもらいたい 尊敬している人


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下

こころのどこか

__ 
いつか、こういう演技がしたいというのはありますか?
丹下 
こういう演技というのは、例えばどういう・・・?内面的な事ですか?
__ 
そうですね。沢山のお客さんを一気に集中させるような演技をしたいと答えた人もいましたし、日常的にありうる演技だけれども、全てのお客さんの心にいつまでも引っかかる演技、と答えた人もいました。俳優として行きたい領域が見えているのであれば教えて下さい。
丹下 
凄い素敵ですね、そのお答え。私は、見て頂いた方が元気になって帰ってくれるような、そんな演技がしたいです。作品によりますけど。せっかく、時間を割いて見に来て頂いているお客さまに対して、残念な気持ちで帰っていただきたくはないです。どこか、頭の片隅に引っかかってくれるような。細く長く覚えて頂けるような、そんなことをいつでも心のどこかで考えています。
__ 
ミジンコターボ「シニガミと蝋燭」の時の死神オタクは、私にとってはそんな感じでしたよ。
丹下 
見て頂けているんですね!嬉しいです。竜崎さんの台本は、読んでいるだけで凄く楽しいです。
ミジンコターボ
大阪芸術大学文芸学科卒業の竜崎だいちの書き下ろしたオリジナル戯曲作を、関西で数多くの外部出演をこなす片岡百萬両が演出するというスタイルで、現在も関西を中心に精力的に活動中。2011年からは東京公演も行う。現在劇団員は片岡百萬両・竜崎だいち・Sun!!・川端優紀・江本祥・赤松洋樹・中元優那・西野遥子・箕原汐梨の合計9名で構成されています。最終目標は月面公演。(公式サイトより)
ミジンコターボ-10『シニガミと蝋燭』
公演時期:2012/7/27~29。会場:ABCホール。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい いつか、こんな演技が出来たら


vol.317 丹下 真寿美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
丹下

燃えるビセイブツ

__ 
由来とは。
片岡 
僕らは、その頃も今でも無名だし、宇宙から見れば微生物みたいなもんで。でも、そんなのでも集まって頑張ったら、お客さんと充実した空間を作れるんじゃないか。
__ 
加速して、ですね。
片岡 
ターボエンジンを積んでね。
__ 
ミジンコターボの魅力は、やっぱりお客さんにムリをさせずにあの熱気の渦に巻き込んでいける丁寧さだと思っていますが、いかがでしょうか。
片岡 
自分ではあまり意識はしていないんですけど、エンターテイナーやなと人には良く言われます。お芝居に触れた事の無い人が初めて見るのがミジンコターボなら、その人は演劇に興味を持つだろうとよく言われて。嬉しいのは、「見て元気になれました」という感想です。こっちが元気を貰えますやん、次も頑張れます。
__ 
片岡さんは、お客さんに元気になってもらいたいんですね。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい 演劇の入り口を作る 名称の由来 丁寧な空気づくり


くらえ~元気玉!!

__ 
榊さんはご自身では自分をどのような俳優だと思っておられますか?
榊  
根がホントに明るいので、ネアカな。BLOGの副題に「くらえ!元気玉」って付けてるんです。
__ 
おお。
榊  
元気玉ってみんなから元気を貰ってるし、その上他人にぶつけるわで。
__ 
考えてみればネガティブな技ですよね。名前とは裏腹に。しかし術者である悟空も相当に疲労するようですね。あのエネルギー弾、渡されたクリリンが「な・・・なんだこれ・・・」と異様な驚き方をする訳ですが、仮説として、
 1.他者のエネルギーを徴収する。
 2.エネルギーの総量に関わらず、球形はもちろん、他人に譲渡出来るなど、扱いやすい状態にまとめる。
かめはめ派のようなエネルギー放出型とはもちろん違うし、他人に渡したりバレーボールのように扱っても攻撃力はそのまま。
榊  
そうですよね。減衰しないエネルギー伝導ですよね。
__ 
だから元気玉は、悟空がそれまで学んだ事のないような特殊なエネルギー操作術であると言えます。その後瞬間移動やフュージョンや念話という、人間には到底不可能な技を体得していく訳ですが、意外とこの元気玉の修得がそれらの技術を覚える根幹になったんじゃないかと思うんですよね。榊さんにとっての元気玉は何ですか?
榊  
私は本当にプラス志向なんですよ。私の前向きな気持ちが元気玉だと思います。暗い事はあまり考えないからかな。
__ 
暗いことを考えないようにしている?
榊  
そういう訳じゃないですけど、考える事もあるんですけど、最終的な結論は前向きですね。

タグ: エネルギーを持つ戯曲 お客さんに元気になってもらいたい 訳の分からないボールの話


vol.283 榊 菜津美

フリー・その他。

2013/春
この人のインタビューページへ
榊

「戦う」

__ 
さきほど、「戦う」という表現を使われましたね。兵頭さんにとって、「戦う」というのはどういう感覚を指していますか?
兵頭 
作品を作るという事自体が、私にとっては戦いなんです。
__ 
というと。
兵頭 
悔しいんですが、どうしても出来ない事が出てくるんですね。自分の限界を思い知るんです。その場で泣いてやりたくなるくらいに悔しい。自分より上手に表現する人がいたら、やっぱり悔しいと思う。出来るようになるまで頑張るんです。お芝居には点数は無いんですが、やっている本人たちが一番分かるんです。この人が舞台に出てきただけで持って行かれた!って思ったり。
__ 
なるほど。
兵頭 
それから、いまギアの現場に参加していて、やっぱり周りの出演者がすごく戦闘力が高いんですよ。
__ 
そりゃあそうですよね。日本のトップが集まってる訳ですから。
兵頭 
人を惹きつける力が強いという事ではなくて、戦い方を知っているんですよね。苦しい戦いも、楽しんで戦う事も。違うジャンル同士が、リハーサルで調整しながら戦っているんですよ。私は演じる事は出来るけど、頭で回る事は出来ないし、バトンを操る事も出来ないし、何かを隠す事も、見えない壁を作る事も出来ない。だから、守っていてもつまらないんですね。だからみんなと仲良くするポジションで、劇場ごと元気にしていきたいです。
__ 
私は何回かギアを拝見しているんですが、兵頭さん演じるあの人形は引きこまれますよね。4月から無期限上演ですね。
兵頭 
そうですね。とりあえず3ヶ月上演はするんですが、私たちは今後1年、2年、10年と代替わりしていくのを夢見ています。もちろん、お客様の応援が絶対必要なんですけど、京都のお客さんに元気を与えられたらいいな。
__ 
頑張って下さいませ。

タグ: 泣く観客 お客さんに元気になってもらいたい 人形劇にまつわる話題


ライフワーク

__ 
きたさんは、これからどんな感じで攻めていかれますか。
きた 
うーん。それは凄く色々考えますよね。・・・ダンスってどういうイメージを持ちます?
__ 
うーん。芝居関係とかとはちょっと違って、もっと向こう側の世界にあるような感じですかね。そのまま突き進んで欲しいというのはあります。
きた 
そうか。やっぱり関西のダンスの状況はあんまり良くなくて。まず親しみやすいものじゃないじゃないですか。
__ 
親しみやすい、よさこいみたいなものじゃないですね。
きた 
あー、今やってますね。私も昨日見て、何て心身共に健康な人達なんだろうと思った。コンテンポラリーのダンサーはああいう感じで見られてはいないだろうなと。それは全然いいんだけどね。でも、もっとたくさんの人に対してベクトルを出したいなあというのが根底にあって、その為にどうしたらいいのかを考えてますね。
__ 
交わる場所、というか。
きた 
例えば普通の、日常の公共的な場所でコンテンポラリー作品を発表したら、「何のこっちゃ解らん」という人もたくさんいるけれど、受け止めてくれる人がそれ以上にいっぱいいると思うんですよ。そういう人をもっと巻き込んでいければなあと。もっと日常にダンスがあればいいのになあと、本当に単純に思いますね。このままでは広がっていかないからね。
__ 
企画としてのダンス公演を考えるという事ですか。
きた 
そうですね。私、サカリバを老人ホームとかでやりたいんですよね。
__ 
おお。それはいいですね。
きた 
酸いも甘いも味わった人達が見たらどういう反応をするんだろうと。おじいちゃんとか喜んでくれるかなあと。それで元気が出たら凄い嬉しいなあと。
__ 
なるほど。または、幼稚園児とか見たらどうなるんですかね。
きた 
広島でやった時に、小学生がいたんですけど途中からずっと笑ってたんですよ。ツボが来たんだろうね、止まらない。楽しんでるんだなと。柔軟だからさ、ここで笑っちゃいけないとかないからね。
__ 
サカリバについては、そういう色々な層に見てもらいたいと。
きた 
いくらでも。ライフワークなんで。60歳ぐらいになってもやりたいね。全然踊れないかもしれないけど、その時にどうしようかなと考えたり。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい 今後の攻め方


どん亀

__
今日は宜しくお願いします。
紙本
高橋君いつ引越し?
__
ああ、もう再来週に。
紙本
寂しくなるね。
__
そう。
紙本
え、休みはあるの?
__
うん、週休二日制。
紙本
そっかそっか。
__
どん亀お疲れ様です。
紙本
あ、ありがとうございます。
__
アンケートでバシバシ、可愛いとか書かれてそうな。
紙本
いやそんなことなかったよ。
__
あそう?何か、すごく目立ってたような。お疲れ様でした。
紙本
ああ、ありがとうございます。・・・セリフで、ごまさんがただ趣味で言わせたいだけのセリフがあって。それは気付いた?
__
気付かなかった。何?
紙本
センパイ、勃起収まりました?とか、必要の無いセリフ。
__
ひどいな。
紙本
ひどかった。まあでも、面白かった。
__
うん。いやあ、見てて元気の出る芝居だった。どん亀は。なんか、苦労とかはどうでした?ゲネが毎日あったと聞いてたけど。
紙本
初日迎えたら次の日千秋楽とか、場当たり終わったら千秋楽とか。
__
公演生活とかは。
紙本
家帰ってきたら一時ぐらいで、ごちゃごちゃしてたら3時ぐらい、朝家を出るのが八時とか。ギリギリでした。
__
今はその忙しさから離れつつある。
紙本
いや、やっぱり忙しいね。制作仕事が。
__
多忙な日々を。
紙本
多忙ですよーもう。でもやっぱ、ちゃんと生きなあかんと思う。自分で時間を規制しなきゃあかんと思う。勤めてるわけやしさ。それがしんどい。
__
なるほどね。俺も大変になるなー。
どん亀
ニットキャップシアター 精華演劇祭 vol.3 参加作品「どん亀演劇祭V3」。紙本さんは客演で参加。
どん亀シリーズとはニットキャップシアターのコメディシリーズ。不幸の申し子どん亀の不器用な生き方は観客に共感を与え、笑いと涙を同時に誘う。

タグ: お客さんに元気になってもらいたい アンケートについての話題